ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

<   2017年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


マンチェスター・バイ・ザ・シー
-1-

MANCHESTER BY THE SEA


f0165567_5292620.jpg


(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.


ボストンに近い海辺の町
マンチェスター・バイ・ザ・シー。
冬枯れの寂しげなリゾート地が舞台となっています。

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
第89回アカデミー賞主演男優賞と脚本賞を受賞しました。

主演のケイシー・アフレックは
ベン・アフレックの実弟です。
ベンは本作にプロデューサーとして参加した
マット・デイモンの親友なんですって。

f0165567_5303030.jpg


脚本はケネス・ロナーガン。
監督も務めました。

ケネス・ロナーガン
1962年ニューヨーク市に生まれる。
高校時代から脚本を書き、
ウェズリアン大学、ニューヨーク大学で脚本・演出を学ぶ。
演劇の世界で成功を収めた後、
ロバート・デ・ニーロ主演『アナライズ・ミー』(’99)の
脚本で映画界でも成功。
その後もマーティン・スコセッシ監督に抜擢され、
『ギャング・オブ・ニューヨーク』(’03)の脚本で
アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネート。
マーティン・スコセッシ監督は
「彼には人間を理解する素晴らしい能力がある――
彼は登場人物の心を、状況の核心を、
創り上げることができる」
と絶賛する。

と、鳴り物入りで喧伝される作品の場合、
アレレ?ということがままありますよね。

f0165567_5321549.jpg


が、しかし
本作は違います。
アメリカ映画にありがちな
妙な気取りやスノッブさも無く、
業界の内幕ばらしもなく、
きわどいHもありません。
(って、偏見過ぎますか?)

ケイシー・アフレック演ずる
ボストン郊外で団地の便利屋として働く主人公リーが
兄ジョーの死をきっかけに
故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってきます。
兄の遺言で16歳の甥パトリックの
後見人となった主人公ですが・・・

とまあ
一言でいえば家族の映画です。
ちょっと一言過ぎますかね。

仲の良い兄弟
仲の良い父子
仲の良い叔父甥

ジョーの死は弟と息子に深い悲しみをもたらしますが、
本来、仲の良い叔父と甥
楽しかった過去も共有しています。
リーが故郷に戻り、パトリックの後見人になることには
何の不都合もありそうにはありません。

でも、
ま、そう一筋縄ではいかないのが
世の常、映画の常。

f0165567_5343996.jpg

真冬のリゾート地という寒々しい背景
海鳥の鳴き声が灰色の空に響く街。

この街も主人公並みの存在感ですが、
主人公リー・チャンドラーを演ずる
ケイシー・アフレックも
影をひきずる孤独な男を好演しています。

そして、
もう一人存在感を出しているのが
甥パトリックを演じたルーカス・ヘッジズ。
灰色の重い雰囲気になりがちな画面に
若さという明るさを添えてくれました。

さあ、いったいどんなお話でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆5月1日に更新しました。もう5月です!☆

マンチェスター・バイ・ザ・シー
監督・脚本/ケネス・ロナーガン、プロデューサー/ローレン・ベック、マット・デイモン、クリス・ムーア、キンバリー・スチュワード、ライアン・ストウェル、ケヴィン・J・ウォルシュ、撮影/ジョディ・リー・ライプス
出演
ケイシー・アフレック/リー・チャンドラー、ミシェル・ウィリアムズ/ランディ、カイル・チャンドラー/ジョー・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ/パトリック、グレッチェル・モル/エリーズ、カーラ・ヘイワード/シルヴィー、C・J・ウィルソン/ジョージ
5月13日(土)シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
2016年、アメリカ、137分、カラー、配給/ビターズ・エンド/パルコ
http://manchesterbythesea.jp/


by Mtonosama | 2017-05-01 05:44 | 映画 | Comments(6)