ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

<   2010年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

   シチリア!シチリア! -2-
                          Baarìa

f0165567_5201684.jpg


「ニュー・シネマ・パラダイス」もそうでしたが、
トルナトーレ監督の作品といえば、子ども。
いつも子役がいい味を出していますよね。今回もそうです。

幼年時代のペッピーノ、少年時代のペッピーノ。

1930年代のまだ貧しいシチリア。
道路で遊んでいても、車が1台も来ないような時代。
おとなの男たちも家の外にテーブルを出して、賭け事に興じています。
女たちは逞しい腰に両手をあてて、子どもたちや男たちを一喝。
なつかしい光景です。

40年代に入るとイタリアも第2次世界大戦に突入していきます。
少年になったペッピーノは戦火の中を逃げまどいながら、
激動する世界を目の当たりにして成長していきます。
そして、戦争が終わり、恋に目覚め、政治の世界に足を踏み込んでいく青年ペッピーノ。
(そう、青年になったペッピーノも素敵なんです)。

ペッピーノの両親、ペッピーノ夫婦、ペッピーノの子どもたち。
3代にわたるシチリア人たちの牧歌的で、逞しい日々の暮らしを描いた
トルナトーレ監督渾身の一作であります。

f0165567_5233152.jpg

ストーリー
1930年代、シチリアの田舎町に牛飼いの息子の次男坊として生まれたペッピーノ。
家族も近所の人たちもみんな貧しかったけれど、陽気に楽しく働いていられる良い時代。
チーズ3個と引き換えで農場へ出稼ぎに行ったり、教科書をヤギに食べられたりで、
学校にはあまり行けなかったけれど、幸せな子ども時代を送りました。
「3つの岩山に一つの石を連続でぶつけることができたら黄金のつまった洞窟の扉が開く」
という古くからの言い伝えを聞いて、仕事の合間に何度も挑戦したり、
おとうさんと映画館に行ったり。

そんなペッピーノたちを襲った世界大戦。

戦争が終わり、シチリアにも平和な日々が戻ってくると、
ペッピーノも正義感にあふれた青年に成長していました。
イタリア共産党に入党し、世の中を良くしたいという理想に燃えるのでした。
ある日、美しいマンニーナと一目で恋に落ちたペッピーノは彼女の両親の大反対を
押し切って、駆け落ち。教会で永遠の愛を誓います。

新しい人生に踏み出したペッピーノ。しかし、次々に襲いかかる世の中の矛盾や、家族の死。世の中はまたも大きく変わり始めます。
そして、ペッピーノはあの3つの岩山の言い伝えを、もう一度試そうとするのでした……

原題のバーリアは18世紀にパレルモの貴族の別荘地として生まれた町バゲリーアのこと。
バゲリーアの語源はアラビア語で「風の扉」を意味する「バブ・アル・ゲリブ」。
地元の人々は方言でバーリアと呼んでいるのだそうです。

映画の冒頭に、バーリアの上空を風が吹き抜けていく象徴的なシーンがあります。
街を貫く幹線道路の上を一陣の風が吹きぬけるときの、
自分が風になって街の上空を飛んでいるような不思議な感覚。
岩山の伝説といい、マフィアといい、
シチリアにはなにか呪術的な不思議な力が支配しているのかもしれません。
シチリアに吹く風はアフリカから地中海を超えてやってくるシロッコと
呼ばれる風のことをいうのだと思うのですが、
その風はきっとアフリカから砂漠の砂と一緒に魔法も運んでくるのでしょう。

1930年代から80年代にいたる親子3代の物語を描いているのに、
知らず知らずの内に「時は過ぎ、また来る」という時空の魔術にからめとられたような
気持になる不思議な映画です。

f0165567_533743.jpg

イタリアの戦後を見るときには避けては通れない共産党のことや
シチリアで問題となった大地主との衝突もきっちり抑えられています。
総勢35,000人のエキストラを動員しての撮影ですから、その壮大なスケールは見ものです。

