ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!


たかが世界の終わり
-2-

Juste la fin du monde

f0165567_6445939.jpg

(C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual


グザヴィエ・ドラン監督の監督の背景にはいつも
ゲイと母があったのですが、本作では家族も登場します。
はい。ゲイも母も家族も全部出るということです。

若い監督さんの場合、とがってて
触るとケガをしちゃいそうな部分ってありますよね。

自分のことを思い返してみても
親や家庭、家族なんて「なんぼのもんや」ってとんがらかっておりましたしね。
あ、いまは年の功できわめて温厚ですが。

それにしても、
グザヴィエは28歳にして既に老大家の視点を持っているような。
そんなグザヴィエの最新作とはどんなお話でしょうか。

f0165567_6462181.jpg

ストーリー
空港からタクシーに乗り込み、実家に向かう人気作家のルイ。
12年ぶりに会う兄を待ちわびていたシュザンヌが抱きついてくる。
幼い頃の彼女しか記憶にないルイは戸惑う。
兄の妻カトリーヌに「初めまして」と挨拶すると
「一度も会っていないの?」と大げさに驚いてみせる母。
重い気持ちを抱えて戻ってきたルイを
母、妹、兄嫁は明るく優し気に迎える。

会話を続けようと子供の話をするカトリーヌに
「ルイが退屈してるだろ」と決めつけ、
それを咎めるシュザンヌを「化粧が濃いぞ」とけなす兄アントワーヌ。
言い合いを始める兄妹の傍らで、
カトリーヌはルイのもの言いたげな視線に気づく。

不機嫌な兄を避け、シュザンヌはルイを自分の部屋に連れてゆく。
都会で成功した兄に憧れ、雑誌や新聞に載った彼の記事を集めていたシュザンヌ。
だが、気が付けば絵葉書しか送ってくれないルイを責めていた。
「どうして急に帰ってきたの?」
真相に迫る問いかけをしながら自らはぐらかしてしまう妹。
答えない兄。

一方、物置部屋で母はルイと向き合う。
引っ越し先の住所を教えない息子に嘆きながら、それでも抱きしめる母。
「なぜ帰ってきたの?」
と訊ねた母にやはり答えられないルイ。
母は息子の深刻そうな表情を見ると
「元気そうでよかった」と話を変えてしまう。
「今日は泣いたり、告白したりする日じゃないわ」

昼食の席で兄アントワーヌの憎々しい物言いはさらに激しく、
シュザンヌとの激しい口げんかになる。
怒りのあまり席を立つシュザンヌ。
兄を叱責する母。
ルイもかつての自分の部屋に逃げ込み、
若き日の甘い思い出に耽る。

兄とタバコを買いに出かけるルイ。
車内でも怒るアントワーヌ。
「なんで帰ってきたんだ」とキレ、荒々しく車を走らせる。

帰宅し、母自慢のデザートを囲む家族を前にルイは……

f0165567_647278.jpg

朝、実家に帰り、夕暮れには戻っていく――その一日を描いているのですが、
ルイの懊悩が昏いまなざしとなって深部を流れているような印象の映画です。

ルイは言おうとしているのに母も妹も兄もそれを聞こうとしません。
まるで耳をふさいでいるみたいに。

「アントワーヌ、なんなの?あんたは怒鳴ってばっかりいて」
とのが親だったら一喝しちゃいます。
「ルイも、ルイよ。話があって帰ってきたんなら、さっさと言っちゃいなさい」とも。

でも、それだったら面白くもなんともないですわね。

もう子供じゃなくなった自分が久々に帰郷しても
居場所もなければ、立ち位置もわからなくなっている。
家族も何かを察していながらそれを聞かないことで家族であり続けようとする―――

そんなの家族じゃない?

