ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

<   2016年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


不屈の男
アンブロークン
-1-
Unbroken

f0165567_6133659.jpg

(c)2014 UNIVERSAL STUDIOS


本作『不屈の男 アンブロークン』はアンジェリーナ・ジョリー
第二作目の監督作品であります。

本来ならあのアンジーの監督第二作ということに
映画ファンの関心の向くところでありましょうが、
本作の場合、日本軍兵士の米軍捕虜への暴行が
主要なシーンを占めるだけに、例のごとく反日ということで
上映館がなかなかみつからない事態となっていました。

結論からいいます。
この映画のいったい何が、そして、どこが反日なのでしょう。

150年も生きてまいりますと、
これが戦争というものではあるまいか、
だから怖いのではないだろうか
と次第にわかってきます。

日本は原爆や無差別空襲の被害国である一方で
アジアでは加害国であり、
中国では空襲も行い、
欧米捕虜に対しても残虐なふるまいをしています。

史実を踏まえて観なければ
日本に都合が悪いことが描かれていると全て反日映画となってしまいます。

少なくともとのは本作をそういう映画だとは思いませんでした。

f0165567_6172239.jpg

さあ、アンジェリーナ・ジョリー監督2作目の本作。
アカデミー賞を始め、数々の受賞歴を誇り、
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使として
人道支援活動にも積極的なアンジー。
最近では監督としても積極的で『最愛の大地』に続く第2作目です。
『最愛の大地』でもボスニア・ヘルツェゴビナ紛争下の
性暴力を暴き出しましたが、
本作『不屈の男 アンブロークン』でも
ルイ・ザンペリーニというオリンピック選手の壮絶な戦争体験を描いています。

実話に基づいた作品であります。
あ、そうそう本作の脚本にはコーエン兄弟も名を連ねていますよ。

ルイ・ザンペリーニ
ルイス・ザンペリーニ(Louis Zamperini、1917年1月26日 - 2014年7月2日)は
アメリカ合衆国の陸上競技選手。専門は長距離走。
1936年のベルリンオリンピックにアメリカ代表として出場、5000mで8位に。
このとき、最終ラップを56秒で走った彼はレース後、アドルフ・ヒトラーの接見を受けた。
1941年9月、アメリカ陸軍航空隊に入隊し、B-24の搭乗員となった。
1943年5月27日、僚機の捜索任務中に飛行機がエンジン故障のため太平洋上に不時着、
47日間の漂流の末、日本海軍の捕虜となる。
当初はマーシャル諸島の島で尋問を受けたのち、
1943年9月13日に大船の横須賀海軍警備隊植木分遣隊(大船収容所)に収容された。
捕虜になった事実は当初アメリカには伝えられず、行方不明と報じられ、
1944年6月には陸軍航空隊が死亡を公式発表していた。

捕虜であることが伝えられなかったのは、
大船収容所は正式な捕虜収容所に移送するまでの一時的な仮収容所とされ、
国際赤十字にも収容者の存在を通知しなかったためだが、
実際の目的は捕虜からの情報収集であった。
1944年9月に東京都の大森捕虜収容所に移送され、
ここで初めて正規の戦争捕虜として扱われた。
日本側は知名度のあるザンペリーニをアメリカへの宣伝に利用することを立案し、
1944年11月に対米宣伝放送に自ら用意した原稿で声を流した。
これによりアメリカではザンペリーニの生存が伝わったという。
しかし、再度の放送で日本側のプロパガンタ原稿を読むよう求められたことを拒否し、
1945年3月に直江津捕虜収容所(東京俘虜収容所第四分所)に移送され、そこで終戦を迎えた。
帰国後に自らの捕虜体験を記した著書『DEVIL AT MY HEELS』を刊行している。
(Wikipediaより)

f0165567_6191050.jpg

数奇な運命に翻弄されながら自らが信じる道を進んだザンペリーニの半生を
記したローラ・ヒレンブランドのベストセラー作品を映画化したのが
本作『不屈の男 アンブロークン』です。

ザンペリーニさんは1998年の長野オリンピックで聖火ランナーとなり、
映画の舞台にもなっている
直江津捕虜収容所のあった上越市内を走っています。

前作『最愛の大地』でも女性団体から抗議を受けたアンジーですが、
作品が問題となったり、抗議を受けるのは人気者の宿命かもしれませんね。

いったいどんなお話でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2016年1月29日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

不屈の男 アンブロークン
監督/アンジェリーナ・ジョリー、脚本/ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン、リチャード・ラグラヴェネーズ、ウィリアム・ニコルソン、原作/ローラ・ヒレンブランド、プロデューサー/アンジェリーナ・ジョリー、クレイトン・タウゼント、マシュー・ベール、アーウィン・ストフ、撮影/ロジャー・ディーキンス、美術/ジョン・ハットマン
出演
ジャック・オコンネル/ルイ・ザンペリーニ、ドーナル・グリーソン/フィル、MIYAVI/渡辺、ギャレット・ヘドランド/フィッツジェラルド、フィン・ウィットロック/マック
2016年2月6日(土)シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー
2014年、アメリカ、カラー、137分、日本語字幕/戸田奈津子、配給/ビターズ・エンド、http://unbroken-movie.com/

by Mtonosama | 2016-01-29 06:26 | 映画 | Comments(4)