もちろんシルバーナ・マンガーノ級、
あるいはソフィア・ローレン級のスーパーバディも登場。
マン二ーナを演じたマルガレット・マデ、絶対注目です。
イタリア映画の王道を行く作品といっても言い過ぎではありません。

                         

シチリア!シチリア!
監督・脚本/ジュゼッペ・トルナトーレ、撮影/エンリコ・ルチディ、美術監督/マウリツィオ・サバティーニ、音楽/エンニオ・モリコーネ
出演
フランチェスコ・シャンナ/ペッピーノ、マルガレット・マデ/マンニーナ、アンヘラ・モリーナ/サリナ、リナ・サストリ/タナ・物乞いの女、ルイジ・ロ・カーショ/物乞いの息子、ミケーレ・プラチド/共産党代表、ラウル・ボヴァ/ローマの新聞記者、モニカ/ベルッチ/レンガ職人の恋人
12月18日(土)より、シネスイッチ銀座、角川シネマ新宿他にてロードショー
2009年、イタリア映画、イタリア語、151分
http://sicilia-sicilia.jp/


ブログランキングに参加しています。
どうぞワンクリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪12月9日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-12-09 05:44 | Comments(10)
    シチリア!シチリア! -1-
                         Baarìa

f0165567_563030.jpg

みなさんはイタリア映画と聞いて、一番に思い浮かべるのはなんですか?
「ニュー・シネマ・パラダイス」(‘89)と答える方、
かなりの数に達するのではないでしょうか。
いえ、統計をとったわけではありませんが。

とのが一番最初に思い出すのは「苦い米」(‘49 ジュゼッペ・デ・サンティス監督)。
活動弁士だった祖父が弁士をやめた後、支配人をしていた映画館で、
まだ幼児のときに観たというかすかな記憶です。

でも、シルバーナ・マンガーノの圧倒的な肉体と黒々とした腋毛に
目を見張ったのははっきり覚えています(幼児だったんですけど…)。

「ニュー・シネマ・パラダイス」はもちろん印象に残っています。
テレビの再放送も含めれば、何回観たことでしょう。

その「ニュー・シネマ・パラダイス」の名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督
故郷シチリアを舞台にまたまた感動的な作品を送り出してくれました。
「シチリア!シチリア!」です。

f0165567_510251.jpg

シチリアの映画館での老映写技師と少年の友情を通して、少年の出会いと人生を描いた
「ニュー・シネマ・パラダイス」。
この映画でシチリア・ブームを巻き起こした後も、
「海の上のピアニスト」(‘98)(ティム・ロス、素敵でしたね)
「マレーネ」(‘00)(モニカ・ベルッチが堤防に沿ってうつむきがちに歩くシーン、忘れられません)
と、いつまでも記憶に残る素晴らしい作品を撮り続けてきたトルナトーレ監督は
1956年生まれの54歳。

3年前トルナトーレ監督は帰宅途中、強盗に襲われ、頭を殴られて
意識不明に陥るという事件に遭遇しました。
この事件が彼の映画人生に大きな影響を与えたことは間違いありません。
犯人は東欧なまりで話していたということ
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-27545820070824
ですが、事件後、初めてメガホンをとった作品を移民や難民をテーマにするのではなく、
あらためてシチリアと人生を高らかに謳い上げる映画にしたところがトルナトーレ監督らしいですね。

f0165567_5153393.jpg

「ジュゼッペ・トルナトーレ監督は語る」
私はシチリア州のバーリアで生まれ育ち、28歳までをその地で過ごした。

ルキノ・ヴィスコンティ監督の「山猫」に登場するドン・ファブリツィオは
「17歳になるまでにシチリアを出なければ、シチリア人の欠点が身に染み付いてとれなくなってしまう」と言っていたが、まさにこの私がそうである。

しかし、実は私はそんな、世界中のどこに行ってもシチリア人であり続ける自分に
誇りを持っているのだ。
シチリアを出てから20年以上の歳月が流れたが、一瞬たりとも故郷の風を忘れたことはない。