それでも、死期が迫ったら帰っていきたいところは家族の許なのかもしれませんね。

それにしても、ヴァンサン・カッセル演じる不機嫌な兄。
すごかったです。
『トム・アット・ザ・ファーム』にも出てきた
怖ろしいおにいさんを思い出してしまいました。

どうぞ、また一回り大きくなったグザヴィエ・ドランの新作をご覧になってください。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年2月10日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

たかが世界の終わり
監督・脚本/グザヴィエ・ドラン、原作/ジャン=リュック・ラガルス、撮影/アンドレ・テュルパン、音楽/ガブリエル・ヤレド、美術/コロンブ・ラビ、編集/グザヴィエ・ドラン
出演
ギャスパー・ウリエル/ルイ、レア・セドゥ/スザンヌ、マリオン・コティヤール/キャサリン、ヴァンサン・カッセル/アントワーヌ、ナタリー・バイ/母
2017年2月11日(土)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAロードショー
カナダ・フランス合作映画、99分、カラー、字幕翻訳/原田りえ、
http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/

# by Mtonosama | 2017-02-10 06:58 | 映画 | Comments(8)

たかが世界の終わり
-1-

Juste la fin du monde

f0165567_5481970.jpg

(C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual


グザヴィエ・ドランの第6作目にして最新作。
『たかが世界の終わり』です。


グザヴィエ・ドラン監督
『マイ・マザー』(’09)で監督デビューした時はなんと19歳。
2010年『胸騒ぎの恋人』では
弱冠20歳でその後の創作スタイルを固めます。
2012年『私はロランス』
性にまつわる様々な障害や偏見が以前ほどではなくなった90年代が舞台。
LGBTをめぐる問題を前面に打ち出した映画で、
日本で初めて紹介されたドラン作品となりました。
2013年『トム・アット・ザ・ファーム』
主人公トムが交通事故で死んだ恋人ギョームの葬儀に出席するため、
彼の実家を訪ねたことから始まるちょっと怖い映画でした。
http://mtonosama.exblog.jp/23216811/ http://mtonosama.exblog.jp/23232949/
2014年『Mommy/マミー』
奔放なシングルマザーと矯正施設から退所してきたばかりの
多動性障害を持ち、情緒の不安定な15歳の少年。
そんな母子の生活に休職中の高校教諭も巻き込んで展開する
心と心のぶつかり合いを描いた作品。
いやあ、ドランって年を経るごとに映画も成長していくようです。
http://mtonosama.exblog.jp/23915924/ http://mtonosama.exblog.jp/23926931/
そして
2016年『たかが世界の終わり』

新作発表の度にカンヌやベネチアの国際映画祭に出品され、
『Mommy/マミー』など、あのジャン=リュック・ゴダール監督と並んで
カンヌ国際映画祭審査員特別賞に輝いています。
授賞式で「夢を捨てなければ、世界は変えられます」と
熱く語ったのは記憶に新しいところです。


f0165567_5493698.jpg


実は、心のどこかで一過性の美男子監督だと思っていました。
いやいや、とんでもない間違いでした。
一体どこまで進化するのか。グザヴィエ・ドラン。

本作の原作はジャン=リュック・ラガルスの同名戯曲で、
監督デビュー作『マイ・マザー』の母親役を演じた
アンヌ・ドルヴァルから渡されていたものでした。
でも、その時は作品に反感を覚え、しまい込んだまま忘れていたそうです。

それから4年経って、ふと読み返してみると
登場人物の言葉や感情、不安などがよく理解できたんですって。
本作の理解には自分自身が大人になることが必要だったんでしょう。
といっても、その時点でもまだ23歳ですが。

その戯曲に登場するのは
12年ぶりに帰郷する人気作家のルイ。
母マルティーヌは息子の好物料理を用意し、
兄が出て行った時はまだ幼かった妹のシュザンヌも
おしゃれをして兄を待ちわびます。
そっけなく迎える兄のアントワーヌ。
その妻カトリーヌとは初対面です。

