ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!


エリザのために
-1-
Bacalaureat

f0165567_5115893.jpg


(C)Mobra Films - Why Not Productions - Les Films du Fleuve – France 3 Cinema 2016


ルーマニアの映画です。
ルーマニアと聞いて連想するのは
やはり、チャウシェスク大統領夫妻が処刑される映像です。

1989年にポーランドで民主的な政権が成立した際、
ルーマニアにもこのような動きが波及することを恐れたチャウシェスクは、
ワルシャワ条約機構軍による軍事介入をソ連に要請した。
(「プラハの春」の時とは真逆!)
しかし、ソ連のゴルバチョフはこの要求を一蹴し、
チャウシェスクは事実上ソ連に見限られる形となった。
彼はなおも権力の維持を図ろうとするが、
首都ブカレストを含めて全国規模で暴動が勃発。
ソ連の介入がないことが確定的となったため、
ルーマニア国軍もチャウシェスク政権に反旗を翻した。
同年12月に起きたルーマニア革命でチャウシェスクは完全に失脚し、政権は崩壊。
12月25日、逃亡先のトゥルゴヴィシュテにおいて、
革命軍の手によって妻エレナとともに公開処刑(銃殺刑)された。
https://matome.naver.jp/odai/2141121646879065101

あれから30年近く経とうとしています。
すっかり民主化され、独自の国づくりを図っているとばかり思っていました。

ルーマニアの監督クリスティアン・ムンジウは
『4ヶ月、3週と2日』(’07)で、チャウシェスク政権末期1987年のルーマニアを舞台に
妊娠したクラスメートの違法な中絶を助けようと走り回る主人公の一日を描きました。
彼は、この映画で第60回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選ばれ、
ルーマニアに初のパルムドールをもたらした監督です。

更に、第65回カンヌ国際映画祭では
『汚れなき祈り』で女優賞と脚本賞を受賞。

本作『エリザのために』は第69回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した作品。
卒業試験に娘を合格させようと違法なコネとツテを使い、
奔走する親の姿を描きました。

f0165567_5135419.jpg


あの激しい流血の日々を経て、
ルーマニアは新しい国づくりを着々と進めているとばかり思っていました。

ところが、ルーマニア社会にはびこるのは
違法な口利き、コネ、裏工作、袖の下。
手術の順番がコネで入れ替えられ、
医者に謝礼を渡すのは常識で、
卒業試験の解答用紙はなぜか警察署長の手に渡り、
娘の卒業試験の合格が危うくなれば
ツテのある副市長があることを交換条件に
試験官に口利きしてくれる・・・

そんな社会を憎み、真面目に生きてきた一人の医師。
愛娘をこんな国で生きていかせるわけにはいかないと
イギリス留学をさせようとするのですが―――

おっと、ここでばらしてしまってはいけませんね。

とのが敬愛するダルデンヌ兄弟監督も
共同プロデューサーとして参画する本作。
さあ、いったいどんな映画なのでしょう。

続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできればうれしうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年1月26日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

エリザのために
監督・脚本/クリスティアン・ムンジウ、撮影/トゥドル・ヴラディミール・パンドゥル、共同プロデューサー/パスカル・カシュト、グレゴァル・ソルラ、ヴィンセント・マラヴァル、ジャン・ラバディ、ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、プロデューサー/クリスティアン・ムンジウ
出演
アドリアン・ティティエニ/ロメオ、マリア・ドラグシ/エリザ、リア・ブグナル/マグダ、マリナ・マノヴィッチ/サンドラ
2017年1月28日(土)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
2016年、ルーマニア、フランス、ベルギー、カラー、ルーマニア語、128分、後援/ルーマニア大使館、配給/ファインフィルムズ、http://www.finefilms.co.jp/eliza/

