ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

f0165567_511153.jpg
ハリウッド監督学入門
Foreign Filmmakers’ Guide to Hollywood

アカデミー賞授賞式で垣間見たハリウッド。なんたってゴージャスな映画の都です。
授賞式を実況する取材陣ですら、男性はタキシード、女性もロングドレスと正装しなくちゃならないというんですから。

「ハリウッド監督学入門」は、そんな映画の都ハリウッドで映画を撮るとはどういうことなのかを
自身「ザ・リング2」でハリウッドに進出した中田秀夫監督が
取材インタビューを通じて探りだしたドキュメンタリー作品です。

いやー、映画つくりってほんとにタイヘンなんですね。

ハリウッドでの映画つくりはピシッと時間が区切られてるって聞きました。
時間が来たら、仕事が残っていても、さっさとお片づけして帰っていかなくちゃなりません。
良いカットが撮れるまでは子どもが泣こうが、地震がおきようが、撮影に専念できる日本とは大違いです。
え、日本の方が大変?
ま、そういう見方もありますが。

しかし、中田監督はそんな日本式の映画つくりをしてきた監督さん。
日本人の目から見たハリウッド映画の舞台裏について興味深いドキュメンタリーを撮ってくれました。

中田秀夫といえば、「リング」「仄暗い水の底から」で世界中にジャパニーズ・ホラーの怖さを広めた監督ですが
そのホラー人気をひっさげてハリウッドに渡り、「リング」のリメーク版「ザ・リング2」を撮影しました。

ハリウッドに渡ってから「ザ・リング2」公開までの3年間、日米の映画つくりのシステムや手法の違い
―――「グリーンライト(青信号)」(撮影開始を示す用語)が点灯するまでのイライラするほど長い道のりや、何度も何度も繰り返されるモニター試写など―――
にとまどった監督はハリウッド映画界の人々にマイクを向けました。
その相手は「メン・イン・ブラック」や「ザ・リング2」を手がけたプロデューサーのウォルター・パークス
「ライオン・キング」でアカデミー作曲賞を受賞したハンス・ジマー
そして中田と同じくホラー監督として渡米していた「呪怨」の清水崇ほか
脚本家、カメラマンなどさまざまなスタッフたち。
中田監督は彼らに疑問をぶつけ、あるいはブチブチ文句を言いながら、インタビューします。

その中で、ハリウッド映画制作の裏側や
映画づくりはいかにしてビジネスになっていくかということ
そして日本人を含む外国人がハリウッドで映画をつくるとはどういうことかが
次第にあぶりだされていきます。

実は、本作が監督としては第3作目のドキュメンタリー作品なのだとか。
監督、ホラー映画だけじゃなかったんですね。
中田監督に案内してもらって、ハリウッドのウラ側をこっそりのぞき見させてもらった感じで、なかなか楽しかったです。

「おくりびと」人気で沸きかえった日本。
ハリウッドへ乗り込み、ハリウッド式映画づくりに身を投ずるのもいいかもしれませんが、
愚直なまでの日本式映画づくりに固執するのも捨てがたいな、と日本茶をすすりながら頷いた殿です。

ハリウッド監督学入門
監督/中田秀夫
出演/中田秀夫
3月21日(土)シアター・イメージ・フォーラム他全国順次ロードショー

応援クリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
# by mtonosama | 2009-03-16 05:06 | 映画 | Comments(6)

リリイ、はちみつ色の秘密
The Secret Life of Bees

f0165567_625239.jpg

(c)2008 Twentieth Century Fox

今回はアメリカ映画です。
アメリカ映画って、予定調和的というか、おさまるところにおさまるというか、
つかみはおどろおどろしいのだけれど、ラストはめでたし、めでたし、
というパターンが多いと思いませんか?
ま、「そこが安心できていいんじゃない?」という意見もあるかもしれませんが。

と、最初から、ネガティヴな殿です。

でも、この「リリイ、はちみつ色の秘密」には、そんな偏見を脇へ置いといても、
とりあえず観てみようか、という気持ちを起こさせる要素があるんです。

それが
1. 1960年代という時代
2.アメリカ南部の濃密で湿った空気と緑(なんたって「風と共に去りぬ」の南部ですから)
3. 14歳になったダコタ・ファニング

