ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

f0165567_1417370.jpg

              COPYRIGHT EDWARD BURTYNSKY

いま ここにある風景
エドワード・バーティンスキー:マニュファクチャード・ランドスケープ「CHINA」より
Edward Burtynsky;Manufactured Landscapes

    中国福建省の巨大な工場。カナリア・イエローでコーディネートされた
    建物と労働者たちの作業着。
    カナダ・オンタリオ州の朱色に染まった川。
    正直言って、きれい!と感じてしまいます。
    というのも、カナダを代表する国際的な写真家エドワード・バーティンスキーの
    写真そのものが素晴らしいから。
    そして、彼が被写体として捉えた〈産業の風景〉が映像として動き出したのが
    この映画だから。
    「いま、ここにある風景」はジェニファー・バイチウォル監督が
    写真家バーティンスキーとともに旅し、
    その自然破壊の光景を撮影したドキュメンタリー映画です。

    Curiosity killed the cat.ということわざもありますが、
    好奇心からつい観てしまった映画。そこにあった悲鳴をあげる地球の惨状。
    知ってしまった想像を超える自然破壊。
    きれい、と感じたその映像の奥から恐ろしい現実が見えてしまいました。
    絶望のあまり、気の小さい猫ならほんとに死んでしまうかもしれません。

    「長江哀歌」(賈樟柯監督)でも見た三峡ダムの底に沈む街。
    それがここではもっと破壊が進み、すべてが瓦礫と化していました。
    それでも砂塵や煙の中で人々が働いています。
    中国だけではありません。
    バングラデシュでは痩せた若者が解体されるタンカーから
    船底に残った原油を手でかき出していました。
    消費者であり、生産者であり、被害者であり、加害者である私たちにとって
    目をそむけているわけにはいかない
    いまここにある風景です。

スタッフ
監督:ジェニファー・バイチウォル、撮影監督:ピーター・メトラー

7月12日東京都写真美術館ホール、シアター・イメージフォーラムにて公開、全国主要都市にて順次公開

応援クリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
# by Mtonosama | 2008-06-23 14:45 | 映画 | Comments(2)
     
f0165567_101558100.jpg


ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン
Le Voyage du Ballon Rouge


      侯(ホウ)孝(シャオ)賢(シェン)監督がパリを舞台に映画を撮りました。
      アルベール・ラモリス監督の「赤い風船」に敬意を表した作品です。
       「珈琲時光」(‘03)で彼が神保町の古本街や鬼子母神の路面電車を
      舞台にしたときも感じましたが、どうも侯監督には見慣れた風景の中を
      流れる時間に魔法をかける力があるようです。
       この映画の中にも本来のパリとは違うようなアジア的なゆったりとした
      時が流れています。

 7歳のシモンは人形劇師のママと二人暮らし。駅前で街灯にひっかかった赤い風船を
 見つけるが、高すぎて手が届かない…
 ママは新作劇の発表準備で忙しく、中国人留学生ソンをベビーシッターとして雇い入れ
 る。ソンは映画学校の学生だ。シモンを学校に迎えにいき、家に向かう道すがらシモン
 に「赤い風船」の話を語りきかせるのだった…

       石畳の路地をソンの黒い髪とシモンの麦わら色の髪が揺れています。
      その後を赤い風船が子犬のようについていきます。
      少年と街並にカメラを向け撮影するソン。
      離婚したパパや友人の間にママはいろんな問題を抱え込んでいて
      時々おかしくなることもあるけど、
      そんなことは生きていれば誰にでも起こること。
      深呼吸しながらやり過ごせばいいよ、
      そんな気持ちにさせてくれる映画です。

7月中旬シネスイッチ銀座にてナイトショー公開、全国主要都市にて順次公開


応援クリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
# by Mtonosama | 2008-06-17 06:59 | 映画 | Comments(0)
f0165567_16494971.jpg

