ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


          花の生涯  梅蘭芳

f0165567_5401830.jpg



梅蘭芳(メイランファン)。なんと美しい名前でしょう。
京劇の伝説的な女形は名前からして華があります。

先日、BS放送で、坂東玉三郎が梅蘭芳の演目「牡丹亭」を京都と蘇州で公演した様子を撮影した
ドキュメンタリー番組を見ました。
番組には往年の梅蘭芳も出ていました。
その人は穏やかな紳士でしたが、ほんとに普通のおじさん。
映像はきっと三度目の来日となる62歳のときのものだったのでしょう。
ですが、彼が一旦衣装をつけ、化粧をし、舞台に立つと、
嫋々とした、あるいは楚々とした
思わず放心して見入ってしまう美女に変身するのです。

伝説の京劇役者・梅蘭芳。存命時、日本の歌舞伎界や文学者に大きな感銘を与えた名役者です。

「花の生涯-梅蘭芳」は15年前「さらば、わが愛 覇王別姫」で京劇の世界を描いた陳凱歌(チェン・カイコー)監督の最新作品。
そもそも「覇王別姫」という京劇は梅蘭芳のために書かれた演目ということですから
チェン・カイコー監督にもようやく本命・梅蘭芳を撮る時期がやってきたということでしょうか。

梅蘭芳の末息子で、その後継者、現代京劇界を代表する女形の名優・梅葆玖(メイパオチウ)が
劇中の梅蘭芳の歌を素晴らしい声で吹き替えているのも注目したいところ。
彼はまた資料を提供し、京劇のコーチを選び、役者の指導に当たらせてもくれました。
梅蘭芳を演じた黎明(レオン・ライ)、余少群(ユイシャオチュン)が身につける豪華な京劇衣装も
当時、実際に梅蘭芳が身につけたものを貸してくれるなど、
映画のために全面的に協力してくれたということです。

清末から辛亥革命を経て中華民国、そして日本の占領までの激動の時代を
一流の俳優として、人間として、また男としても、美しく、凛々しく生きた名優の生涯が
その時代背景とともに素晴らしい映像で描き出されています。チェン・カイコー監督、久々の力作です。

《ストーリー》
1894年、梅蘭芳は北京に祖父の代から続く京劇の家に生まれました。
両親を早くに亡くし、父のように慕った伯父の梅雨田(メイユイティエン)とも、
少年時代に死に別れます。
その伯父が遺してくれた京劇の厳しさと励ましの言葉が綴られた手紙が
薄幸な少年の宝物でした。

10年後成長した梅蘭芳は女形のスターになっていました。
ある日、彼は邱如白(チウルーパイ)の講演を聴き、感銘を受けます。
それは〈古いきまりごとに縛られず、生身の人間を演じるべきだ〉という内容でした。
邱もまた梅蘭芳の舞台を観て、感動。司法長官としての地位も家名も捨て、以後、
梅蘭芳の芸の道の伴走者となっていくのでした。
邸の語る現代演劇理論もとりいれた梅蘭芳の舞台はますます輝きを増していきます。
伝統を重んじる師・十三燕(シーサンイェン)はおもしろくありません。
伝統京劇の面子をかけて、梅蘭芳に対決を挑みますが、
観衆も時代も既に十三燕から去っていました。

数年後、梅蘭芳は邸と共にアメリカ公演を計画していました。
しかし、家を抵当に入れての資金調達に梅蘭芳の妻・福芝芳(フーチーファン)は大反対。
そんな時、梅蘭芳は孟小冬(モンシャオトン)に出会います。
彼女は京劇界きっての男形女優。 
二人は舞台の共演を重ねる内に愛を深めていきます。
梅蘭芳にとっては生まれて初めての恋。
彼の心はただただ孟に向かっていくのでした…

実在の俳優の生涯を、舞台のみならず、私生活も含めて描いたのが「花の生涯―梅蘭芳」。
実子の梅葆玖(メイパオチウ)氏の全面的な協力を得て完成しましたが、
孟小冬との恋愛問題など、遺児としては公表されたくない問題もあったことでしょう。
しかし、あえてタブーとなる部分を曝し、梅蘭芳という役者の全てが描かれました。
梅蘭芳は京劇の、そして、中国の至宝。
タブーすら、彼の演技に深みを与え、その舞を美しく輝かせます。