ニューヨーク眺めのいい部屋売ります
-2-
5 flights up

f0165567_5433643.jpg

(C)2014 Life Itself, LLC ALL Rights Reserved


お話はぐーんと遡って40年以上前のニューヨークへ。

若くて才能に溢れた画家アレックスが新妻ルースを
抱き上げて向かうのはブルックリンを一望できるアパートメントの最上階。

眺望絶佳
屋上菜園あり
駅近
買い物至便


と住み心地最高のこの部屋の唯一の欠点はエレベーターがないこと。
70歳を超えた夫婦と10歳の愛犬ドロシーにとって
5階までの昇り降りはかなりきつい。
夫の今後を心配したルースはこの部屋を売って新居を探すことにしました。

長年住み慣れた家を売り、エレベーターのついた家を探すという
お話にあれこれ絡んで展開するストーリーは?

f0165567_5444679.jpg

ストーリー
ブルックリンの景色をわがものにできる眺望抜群のアパートメントの最上階。
屋上階までついていて季節の野菜も収穫できる。
アレックスとルースがこの最高の家に暮らし始めて40年が過ぎた。

文句のつけようのないこの家のただひとつの欠点
それはエレベーターのないことだった・・・

愛犬ドロシーとの散歩で始まるアレックスの一日。
住人に挨拶しながらゆっくり街を歩く。
コーヒーと新聞を買って家に向かう。

ただ最近では5階まで上がる階段がつらい。
10歳のドロシーはアレックス以上に昇り階段がきつい。
リードを引いてもなかなか足を進めようとしない。

やっとの思いで5階に辿りつくと姪のリリーが来ていた。
実は妻のルースが夫の足腰を心配し、
エレベーターのある家へ引っ越そうとアレックスを説き伏せ、
不動産エージェントのリリーを呼び寄せ、この家を売るための手配をしたのだ。
そして、明日は購入希望者たちの内覧会。

だが、アレックスは家を売る承諾をしたことを後悔しており、
内覧会は即刻中止したい心境だった。
ルースに再考を促し、言い争う二人。

その時、ルーシーが愛犬ドロシーの異変に気がついた。
ドロシーは立ち上がることができず、抱くと痛そうな声を上げる。
行きつけの5番街の動物病院へタクシーで向かう二人。

ところが道路は大渋滞。
焦る二人。
マンハッタンへ渡る橋の上をタンクローリーが塞いでいるという。

やっとの思いで到着した動物病院では手術が必要だと言い渡され・・・

翌朝、内覧会が始まった。
リリーが張りきってお客を案内する。
ルースは立ち会うが、アレックスはアトリエにこもる。
内覧会は一風変わった客たちが次々に詰めかける。
早々と買いたいという申し出もあり、
夫妻は売却先の検討に入る。
一方、獣医からもドロシーの手術は成功したという連絡も。

一安心した二人は自分たちの新居を探し始める。
ところがマンハッタンでのタンクローリー事故が
実はテロだったということがわかり、
不動産相場に影響必至とみたリリーは大興奮。

さあ、二人の住まいはどうなる……

f0165567_5453781.jpg

いやはや住まいをめぐるドタバタはNYも日本も同じことですね。
そして、つきるところはお金、というのも同じ。

アレックスがドロシーの病気で舞い上がるルースを尻目に
獣医に手術代金をしっかり訊ねるところは気に入りました。
アレックス、タダものじゃない、情に溺れてるだけじゃないものなあ。

ダイアン・キートンのあの早口とモーガン・フリーマンの冷静さが
良い味を出していました。

どんな土壇場でも、一歩ひいて「ちょっと待てよ」という姿勢が
選ぶべき道を指し示してくれるということを教わってしまいました。

ニューヨーカーたちの不動産選びの狂乱を見て、
自身の引越騒動を思い起こしたとのです。

煽られてはいかんのであります。
最近当試写室でも上映が多い高齢者が主人公の映画。
ほのぼのと心温まる作品です。





今日もポチッとお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2016年1月26日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ニューヨーク眺めのいい部屋売ります
監督/リチャード・ロンクレイン、脚本/チャーリー・ピーターズ、原作/ジル・シメント、製作/ローリー・マクレアリー、撮影/ジョナサン・フリーマン
出演
モーガン・フリーマン/アレックス、ダイアン・キートン/ルース、リリー・ポートマン/シンシア・ニクソン、ミリアム・カーズウェル/キャリー・プレストン
2016年1月30日(土)シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
2014年、アメリカ、カラー、1時間32分、日本語字幕/石田泰子、配給/スターサンズ

by Mtonosama | 2016-01-26 05:56 | 映画 | Comments(8)

ニューヨーク眺めのいい部屋売ります
-1-
5 flights up

f0165567_5482878.jpg

(C)2014 Life Itself, LLC ALL Rights Reserved


ひと昔前の
いや、もっと前の映画かも。
そんな古き良きニューヨークを
思い出させてくれるタイトルです。

古いニューヨークも
新しいニューヨークも
とのはニューヨークへは行ったことがないので映画でしか知りませんが。

でも、そんなふうに
目で覚えた懐かしいニューヨークの景色が楽しめるのも、
生粋のニューヨーカーの目を通した映画ではないからかもしれません。
監督はイギリス人の
リチャード・ロンクレイン監督です。