登場人物はこの5人のみ。
舞台も飛行場と故郷の家と庭だけ。
そして繰り広げられる歓迎とおしゃべり――
そんな戯曲をもらったら
19歳のグザヴィエならずとも、書棚にしまいこんでしまうことでしょう。

f0165567_5514386.jpg

が、しかし、
そうはさせないのが大きく成長したグザヴィエ・ドラン監督の力量であり、
俳優たちの名演技。

12年ぶりに自分に死が迫っていることを告げるため、
帰郷したルイを演ずるのは
『サンローラン』(’14)のギャスパー・ウリエル。
妹シュザンヌには
女優として初めてカンヌ国際映画祭パルムドールに輝いたレア・セドゥ。
弟ルイにコンプレックスを抱く兄アントワーヌは
『美女と野獣』のヴァンサン・カッセル。
その妻カトリーヌには『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』で
アカデミー賞を受賞したマリオン・コティヤール。
母マルティーヌを演じるのは『私はロランス』についで
再びドランと組むナタリー・バイ。

この5人の丁々発止のやりとりと
触れ合えそうで触れ合えないもどかしさ、
家族でありながら、いえ、家族だからこそ傷つけあう人々―――

これはもうこの5人でなければ生まれえないものだったでしょう。

怖いほどに進化するグザヴィエ・ドラン監督。
さあ一体どんなお話なのでしょう。

続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年2月7日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

たかが世界の終わり
監督・脚本/グザヴィエ・ドラン、原作/ジャン=リュック・ラガルス、撮影/アンドレ・テュルパン、音楽/ガブリエル・ヤレド、美術/コロンブ・ラビ、編集/グザヴィエ・ドラン
出演
ギャスパー・ウリエル/ルイ、レア・セドゥ/スザンヌ、マリオン・コティヤール/キャサリン、ヴァンサン・カッセル/アントワーヌ、ナタリー・バイ/母
2017年2月11日(土)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAロードショー
カナダ・フランス合作映画、99分、カラー、字幕翻訳/原田りえ、
http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/

# by Mtonosama | 2017-02-07 06:02 | 映画 | Comments(7)

エゴン・シーレ
死と乙女
-2-

EGON SCHIELE –TOD UND MÄDCHEN

f0165567_644361.jpg

(C)Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH


その画家の作品が好みに合い、演ずる役者が美形で、
さらに、その人生が破天荒で、
その生きた時代に惹かれるのであれば、
やはり観てしまう――
エゴン・シーレはそんな絵描きです。

そして、彼をとりまく女性たちの存在や生き方にもそそるものがあるんですねえ。
さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。

f0165567_6453748.jpg

ストーリー
1918年冬、第一次世界大戦下のウィーン。
その年、世界中に広がったスペイン風邪のため、
画家エゴン・シーレとその妻エディットも床についていた。

スペイン風邪:1918年から19年にかけて世界的に大流行したインフルエンザのパンデミック。感染者5億人、死者5千万人から1億人と爆発的に流行した。一説によると、この大流行により多くの死者が出たため、第一次世界大戦終結が早まったと言われている。

兄の身を案じたゲルティが看病にやってきた。
殺風景な部屋で妊娠中のシーレの妻エディットは死にかけており、
シーレも弱り切っていた。
―――――
8年前、ウィーン美術アカデミーを退学したシーレは
仲間たちと「新芸術家集団」を結成。
その頃、シーレのモデルを務めていたのは16歳になる妹のゲルティだった。

ある夜、仲間と酒を飲んでいたシーレは
「タヒチの部族長の娘」という触れ込みの褐色のモデル・モアに知り合う。
エキゾチックなモアに夢中になるシーレ。
そして、モアに嫉妬するゲルティ・・・

モルダウ河に沿ったクルマウの一軒家での新芸術家集団との狂宴の中
シーレの脳裏をよぎる父の姿。
幼い頃、有価証券をはじめとする一家の資産をすべて暖炉に投げ込み、
梅毒に侵され、狂い死んだ父。

1911年
尊敬するグスタフ・クリムトのアトリエを訪れるシーレ。
そこで彼は燃えるような赤毛と青い瞳が印象的なヴァリと運命的な出会いを果たす。

シーレとヴァリはノイレングバッハで暮らし始める。
ヴァリはシーレにとってかけがえのないパートナーとなっていた。
ところが
シーレは13歳の少女の誘拐罪で告発されてしまう。
それどころか幼児性愛者というレッテルを張られることに。
シーレから離れていくパトロン達。
1912年5月、ヴァリは裁判でシーレの無罪を証言し、彼は禁固刑を免れる。