  それにしても青年時代の梅蘭芳を演じた余少群(ユイ・シャオチュン)の美しいことといったら。
  現在、浙江越劇団に所属し、立ち回りを得意とする役者だそうですが、この映画によって確実に
  新境地を開いたと思います。

今回、この映画を観て初めて映画における照明の重要性を実感しました。
列強の進出により、無理やり、外に開かれた眠れる獅子の国
崩壊寸前の清朝末期
内憂外患の中華民国
日本軍の侵略
暗い時代を背景にひときわ輝く舞台。
影と光のコントラストがこれほど美しい映画を観たのは初めてのような気がします。
京劇の女形の化粧―紅を刷いたまぶたや目元―は照明を計算に入れたものだったのだな、と実感させられました。

美女を演ずる男と、男を演ずる美女の恋
かつて見たことのない世界です。やはり中国という国はディープでございます。

「花の生涯―梅蘭芳」
監督/陳凱歌(チェン・カイコー)、脚本/厳歌苓(ゲリン・ヤン)、陳国富(チェン・クオフー)、張家魯(チャン・チアルー)
キャスト
黎明(レオン・ライ)/梅蘭芳、章子怡(チャン・ツイイー)/孟小冬、孫紅雷(スン・ホンレイ)/邱如白、陳紅(チェン・ホン)/福芝芳、
余少群(ユイ・シャオチュン)/青年時代の梅蘭芳、安藤政信/田中少佐、六平直久/吉野中将
3月7日より新宿ピカデリーほか 全国ロードショー
配給:アスミック・エース、角川エンタテインメント


応援クリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
http://meilanfang.kadokawa-ent.jp/
by mtonosama | 2009-02-27 06:09 | 映画 | Comments(6)
Please click here.
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
f0165567_530150.jpg

                        (c)ドキュメンタリー・ドリームセンター
長江に生きる 秉愛(ビンアイ)の物語
秉愛

一昨年、青蔵鉄道でチベットへ行きました。西寧からラサまで車内で一泊しての列車旅行です。
西寧を出てしばらくすると空が夕陽に染まり、広大な大地に大きくうねる河が見えてきました。
長江です。長江の源流です!
それは、巨大な龍が金色に染まった大地を這い、今にも空へ駆けあがろうとしているかのようでした。

その龍はさらに成長し、滔々と流れ続けます。
周囲には何千万の民が豊かな水の恩恵を受けつつ、
貧しくとも地を耕すものの誇りを胸に刻み、数千年も暮らしていました。
でも、それは三峡ダムができるまでのこと。

総工費300億ドルをかけた国家プロジェクトである三峡ダムは2009年、いよいよ今年、完成します。
ダム建設によって、140万人の住まいと田畑がダムの底に沈みました。
この映画の主人公秉愛(ビンアイ)も140万人の内のひとり。

三峡ダムの底に沈む話はすでにいくつもの映画になっています。
この映画もそうした作品のひとつではあるのですが、主人公は一人の普通の農婦・秉愛(ビンアイ)。
監督は彼女に七年間密着して撮影し続けました。
秉愛は中国国家プロジェクトにのみこまれてはしまいますが
農地を失うという不条理に最後まで逆らい続けます。
偉そうな村の小役人に必死にくらいつきます。
早口にまくしたて、あるいは哀願し、抵抗します。

「長江に生きる 秉愛(ビンアイ)の物語」は長江の雄大な流れを背景に
七年にわたる秉愛一家の日々を綴ったドキュメンタリー映画です。

撮影したのは馮艶(フォン・イェン)。
天津の大学で日本語を学んだ後、日本に留学、京大大学院博士課程で農業経済学を研究した女性です。
そんな人が何故映画を?
そうなんです。
実は、彼女、1993年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で小川紳介に出会ってしまったのです。

             小川紳介。ある世代の方々にはとても懐かしい名前のはず。
             三里塚闘争を記録したドキュメンタリー映像作家です。
             あ、三里塚というのはあの成田空港の成田のことですが。

