ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!


わたしは、ダニエル・ブレイク
-1-

I,Daniel Blake

f0165567_4532651.jpg

(C)Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016


もう隠居生活に入る筈だった名匠ケン・ローチが
怒りのあまり再び映画を制作しました。

怒りは創作のエネルギーだっ!

というわけで、
当試写室では『わたしは、ダニエル・ブレイク』を上映します。

f0165567_4553874.jpg

前作『ジミー、野を駆ける伝説』('14)で
http://mtonosama.exblog.jp/23414571/ http://mtonosama.exblog.jp/23425830/
映画監督を辞めるつもりでいたケン・ローチ監督でしたが、
どうしても撮らなくてはいけない作品があると
引退宣言を取り下げました。
それが本作『わたしは、ダニエル・ブレイク』です。

そして、
それが2016年カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞。

いえ、賞を取ったか取らないかは関係ありません。
本作に漲る彼の枯れることのない反骨精神に
心の底から拍手大喝采です。

f0165567_4565593.jpg

ケン・ローチ監督
1936年6月17日、イングランド中部・ウォリックシャー州生まれ。
父は電気工、母は仕立屋。高校卒業後、2年間の兵役につき、
オックスフォード大学に進学し、法律を学ぶ。
卒業後、劇団の演出補佐を経て、
1963年、BBCテレビの演出訓練生になり、
1966年、「キャシー・カム・ホーム」で初めてTVドラマを監督。
1967年、『夜空に星のあるように』で長編監督映画デビュー。
1969年、2作目『ケス』でカルロヴィヴァリ映画祭グランプリ受賞。
その後、ほとんどの作品が世界三大映画祭などで高い評価を受けている。
カンヌ国際映画祭では『ブラック・ジャック』(’79)、『リフ・ラフ』(’91)、
『大地と自由』(’95)が国際批評家連盟賞を、
『ブラック・アジェンダ/隠された真相』(‘90)、『レイニング・ストーンズ』(’93)、
『天使の分け前』(’12)が審査員賞を受賞。
http://mtonosama.exblog.jp/19187590/ http://mtonosama.exblog.jp/19205432/
労働者や社会的弱者に寄り添った人間ドラマを描いた作品で知られる。
『ジミー、野を駆ける伝説』('14)を最後に引退すると宣言していたが、
現在のイギリスや世界中で拡大し続ける格差や貧困の現実を目の当たりにし、
どうしても伝えたい物語として本作を制作。
『麦の穂を揺らす風』(’06)に続く2度目のパルムドールを受賞。
同賞の2度受賞はミヒャエル・ハネケらと並ぶ最多受賞記録。
2017年、長編監督映画デビュー50周年を迎えた。

「生きるためにもがき苦しむ人々の普遍的な話を作りたいと思った」という監督。
死に物狂いで助けを求めている人に対して、
国はわざわざ煩雑な手続きを用意して、事態を非能率的にしています。
そうやって「働かないとこうなるぞ。仕事をみつけないなら苦しめ」
と言わんばかりのことをしているのをその目で見た怒りが
本作を作る原動力になったといいます。

主人公ダニエル・ブレイクとシングルマザーのケイティが出会った職業安定所。
ここはもうダニエルやケイティのような人に
仕事を紹介し、力を貸す場所ではありません。
それどころか、彼らの行く手を阻む関門でした。

f0165567_459934.jpg

職業安定所やフードバンクにやって来るダニエルやケイティ。

本作の主人公は
今ぎりぎりのところで生きている多くのダニエルであり、ケイティなんです。

さあ、監督の怒りがいかなる名作を生み出しているのでしょう。
続きは映画館でお楽しみください。

あ、その前に後編もご覧くださいね。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆3月12日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