生活圏としてのニューヨークでなく
観光地としてのニューヨークでもない。
ほどほどの距離感を保ったこの都市の顔が
目年増にはイイ感じです。

f0165567_553425.jpg

本作はジル・シメントの
ロングセラー小説「眺めのいい部屋売ります」が原作。

ジル・シメント
1955年5月20日モントリオール生まれ。
カリフォルニア州のカリフォルニア・インスティテュート・オブ・アーツ
で学び、BFA(美術学士)を取得。
カリフォルニア州立大学アーバイン校で文芸創作を学びMFA(創作学修士)を取得。
2009年、本作の原作“Heroic Measures”(邦題「眺めのいい部屋売ります」)出版。
オブラ・ウィンフリーの2009年夏の読書ブッククラブに選ばれ
2010年ロサンゼルス・タイムズのトップ5にランクイン。
現在はフロリダ州立大学の教授も務める。

タイトルも良いのですが、
ニューヨークといえばこの人、
という女優が出演しています。
そう、ダイアン・キートンです。

いやあ、好き嫌いは別にして、この人は変わりませんねえ。
1946年1月5日生まれだから、もう70歳ですよ。
そりゃあ目元、口元には年相応の皺はありますが、
『アニー・ホール』のイメージは古希を迎えた今もそのまま。
成長がないとみるか、
十二分なエイジング・ケアのたまものとみるか、
それは観客の意識にお任せしましょう。

そして、もう一人。
ハリウッド映画を代表する大スターが出演します。
誰あろう。
モーガン・フリーマンであります。

1937年メンフィス生まれの彼。
なんと79歳。来年は80歳です。
ああ、映画界の大物もどんどんお歳を召していくのであります。

f0165567_5552733.jpg

なんて感慨にふける場合ではありませんでした。

注目すべきはこの映画界の大物たちがなんと初顔合わせだということ。
ダイアン・キートンはともかく
モーガン・フリーマンがこの手の映画に出演することは
これまでありませんでしたよねえ。

でも、大統領から運転手役までなんでもこなせる俳優さんですから、
この異色の組み合わせ、
きっと良い味を期待できるはずです。
と思ったらドンピシャリ。

このふたり夫婦役での出演。
ハデな道具立てはないけれど
ああ、いいなあ、と思える作品です。

それにNYの不動産事情なんかもわかりますしね。
日本とは随分違うかもしれませんが、
NYの物件探しも興味深いです。

あ、そうそう、老齢夫婦がお部屋探しをするお話なんですよ。

続きは次回までお待ちください。
乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2016年1月23日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ニューヨーク眺めのいい部屋売ります
監督/リチャード・ロンクレイン、脚本/チャーリー・ピーターズ、原作/ジル・シメント、製作/ローリー・マクレアリー、撮影/ジョナサン・フリーマン
出演
モーガン・フリーマン/アレックス、ダイアン・キートン/ルース、リリー・ポートマン/シンシア・ニクソン、ミリアム・カーズウェル/キャリー・プレストン
2016年1月30日(土)シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
2014年、アメリカ、カラー、1時間32分、日本語字幕/石田泰子、配給/スターサンズ

by Mtonosama | 2016-01-23 06:03 | 映画 | Comments(10)

殺されたミンジュ
-2-
One on One

f0165567_13165088.jpg

(C)2014 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.


まさに唐辛子パワー。

え、なんなの?
なんで?
と問いを発するひまもあればこそ、
どんどん引きずり込まれていってしまう映画です。

韓国の市場の中を女子高生が
何ものかの気配を感じて必死に逃げています。
なんなんだ?

f0165567_131849.jpg

ストーリー
ある5月の夜。
ソウル市内の市場の中を必死に逃げる女子高生。
そして、彼女を追う男たち。
女子高生の名前はミンジュ。
彼女は追い詰められ、路地の片隅で顔にガムテープを巻かれ、
声を上げることもできないまま殺されてしまった。

新聞の片隅にすら載ることもなく、
その事件は誰にも知られることなく消し去られた。
・・・・・
事件から1年経った。
なにごともなく日常生活が営まれるこの街で
ミンジュの死の真相を追いかける謎の集団が蠢き始めた。

ミンジュ殺害に関わったのは7人の男たち。
謎の集団はそのうちの1人を拉致し、拷問を加える。
「去年の5月9日、お前は何をした?」
と執拗に問い詰めながら。
恐怖と自責の念に駆られた容疑者は全てを話して許しを乞うのだった。

謎の集団は、ある時は兵士に、また、ある時は、ヤクザに
さまざまに変装しながら1人また1人と誘拐・拉致して
拷問を加えながら自白を迫る。

やがて、謎の集団は彼らの背後に巨大な国家権力の影を感じ、
結束と平静さを失い、崩壊に向かう。

誘拐、拉致が最後の1人に至った時、
その男が顔の見えない誰かの命令で動いたに過ぎないことを知らされる。

誰がミンジュを殺したのか。

今や仲間を失った謎の集団のリーダーは
美しいソウルの街を見下ろす丘で慟哭するのだった。

そして、そこへ……

f0165567_13193082.jpg

ミンジュは漢字で表わせば“民主”。
ミンジュを殺した男たちは会社員であったり、軍関係者であったり、
拉致が回を重ねるごとに
次第に強大な権力の一員になっていきます。
しかし、結局本当の責任者はわからないままです。

わからないといえば謎の集団のリーダーとミンジュの関係もよくわかりません。
リーダーとミンジュと2ショットの写真があることから
とても大事な存在だったのでしょう。
娘だったのかもしれません。
謎の集団を構成する人々もこれという根拠があって
ミンジュ殺し犯人を追及しているわけではありません。
みな現状に不安や不満を抱く人間です。

