ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0165567_5173826.jpg

         (c)2008 Jean-Louis Blondeau / Polaris Images
マン・オン・ワイヤー
MAN ON WIRE

日経新聞(平成21年5月19日)文化面にアートディレクターの佐藤可士和氏が
「人間の目指す究極の造形は(…)直線だと思う」
と書いていました。
それで、はたと
「マン・オン・ワイヤー」が映画になった理由はこれだったのか、と気付いた殿です。

今から35年前
当時世界で一番高いビルNYワールドトレードセンター(ツインタワービル)の間
411メートルの高さにワイヤーが張られました。

   それはツインタワービルという2本の垂線。
   はるか下方の地面と平行をなす1本のワイヤー。
   すべて線です。
   周囲には空気だけ。
   これぞ究極の空中アート、直線によって切り抜かれた造形であります。
   その411メートルの高さの線上を軽やかに移動する黒いしみ。

       あれを見ろ!
       カラスか?
       リスか?
       いや、人間だ!!
   (その昔、「スーパーマン」テレビ版冒頭でいつも出てきたせりふをパクリました。
    ごめんなさい)

   そう、人間でした。
   それは、完璧な造形に動きとリズムを与え、見上げる人々の視線をとらえました。

20世紀の芸術犯罪と言わしめた画期的な事件。
「マン・オン・ワイヤー」は23歳のフランス青年フィリップ・プティが行った
地上411メートルでの綱渡りを描いたドキュメンタリー映画です。
無届で(もちろん届けなど出したら、その場で逮捕でしょうが)
建築中のワールドトレードセンタービルへ不法侵入
さらに、ビルの最上階にワイヤーを張るなどという誰も考え付かないその行動は
とてつもない危険行為でありました。
ですから、411メートルの綱の上で1時間近くにわたって命綱もつけず
綱渡りを披露したプティは即座に逮捕され、精神鑑定を受けることになりました。
もちろん、なんの異常も発見されませんでしたが。

        1974年8月7日
        フィリップ・プティはワールドトレードセンタービルの最上階と最上階をつないで
        張られた綱の上を45分間にわたって8往復しました。
        それはとても楽しそうで、細い綱の上を軽やかに踊るように往復する姿が
        翌日の新聞の1面を飾ったものです。

        とき、あたかもウォーターゲート事件で明らかになった政治スキャンダルによって
        合衆国史上初めて、現役の大統領が任期中に辞任に追い込まれるという
        大きな事件の真っただ中。
        プティが綱を渡ったその翌日
        ニクソン大統領は全米国民に向けてのテレビ演説で辞職を発表したのでありました。

        それをさかのぼること6年
        17歳のプティはパリの歯科医院の待合室で1冊の雑誌を手にとりました。
        そこに掲載されていたのがNYワールドトレードセンタービルの建築計画。
        彼はそのページをむしりとり、治療もしないで外へ飛び出しました。
        出会いとは痛みを伴うものです。
        プティは大きな夢に出会えた代償として歯痛を抱え込んだのであります。

        1971年
        20歳のプティは手始めにノートルダム寺院の尖塔と尖塔の間に綱を張り
        渡り始めました…

あのワールドトレードセンタービルが舞台となっていますが
それが政治的な暗喩であるなどということは一切なく
ニクソン大統領の辞職もプティの行動にはまったく関係ありません。
ただ、あの9.11の映像があまりに衝撃的だったため
その同じビルの完成前の姿を見るとき
亡くなった親の子供時代の写真を見るような切なさを感じてしまいますが
それは観る側の思い込みにすぎません。

     決行の8か月前にNYに到着したプティはマンハッタンで大道芸をし
     資金を稼ぎながら、友人や協力者とトレーニングや計画を重ねました。
     童顔のプティが彼らとこの世紀の“芸術犯罪”の計画を練っている様子は
     いかにも楽しげです。

でも、約200kgもあるワイヤーを厳しい警備の中、ワールドトレードセンターに
運び込むだけでも大変ですし
ワイヤーの設置方法や風やビルの揺れを相殺するためのワイヤーの固定方法など
友人や協力者の仕事は胸が痛くなるほど、神経を使うものでした。
だって、サーカスと違ってネットもないし、命綱すらないのです。
綱渡りの成功はプティのテクニックと度胸
そして、友人たちの努力にかかっていました。