# by Mtonosama | 2017-01-26 05:22 | 映画 | Comments(4)

マーティン・スコセッシ監督『沈黙』を語る

-3-

1月16日(月)来日記者会見
リッツ・カールトン東京グランドボールルーム


f0165567_53131.jpg


殿様の試写室では
「沈黙」に登場する隠れキリシタンのご子孫をご紹介して
3日間のスペシャル試写を締めさせていただきます。


隠れキリシタン帳方(ちょうかた)村上茂則氏(66歳)
長崎在住。外海(そとめ)地区で今なお続く隠れキリシタンの信仰を守り続ける。
隠れキリシタンの指導者である帳方の7代目。
外海地区には隠れキリシタンの聖地・枯松神社がある。
これは弾圧の時代、神社にカモフラージュして作られたキリシタンの施設で
現在は隠れキリシタンや当時キリシタンをかくまった仏教徒の子孫らが集まり、
毎年11月に枯松神社祭を行っている。


村上茂則氏
只今ご紹介いただきました村上茂則です。
本日はこのような場で『沈黙』の監督さんにお会いできて感謝しています。
今、長崎には隠れキリシタンは3ヶ所しか残っていません。
先月22日この映画を観ましたが、
あの人たちが自分の先祖だと思うと涙が出ました。
先祖たちの生きた様子を世界の、そして、日本の皆さんに見ていただきたいと思います。

マーティン・スコセッシ監督
日本の文化や日本のキリシタンの勇気を損なうことがないよう、
忠実に、敬意を持って描きました。
映画の撮影中、モキチがはりつけになるシーンでは
アメリカのスタッフも日本のスタッフも皆泣きました。
非常に真剣に取り組んだ映画でしたし、
自分にとっては巡礼をするような感覚で撮影した作品です。

f0165567_565125.jpg


3日間にわたって
マーティン・スコセッシ監督の記者会見を
レポートいたしました。

当試写室は明日より平常営業となりますので、
今後もお気軽にお立ち寄り頂ければ幸いです。
ありがとうございました。




今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年1月25日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

# by Mtonosama | 2017-01-25 05:11 | 映画 | Comments(4)

マーティン・スコセッシ監督『沈黙』を語る

-2-

1月16日(月)来日記者会見
リッツ・カールトン東京グランドボールルーム

f0165567_5152488.jpg

マーティン・スコセッシ監督語る

原作を読んでから映画化までに28年かかりました。
しかし、若い時に映画化をしていたら今とは全然違う作品になっていたと思います。
脚本を書いて、挑戦してもいいかもしれないと本気で思い始めたのは
『ギャング・オブ・ニューヨーク』を撮っていた2003年のことです。
映画化権を失いたくないので、「やっているから」と待たせていました。
その結果、裁判沙汰になったりもしたわけですが。

2003年は私生活でも変化があった年です。
再婚し、女の子が生まれました。
成熟してから父親になるのと、若い頃に父親になるのとでは全然違います。
そういう私生活の中での変化も自分の可能性を拡げるきっかけになりました。

小説「沈黙」との出会い

1985年に作った『最後の誘惑』は
キリスト教の理念やコンセプトをシリアスに探究した作品でしたが、
大きな議論が沸き上がりました。
その映画をエピスコパル教会で上映した際に
ポール・モアという大司教から
「面白い映画だった。だが私はこれをお勧めする」
と手渡されたのが「沈黙」でした。
大司教は「この作品は信じるとはどういうことかを問うものだ」とおっしゃいました。

その後、色んな議論が沸き起こる中で私は自分の信仰心を見失ってしまいましたが、
「沈黙」を読み、遠藤周作先生が探求なさったように
私ももっと深く掘り下げていき、答えをみつけなくてはならない、と思いました。
そういう意味でこれは他の作品より重要でした。
決定的な問いに答えるという意味で非常に重要な作品でした。
「沈黙」は信じることも疑うことも書いているので、非常に包括的な小説だと思います。
我々に関わるところが多い小説ですよね。
いずれにしても、人生とは疑念に満ちていますから。
実に、制作意欲を搔き立てられた作品でした。

f0165567_5175919.jpg


弱さ、懐疑心をテーマに

この映画では弱さとか懐疑心とかをテーマとして描いています。
否定するのではなく受け入れるということを描いた映画です。
作品の中でキチジローが
「弱き者の生きる場はあるのか?どこで生きていけばいいのか?」
と問いかけます。
弱き者をはじき出さずに受け入れ、
人が人として生きる価値とはなんなのでしょう。