アメリカの1960年代って、なんかそそられます。
「ママはなんでも知っている」とか「奥さまは魔女」とか「カレン」とか。
この時期のアメリカのホームドラマや青春ドラマは日本のテレビでさかんに放映されましたから。
女の子はブロンドでくるりとカールしたセミロングヘアー。
ペティコートでボワンとふくらんだきれいなドレス(普段着でもこんな良い服を着ているのが不思議でした)。
デートの日には、きれいにうねった前髪(これもブロンド)を横分けにした男の子が
でっかいビュイックかなんかに乗ってお迎えにくる。
こうしたアメリカドラマのお約束が日本女子の脳にも刷り込まれてしまっていました。

脳天気な日本の女子たちはそんな素敵なアメリカに夢中になっていましたが、
アメリカの60年代は国外ではベトナム戦争に片足を突っ込み始め、国内では公民権法が施行され、
差別され続けてきた黒人たちの抵抗がジワジワと広がり始めた時期でした。

「リリイ、はちみつ色の秘密」はそんななつかしくも、ややこしい60年代に、
リリイという14歳の白人少女と養蜂場を経営する優しくて個性的な黒人三姉妹とが共に生活し、
心を通わせていくウォーム@ハートな映画。
全米で500万部以上を売り上げたスー・モンク・キッドのベストセラー小説「リリイ、はちみつ色の夏」(‘02)の映画化作品です。

そして、注目すべきはダコタ・ファニング。
デビュー作「I am Sam アイ・ァム・サム」で主演のショーン・ペンをくってしまった女の子。
「こまっしゃくれた子どもだぜ」と思いつつ、実は舌を巻いていたあの名子役が
なんとも微妙なお年頃の美少女に成長しているところが一番の見どころかも。

《ストーリー》
1964年.公民権法が制定された年。
もうすぐ14歳になるリリイはサウスカロライナ州で桃農園を経営する父と二人で暮らしていました。
リリイには母にまつわるつらい記憶があります。
4歳の頃、荷物をまとめて出ていこうとする母とそれを止める父とが激しく争う様子を、
リリイはクローゼットの陰から見ていました。
その時、彼女は、母が落としたピストルを手渡そうとして誤ってひきがねをひいてしまったのです。
それから10年間、リリイは「大好きなママを殺してしまった」という罪の意識で幼い心を傷め続けていました。
リリイが14歳の誕生日を迎えた夏の日、事件が起こりました。
その日、リリイの家で働く黒人家政婦ロザリンは選挙権の登録に行こうと張り切っていました。
ところが黒人の権利獲得をこころよく思わない保守的な白人たちに撲られ、入院。
リリイはロザリンを助けようとしなかった父に怒りをぶつけます。
「ママがいてくれたらよかったのに」。
ところが
「ママはお前を捨てて逃げたんだ」という思いがけない父の言葉。
リリイの胸に大きな波紋が拡がりました。
その夜、リリイはひそかに病院に向かい、ロザリンを連れ出します。
そして、母とつながりのあるティブロンという町に向かうのでした…


甘い花の香が漂ってくるようなティブロンの濃密な空気感。
瓶に入ったはちみつの穏やかな琥珀色。
ミツバチのたてる眠くなるような羽音。
薄幸な白人少女と豊かな体格と同じく豊かな心を持った養蜂場経営者オーガストとの心の交流は
「アンクル・トムの小屋」以来のアメリカのお家芸。
さすがに現代の映画ともなれば白人サイドの〈上から目線〉もありません。
甘~い花の香りとはちみつ色の安らぎに肩の力が抜けていく、心に優しい映画です。

ダコタ・ファニングはどんな女優に育っていくのでしょうか?

