ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

<   2010年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

            殿様の試写室 
            秋の増刊号 -12-
                        3日目

f0165567_67184.jpg

          さて、万博会場の喧騒を離れて向かったのは田子坊。

上海一のホットな路地だそうです。
お土産屋さんあり、アジアンテイストの小物屋さんあり(チャイナテイストではなかった)、
おしゃれなカフェやイタリアンのお店もありました。
四方八方に路地が延びており、ちょっとした迷路です。

f0165567_683470.jpg

らくだくんの話では5年位前から昔の街並みを残しておこうということで、
古い家を、外観はそのままにお店として活用し始めたのだそうです。

北京でも、胡同(フートン)のような趣のある路地が開発されて
ドンドン近代的な高層ビルに変わってしまいましたから、
こういう味のある街は少しでも残していってほしいものです。

田子坊は中国の人だけでなく、欧米系の人も、そして、日本の人もくつろいでいて
おしゃれで元気な街でした。

f0165567_695970.jpg

ちょっとピンぼけですね。たごぼうみたいなおじさんに睨まれました。

f0165567_6113262.jpg

これもピンぼけですいません。
観光客の行き交う路地の上を見上げれば、布団や洗濯物が干してあります。
この猥雑感こそ上海。

f0165567_6123032.jpg

とのたちがお茶したカフェ。
テラスにしつらえられたテーブル席でのんびりお茶を飲んでいると、
どこかから子猫の鳴き声が聞こえてきたり、
唐辛子を炒めるホットな煙が上がってきて、思わず咳きこんだり、
空を見上げれば高層ビルではなく、ちゃんと空が見えたり、
進化し続けるチャイナの僅かに残されたレトロな空気を満喫することができました。

f0165567_6134356.jpg

まったりとした気分で田子坊から出てくると
タクシー運転手と街の人たちがなにやらもめていました。
例のごとく、スピード違反か、乗車拒否か、ミラーこすったのこすらないので、
言い争っているのでしょう。

さ、喧嘩は街の人たちにまかせて、上海最後の夜を外灘(ワイタン)でのディナーとはりこみましょう。

明日に続く

你好!
ブログランキングに参加しています。
今日もポチ☆ッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
♪11月6日に更新しました。いつも応援をありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-11-06 06:20 | Comments(9)
            殿様の試写室 
            秋の増刊号 -11-
                       3日目

f0165567_6431382.jpg

            祝祭気分がいやがうえにも高まるイベント。
       参加者は円陣を組んでその顔にペインティングしてもらっていました。
               おねえさん、素敵な笑顔です!

          さ、ここで各国のパビリオンをお楽しみいただきましょう!

f0165567_6441950.jpg

                     ギリシャ館です。
       経済不況を反映してか、あまりお金のかかっていないパビリオンですね。
                      ごめんなさい。

f0165567_645335.jpg

                     トルコ館です。

f0165567_6455378.jpg

                     アイルランド館

f0165567_648960.jpg

                     オーストリア館

f0165567_14474328.jpg

                     徳中同行之家
           徳=ドイツと中国が共同で出したパビリオンということでしょうか。
                    紙パイプで構成した建物でした。

                     いやあ、とにかく広い。
                      そして、人が多い。
                       そして、暑い。

パビリオン内に入ったのはモロッコ館だけでした。
あまりの規模に圧倒されたというのが本音です。
あ、唯一入館したモロッコ館の内部を一部ご紹介しましょう。

f0165567_6512219.jpg

              モロッコといえば絨毯ですから…

ま、自分のことは棚に置きますが、皆さん、本当に記念写真がお好きです。
絨毯との記念写真、モロッコの民族衣装の横で記念写真、
この偉大なイベントに自分も参加したのだという誇らしい気持を記録に
とどめておきたいのですね。