政治と戦争の日々であった70年代
こういう冒険に夢中になれたプティとその友人たちって、かなり良い人生を過ごしています。
プティは1974年8月7日以来ずっとNYに住み
「僕はニューヨーカーさ」
とフランス語訛りの英語で話しています。
そうそう、プティにはワールドトレードセンターの展望デッキのVIP許可証も贈られたそうですよ。
「永遠に有効」と書かれた許可証が。

マン・オン・ワイヤー
監督/ジェームズ・マーシュ、製作/サイモン・チン、撮影/イゴール・マルティノビッチ、音楽/マイケル・ナイマン、ジョシュァ・ラルフ
出演/フィリップ・プティ
6月13日(土)、新宿テアトルタイムズスクエア他、全国順次ロードショー
http://www.espace-sarou.co.jp/manonwire/

ワンクリックお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡ブログランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-05-27 05:59 | 映画 | Comments(10)
f0165567_4431686.jpg

        © 2008 Laboratory X, Inc.

精神
Mental

以前、この映画の監督である想田和弘さんの「選挙」というドキュメンタリー映画を観ました。
監督の呼び方によれば、観察映画というそうですが。
小泉自民党のもと、川崎市々議会議員補欠選挙に出馬した監督の友人が
選挙を戦う一部始終を撮った作品です。
選挙の裏側を野次馬気分で観られてなかなか興味深いものでした。
(7月4日からライズXにて復活ロードショー)
選挙というものを、知ってるつもりではいたものの、映画で観るとびっくり!の連続。
選挙の裏側ってこうなってるのか、と目の中のうろこがはらりと落ちました。

しかし、二作目は「精神」。これはまたいったい…
「精神」は〈精神現象学〉とか、〈絶対精神〉の精神ではなく、〈精神病院〉の精神です。
この精神病院という言葉すら禁忌の領域に属するのではないでしょうか?
「選挙」の手法から推測すると本作「精神」もまた病院に潜入してカメラを回した?
まさか…

観る前に何度もそんな問いを繰り返しました。
観た後ですか?

はい、驚きました。
カメラの前の患者たちがきわめて冷静に自己分析しつつ
論理的に語っていることに、です。
さらにモザイクもなしに、です。
そういうことに驚くこと自体、既に、精神科の病を患う人への偏見なのでしょう。

        世間では、健常者と患者との間に、透き通ったカーテンが引かれていて
        健常者と言われる私たちは患者のことを見ないふりをして過ごしてきたようです。
        なのに、この映画を観たら
        見ないふりをしてきた彼らのことを
        正面から見ることになってしまいました。

外来精神科〈こらーる岡山〉に通院する
統合失調症、躁うつ病、パニック障害などの神経症を抱えた患者たちは
カメラの前で語ります。
モザイクも、黒い眼隠しもない、ありのままの顔です。

        もちろん、患者たちは素顔で出演することに快く賛同してくれるわけではなく
        ひとりひとりから撮影許可を得ることはとても大変だったでしょう。

監督はいいます。
「被写体の顔にモザイクをかける手法は、患者に対する偏見やタブー視をかえって助長する」
う~ん、そうかもしれませんが…

                        (thinking time)

確かに、モザイクは、保護されるべきもの、人目に触れさせたくない対象に付けるもの。
でも、〈こらーる岡山〉に通院する患者は、児童でもなければ、ワイセツでもありません。
本人が納得したなら素顔で出演することになんの問題もないのでしょう…

        〈こらーる岡山〉は、代表を務める山本昌知医師が開設した外来精神科診療所です。
        山本医師は以前、精神科病院に勤務していたとき
        病室のドアに外からかけられた鍵に疑問を抱き
        〈鍵のない精神科病棟〉をめざした人物。
        「病気ではなく、人間を診る」 「本人の話に耳を傾ける」 「人薬(ひとぐすり)」
        をモットーとし
        患者が病院ではなく、地域で暮らしていくための方法を模索し続けています。
        ですから、〈こらーる岡山〉には
        牛乳配達を行う作業所と食事サービスを行う作業所が付属し
        通院者たちの働く場所にもなっています。