リリイ、はちみつ色の秘密
監督・脚本/ジ―ナ・プリンス=バイスウッド、原作/スー・モンク・キッド「リリイ、はちみつ色の夏」(世界文化社)
キャスト
ダコタ・ファニング/リリイ・オーウェンズ、クイーン・ラティファ/オーガスト・ボートライト、ジェニファー・ハドソン/ロザリン、アリシア・キーズ/ジューン・ポートライト、
ソフィー・オコネドー/メイ・ボートライト、ポール・ベタニー/父、ヒラリー・バートン/母デボラ
配給:20世紀FOX映画
3月20日TOHOシネマズシャンテ他全国順次ロードショー
www.Lily-Hachimitsu.jp


応援クリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
# by mtonosama | 2009-03-10 06:54 | 映画 | Comments(6)

THIS IS ENGLAND

f0165567_542758.jpg

             © WARP FILMS LIMITED、FILMFOUR、THE UK FILM COUNCIL、EM MEDIA、SCREEN YORKSHIRE

10代の時って、エッ!?なファッションをするものです。
ある家で夜中になるとトントントントン妙な音がするので、こわごわ音源を探りにいくと
中学生の息子がジージャンに一生懸命、鋲を打ちつけていたとか。

“THIS IS ENGLAND”に登場するファッションはスキンヘッズにボンバージャケット。
リーバイスのストレート・ジーンズの裾を折り曲げ、細いサスペンダーでつる。
靴は安全靴仕様の編み上げブーツかローファー。そして、パンツはあくまで短く。
あ、これは男子のファッションです。
女子はポロシャツにミニスカート、または男子と同じくジーンズ。
あるいはロリータ風のひらひらファッションもあり。でも、アイメークはいずれもゴスロリ風目元真っ黒メーク。
ま、今の眼で見るとフツーですけど。

80年代初頭、マーガレット・サッチャー政権の時代。イングランド中部。
「ブラス」(‘96)、「フルモンティ」(’97)、「リトル・ダンサー」(‘00)などと同じく
“鉄の女”サッチャー首相による新自由主義によって苦しめられたリバプール、マンチェスター、バーミンガムなど
製造業が集中するミッドランド地域が舞台になっています。
イギリス映画は、なぜか、この時期と地域の話が目につきます。
“THIS IS ENGLAND”はそれに加えてフォークランド戦争も。

フォークランド戦争。ありましたねぇ。

        南米大陸の南端、アルゼンチンから約500キロの沖合に浮かぶフォークランド諸島の領有をめぐり
        1982年イギリスとアルゼンチン間で3か月間戦われた戦争です。
        1592年にイギリス人のジョン・デービスが最初にこの島を発見したことが、イギリスが領有を主張する根拠になっているということですが
        イギリスはなんでそんな遠くまで出かけて行くんだ?と当時は不思議に思ったものです。
        戦争したい人には開戦の理由なんてどのようにでもなるということでしょうが。

“THIS IS ENGLAND”はそのフォークランド戦争で父親を亡くした11歳のショーンが主人公。
彼のひと夏の経験(といっても鼻歌まじりで話せるような経験ではないんですけどね)が
スキンヘッズ文化に必須のレゲエ、Oi!パンクなどの音楽をバックに描かれた映画です。

          もうすぐ夏休みだけど、彼は学校へ行きたくない。
          というのは、パパが買ってくれたベルボトムのパンツをクラスメートにひやかされるから。
          ヒッピーみたいなパンツはダサいってわけ。からかうやつらはクラスメートのユダヤ人なんだ。
          ショーンの街にはパキスタン人、インド人、中国人、多くの移民たちが住んでいる。
          ティーンエイジャーたちは定職もなく、遊びといったら、スキンヘッズに編上げブーツといういでたちで
          廃工場のガラスを割ったり、雑貨屋を経営するパキスタン人店主に嫌がらせするくらい。
          ショーンと彼らが親しくなったのは、クラスメートに追っかけられてるところを助けてもらったからなんだけど。
          ウディ(あ、スキンヘッズグループのボスの名前だよ)たちはその風采とは違って、
          案外礼儀正しいし、良いやつばかり。
          ショーンは編上げブーツをママに買ってもらい、ダサくないジーンズも手に入れた。
          シャツはウディがプレゼントしてくれたし、髪はバリカンで刈ってもらった(ママはそれを見て怒って怒鳴り込んできたけど)。
          いつものようにショーンがウディたちとつるんでいると
          「俺は1969年以来の元祖スキンヘッズさ」
          とこわもてのコンボがやってきた。
          ウディの顔色が変わる。
          その日からどこか幼い不良ゴッコが危険な色合いを帯びてきた。
          そう、コンボがショーンたちを言いくるめて連れていった先は極右集団ナショナル・フロントの集会。
          リーダーが呼号するのは
          「移民のやつらを国へ送り返せ!」
          「我々が恐れられるのは、真実を言っているからだ!」
          ヤバい、ヤバすぎる。
          ショーンの夏休みは一気にイギリスの抱える暗い問題に吸い込まれていくのだった…