ここから単純に思いつくのは殺されたのがミンジュ=民主
民主主義ではないかということです。

会社員は会社に忠誠を誓い、
罪もないミンジュ=民主を殺すことになんの疑問も感じません。
軍関係者もか弱いミンジュ=民主をおしつぶすことに痛痒を覚えません。
民主主義よりも大切なのは身の保身なのでしょう。

そして、順繰りに責任逃れをしていく内に
ミンジュ=民主主義を圧殺する犯人は
最も強大な権力、あるいは体制なのではないかということが見えてくる・・・

単純な読み解きです。
もっと違った読み解きをなさる方もおいででしょう。

なんたってキム・ギドク監督です。
観る人それぞれの観方と解釈が許されるのではないでしょうか。





今日もポチッとお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2016年1月20日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

殺されたミンジュ
監督・脚本・撮影・編集・製作総指揮/キム・ギドク
出演
マ・ドンソク、キム・ヨンミン、イ・イギョン、チョ・ドンイン、テオ、アン・ジヘ、チョ・ジェリョン、キム・ジュンギ
2016年1月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開
2014年、韓国、122分、カラー、R18、字幕翻訳/根本理恵、提供/キングレコード、太秦、配給/太秦、http://www.u-picc.com/one-on-one/

by Mtonosama | 2016-01-20 13:23 | 映画 | Comments(4)

殺されたミンジュ
-1-
One on One

f0165567_6413336.jpg

(C)2014 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.


韓国の鬼才でありながら、
自国よりむしろ海外で評判の高いキム・ギドク監督。

カンヌ・ベルリン・ヴェネチアの世界三大映画祭を制した監督が贈る
本作『殺されたミンジュ』は長編第20作目となります。

以前、当試写室でご紹介した『アリラン』
http://mtonosama.exblog.jp/17268231/  http://mtonosama.exblog.jp/17280223/
では、脚本・監督・製作・撮影・録音・編集・音響・美術・出演を全て
キム・ギドク監督一人でこなしていました。

『アリラン』の生まれた背景には
自身が監督した『悲夢』に出演した女優が首つり自殺のシーンで
本当に首が締まって、病院に運び込まれるという事件がありました。
これにショックを受け、映画を撮れなくなってしまったギドク監督。
『アリラン』は事件後、山にこもって隠遁生活を送る日々を
自身で撮影し、編集し、製作したドキュメンタリーでした。

そして
第20作目となる本作はある殺人事件をめぐる群像劇。
これまた監督・脚本・撮影・編集・製作総指揮をしたのはキム・ギドク監督一人です。

ま、実際大勢のスタッフを使えばお金もかかりますからね。
って・・・

f0165567_650141.jpg

なんといっても奇才、そして鬼才。
彼の送りだす作品には毎回びっくりすることばかりです。

キム・ギドク監督
1960年生まれ。
パリでアートを学んだ後、韓国に戻り、脚本家としてキャリアをスタート。
1996年『鰐~ワニ~』で監督デビュー。
2004年第54回ベルリン国際映画祭で『サマリヤ』が銀熊賞受賞。
同年第61回ヴェネチア国際映画祭で『うつせみ』銀獅子賞受賞。
2011年カンヌ国際映画祭で『アリラン』が〈ある視点部門賞〉受賞。
2012年第69回ヴェネチア国際映画祭で『歎きのピエタ』金獅子賞受賞。
http://mtonosama.exblog.jp/19794903/  http://mtonosama.exblog.jp/19818003/

うわあーーーっ!と悲鳴を上げて目を覆いたくなるシーンもあれば、
キャラクターの個性に目を奪われることもあり、
映画の背景が心象風景として目と心を支配することもあり、
「おっと、この展開はなんなんだ!」と目を瞠ることもあり、
キム・ギドク監督には驚かされることばかりです。

本作を観るとき、ちょっとイヤなことがあったのですが、
怖くて痛そうなシーンになると、
タオルハンカチを握りしめ、体全体に力を入れて観ている内に
イヤなことなどどこかへ行ってしまいました。

拷問や痛い場面を見入る自分が特殊なのか、
映画の持つエネルギーなのか。

断固、
作品の持つエネルギー、力強さだと思います。

f0165567_6514934.jpg

監督からのメッセージがあります。

「映画の冒頭で殺される女子高生オ・ミンジュとは誰なのか?
観客それぞれの“殺されたオ・ミンジュ”が存在するだろう。
それがどんな人物であれ、観客はこの映画を見終えるために
自分自身のオ・ミンジュを存在させなければならない。
それから結末を受け入れるか、あるいは、否定することになるだろう。
もし殺された者の気持を知っているなら、この映画を観る必要はない。
きっと理解してくれる人がいるだろうと信じて、この映画を撮った。
理解してもらえなくてもどうすることもできない。
これが現状で、現在の私たちの姿なのだから」


なんか・・・
こんなメッセージを送られると構えてしまいますよね。
そう、本作は十二分に構えてご覧ください。

そしてミンジュとはなにか・・・

続きは次回で。
乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2016年1月17日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆


殺されたミンジュ
監督・脚本・撮影・編集・製作総指揮/キム・ギドク
出演
マ・ドンソク、キム・ヨンミン、イ・イギョン、チョ・ドンイン、テオ、アン・ジヘ、チョ・ジェリョン、キム・ジュンギ
2016年1月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開
2014年、韓国、122分、カラー、R18、字幕翻訳/根本理恵、提供/キングレコード、太秦、配給/太秦、http://www.u-picc.com/one-on-one/

by Mtonosama | 2016-01-17 06:57 | 映画 | Comments(6)