〈こらーる岡山〉に通院する患者の顔ぶれは老若男女とりどりですし
発病の理由もいろいろです。 
 
  精神的に追い詰められ、生まれたばかりの赤ちゃんの口を塞いで死なせてしまった母親。
  少年時代から神経症とつきあいながら、哲学や芸術を深めてきた男性。
  自殺未遂を繰り返す人。

さまざまな患者がいますが、モザイクを取り外したことによって見えてくるのは
「いったい私たち健常者とどこが違うの?」ということです。
環境が少し変わっていれば
私たちだって透き通ったカーテンの向こう側にいたかもしれません。

監督は、この映画で
「患者や障害者を『弱者』とも『危険な存在』とも決めつけず、かといって讃美もせず、
虚心坦懐に彼らの世界を見つめることを第一義とした」

といいます。
う~ん。そのためのモザイク取り外しだったんですか。

いろいろな感じ方で観ることのできる映画だと思います。
笑って楽しめる映画でもありませんしね。
実際、いろいろ語っていた出演者が自殺したと、映画の最後で知らされるのはつらいものです。
でも、いつまでもカーテンをひいて見ないふりをするわけにはいきません。

いつも思いもよらない世界を見せてくれる想田監督はすごい!

精神
監督・撮影・録音・編集・製作/想田和弘、製作補佐/柏木規与子
出演/「こらーる岡山」のみなさん、他
6月13日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
配給・宣伝:アステア
www.laboratoryx.us/mentaljp

ワンクリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡ブログランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-05-22 05:34 | 映画 | Comments(8)
f0165567_58217.jpg

          © 2008 TWCGF Film Services II, LLC. All rights reserved.

愛を読む人
The Reader

「愛を読む人」とはまた気恥かしい邦題です。
原題は”The Reader”。ドイツ語タイトルは”Der Vorleser”。
ベルンハルト・シュリンクのあの小説「朗読者」を映画化した作品です。

        ベルンハルト・シュリンクは1944年ドイツ生まれ。
        1995年出版の「朗読者」は40ヶ国語に翻訳され
        世界的なベストセラー小説となりました。
        1982年以降、ボン大学で教え、現在はフンボルト大学法学部教授。
        短編集「逃げてゆく愛」(‘00)、長編小説「帰郷者」(’08)、
        推理小説シリーズなどもあります。

ドイツ好きの殿はこの小説を読みました。
ハナとミヒャエルのそのいけない関係も含めて
高熱にあえぎながら壁紙の模様を凝視するミヒャエルの内面世界とか
幼い思慕が深く悲しい愛に変わっていく「朗読者」の世界に
すっぽりはまりました。
この小説の持つある種の静けさがどのように映画に反映されるのでしょうか?
なんかちょっとこわい気がしたのですが。

        「朗読者」の映画化権を得たのは
        辣腕プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインとミラマックス映画でした。
        1996年のことです。
        ワインスタインの希望でアンソニー・ミンゲラが監督と脚本を担当。
        シドニー・ポラックが製作に加わることに。
        ところが、映画化が進まないまま、10年が経過。
        そうこうする内、スティーヴン・ダルドリーから
        「自分が監督をしたいのだが」という申し出がなされました。
        ミンゲラは自分とポラックがプロデューサーとして残ることを条件に
        ダルドリーが監督することに同意したのだそうです。
        《ミンゲラは昨年3月に54歳の若さで、その2ヶ月後にはポラックも74歳で
         映画の完成を見ることなく亡くなってしまいました》

ま、そんな経緯はさておき、ダルドリーといえばあの「リトル・ダンサー」(’00)で
幸運な監督デビューを果たした人物。「めぐりあう時間たち」(’02)も彼の監督作です。
「『朗読者』は、ずっと心に残る小説だ」と語っているのですから、期待してみましょう。