80年代のパンク・ミュージックとファッション。ショーンの幼い恋。
こんなお膳立てを見るとよくある青春映画か?と。
しかし、80年代という時代は移民の流入と英国内の失業者増加が重なった時期。
不満を抱えたティーンエイジャーたちを人種差別へと駆り立てる様子が夏休みの日常を通して描かれていて、じわりと不気味感が迫ります。
フォークランド戦争もそんな不満のはけ口になっていたんですね。

        監督のシェーン・メドウズはこの映画の舞台であるイースト・ミッドランドを活動の拠点としてきた人で、”THIS IS ENGLAND”は彼の自伝的作品。
        1983年、彼が11歳だった夏休みのできごとを描いたものです。
        人種差別を目の当たりにした監督は
        「自分が人種差別を信じていたのは3週間くらいだったけど、中には今でも信じている人もいて、それは恐ろしいことさ」

でも、ショーンくんのスキンヘッドは彼がどれほど粋がってもマル米坊やにしか見えないのですが、監督の計算違い?それとも、殿の認識不足?

THIS IS ENGLAND
監督・脚本/シェーン・メドウズ
キャスト
トーマス・ターグース、スティーヴン・グラハム、ジョー・ハートリー、アンドリュー・シム、ヴィッキー・マクルーア、ジョセフ・ギルガン
3月14日(土)よりシアターN渋谷ほか全国順次ロードショー
公式HP www.thisisengland.jp

応援クリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
# by mtonosama | 2009-03-05 05:48 | 映画 | Comments(10)

          花の生涯  梅蘭芳

f0165567_5401830.jpg



梅蘭芳(メイランファン)。なんと美しい名前でしょう。
京劇の伝説的な女形は名前からして華があります。

先日、BS放送で、坂東玉三郎が梅蘭芳の演目「牡丹亭」を京都と蘇州で公演した様子を撮影した
ドキュメンタリー番組を見ました。
番組には往年の梅蘭芳も出ていました。
その人は穏やかな紳士でしたが、ほんとに普通のおじさん。
映像はきっと三度目の来日となる62歳のときのものだったのでしょう。
ですが、彼が一旦衣装をつけ、化粧をし、舞台に立つと、
嫋々とした、あるいは楚々とした
思わず放心して見入ってしまう美女に変身するのです。

伝説の京劇役者・梅蘭芳。存命時、日本の歌舞伎界や文学者に大きな感銘を与えた名役者です。

「花の生涯-梅蘭芳」は15年前「さらば、わが愛 覇王別姫」で京劇の世界を描いた陳凱歌(チェン・カイコー)監督の最新作品。
そもそも「覇王別姫」という京劇は梅蘭芳のために書かれた演目ということですから
チェン・カイコー監督にもようやく本命・梅蘭芳を撮る時期がやってきたということでしょうか。

梅蘭芳の末息子で、その後継者、現代京劇界を代表する女形の名優・梅葆玖(メイパオチウ)が
劇中の梅蘭芳の歌を素晴らしい声で吹き替えているのも注目したいところ。
彼はまた資料を提供し、京劇のコーチを選び、役者の指導に当たらせてもくれました。
梅蘭芳を演じた黎明(レオン・ライ)、余少群(ユイシャオチュン)が身につける豪華な京劇衣装も
当時、実際に梅蘭芳が身につけたものを貸してくれるなど、
映画のために全面的に協力してくれたということです。

清末から辛亥革命を経て中華民国、そして日本の占領までの激動の時代を
一流の俳優として、人間として、また男としても、美しく、凛々しく生きた名優の生涯が
その時代背景とともに素晴らしい映像で描き出されています。チェン・カイコー監督、久々の力作です。

《ストーリー》
1894年、梅蘭芳は北京に祖父の代から続く京劇の家に生まれました。
両親を早くに亡くし、父のように慕った伯父の梅雨田(メイユイティエン)とも、
少年時代に死に別れます。
その伯父が遺してくれた京劇の厳しさと励ましの言葉が綴られた手紙が
薄幸な少年の宝物でした。