   Copyright Films Montsouris 1956

赤い風船 
Le Ballon Rouge


古い映画を観て、登場する子どもの愛らしさに感動した後、
ふっと我に返ります。
「今じゃもうお腹の出たおじさん(おばさん)になってるんだよな」
なんか切ない。
「赤い風船」も「白い馬」も半世紀も前の作品なので、
主人公たちもおじさんどころか、おじいさんだけど…。

 昨年カンヌ国際映画祭監督週間に出品されたアルベール・ラモリス監督
の二作が上映されます。
 50年以上も前の作品なのに美しい映像で楽しむことができ、
 主人公の子どもたちも50年前のまま。か、可愛い。

  「赤い風船」(1956)はいわさきちひろさんの絵本で覚えている方も多いはず。
 真っ赤な風船とパスカルという男の子との交友(!)を描いたお話です。
 SFXなんて言葉すらない時代、丁寧に、丁寧に、手作りで作られた映画。
 まず映像にうそがないことに感激します。

  赤い風船は最後に悪ガキたちに割られてしまい、
 パスカルはパリのあちこちから現れた無数の風船に連れられて空高く飛んでいきます…

白い馬

 Crin Blanc



f0165567_1083518.jpg


  「白い馬」(1953)は南仏の湿地帯に生きる誇り高い野生馬『白いたてがみ』と
 少年フォルコとの友情を描いた物語。
 子どもって人ならぬものと心を通わせられる生き物だったのです。
 忘れてましたが。

  水を蹴って走る馬の力強さ。フォルコの凛とした乗馬姿。
 大地を駆ける野生馬の群れ。『白いたてがみ』をつけねらう牧場の男たち。
 フォルコは彼を守るため、広大な湿地帯を駆け抜けます。
 二人をその先で待っているものは…

  ラモリス監督の映画が名作と語り継がれるその理由を納得しました。
 映像の詩人にして職人、彼は偉大です。
 7月中旬シネスイッチ銀座で「赤い風船」「白い馬」の二本立てで公開。
 「赤い風船」にオマージュを捧げた侯孝賢 の「ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン」も公開。 

応援クリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
# by Mtonosama | 2008-06-15 16:58 | 映画 | Comments(1)
f0165567_1265962.jpg


歩いても 歩いても

♪歩いても 歩いても 小舟のよぉ~うに♪
と頭の中でリフレインしながら、映画の解説を読んでいたら
『家庭劇(ホームドラマ)の伝統の中で』という一節が目に入りました。
小津安二郎が描いた父娘の哀感、
あるいは向田邦子の「寺内貫太郎一家」の系統なのだそうです。
この映画はホームドラマなんですね。
でも、ジャンル分けは不要です。
是枝裕和監督は今回も良い映画を見せてくれました。
小舟になって映画の流れに身を任せることのできる心地の良い作品です。

海の見える風景の中を赤い電車が行きます。あれは京浜急行?
夏の午後、傾斜地に密集した家々、都会ではないけれど田舎でもない。
既視感が期待感を呼びおこし、物語へと引き込まれていきます。

横山良太40歳。現在、求職中の絵画修復士で妻と息子と一緒に実家に向かっている。今日は兄純平の命日。坂道を登り、実家に着くと姉のちなみと母が台所で食事の支度をしている。父は引退した開業医。母は専業主婦。姉ちなみは夫と子ども二人で近所に住み、近々この家をリフォームして両親と暮らすつもりになっているのだが。にぎやかに昼食をとり、母と良太家族は墓参りにでかける…

横山家の夏の一日を淡々と描いた映画。
良平が抱き続ける兄への劣等感やひがみ、
後継ぎを失った父が決して口に出すことのない思い、
食事の支度に専念しながら、時に母の胸をよぎる
「あんなことで死んでしまった」長男への無念。
さまざまな色のさまざまな思いがこの映画の底に流れます。
是枝作品の常連YOUと今回が初出演の樹木希林のかけあいににんまりしながら、
夏の浜を洗う波のようなできごとに身を浸しているうちに結構グッショリぬれてしまう…
おだやかですが、じわりとしみこむ映画です。