        あ、ちなみにこの映画は英語です。
        ハナはハンナ、ミヒャエルはマイケルとなっていますので、ご承知おきください。

    《ストーリー》
   1958年ドイツ。15歳のマイケルは学校の帰り道、具合が悪くなってしまいます。
   座り込む彼を一人の女性がてきぱきと世話をして、家の近くまで送り届けてくれました。
   3ヶ月後、ようやく回復したマイケルはお礼を言おうと
   一人暮らしのその女性の部屋を訪ねます。
   彼より21歳年長のハンナという名の彼女はそっけなくマイケルを迎えます。
   しかし、マイケルは次の日も、また次の日も彼女の部屋に向かってしまうのでした。
   ある日のこと、彼はハンナに言われて地下から石炭を運びます。
   石炭の煤で真っ黒になったマイケルは彼女に言われてお風呂に。
   浴槽から出た彼を大きなタオルでくるんだのは、裸のハンナでした。
   その日から、放課後を待ちわびるようにハンナの部屋を訪れるマイケル。
   その時間にはハンナも路面電車の車掌の勤務を終えて帰ってくるのです。
   顔を合わせるや激しく愛し合う二人。
   そんなある日ハンナはマイケルに「本を読んで聞かせて」と頼みます。
   一心に朗読するマイケル。いつしか、それはベッドでの習慣になっていきました。

   マイケルの誕生日。友人たちがパーティを計画してくれました。
   パーティには参加せず、いつものようにハンナの部屋に向かったマイケル。
   なのに、不機嫌なハンナ。朗読するマイケルは邪険にさえぎられてしまいます。
   次にマイケルが部屋を訪れた時、部屋は空っぽに。
   書き置きすら残されてはいませんでした。
   立ちすくむマイケル。

   8年後、法学部の学生になったマイケルは戦争犯罪を裁く法廷の傍聴に出かけます。
   そして、そこで耳にした被告の声こそ
   あの日以来忘れたことのなかったハンナのものだったのです…

原作者のシュリンクは、ハンナ役には最初からケイト・ウィンスレットを思い描いていたそうです。
胸の奥深くになにかを秘めているような悲しげなまなざし
マイケルをとまどわせる不可解な行動
ミヒャエルの視線と思考から判断し、形作るしかなかったハナという女性が
ケイト・ウィンスレットによって、この映画で体現されました。

少年時代のマイケルを演じたデヴィッド・クロスも
思索的でありながら無垢な少年を見事に演じていました。
そして、大人になったマイケルを「イングリッシュ・ペイシェント」のレイフ・ファインズが
陰影と憂いの中に深く刻み込んでくれました。

圧倒的なキャスティングの妙であります。
ベルリン、ゲルリッツ、ケルンと、ドイツでの撮影にこだわった映像も加えて
「朗読者」は十二分に納得のいく映画化でした。

しかし、「タイタニック」のときのあのコロコロした女の子がここまで成長するとは。
ケイト・ウィンスレットに脱帽です。

愛を読む人
監督/スティーヴン・ダルドリー、脚本/デヴィッド・ヘア、原作/ベルンハルト・シュリンク、
製作/アンソニー・ミンゲラ、シドニー・ポラック
キャスト
ケイト・ウィンスレット/ハンナ・シュミッツ、レイフ・ファインズ/マイケル・バーグ、
デヴィッド・クロス/青年時代のマイケル・バーグ
6月19日(金)TOHOシネマズスカラ座他にて全国ロードショー
http://www.aiyomu.com/

クリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡ブログランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-05-17 05:58 | 映画 | Comments(12)
f0165567_1829289.jpg


© 2008 DREAMWORKS LLC and UNIVERSAL STUDIOS
 
路上のソリスト
THE SOLOIST

路上生活をする天才的な音楽家。彼は統合失調症をかかえている。
うーん、よくある深刻かつストイックな社会派映画でしょうか。
ハリウッド映画だし。
と、はなっから猜疑心むきだしで試写にのぞんだ殿です。

つかみは完全にハリウッドでした。
LAの高級住宅街をロードレーサーで疾走するロサンゼルス・タイムズの売れっ子コラムニスト
スティ-ヴ・ロペス。
ロペス氏、目の前を横切るアライグマをよけようとして派手にひっくり返る。
「おいおい、出社前に顔すりむいちゃってどうするよ」。
なんとも明るいオープニングシーンであります。

が、しかし
監督は英国人。「プライドと偏見」(‘05)のジョー・ライトです。
アメリカで映画を監督するのは初めてということ。
きっと純正ハリウッド映画とは違う匂いをどこかで感じさせてくれるかもしれません。