10年後成長した梅蘭芳は女形のスターになっていました。
ある日、彼は邱如白(チウルーパイ)の講演を聴き、感銘を受けます。
それは〈古いきまりごとに縛られず、生身の人間を演じるべきだ〉という内容でした。
邱もまた梅蘭芳の舞台を観て、感動。司法長官としての地位も家名も捨て、以後、
梅蘭芳の芸の道の伴走者となっていくのでした。
邸の語る現代演劇理論もとりいれた梅蘭芳の舞台はますます輝きを増していきます。
伝統を重んじる師・十三燕(シーサンイェン)はおもしろくありません。
伝統京劇の面子をかけて、梅蘭芳に対決を挑みますが、
観衆も時代も既に十三燕から去っていました。

数年後、梅蘭芳は邸と共にアメリカ公演を計画していました。
しかし、家を抵当に入れての資金調達に梅蘭芳の妻・福芝芳(フーチーファン)は大反対。
そんな時、梅蘭芳は孟小冬(モンシャオトン)に出会います。
彼女は京劇界きっての男形女優。 
二人は舞台の共演を重ねる内に愛を深めていきます。
梅蘭芳にとっては生まれて初めての恋。
彼の心はただただ孟に向かっていくのでした…

実在の俳優の生涯を、舞台のみならず、私生活も含めて描いたのが「花の生涯―梅蘭芳」。
実子の梅葆玖(メイパオチウ)氏の全面的な協力を得て完成しましたが、
孟小冬との恋愛問題など、遺児としては公表されたくない問題もあったことでしょう。
しかし、あえてタブーとなる部分を曝し、梅蘭芳という役者の全てが描かれました。
梅蘭芳は京劇の、そして、中国の至宝。
タブーすら、彼の演技に深みを与え、その舞を美しく輝かせます。

  それにしても青年時代の梅蘭芳を演じた余少群(ユイ・シャオチュン)の美しいことといったら。
  現在、浙江越劇団に所属し、立ち回りを得意とする役者だそうですが、この映画によって確実に
  新境地を開いたと思います。

今回、この映画を観て初めて映画における照明の重要性を実感しました。
列強の進出により、無理やり、外に開かれた眠れる獅子の国
崩壊寸前の清朝末期
内憂外患の中華民国
日本軍の侵略
暗い時代を背景にひときわ輝く舞台。
影と光のコントラストがこれほど美しい映画を観たのは初めてのような気がします。
京劇の女形の化粧―紅を刷いたまぶたや目元―は照明を計算に入れたものだったのだな、と実感させられました。

美女を演ずる男と、男を演ずる美女の恋
かつて見たことのない世界です。やはり中国という国はディープでございます。

「花の生涯―梅蘭芳」
監督/陳凱歌(チェン・カイコー)、脚本/厳歌苓(ゲリン・ヤン)、陳国富(チェン・クオフー)、張家魯(チャン・チアルー)
キャスト
黎明(レオン・ライ)/梅蘭芳、章子怡(チャン・ツイイー)/孟小冬、孫紅雷(スン・ホンレイ)/邱如白、陳紅(チェン・ホン)/福芝芳、
余少群(ユイ・シャオチュン)/青年時代の梅蘭芳、安藤政信/田中少佐、六平直久/吉野中将
3月7日より新宿ピカデリーほか 全国ロードショー
配給:アスミック・エース、角川エンタテインメント


応援クリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
http://meilanfang.kadokawa-ent.jp/
# by mtonosama | 2009-02-27 06:09 | 映画 | Comments(6)
Please click here.
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
f0165567_530150.jpg

                        (c)ドキュメンタリー・ドリームセンター
長江に生きる 秉愛(ビンアイ)の物語
秉愛

一昨年、青蔵鉄道でチベットへ行きました。西寧からラサまで車内で一泊しての列車旅行です。
西寧を出てしばらくすると空が夕陽に染まり、広大な大地に大きくうねる河が見えてきました。
長江です。長江の源流です!
それは、巨大な龍が金色に染まった大地を這い、今にも空へ駆けあがろうとしているかのようでした。