わたしは、ダニエル・ブレイク
監督/ケン・ローチ、脚本/ポール・ラヴァティ、撮影/ロビー・ライアン
出演
デイヴ・ジョーンズ/ダニエル・ブレイク、ヘイリー・スクワイアーズ/ケイティ、ディラン・フィリップ・マキアナン/ディラン、ブリアナ・シャン/デイジー、ケイト・ラッター/アン、シャロン・パーシー/シェイラ、
ケマ・シカズウェ/チャイナ
3月18日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
2016年、イギリス、フランス、ベルギー、英語、100分、日本語字幕/石田泰子、提供/バップ、ロングライド、配給/ロングライド、http://danielblake.jp/

# by Mtonosama | 2017-03-12 05:07 | 映画 | Comments(10)

三毛猫ひかちゃん

 -51-



あたし、ひかちゃん。

f0165567_628145.jpg

もう3月ね。
弥生よ、弥生。


眠いったらないわ。

f0165567_6294785.jpg

桜だって満開よ。

f0165567_6305221.jpg

なんで桜かっていうとね、2月のある日、
飼い主は新松田というところにあるアサヒビール工場へ見学に出かけたの。
行ってから気づいたんだけど、新松田は河津さくらの名所もあるんだって。

f0165567_6315927.jpg

これよ、これ!
河津さくらはおまけで本当はこれが目的だったらしいわ。
工場見学では試飲がお約束なんだって。
350mlのグラスで3杯まで飲めるのよ。

え、なんで2杯しかないのかって?
あのね、時間制限があるの。
20分で飲まなきゃいけないのよ。

いくら飼い主やその友人が大酒呑みだって
20分で1リットルは無理だったようよ。

f0165567_633654.jpg

でもね、お勉強してきたんだって。
皆さんも覚えてね。
王冠のギザギザの数は21なの。
ま、それを知ったからってなんの得もないけど。

f0165567_6334438.jpg




f0165567_6343373.jpg

あら、誰もいないじゃない!


f0165567_6363750.jpg

あたし、お腹が空いてるんだからねっ。
セッセセッセセッセセッセ。
いつもならティッシュを引っ張り出すとご飯をくれるの。

あら?来ないわ。

f0165567_6371314.jpg

もうっ!
木登りしちゃうわよ。


f0165567_6391090.jpg

あ~あ
また眠くなっちゃったわ。

皆さまも春だからってあちこち動き回らないで
ゆっくり寝て過ごしてね。

ひかり


今日もポチッとお願いできたらうれしいわ♪ ひか
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆3月9日に更新しました。よろしくお願いいたします☆ 飼い主
# by Mtonosama | 2017-03-09 06:44 | 映画 | Comments(14)

ラビング
愛という名前のふたり
-2-

Loving


f0165567_5165251.jpg


(C)2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.


愛という言葉からはすっかり縁遠くなった150歳ではありますが、
幼馴染でもあったラビング夫妻が
生まれ育ったその地で家庭を持つという
極めて当たり前のことすら許されず、逮捕される不安の中、
子を守り、互いに、いたわりあって生きた人生。
その素朴で情愛に満ちた日々には素直に感動するのであります。

ストーリー
「妊娠したの」
そう告げた恋人ミルドレッドのために
リチャードは緑豊かな土地を買い、プロポーズする。
仕事熱心なレンガ職人の彼はその地に彼女と生まれてくる子のために
自ら家を建てるつもりだった。

しかし、彼らが暮らすバージニア州キャロライン郡では
白人のリチャードと黒人のミルドレッドが結婚することは禁じられていたのだ。
ふたりはワシントンD.C.に向かい、ミルドレッドの父の立ち合いのもと結婚。

彼女の実家で新婚生活を始めたふたりだったが、
ある晩、寝室に踏み込んできた保安官によって逮捕され、
1年間の服役という判決を受ける。
弁護士と判事との司法取引により執行猶予になるが、
今後25年間にわたり、ふたり一緒にバージニアに戻ることはできなくなった。