        馮艶(フォン・イェン)監督が出会ったのは彼の語りを収録した
        『映画を穫る――ドキュメンタリーの至福を求めて』(山根貞男編集・筑摩書房)
        これに感銘を受け、中国語に翻訳し、台湾で出版。
        その後、写真とビデオ制作を学び、ドキュメンタリー製作を始めました。
        人の人生って、なにがきっかけで変わるか、わからないものです。

秉愛(ビンアイ)は長江のほとりで二人の子どもと病弱な夫と暮らす働き者の元気なかあさん。
生活は楽ではないけれど雄大な長江はいつも彼女の眼の前を流れています。
若い頃、秉愛にも恋人がいました。
でも、父親にいわれて今の夫と結婚。
その時の父の言葉を彼女はよく覚えています。
「ビンアイや、畑仕事に必要なのは水だよ。あいつと一緒になれば一生水に苦労することはないさ」
なのに、突然の移住命令。
秉愛の家はダムの底に沈むから出ていけ、というのです。
村の役人たちがやってきて、脅したりすかしたりして秉愛たちを追い出しにかかります。
補償金をもらって早々と都会に出て行った村人たちもいますが
秉愛は、この地の、この畑を耕し、二人の子どもを育ててきたのです。
そうそう国のいいなりにはなっていられません。
そんな姿勢を七年間貫き通してきたのですが…

        秉愛(ビンアイ)は典型的な中国農村部のおっかさん。
        14年前に馮艶(フォン・イェン)監督が初めて彼女に出会ったとき、
        「カメラなんか持ってないで畑仕事を手伝ってよ」と言われてしまったそうです。
        監督はそんな秉愛と長い時間をかけて信頼関係を築きあげてきました。
        今の私たちにとっては少し不思議なのですが、
        秉愛という人は、お金のためとか、楽な暮らしをするためとかのために
        働いているのではありません。
        「なぜそんなに働くの?」などという質問は彼女には無意味です。
        働くことが生きること。小賢しい理屈なんておかしくって、というところです。
        頑なだけど、中国4000年の歴史の心棒が、長江の雄大な流れが、
        彼女の中にはまっすぐ通っています。
        秉愛と知り合いになりたいなって思ってしまいました。


「長江に生きる」
制作・監督/馮艶(フォン・イェン)
出演
秉愛(ビンアイ)
3月7日(土)より27日(金)渋谷ユーロスペースにてロードショー
www.bingai.net
by mtonosama | 2009-02-20 06:27 | 映画 | Comments(8)
Please click here.
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

シリアの花嫁
The Syrian Bride

f0165567_644363.jpg



中東映画が多い最近の当試写室です。
中東の映画には良い作品が多いのですが、ひとつ問題が。
そうなんです。
地理的にも、政治的にも、宗教的にも、歴史的にもあまりに複雑でわかりにくい。
アラブ人とユダヤ人。イスラム教とユダヤ教。
さらにイギリス、フランス、旧ソ連、アメリカも加わった
シッチャカメッチャカな状態が100年も続いています。
さらに聖書の時代にまで遡ったら、もう訳がわかりません。

タイトルから想像がつくように、「シリアの花嫁」はアラブ人の抱える問題を描いた作品です。
ですが、この映画のエラン・リクリス監督はエルサレム生まれのユダヤ人。
戦争は嫌、というのはたやすいけれど、
ここまでこじれてしまった関係は、絡んだ糸目をほどくように
すぐれた映像芸術によって根気よく矛盾点をあぶりだしていくことも必要なのかもしれません。

ユダヤ人監督、アラブ人監督
民族や国の利害だけでなく、
人としてどう生きていきたいかを訴える映画監督が
出始めていることはちょっと良い傾向でしょうか。

映画の舞台はゴラン高原。
第一次世界大戦以来、フランスの委任統治領の一部だった地域です。
ゴラン高原はシリア・アラブ共和国に属していますが、
1967年の第三次中東戦争でイスラエルによって占領されました。
(今問題になっているガザもこの戦争の時に占領されました)
シリアは、ゴラン高原を自国領と考え、イスラエルという国家の存在も認めていません。
それなのに、イスラエル政府は1981年にゴラン高原を一方的に併合してしまいました。

