ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!


愛を綴る女
-1-

MAL DE PIERRES

f0165567_6422916.jpg


(C)(2016) Les Productions du Tresor - Studiocanal - France 3 Cinéma - Lunanime - Pauline's Angel -
My Unity Production



恋愛映画です。
ちょっとばかり肉感的?
あるいは官能的?

主人公を演じたマリオン・コティヤールが
あの端正な顔立ちで
自分の情念、そして、肉体を制御しきれず
ひたむきに愛に生きる主人公を演じます。

時代は1950年代。
匂やかなラベンダー畑、
美しい丘陵、溢れかえる太陽を背景に
一直線に理想の愛を求める女性の
17年にわたる姿を描いた映画。

f0165567_6484851.jpg


イタリア人作家ミレーネ・アグスの
ベストセラー小説「祖母の手帖」(’06新潮社)の
舞台設定を
イタリアから南フランスに置き換えての映画化です。

監督・脚本はニコール・ガルシア。

ニコール・ガルシア
1946年アルジェリアに生まれ、
パリのフランス国立高等演劇学校で
演技を学ぶ。
『愛と悲しみのボレロ』('81)など
多くの映画、舞台などで女優
として活躍。
映画監督としては
『ヴァンドーム広場』(’98)など
8本の作品を制作している。

原作ミレーネ・アグス。

ミレーネ・アグス
サルデーニャ出身の両親のもと
ジェノヴァで生まれる。
現在、サルデーニャの州都
カリアリ在住。
高校でイタリア語と歴史を教えている。
2005年、旧石器時代から続く
サルデーニャの一族を描いた
「サメが眠っている間に」でデビュー。
06年『祖母の手帖』刊行。
20カ国で翻訳され、フランスでは発売後ひと月で4刷に。
イタリアの代表的文学賞ストレーガ賞、
カンピエッロ賞の最終候補となる。

「祖母の手帖」はイタリアのボヴァリー夫人とも
言われているそうです。
ボヴァリー夫人はひたすら愛を求め、
自らを滅ぼした女性でしたね。

f0165567_6501139.jpg


本作の主人公ガブリエルも
ここまでやるか、という位ひたむきであります。

そのあまりのひたむきさに
「他にやることないのかい」
と思わず説教したくなる150歳。
う~ん、これが歳をとるということで
ありましょうか。
あるいは
愛を知らずに生きてきたということか・・・

いま、フッと思いましたが、
寂聴さんが瀬戸内晴美と名乗っていた頃の小説にも
愛にひた走る女性が出てきましたっけ。

運命の男性を追い求め、
愛の手紙を送り続ける情熱的なヒロイン
ガブリエルを演じるのはマリオン・コティヤール。

前後も顧みぬひたむきさゆえに
家族からはあの子の“病気”を治すには
結婚させるしかないと疎まれます。
そして、愛のない相手と結婚させられながらも
偶然出会った傷病兵との
衝動的な愛に身を委ねるガブリエル。
ひとはこのような欲望に生きる女性を
ニンフォマニアというのではなかったでしょうか。

ニンフォマニア。
日本語で言えば色情狂。
なんか言葉は悪いですけどね。

でも、演じるのがマリオン・コティヤールですから、
エッチ系の映画を想像したら大間違いです。

f0165567_6515736.jpg


美しい映像で
ヒロインの狂気とも見まごう愛を凝視し、
プロヴァンスの自然と療養所の山の冷気を
とらえたのは撮影のクリストフ・ボーカルヌ。
『PARIS』
http://mtonosama.exblog.jp/9906084/
『ヒトラーへの285枚の葉書』
http://mtonosama.exblog.jp/27935413/ 
http://mtonosama.exblog.jp/27943159/
でも撮影をつとめた名匠です。

さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできれば嬉しゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆10月8日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

愛を綴る女
監督/ニコール・ガルシア、脚本・脚色/ニコール・ガルシア、ジャック・フィエスキ、製作総指揮/プロダクション・トレゾー、撮影/クリストフ・ボーカルヌ、編集/シモン・ジャケ
出演
マリオン・コティヤール/ガブリエル、ルイ・ガレル/アンドレ・ソバージュ、アレックス・ブレンデミュール/ジョゼ、ヴィクトワール・デュボワ/ジャニーヌ、アロイーズ・ソバージュ/アゴスティーヌ、ダニエル・パラ/マルタン
10月7日(土)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国ロードショー
2016年、フランス、120分、原作/「祖母の手帖」(新潮クレスト・ブックス)、配給/アルバトロス・フィルム、http://aiotsuzuru.com/