社会においても皆が皆強くなければいけないということはないと思います。
強くあることが文明を維持していく唯一の手段ではないと思っています。
イエスは取税人や売春婦などの傍にいて、彼らを聖化しました。
今の世の中で一番危険にさらされているのは若い世代だと思います。
例えば、10年位前に生まれた人たちは勝者が世界を制覇することしか見ていません。
それしか知らないということはとても危険なことだと思います。
なぜなら、彼らは世界のからくりとはそうしたものだと考えてしまうからです。

今は非常に物質的な世界になっていますが、
そういう世界においてこそ、何かを信じたいという心を
真剣に考えることが大事だと思います。
西洋はこういったことを真剣に考える風潮にはなっていません。
西洋の宗教的基盤を作っていたものが変化を遂げつつあるのではないかと思います。




今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年1月24日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

# by Mtonosama | 2017-01-24 05:28 | 映画 | Comments(0)

マーティン・スコセッシ監督『沈黙』を語る

-1-

1月16日(月)来日記者会見
リッツ・カールトン東京グランドボールルーム


f0165567_555381.jpg

『沈黙』日本公開を前に来日した
マーティン・スコセッシ監督の会見に参加させていただく機会を得て、
真摯なお話をうかがうことができました。
その時の模様をここに再現します。


マーティン・スコセッシ監督

『沈黙』は長い時間をかけてようやく映画化にこぎつけた作品です。
原作は日本で読んだのですが、その時にもう映画化したいと思っていました。
どう作るか、どのように原作を解釈すべきか、
なかなか自分の答えがみつけられずにおりましたし、
当時の自分には宗教観とか文化をそれほど理解できていなかったということもあります。
映画化に至るまでは、
この作品を理解し、試行錯誤を重ね、学ぶという旅をしていたようなものでした。
自分自身の人生を生きていくなかでも学んでいきました。
作品は完成しましたが、これで終わりとは思っていません。
この映画と共に生きていくという感覚があります。

f0165567_5591090.jpg

去年、バチカンで上映し、ローマ法王に謁見しました。
ですが、実際に法王が映画をご覧になっているかどうかは確信が持てません。
忙しそうにしていらしたので(笑)。
でも、法王は相手を緊張させない方で、リラックスしてお会いすることができました。
長崎やイエズス会の神父たちのお話をしました。

バチカンでの上映会には100人程度の聖職者の方々に来て頂き、
その前日にもイエズス会の聖職者を迎えて上映しました。
その時はアジアや南アメリカの方がいらしていました。

『沈黙』は隠れキリシタンの受難を描いていますが、
日本のキリシタンたちの勇気と信念に感心せざるを得ません。

先日あるアジアのイエズス会神父が興味深いことをおっしゃっていました。
隠れキリシタンに行われた拷問も大変な暴力ですが、
西洋からの宣教師もそれと同じくらいの暴力を持ち込んだのではないか。
彼らは「真実である」としてキリスト教を持ち込みましたが、
それこそが侵害であり暴力ではないか。
この暴力に対応するには宣教師たちの傲慢をひとつづつ崩していかねばなりません。
だから上から崩していったのではないか、というのです。

この映画の中でロドリゲスの傲慢さも同じように崩されていきます。
そうすることで彼の中の誤った考え方が覆され、彼はそこで変わりました。
彼は仕える人になります。そうやって彼は真なるクリスチャンになっていきました。
日本のクリスチャンは多分そういうところに惹かれるのではないでしょうか。
慈悲心とか人間はみな同価値であるという理念ですね。

遠藤周作さんが「イエスの生涯」に書いているのですが、
キリスト教を権威的なアプローチで説くのは違うのではないか。
女性性でキリスト教を説く――
これこそ日本的です。
隠れキリシタンはそこに惹かれたのではないかと思います。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年1月23日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