     《ストーリー》
      明るい太陽。道路のわきには丈高いパームツリーがそびえています。
      ここはキャリフォーニア、ロスアンゼルス。
      顔面半分擦過傷のあわれな顔をしたスティーヴ・ロペスがネタを求めて歩いていると
      美しいヴァイオリンの音色が流れてきました。
      ヴァイオリンを---それも、2弦しかないヴァイオリンを---弾いていたのは
      奇妙な格好をした路上生活者。
      ナサニエル・エアーズと名乗るその男はとめどなく言葉を繰り出します。
      言葉の洪水の中から
      〈彼がベートーヴェンを愛していること〉
      〈ジュリアード音楽院にいたこと〉
      などを拾いだしてロペスは驚きます。
      「ジュリアードの卒業生がなんで路上に!?」
      彼の記者魂に火がつきました。
      ナサニエルの姉と元教師を見つけ出し、取材。
      「少年時代からチェロを弾いていた」
      「本気で取り組めば世界がひれふす才能だった」
      ことなどがわかります。
      ナサニエルについて書いたコラムは評判を呼び
      感動して自分のチェロを送ってきてくれる読者まで現れました。
      彼にチェロを届け、車の行き交うトンネルでその演奏を聴いたロペス
      騒音も排気ガスも忘れ、めくるめく感動に包まれるのでした…

スティーヴ・ロペスが書いたコラムを映画化したこの作品は実話です。
―――脚本のスザンヌ・グラントは、ロペスが離婚したことにしたり
    ナサニエルには姉が一人しかいないことにしたり、
    事実と若干変えはしましたが―――
路上生活者で統合失調症の天才音楽家、というショッキングなお題を抱えてはいますが
この映画は実のところ、ナサニエルとの交流を通じてロペスの心が変わっていく様子を描いた
魂の物語ということがいえるかもしれません。

パームツリーの並木の下をローラーブレードで滑走する長くてきれいな足の女子。
LAといったら、そんなイメージしか持ちあわせていない米国未体験の殿にとっては
きらびやかなLAのその裏通りに生きる精神障害を抱えた
老若男女のホームレスの群れには驚きました。

でも、「僕はいつも、あまりに深刻ぶった映画というのは苦手なんだ」と監督自身語っている通り
そのホームレスのひしめく裏通りの雑踏ですら、夜市のにぎわいのように感じさせる映像でした。
イギリス人の目でみたLAの表と裏。余所者だからこそ描けるステレオタイプでないLAです。

精神障害者はかわいそう、あるいは、怖い…
という健常者の思いこみで、彼らを隔離し、強制的に薬を飲ませること。
それははたして正しいことなのでしょうか。

ナサニエルを見出した自分は彼の恩人であり、同時に、保護者であると
どこか‘上から目線’だったロペスに
「僕はあなたのことをMr.Lopezと呼んでいるのに、あなたは僕をナサニエルと呼ぶ」
というナサニエルの抗議がつきささるのでした。
「自分はこの音楽家を救いたかった…」
救う?ナサニエルを何から救うのでしょうか?

本人が治療を望まないなら、それもひとつの選択なのかもしれません。
ロペス同様、ナサニエルをかわいそうな人だと思っていた観客にも変化が訪れます。

ナサニエルは打算抜きで音楽を愛することのできる天才でした。
明るいだけのロスアンゼルスという偏見も消えました。
ジョー・ライト監督、ありがとうございます。

路上のソリスト
監督/ジョー・ライト、脚本/スザンナ・グラント、原作/スティーヴ・ロペス
キャスト
ジェイミー・フォックス/ナサニエル・エアーズ、ロバート・ダウニーJr./スティーヴ・ロペス
トム・ホランダー/グラハム・クレイドン、キャサリン・キ―ナー/メアリー・ウェストン(スティーヴの元妻)、リサ・ゲイ・ハミルトン/ジェニファー・エアーズ(ナサニエルの姉)、
5月30日(土)TOHOシネマズシャンテほか全国順次ロードショー
http://rojyo-soloist.jp/

ポッチン、クリックお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡ブログランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-05-12 19:40 | 映画 | Comments(12)
f0165567_5514299.jpg

重力ピエロ

伊坂幸太郎のベストセラーの映画化作品です。

伊坂作品は「ゴールデンスランバー」の他に二三作読んだだけの殿は
「重力ピエロ」を読んでおらず

の連続放火事件、遺されたの落書き。
落書きと遺伝子暗号の奇妙なリンク。
すべてのが解けたとき、24年前から今へとつながる家族の秘密が明らかになる…》


という《謎》続出の映画チラシのコピーに緊張しました。
これは心してかからないと…

        あまり読んでないくせに偉そうに言うのもなんですが
        伊坂作品の主人公に共通するのはおっとり癒し系、草食系男子が多いような。
        ミステリーですから、次はどうなる?あの人はなんなの?的な
        展開を焦る気持ちをあおってもくれるのですが
        どこか穏やかな伊坂ワールド。

満開の桜の中、春が二階から落ちてきたからなんでしょうか?