千年医師物語
ペルシアの彼方へ
-2-
The Physician

f0165567_1022819.jpg

Beta Cinema The Physician (C) Stephan Rabold UFA Cinema

さて、ドイツ映画でありながら英語の本作。
かつてのドイツ語学習者としてはガッカリですが、
(いえ、もちろんドイツ語だったとしてもわかりはしません)
ドイツとしては世界を視野に入れた超大作・医学冒険映画であります。

この新年は大作映画が目白押しです。
さあ、どんなお話かといいますと・・・

ストーリー
イングランド。11世紀。
多くの子どもが食うや食わずで炭鉱や畑で働く。
病気の治療は旅まわりの理髪師が行うという暗黒の時代。
ロブ少年と幼い弟妹にとっても辛い日々であった。
ある夜、ロブが腹痛でもだえ苦しむ母親の背中をさすっていた時、
自分の持つ不思議な力に気づいた。
母の命が危ういことを手を通じて感じたのだ。
急いで理髪師の許へ向かうロブ。
だが、到着前に母は死んでしまった。
その夜からロブの人生は一転する。

数年後、成長したロブは理髪師と共に
国中を回りながら治療行為を施していた。
ある日、理髪師が襲撃され、ロブが仕事を引き継ぐことに。
彼はもっと多くの人を救うため、
また母を奪った病気を治す方法を知るため
もっともっと学ばなければならないと痛感するのだった。
そんな時、失明しかけた理髪師の目を
ユダヤ人医師が手術によって治したことを見て、
彼がその技を習得した医師イブン・シーナのいる
ペルシアのイスファハンを目指す。

イングランドからイスファハンへは1年以上の長く困難な旅が続く。
その上、キリスト教徒は入国が禁じられている。
イスラム教徒以外で入国できるのはユダヤ人のみ。
だが、ロブの想いは強かった。
理髪師に別れを告げ、ドーバー海峡を渡り、
イスファハンを目指すユダヤ人のキャラバンに紛れ込む。
おまけにキリスト教徒であることを隠すため、自らの手で自身に割礼まで施したのだった。

砂漠の旅ではキャラバンと同行する若い女性レベッカに出会い、
やがて二人は惹かれあうように。
彼女もまたイスファハンに向かう途中だった。
しかし、その後、一行は砂嵐に巻き込まれ・・・

自分しか生き残れなかったと思ったロブは
たった一人でイスファハンに辿り着く。

そして、イブン・シーナの講義も受けることができるようになる。
努力と研鑚と情熱のたまものでロブは学内で最も有望な学生に。
死んだと思っていたレベッカにも再会。
ただ、彼女は年長の大金持ちの男との結婚が決まっていた・・・

ある日、イブン・シーナに連れられてペルシア王と謁見するロブ。
王は国内に抱えるセルジュク朝や原理主義者グループの危険性に
目を向けようともしない。

そして、セルジュク朝の長は黒死病患者をイスファハンに送りこんできたのだった……

さあ、果たしてロブとレベッカの運命は?
黒死病の蔓延にイブン・シーナやロブはどのように対応するのか?
そして、死にいたる病をどのようにして克服するのか?

暗黒中世のイングランドと文化の花が咲き誇るペルシア・イスファハン。
現代人が抱く東洋と西洋への固定観念を見事にくつがえしてくれます。

国境なき医師団の中世版?

千年の時の翼に乗ってこの壮大なドラマをお楽しみください。






今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2016年1月14日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

千年医師物語
監督/フィリップ・シュテルツェル、脚本/ヤン・ベルガー、製作/ウルフ・バウアー、ニコ・ホフマン、ヤン・モイト、クリストフ・ミュラー、撮影/ハーゲン・モグダンスキー、視覚効果/Pixomondo、原作/ノア・ゴードン
出演
トム・ペイン/ロブ・コール、ベン・キングズレイ/イブン・シーナ、ステラン・スカルスガルド/理髪師、オリヴィエ・マルティネス/ペルシア王、エマ・リグビー/レベッカ、エリアス・ムバレク/クリム、マイケル・マーカス/マーディン、ファーリ・ヤルディム/学校の監督者ダヴー
2016年1月16日(土)有楽町スバル座ほか全国ロードショー
2013年、ドイツ、150分、配給/アークエンタテインメント、東北新社
http://physician-movie.jp/

by Mtonosama | 2016-01-14 06:00 | 映画 | Comments(6)

千年医師物語
ペルシアの彼方へ
-1-
The Physician

f0165567_65621100.jpg


Beta Cinema The Physician (C) Stephan Rabold UFA Cinema


お医者さんのお話の好きなみなさん。
『ベン・ケーシー』(古すぎ?)から『ER救急救命室』『JIN -仁-』『ブラック・ジャック』・・・
医者モノ、いろいろありましたが、とのは好きです。

当試写室では、なんと11世紀のイングランドとペルシアを舞台に
医師が活躍する映画を上映します。
はるか1000年前、イングランドからペルシアへ向かった青年が主人公。
初めて目にする設定の映画です。