裁判の後、ウィーンのアトリエに移り住んだシーレとヴァリは
向かいに住む中産階級の娘アデーレ・エディット姉妹の好奇の的となっていた。
やがて第一次世界大戦が勃発。
ゲルティはかつてはシーレの仲間だったアントンと結婚。
式に出席したヴァリは
「私は結婚を求めない」とシーレに告げるのだった……

その後、シーレも徴兵されるのですが、
「結婚協定」――結婚している兵士は戦場に妻を同行し、
兵舎ではなくホテルで夜を過ごすことができる――
に飛びついて結婚相手に選んだのはなんとヴァリではなく、
中産階級の娘エディットでした。

f0165567_6515463.jpg

どんなに自由奔放に生きる芸術家でも
結婚相手となると自分の身分に属する相手を選ぶ――
そんな時代だったんですね。

泣き喚くことなく毅然としてシーレの許を立ち去るヴァリの姿が
美しいのです。

従軍看護婦としてダルマチア戦線へ赴いたヴァリは
2年後、猩紅熱で死去します。23歳でした。

ヴァリの美しさと凛々しさと悲しさが際立つ作品です。







今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年2月4日に更新しました。スペイン風邪は怖いですね。いつも応援ありがとうございます☆


エゴン・シーレ 死と乙女
監督/ディーター・ベルナー、脚本/ヒルデ・ベルガー、ディーター・ベルナー、原作/“Tod und Mädchen:Egon Schiele und die Frauen”「死と乙女:エゴン・シーレと女性たち」ヒルデ・ベルガー著、撮影/カーステン・ティーレ、美術/ゲッツ・ワイドナー
出演
ノア・サーベトラ/エゴン・シーレ、ゲルティ/マレシ・リーグナー、ファレリエ・ペヒナー/ヴァリ・ノイツェル、ラリッサ・アイミー・ブレードバッハ/モア、マリー・ユンク/エディット、エリーザベト・ウムラウフト/アデーレ、コーネリウス・オボンバ/グスタフ・クリムト
2017年1月28日(土)Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー
2016年、オーストリア・ルクセンブルグ作品、ドイツ語、109分、http://egonschiele-movie.com/

# by Mtonosama | 2017-02-04 06:56 | 映画 | Comments(6)

エゴン・シーレ
死と乙女
-1-

EGON SCHIELE –TOD UND MÄDCHEN

f0165567_534184.jpg

(C)Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH


オーストリアの画家といえば
やはりグスタフ・クリムトとエゴン・シーレが浮かびます。
二人は同時代人であり、
ウィーン分離派の画家であります。

ウィーン分離派
1897年にクリムトを中心に結成された芸術家のグループ。
分離派会員でもある建築家、オルブリッヒの手になる分離派会館の屋根には
巨大な黄金のキャベツが燦然と輝き、
入り口には
Die Zeit Ihre Kunst,Ihre Kunst Ihre Freiheit.
(時代には芸術を、芸術には自由を)
という分離派のモットーが掲げられている。

嗚呼、憧れの世紀末、憧れのウィーンなのであります。

f0165567_5364630.jpg

今回、当試写室で上映するのは20世紀の幕開けと共に
ウィーン画壇に出現し、スキャンダルと挑発的な作品を遺し、
28歳の若さで夭折したエゴン・シーレのお話です。

いつも言っているような気がしますが、
画家を主人公にした作品に納得できるものは少ないです。
例外として、2015年6月に上映した『ターナー、光に愛を求めて』がありますが。
http://mtonosama.exblog.jp/24148726/ http://mtonosama.exblog.jp/24159520/

『クリムト』もあんなに綺麗な女の人の絵を描くのに
なんでこんなキューピーさんの出来損ないのようなおじさんなの?と幻滅しました。
あ、ターナーを演じたティモシー・スポールも仏頂面でしたねえ。
でも、ターナーは風景画の画家だからまだ良いんですよ・・・