その龍はさらに成長し、滔々と流れ続けます。
周囲には何千万の民が豊かな水の恩恵を受けつつ、
貧しくとも地を耕すものの誇りを胸に刻み、数千年も暮らしていました。
でも、それは三峡ダムができるまでのこと。

総工費300億ドルをかけた国家プロジェクトである三峡ダムは2009年、いよいよ今年、完成します。
ダム建設によって、140万人の住まいと田畑がダムの底に沈みました。
この映画の主人公秉愛(ビンアイ)も140万人の内のひとり。

三峡ダムの底に沈む話はすでにいくつもの映画になっています。
この映画もそうした作品のひとつではあるのですが、主人公は一人の普通の農婦・秉愛(ビンアイ)。
監督は彼女に七年間密着して撮影し続けました。
秉愛は中国国家プロジェクトにのみこまれてはしまいますが
農地を失うという不条理に最後まで逆らい続けます。
偉そうな村の小役人に必死にくらいつきます。
早口にまくしたて、あるいは哀願し、抵抗します。

「長江に生きる 秉愛(ビンアイ)の物語」は長江の雄大な流れを背景に
七年にわたる秉愛一家の日々を綴ったドキュメンタリー映画です。

撮影したのは馮艶(フォン・イェン)。
天津の大学で日本語を学んだ後、日本に留学、京大大学院博士課程で農業経済学を研究した女性です。
そんな人が何故映画を?
そうなんです。
実は、彼女、1993年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で小川紳介に出会ってしまったのです。

             小川紳介。ある世代の方々にはとても懐かしい名前のはず。
             三里塚闘争を記録したドキュメンタリー映像作家です。
             あ、三里塚というのはあの成田空港の成田のことですが。

        馮艶(フォン・イェン)監督が出会ったのは彼の語りを収録した
        『映画を穫る――ドキュメンタリーの至福を求めて』(山根貞男編集・筑摩書房)
        これに感銘を受け、中国語に翻訳し、台湾で出版。
        その後、写真とビデオ制作を学び、ドキュメンタリー製作を始めました。
        人の人生って、なにがきっかけで変わるか、わからないものです。

秉愛(ビンアイ)は長江のほとりで二人の子どもと病弱な夫と暮らす働き者の元気なかあさん。
生活は楽ではないけれど雄大な長江はいつも彼女の眼の前を流れています。
若い頃、秉愛にも恋人がいました。
でも、父親にいわれて今の夫と結婚。
その時の父の言葉を彼女はよく覚えています。
「ビンアイや、畑仕事に必要なのは水だよ。あいつと一緒になれば一生水に苦労することはないさ」
なのに、突然の移住命令。
秉愛の家はダムの底に沈むから出ていけ、というのです。
村の役人たちがやってきて、脅したりすかしたりして秉愛たちを追い出しにかかります。
補償金をもらって早々と都会に出て行った村人たちもいますが
秉愛は、この地の、この畑を耕し、二人の子どもを育ててきたのです。
そうそう国のいいなりにはなっていられません。
そんな姿勢を七年間貫き通してきたのですが…

        秉愛(ビンアイ)は典型的な中国農村部のおっかさん。
        14年前に馮艶(フォン・イェン)監督が初めて彼女に出会ったとき、
        「カメラなんか持ってないで畑仕事を手伝ってよ」と言われてしまったそうです。
        監督はそんな秉愛と長い時間をかけて信頼関係を築きあげてきました。
        今の私たちにとっては少し不思議なのですが、
        秉愛という人は、お金のためとか、楽な暮らしをするためとかのために
        働いているのではありません。
        「なぜそんなに働くの?」などという質問は彼女には無意味です。
        働くことが生きること。小賢しい理屈なんておかしくって、というところです。
        頑なだけど、中国4000年の歴史の心棒が、長江の雄大な流れが、
        彼女の中にはまっすぐ通っています。
        秉愛と知り合いになりたいなって思ってしまいました。


「長江に生きる」
制作・監督/馮艶(フォン・イェン)
出演
秉愛(ビンアイ)
3月7日(土)より27日(金)渋谷ユーロスペースにてロードショー
www.bingai.net
# by mtonosama | 2009-02-20 06:27 | 映画 | Comments(8)