これには原作がありまして
世界で2100万部以上を売り上げたというベストセラー
「千年医師物語」(ノア・ゴードン著)の第1部「ペルシアの彼方へ」がそれです。

ノア・ゴードン「千年医師物語」

1926年アメリカマサチューセッツ州出身。89歳。
彼が著した「千年医師物語」は
第1部「ペルシアの彼方へ」、
第2部「シャーマンの教え」、
第3部「未来への扉」から成り、
そのタイムスパンはなんと10世紀(1000年)に及ぶという壮大な作品です。

本作は第1部「ペルシアの彼方へ」を映画化したものです。
最初の舞台は11世紀イングランド。
まだまだ野蛮な風習が幅をきかせている時代でありますし、地域でもあります。

そんな時代、炭鉱で大人並みに働く少年ロブが
最愛の母を虫垂炎で失ってしまいます。
幼い弟と妹は親戚にもらわれていき、
ロブはお金も家も身よりもないまま、
たった一人ぼっちで放り出されてしまいます。

虫垂炎。
映画の中では「脇腹の痛みは不治の病じゃ」などと
放り出されてしまう大変な病気です。

まして当時のイングランドは非衛生の極み。
お医者さんなどはおらず、その代わりを務めていたのは理容師です。
そういえば床屋さんの例の三色ねじり棒。
赤は動脈、青は静脈、白は包帯を表すといいますものね。

とはいえ、この看板を用いた最初の人は
16世紀のパリの外科医だということなので、
11世紀が舞台の本作とは関係ありません。
でも、外科医と理容師に共通するのは刃物ですから。

f0165567_712498.jpg

さて、さて、どんなお話かをざっとご紹介しましょう。
ロブ少年は相手の手を握ると、その人の死を悟るという特殊能力を持っていました。
それこそ医師になることを運命づけられた力。
ロブは偉大なる医師、イブン・シーナの元で修行を積むためにペルシアへ。

さあ、お立会い!
イブン・シーナは実在したイランの偉人で、
最初の医学書の教典を書いたことでも知られています。

11世紀のペルシアといえばイラン=イスラム文化の爛熟期。
学問も芸術も科学も
そして医学も世界のトップレベルでありました。

イブン・シーナ
980年に生まれ、18歳の時には既に有名な医師になっており、
サーマーン朝君主の専属医となる。
21歳で初めての著書を執筆。その後450冊を著す。
約250冊が現存。
彼の最大の功績はギリシャ、ローマ、アラビアの医学知識に
イスラム的洞察力を融合させた「医学典範」。
それはヒポクラテスの著書と並び長らく医学の教科書とされた。

監督はフィリップ・シュテルツェル。
1967年ミュンヘンに生まれ、ベルリンに在住。
『アイガー北壁』(‘06)
『ゲーテの恋~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~』(‘10)
http://mtonosama.exblog.jp/16661792/ http://mtonosama.exblog.jp/16675792/
を監督しています。

ドイツ映画界が総力を挙げた本作。
ヨーロッパの作品としては破格の3600万ドルという製作費を投じて完成されました。

ヨーロッパの文化の多くは東洋で生まれたということを
この映画を見ると納得させられますよ。

今から千年も前の野蛮なイングランド。
そして世界の文化の頂点にあったペルシア。
見知らぬ世界の見知らぬ時代を満喫しようではありませんか。

いったいどんな作品でしょうね。
続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2016年1月11日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

千年医師物語
監督/フィリップ・シュテルツェル、脚本/ヤン・ベルガー、製作/ウルフ・バウアー、ニコ・ホフマン、ヤン・モイト、クリストフ・ミュラー、撮影/ハーゲン・モグダンスキー、視覚効果/Pixomondo、原作/ノア・ゴードン
出演
トム・ペイン/ロブ・コール、ベン・キングズレイ/イブン・シーナ、ステラン・スカルスガルド/理髪師、オリヴィエ・マルティネス/ペルシア王、エマ・リグビー/レベッカ、エリアス・ムバレク/クリム、マイケル・マーカス/マーディン、ファーリ・ヤルディム/学校の監督者ダヴー
2016年1月16日(土)有楽町スバル座ほか全国ロードショー
2013年、ドイツ、150分、配給/アークエンタテインメント、東北新社
http://physician-movie.jp/

by Mtonosama | 2016-01-11 07:13 | 映画 | Comments(6)

フランス組曲
-2-
Suite Française

f0165567_5543673.jpg

Photo: Steffan (C)2014 SUITE DISTRIBUTION LIMITED


原作「フランス組曲」出版当時、
母イレーヌ・ネムロフスキーの形見のトランクをナチスの手から
守り通した長女ドニーズ・エプスタンは
「母を生き返らせることができて、とても感嘆深い。
ナチスが彼女の魂までは殺せなかったと証明しているのだから。
これは復讐ではなく勝利です」
と語りました。

しかし、彼女は映画の制作が始まるわずか1ヶ月前の2013年4月
フランスで息をひきとりました。

さあ、命をかけて書かれ、守られた原作は
どんな映画になっているのでしょう。

ストーリー
1940年6月3日、ドイツ軍の爆撃を受けたパリから人々は続々と逃げ出していく。
フランス中部の町ビュシー。
3年前に父の勧めで結婚したリュシル。
その夫・ガストンは今は戦地だ。

リュシルは姑のアンジェリエ夫人と暮らし、小作料を取り立てて回る日々を送っている。
取り立てからの帰り、田舎道はパリから逃げてきた人達で溢れていた。
そこを爆撃するドイツ軍機。