いつか自分の子供時代を、そしてシチリアのすべてを映画にして、
その素晴らしさを世界中に伝えたいと願い続けてきた。

ついに、その想いを遂げたのが、本作「シチリア!シチリア!」である。
私のシチリアへの深い愛から生まれた、唯一無二の作品だ。
本作をご覧いただければ、わかるだろう。
バーリアの小さな通りには、宇宙に匹敵する広がりがある。
世界中を歩きまわっても学べないものを発見することができるのだ。

私にとっては、まさにここが「世界」そのものなのだ。

映画の主人公“ペッピーナ”はジュゼッペの愛称ですが、
ジュゼッペ・トルナトーレ監督と同じ名前の少年を主人公としていることからも、
「シチリア!シチリア!」にどれほどの想いをこめているか、わかるではありませんか!

力を入れて観たい映画です。
というわけで、続きは次回までしばしお待ちくださいませ。

続く

シチリア!シチリア!
監督・脚本/ジュゼッペ・トルナトーレ、撮影/エンリコ・ルチディ、美術監督/マウリツィオ・サバティーニ、音楽/エンニオ・モリコーネ
出演
フランチェスコ・シャンナ/ペッピーノ、マルガレット・マデ/マンニーナ、アンヘラ・モリーナ/サリナ、リナ・サストリ/タナ・物乞いの女、ルイジ・ロ・カーショ/物乞いの息子、ミケーレ・プラチド/共産党代表、ラウル・ボヴァ/ローマの新聞記者、モニカ/ベルッチ/レンガ職人の恋人
12月18日(土)より、シネスイッチ銀座、角川シネマ新宿他にてロードショー
2009年、イタリア映画、イタリア語、151分
http://sicilia-sicilia.jp/


ブログランキングに参加しています。
今日もクリックお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪12月6日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-12-06 05:18 | 映画 | Comments(6)
      君を想って海をゆく -2-
                     WELCOME

f0165567_5531616.jpg

     (C)2009 Nord-Ouest Films-Studio37-France 3 Cinema-Mars Films-Fin Aout Productions.

     とののスポーツクラブにはドーバー海峡を複数回横断したつわものがいます。
     60歳を超えたスポーツマンで日常的に日に10kmは平気で泳ぎます。
     その人でさえ、最初にドーバーを渡る時は駅伝方式で数km泳いでは交替しながら
     泳いだといいます。
     しかし、最後に一人で挑戦したとき、波やうねり、水の冷たさと闘いながら、
     15時間50分かけて完泳。わがクラブのヒーローであります。

さて、本題に戻ります。
17歳のクルド人少年ピラル。
彼はイラクから陸路を3ヶ月もかけて、フランス北部のカレに到達したとき、
目の前に黒々と広がる海峡を目にして、どんな思いを抱いたでしょう。
少なくとも、いきなり泳いで渡るという気にはならなかったと思います。
だって、今までにちゃんと泳ぎを学んだこともなかったのですから。
いえ、例え、泳げたとしても真冬のドーヴァー海峡をイギリスまで泳ぐ気にはなれなかったでしょう。

カレ
ベルギーと国境を接するフランス最北端の都市。ドーバー海峡をはさんでイギリスに臨んでいます。英仏海峡トンネルのフランス側の玄関口。東部には広大な難民キャンプがありましたが、2009年に仏政府により解体されました。


f0165567_5551698.jpg

ストーリー
2008年2月、イラク国籍のクルド人難民ピラルはカレにやっとの思いで辿りつきました。
彼が目指すのは英国・ロンドン。そこに恋人のミナが住んでいるのです。
カレでは英国渡航をめざす多くの難民が生活していました。
ピラルはそこで同郷の友人ゾランに再会。
ゾランと一緒に、仲介人に500ユーロを支払い、海峡を渡るフェリーに乗船するトラックの荷台に忍び込み、密航を試みました。
しかし、失敗。トラックに忍び込んだ密航者全員が逮捕されてしまいます。
なんとか送還を免れたピラルは、ドーバー海峡を泳いで英国へ渡ることを決意するのでした。