ふたりはワシントンD.C.に住む彼女の親戚の家に身を寄せるが、
慣れない都会暮らしの中みるみる元気をなくすミルドレッド。
彼女の望みはベテランの助産師であるリチャードの母に
生まれてくる子をとりあげてもらうことだった。
こっそりと戻ったリチャードの実家で無事出産するミルドレッド。
だが、ふたりは再び逮捕されてしまう。
駆けつけた弁護士の機転によって事なきを得たが、
「次は刑務所だ」と言い渡されるふたり。

それから5年、リチャードはレンガ職人の日々を送り、
ミルドレッドは3人の子どもの世話に明け暮れていた。

その頃、世は黒人の自由と平等を求める公民権運動に沸いていた。
ニュースを見ていたミルドレッドは
運動を支援するロバート・F・ケネディ司法長官に手紙を書き、
その数日後、バーナード・コーエンと名乗る弁護士からの電話を受ける……

f0165567_5172885.jpg



自由公民権運動の高まりにも押されるが、
夫婦の日々は淡々と気負いもなく続きます。
妻と子どもたちのために黙々と働く職人のリチャード。
夫を愛し、子どもの世話をする普通の妻であり、母であるミルドレッド。
その彼女がロバート・F・ケネディ司法長官に手紙を書くのです。
実直ではあるけれど平凡な夫婦が歴史を変えていく姿。
そこには法廷闘争も激しい政治運動もないけれど、
静かに淡々と、けれども着実なものとして、描かれています。

無口で不器用だけれど家族のためにひたすら真面目に生きるリチャードを
演じたジョエル・エドガートン。
まるでリチャード本人としか思えないような姿がいとしくて、いとしくて・・・
切なくなってしまいました。

自由と民主主義の国アメリカのイメージはこうした名もない人々の努力によって
まるでレンガを積むようにひとつひとつ大切に作られてきたものなんですね。






今日もポチッとお願いできたらうれしいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年3月6日に更新しました。

いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

ラビング
監督・脚本/ジェフ・ニコルズ、プロデューサー/ゲド・ドハティ、コリン・ファース、サラ・グリーン、ナンシー・バースキー、マーク・タートルトーブ、ピーター・サラフ、撮影/アダム・ストーン
出演
ジョエル・エドガートン/リチャード、ルース・ネッガ/ミルドレッド、マートン・ソーカス/ブルックス保安官、ニック・クロール/バーナード・コーエン、テリー・アブニー/ガーネット、アラーノ・ミラー/レイモンド、ジョン・ベース/フィリップ・ハーシュコプ、マイケル・シャノン/グレイ・ビレット
3月3日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国順次ロードショー
2016年、イギリス・アメリカ映画、123分、カラー、字幕翻訳/牧野琴子、配給/ギャガ
http://gaga.ne.jp/loving/


More
# by Mtonosama | 2017-03-06 05:29 | 映画 | Comments(8)

ラビング

愛という名前のふたり

-1-

Loving


f0165567_06542590.jpg

  (C)2016 Big Beach, LLC. AllRights Reserved.