# by Mtonosama | 2017-10-08 07:03 | 映画 | Comments(0)

問いかける焦土
Lektionen in Finsternis

f0165567_5552983.jpg

湾岸戦争の時、
クェートで発生した
砂漠の油井が黒煙を上げて燃え上がっていた映像を
覚えておいででしょうか。

もう今から26年も前のことです。
真っ黒な煙を真っ赤な炎が
つき上げ、噴き上げるニュース映像に
地獄とはこういうものかと
絶望的な気持ちになったのを
今も覚えています。

鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督が
1991年の湾岸戦争により発生した
大規模な油田火災の消火活動を中心に
燃え続ける火炎に挑む作業員、
破壊された国土、
虚脱した女性や子供、
戦争が残した傷跡・・・
を撮影しました。

そうした凄まじい状況を
ヘルツォーク自身のわずかなナレーション以上に
ワーグナーやマーラーの重々しい音楽が
描き出しています。

ヴェルナー・ヘルツォーク監督
1942年9月5日ドイツ生まれ。
父親はフリーターで電話も知らずに10代半ばまで過ごす。
1962年“Herakles”で映画の道に入る。
初長編作『生の証明』(’68)で
ベルリン国際映画祭新人監督賞、
『カスパー・ハウザーの謎』(’74)で
カンヌ国際映画祭審査員グランプリ、
『フィッツカラルド』(’82)で
同映画祭監督賞、
『彼方へ』(’91)で
ヴェネチア国際映画祭金のオゼッラ賞、
『グリズリーマン』(’05)で
NY映画批評家協会賞など受賞歴多数。
最新作はニコール・キッドマン主演
『アラビアの女王 愛と宿命の日々』(’15)。
オペラの演出も手掛けるなど、
旺盛な創作活動を続ける巨匠である。

本作は
完成直後の1993年2月ベルリン国際映画祭で
上映された時、
賛否両論が湧き上がったとのことですが、
その後、
同年のトロント国際映画祭を皮切りに
映画祭上映やTV放映などが20年以上も続いています。
日本でも1992年NHKで短縮版が放映されました。
しかし、完全版は2000年に
ドイツ文化センターで開催された
〈ヘルツォーク特集〉のプログラムとして
1回上映されたのみ。
今回が完全版による劇場初公開です。
見逃すわけにはいきませんね。

f0165567_641147.jpg


92年9月NHK教育テレビ「プライム10」
「湾岸戦争・ある映像作家の記録」で放映された時は
本編の半分の長さの映像に
ヘルツォークのインタビューを入れ、
NHKで付け足した解説テロップを加えた
44分の短縮版でした。

湾岸戦争
1990年8月2日、イラクによるクウェート侵攻をきっかけとした国際紛争。
イラクの指導者、サダム・フセインはクウェートへ侵攻し、占領。
明らかに同国の大規模な埋蔵石油資源を獲得することが目的であった。
8月3日、国連安全保障理事会はイラクにクウェートからの撤退を要求。
さらに6日、イラクに対する世界規模の貿易禁輸措置を課した。
国際連合による撤兵決議に
応じなかったため、
国際連合の決議によって編制された米国を中心とする多国籍軍が、
1991年1月イラクに対して攻撃を開始。
2月末までにクウェート全土を解放した。

映画のジャンルはドキュメンタリーですが、
彼は何を記録しているのでしょう。
多国籍軍が使用したピンポイント爆弾でしょうか。
ハイテクを駆使した爆撃の様子でしょうか。

54分という短尺の映画ながら
いくつもの章が立てられ、
絶望的に燃え盛る紅蓮の炎と空を覆う黒煙
真っ黒になって放水し続ける消化会社の作業員
砂漠に溢れる黒い石油
爆弾の落ちたあとの巨大な穴・・・

戦闘風景などどこにもありません。
観客を無気力にさせる果てしない破壊。
黙示録の世界を破壊しつくされた砂漠に見ました。

ヴェルディのレクイエムが荘重に流れます。





今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆10月5日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

問いかける焦土
監督・脚本・ナレーション/ヴェルナー・ヘルツォーク、撮影/ポール・べリフ、ライナー・クラウスマン、編集/ライナー・シュタンケ、使用音楽/ワーグナー、グリーク、プロコフィエフ、ヴェルディ、シューベルト、マーラー、製作/ルッキー・シュティペティク、製作総指揮/ポール・べリフ、製作会社/ヴェルナー・ヘルツォーク フィルムプロダクション
10月7日(土)~27日(金)K’s cinemaにて開催のヘルツォーク特集2017〈誕生!ヘルツォーク〉内にて
上映予定作品
『小人の饗宴』『アギーレ/神の怒り』『カスパー・ハウザーの謎』『ヴォイチェック』『シュトロツェクの不思議な旅』『ノスフェラトゥ』『フィツカラルド』『コブラ・ヴェルデ 緑の蛇』『問いかける焦土』『金スキー、我が最愛の敵』
1992年、仏・英・独、カラー、54分、日本版字幕/松岡葉子、配給/パンドラ

# by Mtonosama | 2017-10-05 06:14 | 映画 | Comments(2)

三毛猫ひかちゃん

-60-


あたし、ひかちゃん。


f0165567_06023384.jpg

秋ねぇ。

秋祭りだわよ


f0165567_07193349.jpg


あたし?