絵画は映画を通してではなく、実作を見るしかないという
偏見の塊になってしまっているとのです。

しかし、また悪い癖が出て、
エゴン・シーレの名に惹かれて観に行ってしまいました。

エゴン・シーレの名に惹かれただけではなく、
彼を演じた俳優がとっても美形だったということを
白状しない訳にはまいりますまい。

f0165567_5384081.jpg

エゴン・シーレ
1890年、鉄道官吏の父アドルフと母マリーの第3子として生まれる。
1894年4歳、妹ゲルトルート(愛称ゲルティ)誕生。
1902年12歳、父アドルフ、梅毒により退職。
この年、グスタフ・クリムトがウィーン分離派を結成。
1904年14歳、父死去。叔父が後見人に。
1906年16歳、名門ウィーン美術アカデミーに史上最年少で入学。
1907年17歳、ウィーンにアトリエを構える。クリムトと知り合う。
この年、アドルフ・ヒトラーがウィーン美術アカデミーに2年連続で不合格。
1909年19歳、ウィーン美術アカデミーを退学。友人と「新芸術家集団」を結成。
画家としてデビュー。
1910年20歳、後見人と決別し、生活が困窮。
労働者層の少女らをモデルにした裸体画や自画像を描き始める。
1911年21歳、母の故郷クルマウにアトリエを移す。
クリムトから譲られたモデル、ヴァリと同棲。村人の反発でノイレングバッハに移る。
1912年22歳、ノイレングバッハ事件
不道徳、未成年誘拐の容疑で24日間の獄中生活。釈放後はウィーンにアトリエを移す。
1913年23歳、ミュンヘン、シュツットガルト、ベルリンで個展。
1914年24歳、アトリエの正面に住む中産階級の姉妹アデーレ、エディットと知り合う。
1915年25歳、ヴァリと別れ、エディットと結婚。
その4日後。召集を受け、プラハで入隊。
この年「死と乙女」を描く。
1918年28歳、第49回ウィーン分離派に参加、画家としての地位を確立。
スペイン風邪の大流行により妊娠中の妻エディットが死去。
看病していたシーレも3日後に死亡。

f0165567_5402861.jpg

数多くのモデルとラブアフェアーズを楽しんだというエゴン・シーレ。
その中でもとりわけ大きな存在となったのは
献身的に兄を支え、モデルを務めた妹ゲルティ。
そして、
クリムトのモデルを経て
シーレとは公私にわたってのパートナーであり、
彼の表現世界におけるミューズであり続けたヴァリ。

エゴン・シーレといえば女性遍歴が激しく
退廃的でスキャンダルに満ちた画家というイメージが強いのですが、
さて、本作ではどのように描かれているのでしょう。
続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年2月1日に更新しました。風邪が流行っています。皆さまどうぞご自愛くださいね☆

エゴン・シーレ 死と乙女
監督/ディーター・ベルナー、脚本/ヒルデ・ベルガー、ディーター・ベルナー、原作/“Tod und Mädchen:Egon Schiele und die Frauen”「死と乙女:エゴン・シーレと女性たち」ヒルデ・ベルガー著、撮影/カーステン・ティーレ、美術/ゲッツ・ワイドナー
出演
ノア・サーベトラ/エゴン・シーレ、ゲルティ/マレシ・リーグナー、ファレリエ・ペヒナー/ヴァリ・ノイツェル、ラリッサ・アイミー・ブレードバッハ/モア、マリー・ユンク/エディット、エリーザベト・ウムラウフト/アデーレ、コーネリウス・オボンバ/グスタフ・クリムト
2017年1月28日(土)Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー
2016年、オーストリア・ルクセンブルグ作品、ドイツ語、109分、http://egonschiele-movie.com/

# by Mtonosama | 2017-02-01 05:48 | 映画 | Comments(8)

エリザのために
-2-
Bacalaureat

f0165567_4271082.jpg

(C)Mobra Films - Why Not Productions - Les Films du Fleuve – France 3 Cinema 2016