あ、春っていうのはこの映画の主人公、仲良し兄弟の弟の名前です。
春を演じるのは岡田将生。
春の兄・泉水(いずみ)を演じる加瀬亮。
イケメンと草食系男子代表。
落書き消し屋の弟と遺伝子学専攻の大学院生の兄。
兄弟でありながら、全然違うところもこの映画の「謎」につながる重要なポイントです。
そして、この二人の父親を演じる小日向文世。早逝する母親役の鈴木京香。
当世風美少年と、まったりおっとり穏やかな俳優陣が登場する「重力ピエロ」は、
大変な事件を抱えながらも、地方都市とひとくくりにするには失礼なほどの大都会・
仙台を舞台に、日常の一風景のように進行します。

        若く美しい母親が乳母車の息子に聞かせるように楽しげに歌いながら
        仙台の街を見はるかす坂道を一歩一歩上がっていく。

        サーカスに興じる親子4人。空中ブランコを見上げながら
        「楽しそうに生きていれば、地球の重力なんて消してしまえるんだよ」
        と幼い兄弟に語る両親。

        病院から帰った父が成長した兄弟に
        「ガンだって」
        とスーパーでネギでも買ってきたみたいに軽く報告する。

        「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」
        と春は落ち込む兄・泉水に言う。

「謎」という言葉の連続に身構えた殿でしたが、軽く発せられているのに
ずーんと沁みこむいくつかのせりふや印象的なシーンが
無理なくエンディングへと連れていってくれました。

        「重力ピエロ」の単行本が出版された直後(‘03)に
        映画化オファーをしたという企画・脚本の相沢友子さんは
        ミステリー重視の脚本にするか、家族のドラマを前面に出すか
        ずいぶん迷ったということです。

事件というのは生活の延長として起こっているんですよね。
映画の中の事件がテレビに映し出されるニュース映像で観客に提示されることも
日常性を逆手にとったうまい演出です。
「事件は現場で起こってるんじゃない。テレビの中で起こっているんだっ」
かも。

「読んでから観るか」「観てから読むか」。
小説が映画化されるとき、必ず使われるキャッチフレーズですが、
さあ、どうしましょう?

重力ピエロ
監督/森淳一、原作/伊坂幸太郎「重力ピエロ」(新潮社刊)、脚本・企画/相沢友子
キャスト
加瀬亮/奥野泉水、岡田将生/奥野春、小日向文世/奥野正志、吉高由里子/夏子、
岡田義徳/泉水の友人、渡部篤郎/葛城由紀夫、鈴木京香/奥野梨江子

4月25日(土)より宮城先行ロードショー
5月23日(土)より全国ロードショー
http://jyuryoku-p.com/

 ♡お得なお知らせ♡ 
「重力ピエロ」原作本持参割引キャンペーン
「重力ピエロ」(単行本でも文庫本でも)を映画館に持っていくと
当日窓口料金が一般:200円、学生:100円が割引きされます♪

ワンクリックお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡ブログランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-05-04 06:30 | 映画 | Comments(10)
f0165567_535192.jpg


ごあいさつ

当試写室へご来場いただき、誠にありがとうございます。
おかげさまで、「殿様の試写室」は今月で満1年を迎えました。

試写映画の中から
好きな作品、あるいは気になる作品という
まったく自分勝手な基準で選んだものを
当試写室では上映させていただいております。

今後ともご贔屓のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。

殿

予告編
ごあいさつの後、「重力ピエロ」を上映いたします。
「重力ピエロ」の次の上映は12日か13日です。

皆さまのまたのご来場を心よりお待ち申し上げております。




にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
by mtonosama | 2009-05-04 05:48 | 映画 | Comments(6)