なんともはや最近では
驚かせてくれてばっかりのアメリカです。

この実話も結構びっくりさせられました。

つい最近までは
あの国も人権を侵害する国だったのですね。


だからこそ、様々な闘いがあり、
努力もされてきたのに、

トランプ大統領は
それらをひっくり返そうとでもしているかのようです。

とまあ、大統領の話はこの際、脇においておきます。


本作の舞台はアメリカ・バージニア州。

時代はそう60年前。
それほど大昔という頃ではありません。

1950年代のことです。


アメリカのいくつかの州では
異人種間の結婚が禁じられていました。

“愛する”という名字を持つ
リチャードとミルドレッド・ラビング夫妻が

ある夜、突然逮捕されました。


なぜか。


リチャードは白人で
ミルドレッドは黒人だったからです。


それだけで逮捕って・・・

かなり理不尽な話です。


でも、この実話がすごいのは

お金も教育もない労働者階級の二人が

その理不尽な法律を変えたということ。


ラビング夫妻にスポットライトが
あてられるきっかけとなったのは

2008年ミルドレッド・ラビングの死亡記事を見た

ドキュメンタリー映画監督のナンシー・バースキーが

彼らのドキュメンタリー映画『The Loving Story
を作ったことです。


その後、彼女は本作のドラマ映画化に向けて

プロデューサーとして動き始め、

その企画をコリン・ファースに持ちかけました。


そうです。
『英国王のスピーチ』のあのコリン・ファースです。


「社会的、人道的にも意義のある話だけど、

これは本当に素晴らしいふたりの人間の
ラブ・ストーリーだと思ったんだ」

とコリン・ファース。


そんな訳で映画に法廷シーンなどは登場せず、

ただ子どもたちを愛し、
親しい人々の暮らすバージニアの地で

家族と一緒にいたいという当たり前の気持ちを
大切にした夫婦を

静かな情愛をこめて描き出した作品です。


f0165567_06572672.jpg

       だから、少しだけふたりのことを
           紹介しますね


19331029日 

バージニア州セントラル・ポイントで

リチャード・ペリー・ラビング誕生

1939722

バージニア州セントラル・ポイントで

ミルドレッド・ドローレス・ジーター誕生

195862

リチャードとミルドレッド、ワシントンD.C.で結婚。

その後、セントラル・ポイントのミルドレッドの実家に移り住む。

同年712

夫妻逮捕。

リチャードは一晩留置され
1000ドルの保釈金を払い釈放。

ミルドレッドは5日間留置され、
保釈金
1000ドルで釈放される。

同年10

ラビング夫妻はバージニア州の異人種間結婚を禁じた
法令に
違反したとして起訴される。

19591

1年間の服役という判決

「直ちにキャロライン郡とバージニア州を立ち去り、

25年間、同郡・同州に一緒に又は同時に戻らない」
という条項に

同意することで執行猶予となる。

1963

ミルドレッドはロバート・F・ケネディ司法長官に
手紙を書き、

司法長官はアメリカ自由人権協会(ACLU)に委ねる。

6月にはACLUのバーナード・コーエン弁護士が
事件を担当。

その後、公民権を専門に扱うフィリップ・ハーシュコプ弁護士も加わり、

無償で夫妻の弁護にあたる。

11月コーエン弁護士は夫妻の有罪判決を無効にし、

判決を破棄するよう判事に申し立てを提出。

1964

夫妻は3人の子どもたちとバージニア州に戻り、
ひそかに暮らす。

1965122

判事はコーエン弁護士の申し立てを退ける。

196637

バージニア州最高裁は夫妻の申し立てを是認。

25年間、州を立ち去る条項は無効であるとして
判決の変更を求め、

事件を州巡回裁判所に差し戻す。

ラビング夫妻対バージニア州裁判が米国連邦最高裁判所に上訴される。

1967612

最高裁判所はすべての異人種間結婚禁止法を
違憲であるとする
全員一致の判決を下す。

現在612日は“Loving Day”として記念日になっている。


裁判の日々を書き写すだけで疲れてしまったので、

続きは次回に。

乞うご期待でございます。


今日もポチッとお願いできたらうれしいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年3月3日に更新しました。

いつも応援して下さって本当にありがとうございます☆


ラビング

監督・脚本/ジェフ・ニコルズ、プロデューサー/ゲド・ドハティ、コリン・ファース、サラ・グリーン、ナンシー・バースキー、マーク・タートルトーブ、ピーター・サラフ、撮影/アダム・ストーン

出演

ジョエル・エドガートン/リチャード、ルース・ネッガ/ミルドレッド、マートン・ソーカス/ブルックス保安官、ニック・クロール/バーナード・コーエン、テリー・アブニー/ガーネット、アラーノ・ミラー/レイモンド、ジョン・ベース/フィリップ・ハーシュコプ、マイケル・シャノン/グレイ・ビレット

33日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国順次ロードショー

2016年、イギリス・アメリカ映画、123分、カラー、字幕翻訳/牧野琴子、配給/ギャガ







More
# by Mtonosama | 2017-03-03 07:05 | 映画 | Comments(6)