なんだかなあ。

革命の後、必ずしも良い社会が実現されはしない――
ということは過去の歴史から知らない訳ではないけれど、
約30年前、あれだけの高揚を経て生まれ変わったのに、
人も社会も、基本、何も変わりはしなかったのか。

なんだかなあ。

などと嘆いてみても始まりません。
まずは、どんなお話でしょう。

ストーリー
ある朝
勤務医のロメオは体調の悪い妻に代わって朝の支度をし、
娘エリザを学校へ送っていった。
イギリス留学を控えた娘に明日の卒業試験について助言し、
学校の手前で車から降ろす。

娘を送った後、ロメオは浮気相手の英語教師サンドラの家へ。
彼女とベッドにいた時、エリザが暴漢に襲われたという電話が入る。
病院に駆けつけると妻は既に来ており、
両親の前でエリザは泣き崩れる。
大事には至らなかったが、彼女の動揺は大きく、
卒業試験に影響を及ぼしかねない。

ロメオの友人でもある警察署長は必ず犯人を逮捕すると約束する。
そこへ副市長が肝硬変のため、ドナーを探していると連絡が。
ドナー登録者リストは国の管理だが、署長は既に話をつけており、
後はロメオが手術の順番を早めることができるかどうかだという。

明けて試験当日
ロメオは学校へ行き、事件を理由に娘にチャンスをくれないか、と試験官に交渉。
その後、年老いた母を訪ね、エリザの留学の話をする。
母は女の子一人を外国へ行かせることに反対していた。
ロメオは言う。
「この国では何一つ自由になることはなく、何も変わらない。
何もかもがコネだ。エリザはコネでうまくやるタイプじゃない。
だからこそ彼女には留学が必要なのだ・・・」

署長は部下に命じ、その日受けたエリザの試験結果を持ってこさせる。
結果は10点満点で8点。このままではケンブリッジに留学できない。
ロメオは娘のために副市長の手術を早めるという交換条件をのむことに……

f0165567_428849.jpg

1991年の民主化に期待して妻と帰国したロメオでしたが、
自分たちの力で国を動かすという夢は実現しませんでした。
そして、行われていることは旧時代と変わらないコネや不正。

それを憎みながら、娘のために同じことをする父。
なんだかなあ。

夢も理想もそんなに簡単に潰え去ってしまうものなのでしょうか。

ムンジウ監督が本作のテーマを思いついたのは
ブカレスト市内で実際に起きた少女強姦事件でした。
少女は強姦されるまでの30分、雑踏の中を犯人に引きずり回されていたのに
誰も止めようとする人はいなかったそうです。
この事実こそ、私たちが現在どんな社会に生きているかを語っています。
個人ではなく集団としての解決力を持つ社会こそが本当の社会だと監督は言います。
社会の中でいかにして子どもたちを育て、社会の責任を子どもたちに教えていくか――
そういう視点で映画を作っていると48歳のムンジウ監督は語ります。

ルーマニアというあまり馴染みのない国の映画ですが、
内包する問題は私たちが抱えるものと同じなのかもしれません。

それにしてもあれだけの歴史を経験しながら
以前と同じことを繰り返している人間の弱さや愚かしさがあらためて悲しくなりました。







今日もポチッとお願いできればうれしうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年1月29日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆



エリザのために
監督・脚本/クリスティアン・ムンジウ、撮影/トゥドル・ヴラディミール・パンドゥル、共同プロデューサー/パスカル・カシュト、グレゴァル・ソルラ、ヴィンセント・マラヴァル、ジャン・ラバディ、ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、プロデューサー/クリスティアン・ムンジウ
出演
アドリアン・ティティエニ/ロメオ、マリア・ドラグシ/エリザ、リア・ブグナル/マグダ、マリナ・マノヴィッチ/サンドラ
2017年1月28日(土)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
2016年、ルーマニア、フランス、ベルギー、カラー、ルーマニア語、128分、後援/ルーマニア大使館、配給/ファインフィルムズ、http://www.finefilms.co.jp/eliza/

# by Mtonosama | 2017-01-29 04:40 | 映画 | Comments(4)