フランス人のシモンはかつては水泳選手として勇名をはせた人物。
今はカレ市民プールで子どもや老人に水泳を指導する日々を送っています。
英語教師の妻マリオンとは別居し、現在、離婚調停を進めています。

シモンと市民プールで会ったピラルはクロールの指導を受け始めます。
ピラルの目的に気付いたシモンは真冬の海峡を10時間以上泳ぐことはできないと忠告。
しかし、ピラルは断固として練習を続けました。

シモンがピラルに水泳を教えるのは、ボランティアで難民支援活動をする
離婚調停中の妻マリオンを自分に振り向かせるためでした。

ある晩、シモンは街を歩いていたピラルとゾランを家に招きます。
イギリスに渡ったら、サッカーをやってマンチェスター・ユナイテッドに入団するんだ、
と夢を語るピラル。

翌日、ピラルたちを家に泊めたことを隣人に通報され、警察に呼び出されるシモン。
不法入国者に手を貸すことは犯罪だと警告されます。

警察や隣人の難民への態度に反発を覚えながら、ピラルへの指導を続けるシモン。
またも隣人が通報し、警察が来たとき、
ピラルは既にイギリスへ向けて泳ぎ始めていました……


f0165567_558398.jpg

冒頭の密航シーンはフィルム・ノワールを思わせる緊張感がみなぎり、
ここでガッツリとつかまってしまいます。
そして、
難民に対して関心を持っていなかったシモンが、ピラルに水泳を教えることを通して、
水泳教師とその生徒という以上の交流を構築していく心温まる展開にひきこまれました。
ピラルのめちゃくちゃだったフォームが確かなストロークに変わっていくのを観ながら、
次第にピラルへの親ごころのようなものが生まれてきます。

どんな状況にあっても、力いっぱい生きるピラルの若さが眩しい―――

シモンが「彼は息子なんだ」と叫ぶのを、うんうんと頷きながら
猛烈に感情移入してしまったとのです。

しかし、第二次世界大戦時レジスタンスとしてナチスドイツに抵抗したあのフランス市民が
今や立場を変え、密告者として難民と難民支援者を警察に売る姿には、
とてもわりきれないものを感じます。

原題の“WELCOME”はシモンやピラルを警察に密告した隣人の玄関マットに書かれた言葉です。「いらっしゃい!」この歓迎の言葉はあまりに皮肉です。

水泳がらみで出かけた映画でしたが、いろんなものを受け取ってきました。
お薦めです!



君を想って海をゆく
監督/フィリップ・リオレ、脚本/フィリップ・リオレ、エマニュエル・クールコル、オリヴィエ・アダム、製作代表/クリストフ・ロシニョン、撮影/ローラン・ダイヤン(A.F.C.)
出演
ヴァンサン・ランドン/シモン、フィラ・エヴェルディ/ピラル、オドレイ・ダナ/マリオン、デリヤ・エヴェルディ/ミナ、ティエリー・ゴダール/ブリュノ、セリム・アクジュル/ゾラン、フィラ・セリク/コバン、ミュラ・スバシ/ミルコ、オリヴィエ・ラブルダン/警察代理官、ヤニック・ルニエ/アラン、ムアファク・ロシュディ/ミナの父親、ベイ・ジャナティ・アタイ/ミナの母親、パトリック・リガルド/シモンの隣人、ジャン=ポル・ブリサール/裁判官、ブランディーヌ・ペリシエ/家事担当裁判官、エリック・エルソン=マカレル/収容所の警官、ジル・マッソン/拘置所役人、エマニュエル・クールコル/スーパー店長
12月18日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町他にてロードショー
2009年、フランス、1時間50分、フランス語・英語・クルド語、配給/ロングライド
http://www.welcome-movie.jp/


ブログランキングに参加しています。
今日もポチ☆ッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪12月3日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-12-03 06:13 | 映画 | Comments(2)