# by Mtonosama | 2017-01-23 06:11 | 映画 | Comments(2)

沈黙
―サイレンス―

-2-

f0165567_724489.jpg

Copyright :(C) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved


なぜ、この時期、日本の時代劇である「沈黙」を
アメリカ人であるマーティン・スコセッシ監督が映画化するのでしょう。
監督は言います。
「人々の信仰の在り方が大きく変わり、それを疑うようになり、
宗教的な組織や施設にも、おそらくは懐疑の眼が向けられている今の世界だからこそ
作らなければならなかったのです。
その中では信仰心も変わるのかもしれません。
だから、このような映画を作り、世に送り出すことで、
人々に何かを考えさせる機会になるかもしれません。
あるいは、この物欲にまみれた世界では忙しすぎて誰も目もくれなくなったことを
再び差し出せるかもしれません」と。

ストーリー
17世紀、江戸時代初期、キリシタン弾圧下の長崎。
キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師フェレイラの行方を知るため、
若き宣教師ロドリゴとガルペはポルトガルから極東の地・日本に向かって旅立つ。
2人はマカオで出会った日本人キチジローを案内役に長崎に潜入し、
弾圧を逃れた「隠れキリシタン」と呼ばれる村人たちと出会う。
2人は村人たちのためにミサを行い、告解を聴き、洗礼を授ける。
だが、幕府のキリシタン弾圧は過酷を極め、
キチジローの裏切りによってロドリゴらも囚われの身に。
「お前たちが棄教しなければキリシタンたちは更に苦しむことになるぞ」
と長崎奉行・井上筑後守。次々と犠牲になる村人たち。
声もなく殺されていく村人を見て、自らの信仰と弱さに向き合うロドリゴだった……

f0165567_7254457.jpg

井上筑後守は「日本は沼じゃ。異国の宗教は根をおろすことはない」と
ロドリゴに説きます。

小説を読んだ時と同じく
「踏み絵などガンガン踏んでしまって、取調の時だけ調子を合わせておけば?」、
と信仰の「し」の字も節操の「せ」の字もない自分。
だって、命あってのものだね、あえて痛い思いをしなくたっていいではありませんか。

恐らくロドリゴもそう思っているのですよね。
神はいつまでも沈黙したままですし。
イエスだって十字架の上で
「主よ、どうして私をお見捨てになるのですか?」
と叫んだくらいです。

本作を観ながら、ふとチベットの五体投地を思い出しました。
キリシタンたちは現世に絶望しているからこそ、
死後の救済を信じようとしたのでしょう。
とのの中ではチベットと貧しい長崎の村人たちがここでつながってしまいました。

f0165567_72724100.jpg

徹底的にサディスティックな幕府のキリシタン弾圧。
キリシタンという異質分子の排除。
信仰心と異国の迷える子羊を救うという想いを携え、
はるかポルトガルから極東の島国へやってきて苦しむ若き宣教師たち。

SとMが、ガッツリぶつかりあった時代に
布教するポルトガル宣教師、
あえて苦しみを選ぶ村人たち。

幕府も宣教師も村人たちも皆
目的とするところが微妙にずれています。

ただひとついえることは
神は沈黙し続けるということ。
でも、人は何か大いなる存在を信じないことには生きにくいのですよね。






今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年1月20日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

沈黙 ―サイレンス―
監督/マーティン・スコセッシ、原作/遠藤周作、脚本/ジェイ・コックス、マーティン・スコセッシ、撮影/ロドリゴ・プリエト
出演
リーアム・ニーソン/フェレイラ、アンドリュー・ガーフィールド/ロドリゴ、アダム・ドライバー/ガルぺ、窪塚洋介/キチジロー、浅野忠信/通詞、イッセー尾形/井上筑後守、笈田ヨシ/村長、塚本信也/モキチ
2017年1月21日(土)全国ロードショー
2016年、アメリカ、英語、カラー、配給/KADOKAWA
http://chinmoku.jp/

# by Mtonosama | 2017-01-20 07:32 | 映画 | Comments(4)