そこに、「シリアの花嫁」が生まれた背景があります。

ゴラン高原がイスラエルによって併合されてしまったので、
住民はイスラエル国籍と市民権を取得できます。
でも、ほとんどの住民はシリア人としての民族意識が強く、イスラエル国籍を選びません。
ということは無国籍!?
ゴラン高原北部の村マジュダルシャムス村に住むモナも、そんな住民の一人。

モナは今日シリアに住むタレルに嫁いでゆきます。
人生で一番うれしい日なのに、浮かない顔をしているのはなぜ?
ウェディングドレスを手に、姉のアラムと連れだって村の美容院へ向かうモナ
道々、村人たちが「おめでとう」と声をかけてくれます。

イスラエルのホテルに、モナの兄・長男で弁護士のハテムが家族と泊まっています。
彼は父やイスラム教ドゥルーズ派長老たちに逆らってロシア人と結婚したため、勘当された身。
結婚式に出席するため8年ぶりに故郷のゴラン高原へ戻る途中です。
テルアヴィヴ空港には二男のマルワンも。
各国に散っていた兄弟たちが妹の結婚を祝福するため、集まってきました。

その日、モナの村ではシリアの新大統領を支持するデモが行われる予定。
イスラエルの警察署は警戒態勢をはります。
同時に「シリア側に嫁ぐ花嫁がいるが、花嫁の父・ハメッドは軍事境界線に行かせるな」との命令も。
ハメッドは親シリア派。投獄経験もある要注意人物なのです。

ゴラン高原の国連事務所では
国際赤十字のスタッフ・ジャンヌが同僚とモナの結婚について話しています。
「花嫁は境界線を越えたらシリア国籍が確定し、イスラエルへの入国は不可能になってしまうのね」

花嫁姿のモナは姉のアマルに結婚への不安を打ち明けます。
境界線を越えたら最後、
何が起ころうと二度と故郷へは戻れず、家族に会うこともできないのですから……

シリア側とゴラン高原側に別れた親子、兄弟、親戚が会う方法はないのか、というと、
ないわけではありません。
どうするか、というと、叫ぶのです。

シリアとイスラエル領となったゴラン高原を隔てる地雷が埋まった谷越しに
「叫びの丘」と呼ばれる丘から、親が子に、弟が兄に叫びます。
「げんきかー!」「げんきだよー!」。

映画の中でもシリアで勉強する弟が両親や兄弟に向かって叫ぶシーンがあります。
花婿のタレルも叫びます。
結婚式でありながら、ゴラン高原側の親族は花婿と花嫁が並んだ姿すら見ることができないなんて…

昔、ベルリンが西と東に別れていたころ、
壁越しに会う肉親たちの様子を撮影したドキュメンタリーを見ました。
暗く重いベルリンの冬空の下、涙をおさえる老婆の姿が印象的でした。
暑く照りつけるゴラン高原の太陽の下でも同じことが今も起こっています。

しかし―――
花嫁は勇敢でした。姉のアマルも強い女性でした。
女は一旦決断すればやります。

希望という言葉を信じたくなる作品です。
ちなみにアマルとはアラビア語で「希望」という意味なのだそうです。



「シリアの花嫁」
監督/エラン・リクリス、脚本/エラン・リクリス、スハ・アラフ
キャスト
ヒアム・アッバス/アマル、マクラム・J・フーリ/ハメッド、クララ・フーリ/モナ、アシュラフ・バルホウム/マルワン、エヤド・シェティ/ハテム、ジュリー=アンヌ・ロス/ジャンヌ、
ディラール・スリマン/タレル
2月21日(土)より岩波ホールにてロードショー
http://www.bitters.co.jp/hanayome/

by mtonosama | 2009-02-13 06:34 | 映画 | Comments(6)
Please click here.
↓ ↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
f0165567_78145.jpg