フランスはドイツの支配下に。

ビュシーのような田舎町にもドイツ軍が駐在し、
リュシルたちも自宅を宿として提供することになった。
彼女の家にやってきたのはブルーノ・フォン・ファルク中尉。
紳士的な中尉は2階のピアノ部屋に滞在する。

中尉が弾くピアノの調べに心和むリュシル。
戦前は作曲家として活躍し、結婚して4年目だというブルーノ中尉。
兵士になってからも4年経っており
「妻は自分のことなど忘れてしまったかもしれない」ともらす。

リュシルがブルーノと庭で会話を交わしたことを見咎めた姑は
「ガストンは捕虜になって収容所に連行された。ドイツ人は敵なのよ」
と彼女にきつく言い渡すのだった。

・・・・・

ブノワの家に宿をとるボネ中尉。
彼はブノワの妻マドレーヌに対する欲望をあからさまに示す。
ブノワに頼まれたリュシルはブルーノにボネを戒めるように依頼。
その後、ワインを飲み、ダンスをするリュシルとブルーノ。
その時、姑が帰宅する。
急いで庭の茂みに身を隠す2人。
「久しぶりに幸せだった」と囁くブルーノ。

町長モンモールの屋敷から食糧を盗み出そうとしたブノワ。
ところが、モンモール夫人にみつかり、
ドイツ兵がブノワの家へ逮捕状を持ってやってくる。
納屋に隠しておいた銃を取りにいったブノワは
そこに現れたボネ中尉ともみ合いになり彼を殺し、バイクで逃亡。

リュシルは逃げ込んできたブノワを地下室に匿う。
迫るドイツ兵。
その時、姑がブノワを安全な隠し部屋に入れた。
ドイツ兵に追われるブノワの姿が息子を彷彿させたのだろう。

ブノワはパリでレジスタン活動をしている仲間たちと合流する決意だ。

ブノワとパリへ同行することになったリュシルは
ブルーノに検問所通過のための通行証を依頼する。

f0165567_5574522.jpg


移動命令の出たブルーノがリュシルの家を出た後、
2階のピアノ室には譜面が残されていた。

それは彼がリュシルのために作曲した曲。
”フランス組曲“だった……

f0165567_5562035.jpg

出征中の夫の留守を守る若いフランス人妻と
入隊前は作曲家だったドイツ将校との切なく、熱情的な恋。

将校にも人妻にもいずれも結婚後わずかな期間を過ごしただけの伴侶がいます。

厳しい姑と共に家を守る若い妻。
そこへ敵国の将校とはいえ、芸術を愛する美しく紳士的な男性がやってくれば
お互いに魅かれるようになるのは時間の問題でしょう。

でも、それは決してあってはならないこと。
禁じられた恋です。

そんな人妻と将校の抑えた恋情が切なすぎます。
そう、『男と女』(‘66、クロード・ルルーシュ監督)、
あるいは『目撃者 刑事ジョン・ブック』(‘85、ピーター・ウィアー監督)の
男女のようなあの切々とした想いです。

抑えた想いの中にこそ、激しい感情は沸々とたぎるもの。
やがて女はレジスタンスとして闘うためにパリに向かいます。

どうしても原作者イレーヌ・ネミロフスキーの生涯がかぶさってしまいます。
占領下、どんな想いで敵国将校との恋情とレジスタンスに身を投じる女を描いたのでしょうか。

その小説が作者の死後60年以上を経て出版され、映画にもなったことは
いかなる運命の巡り合わせでありましょう。

エンドロールに流れるのは娘たちが守り抜いた彼女の生原稿。
その文字は彼女に残された命を刻み込むように小さくびっしりと描かれていました。
物語と現実の不思議な二重構造にめまいにも似た感覚を覚えます。
2016年新春はすばらしい作品で幕を開けました。





今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2016年1月8日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

フランス組曲
監督/ソウル・ディブ、脚本/ソウル・ディブ、マット・チャーマン、製作/ザヴィエル・マーチャンド、ロマン・ブレモン、マイケル・クーン、アンドレア・コーンウェル、原作/「フランス組曲」イレーヌ・ネムロフスキー著、撮影/エドゥアルド・グラウ、美術/マイケル・カーリン
出演
ミシェル・ウィリアムズ/リュシル・アンジェリエ、クリスティン・スコット・トーマス/アンジェリエ夫人、、アティアス・スーナールツ/ブルーノ・フォン・ファルク中尉、サム・ライリー/ブノワ・ラバリ、ルース・ウィルソン/マドレーヌ・ラバリ、マーゴット・ロビー/セリーヌ・ジョゼフ、ランベール・ウィルソン/モンモール子爵、トム・シリング/クルト・ボネ中尉
2016年1月8日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
2014年、イギリス=フランス=ベルギー、107分、カラー、英語・ドイツ語・フランス語、日本語字幕/高内朝子、提供/KADOKAWA、ロング・ライド配給/ロング・ライド
http://francekumikyoku.com/

by Mtonosama | 2016-01-08 06:36 | 映画 | Comments(8)

フランス組曲
-1-
Suite Française

f0165567_6322077.jpg

Photo: Steffan (C)2014 SUITE DISTRIBUTION LIMITED


2016年新春に当試写室で上映するのは
『フランス組曲』でございます。
まさに初春にふさわしく
波乱万丈、優雅で悲しく、
そして、美しい恋物語であり、戦争映画であり、
人はどう生きるかを描いた作品であります。
純粋に感動し、心がふるえる映画らしい映画と断言させていただきましょう。