日本と再生
光と風のギガワット作戦

-2-

f0165567_5101295.jpg

(C)Kプロジェクト


さて、監督と飯田さんが降り立ったのは風力発電機の羽根がぶんぶん回るドイツ。
ドイツはいまや近隣諸国への電力輸出国です。
すごいですね。
青い空に無数の白い羽根が映えてヴィム・ヴェンダースの映画みたいです。

アイスランドでは雪に覆われた荒涼とした大地の中に
温泉が湧き出し、地熱を使って発電していました。

アラブの砂漠にも見渡す限りの太陽光パネルが敷き詰められています。
原発推進国だと思われていた中国だって
「これからは自然エネルギーだよ」と語っています。

アメリカ国防総省ですら、軍移動にとってソーラー発電は必須なんですって。
発電機材が大きくなれば移動の車列が長くなり、
攻撃対象として狙われるからなんだそうです。

そうなんですよね。省エネ革命は世界中で進行しています。
でも、日本政府は福島以後も何もなかったような顔をして
原発復活を目論んでいます。
そこを狙って原発製造で生き残りをはかった某大手家電会社は
粉飾決算までしでかしてしまいました。
どうしてそこまで意固地になるんでしょうかねえ。

f0165567_51315100.jpg

河合さんと飯田さんは世界中の再生エネルギー革命の最前線を回り、
力強い現場を報告してくれます。
日本も頑張らないと取り残されてしまいます。

でもね、日本の地方ってすごいんです。
地方から自然エネルギー発電の胎動が始まっているんですよ。

熊本・阿蘇では自然エネルギー利用システムが根付き始めています。
本作撮影の数日後に起こった熊本地震でも電気が停まることはありませんでした。

f0165567_515032.jpg

原発によって故郷を奪われた飯館村・飯館電力の小林稔社長は
「太陽光発電を作って仕事を残しておけば、
次の世代が何かやってくれるんじゃないかと思った」と言います。
荒れた畑に並ぶ太陽光発電パネルは
村民を追い立てた原子力発電へのものすごく強いアンチテーゼでもあり、
地方の底力の象徴に見えました。
政府も東京電力もしっかり耳を傾けてくださいよ。

あ、そうそう、地熱発電も始まっていました。
温泉が枯れるとか景観が悪くなるとか反対意見もたくさん聞きましたが、
こうやって実際に見ると希望が湧いてきます。

日本には太陽も水も風も地熱もバイオマスもいっぱいあるではありませんか。
資源大国・日本なんです。

つぶれていた心が膨らみ始めたところに
映画はさらに空気を吹き込んでくれます。
え、IoT?
インターネット・オブ・シングスも
自然エネルギー革命推進に役立つんですか!
SFではなくて、どうも本当に動き始めていることみたいです。

f0165567_5165531.jpg

そうそう、原発推進派が
「ドイツは原発を止めたけど、原発の国フランスから電気を輸入してるよ」とか
「風力発電はあの回転音が体に悪いし、鳥がぶつかって死んじゃうよ」とか
いろいろ言いましたけど、河合監督が自らホワイトボードを使って
そうした批判を論駁していくのも小気味が良いです。

いや、本当に勇気が出ました。

映画のキャッチコピー
「世界を駆動させるのは、あふれる自然の力!」
素敵です!

日本の未来に心が折れかけている皆さん
ご覧になると少し希望が湧いてきます。








今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年2月28日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆




日本と再生
監督/河合弘之(弁護士)、企画・監修/飯田哲也(環境学者)、脚本・編集・監督補/拝身風太郎、制作協力/木村結、撮影/中島喜一、音楽/新垣隆、エンディングテーマ/坂本龍一、
制作・配給/Kプロジェクト、宣伝協力/太秦
2017年2月25日(土)ユーロスペース、横浜シネマリンにてロードショー
2017年、日本、ドキュメンタリー、カラー、www.nihontogenpatsu.com

# by Mtonosama | 2017-02-28 05:29 | 映画 | Comments(8)