彼女の名はサビーヌ
Elle s’ appelle Sabine

とてもショッキングな映画です。
でも、そんな感想を漏らすこと自体、関係者にとってはまたつらいのではないかと思い、悩んでしまうのですが…

「彼女の名はサビーヌ」。
「冬の旅」(‘85)で仏セザール賞を受賞し、代表作「仕立て屋の恋」(‘89)で主役を演じたサンドリーヌ・ボネール。
「ああ、あの人」とうなずかれる方も多い、そう、あの女優の初監督作品です。
自閉症の妹サビーヌを25年かけて撮影したドキュメンタリー「彼女の名はサビーヌ」が今回ご紹介する作品。

サンドリーヌとサビーヌは仲の良い1歳違いの姉妹。
映画は、美しく才能に充ち溢れた妹サビーヌをサンドリーヌが家庭用映写機で撮りためた映像と、
5年間の入院生活を経てすっかり変わってしまった現在のサビーヌを撮影した映像から構成されています。


15歳のサビーヌの輝くような美しさ。
彼女は仲良しの姉が向けるカメラに信頼しきった笑顔を見せています。
バカンスで出かけた海で満開の微笑みを見せるサビーヌ
バッハのプレリュードを弾くサビーヌ
サビーヌは幼い頃から特別な配慮が必要な子どもでしたが、10人の兄弟姉妹に守られて穏やかな少女時代を過ごしていました。
しかし、時が経ち、兄弟姉妹も独立して家を出ていくと、母親との二人暮らしが始まります。
やがて兄の死をきっかけにサビーヌの孤独感が深まり、彼女の不安は自分と家族に対する暴力として現れました。
当時はわからなかったのですが、彼女は自閉症だったのです。
28歳のサビーヌは精神病院に入院。入院生活は5年間に及びました。
そして、退院してきたときの彼女の姿は入院前とは大きく変わっていました。

これって若い娘にとっては「死」に匹敵する変貌ではないでしょうか。

自閉症は普通思われているように「心の病」ではありません。
映画「レインマン」でダスティン・ホフマンが演じていたように、コミュニケーションの障害、対人関係・社会性の障害、パターン化した行動やこだわりという特徴を持つ
「発達障害」のひとつが自閉症です。
専門家によれば「何らかの脳の機能的不全が根底にあり、これが原因でさまざまな因子が関与して自閉症の特性が現れる」のだとか。
なんだかよくわかりませんが、要するに、そのメカニズムはまだ解明されていません。
ただ、保護者の愛情がないから生じる障害ではないので
「親があんなふうだから、あの子は自閉症になったのよ」
などというのは言われもない誹謗中傷です。
また自閉症患者には必ずしも知的障害があるわけでもありません。

しかし、自閉症の子どもの症状はさまざま。環境や周囲の対応によって変わってきます。
知的障害のない自閉症患者は思春期になると妄想や幻覚、気分障害に似た症状を起こすこともあり、そうした場合、誤った治療を施されてしまう危険性があるわけです。
そう、サビーヌの失われた5年間のように。

以前、自閉症は大変な病気であると考えられていましたが、現在は違ってきています。
その症状は独特の特性であり、治すのではなく、社会的不適応の部分を軽くしようという考え方が主流になっているのだそうです。
「ノーベル賞級の研究をする学者は多少自閉症的要素を持つ」という話もあるほど。
この病気にとって必要なのはなるべく早く自閉症であると気づき、適切に対応することなのです。

監督がこの作品を撮ったのは
「監禁される以前のサビーヌと監禁以降のサビーヌを撮影すること」が目的でした。

とはいうものの、姉として、妹の美しくない部分、粗暴な部分を撮影するのはつらかったことでしょう。この映画を撮影した彼女の勇気には頭が下がります。
フランスも日本も、自閉症児のための早期発見態勢と対応システムを早く整えていかないと。

世の中には本当に大変なことばかり。
試写が終わったとき、大きな溜息をついてしまいました。

「彼女の名はサビーヌ」
監督・脚本・撮影/サンドリーヌ・ボネール
出演
サビーヌ・ボネール

Please Click here.
↓ ↓ ↓
映画『彼女の名はサビーヌ』
http://www.uplink.co.jp/admin/mt/mt-tb.cgi/159
by mtonosama | 2009-02-06 05:25 | 映画 | Comments(10)