ただ、原作者の運命を想うと心はふるえるのみでなく、痛くもなります。
そして、本作の背後には人智の及ばない神秘な存在を想像せざるを得ません。
原作はイレーヌ・ネミロフスキー。

イレーヌ・ネミロフスキー
1903年キエフ生まれ。裕福なユダヤ人銀行家の娘。
1918年ロシア革命を逃れ、一家でフランスに移住。
1929年に発表した長編第1作「ダヴィッド・ゴルデル」が映画化。
以後数々の作品を著し、一躍ベストセラー作家に。
作家として絶頂期にあった39年、第二次世界大戦が勃発、翌年フランスはドイツに降伏。
ユダヤ人ゆえ出版活動も禁じられ、夫と幼い2人の娘と共に
ブルゴーニュ地方の田舎町で疎開生活を送る。
1942年7月フランス憲兵隊によって捕えられ、同年アウシュビッツで死去した。
妻の救出を試みた夫も10月に捕えられ、妻と同じ運命を辿る。
2人の娘は逃亡の末、生き延び、母の形見のトランクを守り抜いた。
父と別れる時に託されたそのトランクには
ノートにびっしり綴られた小説の原稿が入っていた。

その原稿こそ本作の原作である「フランス組曲」でした。

f0165567_6343492.jpg

娘たちはそのノートを母の日記であると思いこみ
辛い想い出に目を向けることを避け、
読まないまま永い日々を過ごしました。

それが小説であることに気づいた時には
作者であるイレーヌが亡くなってから60年以上が過ぎ去り、
2004年に出版されると
なんと全世界350万部を超えるベストセラーになりました。

作者は遺されたメモに次のように書いています。
「決して忘れてはならないのは
いつか戦争は終わり
歴史的な箇所のすべてが色褪せるということだ。
1952年の読者も2052年の読者も
同じように引きつけることのできる出来事や争点を
盛り込まないといけない」


これが追跡者の手を逃れ、死を見据えながら
暮らした人の言葉でしょうか。
捕まる直前のメモ書きだったそうです。

f0165567_636640.jpg

死を目前にしながら
100年後の読者を考える作家の魂に崇高さを感じます。

ナチス・ドイツ占領下で書かれた原稿は2部に分かれ、
本作は第2部に登場するリュシルを中心とするストーリーです。
ドイツ占領下のブルゴーニュの田舎町で、
姑と共に出征した夫を待つ若い妻とドイツ将校との交流が描かれています。

さあ、一体どんな作品なのでしょうか。
2016年をこのように素晴らしい映画の上映で始められるとは
当試写室責任者として極めて誇らしい思いであります。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2016年1月5日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

フランス組曲
監督/ソウル・ディブ、脚本/ソウル・ディブ、マット・チャーマン、製作/ザヴィエル・マーチャンド、ロマン・ブレモン、マイケル・クーン、アンドレア・コーンウェル、原作/「フランス組曲」イレーヌ・ネムロフスキー著、撮影/エドゥアルド・グラウ、美術/マイケル・カーリン
出演
ミシェル・ウィリアムズ/リュシル・アンジェリエ、クリスティン・スコット・トーマス/アンジェリエ夫人、、アティアス・スーナールツ/ブルーノ・フォン・ファルク中尉、サム・ライリー/ブノワ・ラバリ、ルース・ウィルソン/マドレーヌ・ラバリ、マーゴット・ロビー/セリーヌ・ジョゼフ、ランベール・ウィルソン/モンモール子爵、トム・シリング/クルト・ボネ中尉
2016年1月8日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
2014年、イギリス=フランス=ベルギー、107分、カラー、英語・ドイツ語・フランス語、日本語字幕/高内朝子、提供/KADOKAWA、ロング・ライド配給/ロング・ライド
http://francekumikyoku.com/

by Mtonosama | 2016-01-05 06:41 | 映画 | Comments(10)

三毛猫ひかちゃん 
~新春の巻~ 
-36-


あたしひかちゃん。


f0165567_674285.jpg

明けましておめでとう!

今日は駅伝往路の日よ。
こたつ布団めくってあたしを写してるヒマがあったら
さっさと駅伝を見にいきなさいよ。

元日はお客様がいらしたから、あたしだっておもてなしで疲れたの。
今日は一日中お休みするんだから。


f0165567_691826.jpg

でも、相変わらず下手だわね。
顔が映ってないじゃない。


f0165567_610431.jpg

遠いのよね。
ズームで狙いなさいよ。


f0165567_6114978.jpg

上武大の選手だけはかろうじて写ってるかしら?

そもそも嫌がるあたしを撮るのに手間取ったものだから
コースに到着した時には
もう1位の青山学院大の選手は通り過ぎた後だったんでしょ?


f0165567_6135117.jpg

湘南T-SITE脇で見物していたらしくって
フラフラと立ち寄ってきたんだって。


f0165567_61528.jpg

飼い主も暫く帰ってこなかったから
今日は静かに過ごせたわ。

お正月って本当に疲れるわね。

今年のお正月休みは3日までしかないから
もう4日にはお仕事の方も多いんでしょ。

皆さんも今日はゆっくり骨休みしてね。

ひかり


体は休めながらも指先はポチッとね♪ ひかり
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2016年1月3日に更新しました。今年もひかちゃんともども試写室もよろしくお願い申し上げます。飼い主☆
by Mtonosama | 2016-01-03 06:20 | 映画 | Comments(8)