スタッフ
監督・原作・脚本・編集/是枝裕和、撮影/山崎裕
キャスト
良平/阿部寛、妻/夏川結、ちなみ/YOU、母としこ/樹木希林、父恭平/原田芳雄

シネカノン有楽町1丁目、渋谷アミューズCQN、新宿武蔵野館他にて6月28日全国公開
 
# by Mtonosama | 2008-06-05 12:25 | 映画 | Comments(0)
f0165567_19399.jpg


マンデラの名もなき看守 
Goodbye Bafana


ネルソン・マンデラ。
約半世紀にわたって南アフリカを支配した人種隔離政策(アパルトヘイト)と闘い、南アフリカ共和国初の大統領となった人物。
この映画はマンデラが初めて自身の人生の映画化を許した作品です。
といっても、威風堂々と大統領就任演説をする姿や、アパルトヘイトを終焉させた功を讃えて授与されたノーベル平和賞受賞が
誇らしげに描かれているわけではありません。
そこにあるのは彼の27年にわたる獄中での日々と彼を担当した看守ジェームス・グレゴリーとの心の交流でした。

白人世界の専売特許のように扱われてきた「自由と平等と民主主義」。
その旗を掲げたはずの白人が、南アフリカでは抑圧者として君臨し、
その理念を実体を持ったものとして輝かせたのは、ネルソン・マンデラという反政府運動家の黒人でした。

白人は偉いと無条件に信じ、親子4人の豊かで平穏な暮らしだけを大切にしていた若い看守が
マンデラという偉大な魂と触れあう内に自分自身の生き方、
そして、人種差別のない自由で平等な社会にめざめていく姿がこの映画では淡々と描かれています。

「恋におちたシェークスピア」でハンサムなシェークスピアを演じたジョセフ・ファインズは
本作でゴリゴリの人種差別主義者から次第に人間性にめざめていく様子を演じています。
彼もまた役柄の看守グレゴリー同様、この作品によって殻を破られた人物かもしれません。

 こんがらかった白と黒。
猫や犬は白毛も黒毛も関係なく、パンダやシマウマは白毛と黒毛が同居さえしているのに、
人間はどうしていつもややこしいことになるんでしょうか。

ストーリー 
南アフリカの首都ケープタウンから12キロほど離れた洋上に浮かぶロベン島は
17世紀以来刑務所として使われてきた島。
20世紀後半には政治犯が収容されていた。
グレゴリーがこの島に家族と共に赴任すると、国家公安局のジョルダン少佐から
ネルソン・マンデラの担当看守に任命される。
グレゴリーがマンデラの故郷の近くに育ち、彼らの言語であるコーサ語を話せることから、
マンデラが面会者と交わす会話内容をスパイさせたかったからだ。
半年後、マンデラ夫人が面会に来る。息子が運転免許をとったこと、
そして反政府運動の指示などがコーサ語で話された。
グレゴリーは会話の内容を報告し、その結果、夫人は逮捕され、マンデラの息子は交通事故で死ぬ。
グレゴリーは自分の報告のために暗殺されたのではないかと心を痛めつつ、
息子を持つ父としてマンデラにお悔やみを述べるのだった。
 はたしてマンデラは危険なテロリストなのか、本当に白人だけが優れているのか。
グレゴリーの心は大きく揺れ始めていた……


キャスト 
ジェームス・グレゴリー(ジョセフ・ファインズ)
ネルソン・マンデラ(デニス・ヘイスバート)
グロリア・グレゴリー(ダイアン・クルーガー)

スタッフ
監督:ビレ・アウグスト
製作:ジャン=リュック・ファン・ダム、イラン・ジラール、アンドロ・スタインボーン
脚本・台詞:グレッグ・ラッター、ビレ・アウグスト

5月17日(土)よりシネカノン有楽町1丁目、シネマGAGA!他にて全国順次ロードショー

mandela.gyao.jp

応援クリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
# by Mtonosama | 2008-05-16 19:03 | 映画 | Comments(2)