27万通りの万博参加です。27万人という人数がじわーっと実感されてきました。

しかし、我々の退出時16時には既に50万人(!)の入場者数を記録していました。

明日に続く

妳好!
ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
♪11月5日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-11-05 07:12 | Comments(4)
             殿様の試写室 
             秋の増刊号 -10-
                         3日目

f0165567_6234331.jpg

             ドイツ館。ここも4時間待ちでした。
             ドイツは中国語で徳国と書くのですね。

f0165567_6251734.jpg

左手の赤い点々のパビリオンがスイス館、奥に見える篭みたいなパビリオンはスペイン館。
さすがにヨーロッパゾーンはおしゃれです。

   そのおしゃれな一角でとんでもないものを目撃してしまいました。
   若いお父さんが子どものパンツを脱がせて座り込み、
   なんと、そのまま子どもに○ンチング体勢を取らせたのです。

   思わず息を呑むジャスミンちゃんととの。
   「こ、こんなド真ん中で!?」

   せめて、もう少し人通りの少ない場所でさせてあげてくださいな。
   あ、それは無理か。
   だって人通りの少ない場所なんてないですもんね。

でもね、若いお父さん、万博会場内のトイレの数は結構多かったですよ。

らくだくんは無錫のデパートの売り場フロアーで、今しも排泄されたばかりのものが
湯気を立てているのを見たことがあるとかで、平然としていましたが―――

f0165567_6263632.jpg

ベルギー館前(ここも入れませんでした)。
口直し、いや、目直しで、ベルギービールを飲みました。

明日に続く
你好!
ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
♪11月4日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-11-04 06:41 | Comments(8)
              殿様の試写室 
              秋の増刊号 -9-

                         3日目


f0165567_5185254.jpg

                   Welcome to SHANGHAI.
     万博会場内にあるAfternoon Teaでのらくだくんの朝ごはんチキンカレー25元。

さて、節を曲げて出かけた上海万博。

会場に向かう地下鉄の中に現在の万博入場者数という表示が出るのですが、
午前10時段階で27万人
この数字がいかなるものか、実感できないまま、会場に到着。
そして向かったのがアジアゾーンです。

f0165567_5205291.jpg

大韓民国パビリオン。白い壁にポツポツ穴が開いているように見えるのは
全部ハングル文字です。

そして―――

f0165567_5215822.jpg

な、なんやねんな。このピンク。

     日本館でんねん。

ピンクだろうと、巨大な芋虫だろうと、入館をめざして並ぶ行列は4時間待ち!

はい、パスしました。

f0165567_5233217.jpg

日本館に入っている日本料理のお店です。
「鉄板焼き 海 セットメニュー」
なんと650元(≒7800円)。高っ!
中国相場に慣れきっていたとのご一行には払える金額ではありません。

f0165567_5245077.jpg

日本館見学も和食もあきらめて、無料バスに乗ってヨーロッパゾーンに向かいます。

明日に続く

你好!
ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
♪11月3日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-11-03 05:40 | Comments(8)
             殿様の試写室 
             秋の増刊号  -8-
                         3日目

f0165567_5341980.jpg

                        上海万博2010
上海国際博覧会(しゃんはいこくさいはくらんかい)は2010年5月1日から同年10月31日まで、中華人民共和国上海市の上海世博園で開かれている国際博覧会である。
約160年の国際博覧会の歴史において、発展途上国における初めての開催であるとされることが多いが、実際には1949年にハイチの首都ポルトープランスで博覧会が開かれたという記録があるほか、国際園芸博覧会兼国際博覧会(1990年に大阪で行われた花の万博と同タイプ)は1999年には同じ中国で昆明世界園芸博覧会が、2003年にはタイでチェンマイ国際園芸博覧会が開かれている。
過去に万博に参加したことがない北朝鮮が初めて出展したことでも知られる。また、資金難で2000年のハノーヴァー万国博覧会への参加を見送ったアメリカ合衆国も今回は出展し、参加国・地域、国際機関は万博史上最多の246を数え、なかでもアフリカ大陸からの参加国は50を上回る。建設、運営費用などの総事業費は約286億元(約3,900億円)、地下鉄や空港などのインフラ建設や都市整備などを含めると4千億元(約5兆5千億円)もの資金が投入された。
(Wikipediaより)


f0165567_5363028.jpg

上海滞在3日目、行ってきました。恒例、朝のぶらぶら歩き。
さて、クイズです。
おじさんの頭上につきだしている看板の左の字、何の字だと思います?
そうです。神社の鳥居みたいな形の字です。

これは、「開く」の中国略字。わかりませんよねぇ。

锁は「鎖」ですね。
このお店、いったい何のお店でしょう。

これは簡単。黄色い鍵の看板もぶらさがってますから。
そうです。錠前屋さんです。

じゃ、これは?

f0165567_5433155.jpg

嫌いな人には刺激的だったでしょうか?
ジャスミンちゃんと歩いていると、どこからか、虫の音が聞こえるので、
さがしてみたら、歩道上にこの小さな箱に入れられた虫たちが並べられていました。
虫屋さんです。
ちょっと逞しすぎる虫でした。

さて、とのはこれまで100年以上生きてきましたが、
万博というものに行ったことがありません。
あの有名な大阪万博も噂に聞いただけですし、
愛知万博も出身地での開催でありながら、行きませんでした。

なのに、なにゆえ、上海万博?

ま、人は長い人生の内に一度くらい、節を曲げることもあるものです―――

明日に続く

你好!
ブログランキングに参加しています。
上海万博は終わりましたが、今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
♪11月2日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-11-02 05:52 | Comments(6)
             殿様の試写室 
             秋の増刊号 -7-
                         2日目

f0165567_6344162.jpg

再び和諧号に乗って上海に戻ってきました。

中国9回目のとの、
中国で人が近づいたらまず物売りと思えという考えがしっかり身についています。

上海駅で、ひとりのおじさんが愛想良く
「你好!○△〒※玩全~●云南×?」
と、とのに話しかけてきました。
すかさず「不要、不要」。

すると、らくだくんがこのおじさんと何やら話し始めました。
との:「なに?」
らくだ:「彼はバス停はどこですか?って訊いていたんだよ」
って……
失礼しました。

タクシーや人力車の運転手や物売り(違うって…)とのかけひきと緊張に
疲れた体を癒すには、酒や食事よりもまずはマッサージでしょう。

f0165567_636681.jpg

行ってきました。こよなく愛するマッサージ。

フランス租界地にあるこのお店、外見もおしゃれっぽいのですが、室内も素敵。
どこからか聞こえてくる流水音が疲れた神経を鎮め、
蝋燭のほの暗い明かりがまぶたにそっと紗の覆いをかけてくれました。

お店やコンビニなどでお会いする中国のおねえさんはテキパキと
あるいはパキパキと威勢よくものごとを進めてくれますが、
ここYuanMei-massageのおねえさんは言葉ももの静かで、物腰もこの上なく優しいのです。
中国語ってこんなに優しい言葉だったのですね。

足裏マッサージをお願いしたのに、肩までもみほぐして下さり、
足裏だけではなく膝下からオイルを使って、流れるようにじっくりとマッサージをしてくださいます。
(思い出すだけで心と体が和みます。よだれも出てきます。つい敬語を使ってしまいます)
マッサージ初体験のジャスミンちゃんも感動しきりでありました。
これで68元(≒816円)ですから。

さて、すっかり癒されたところで、次は空腹の癒しです。
f0165567_6372052.jpg


ボケボケの写真でごめんなさい。
とある路地を少し入って向かうは上海家庭料理の店。
手前のぴんぼけ緑は空心菜の炒め
中央の黒い器は「いもとぶた」(お店のおねえさんはまさにこのように日本語で説明してくれました)。
奥の黄色と赤は卵とトマトの炒めです。卵はふんわりとろっとしているのではなく、
しっかり歯ごたえがあっておいしかったです。
この料理、以前、九寨溝へ行ったときも食べたから、
上海に限定されたものでもないと思うのですが、案外、九寨溝のお店の料理人が上海出身
だったのかもしれませんね。

紹興酒と「いもとぶた」。至福の時でありました。
そして、上海の夜は更けていきます―――

明日に続く

你好!
ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
♪11月1日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-11-01 06:49 | Comments(8)