あたしはパソコンの上で

暖を取っているの。

別に不機嫌じゃないわよ。


f0165567_10492345.jpg


これからの季節はなんといっても肉球ケア。

でも、背景には気をつかってほしいけど。


f0165567_10520239.jpg


背景というならこれもそう。

たしがモデルになっている時には

掃除機は片付けてほしいものだわ。


f0165567_10550892.jpg


せっかく涼しくなったというのに

飼い主ったら、あたしのこと、怒らせてばかりいるので

目が険しくなっちゃうじゃない。


f0165567_10562328.jpg


こないだね、

霞が関ビルっていうところに行ったんだって。

これ、35階から撮った景色。

真ん中にある低層の四角い屋根は首相官邸よ。


f0165567_10575110.jpg


あたしは首相官邸なんてどうでもいいの。

もう外遊びなんて卒業したし、

簾が下ろされていたって

あたしには考えることがいっぱいあるから平気。

これからは哲学ひかちゃんって呼んでね。


ひかり



♪今日もポチッとお願いね。ひかり
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆10月2日に更新しました。いつも応援ありがとうございます。飼い主☆

# by Mtonosama | 2017-10-02 11:06 | 映画 | Comments(12)

ブルーム・オブ・イエスタデイ
-2-

Die Blumen von Gestern

f0165567_612495.jpg

(C)2016 Dor Film-West Produktionsgesellschaft mbH / FOUR MINUTES Filmproduktion GmbH / Dor Filmproduktion GmbH


ナチスに関連した映画なのに深刻じゃない
『午後8時の訪問者』(ダルデンヌ兄弟監督)の
http://mtonosama.exblog.jp/27700664/ http://mtonosama.exblog.jp/27709291/
真面目な女医さんを演じたアデル・エネルが化けた
そして
『4分間のピアニスト』の監督が本作を!?
と、ビックリマーク大行進の映画。
いやあ、
女優も監督もテーマも
色んな顔を持つものです。

ストーリー
ホロコースト研究所に勤めるトトはトラブル続き。
そもそも彼が研究者として認められたのは
ナチス親衛隊の大佐だった祖父を告発した本を
書いたのがきっかけ。
世間からは認められたものの、家族からは絶縁されていた。
祖父の問題に真剣に向き合い過ぎて
精神の安定を失い、妻との関係も破綻。
その上、
信頼していた教授によって
「君はすぐに感情的になるから」と
アウシュヴィッツ会議のリーダーも外されることに。
教授に言われるそばから
彼に代わって任命されたバルタザールに殴りかかり、
ケガを負わせ、またまた悪いことには
それを見ていた教授が発作を起こし、急死。

f0165567_6163879.jpg

カリカリ、イライラ
最悪の精神状態でシュツットガルト空港に向かうトト。
フランスから来るインターンのザジを出迎えるためだ。
彼女は「あなたがあの本の作者なのね」と、
トトの下で研修することに大感激。
と、
トトの乗ってきた車がベンツと知るや興奮。
「祖母はベンツのガス・トラックで殺されたのよ」
気分屋のザジはさらに
トトに代わってリーダーとなったバルタザールの
恋人だと告白したのだった。

翌日、バルタザールの主導でアウシュヴィッツ会議の準備が再開。
だが、トトは商業主義に走るバルタザールに我慢がならない。

そんなトトにバルタザールはホロコーストの生還者で
女優のルビンシュタインにザジと一緒に会いに行くように指示。
が、またもや問題を起こすトト。
「被害者の苦しみを話すより、人生の成功について話したいわ」
と言うルビンシュタインにマジギレ。
彼女を怒らせてしまったのだ。

彼女が出席しなければ
アウシュヴィッツ会議は開催できない。
追い詰められ、慰めを求めた妻にも裏切られヤケッパチ。
ネオナチの男たちに喧嘩を売って
ボコボコにされたところをザジに助けられるトトだったが……

f0165567_6174652.jpg

構えて映画に臨んだところ、
え、なんなの?と対応に困ってしまいました。
笑うに笑えない。
怒りの拳を振り上げようとしたら、
「アイスでも食べない?」と笑いかけられた気分。

孫の世代になると怒りや深刻さは影を潜めていくものなのでしょうか。
日本人はどんな悲惨な過去もすぐに忘れてしまうけれど、
ヨーロッパの人々は絶対に忘れはしないと言われてきました。
実際、罪に対しては厳格な人々なんだ、と思っていましたから。

でも、監督は言っています。
「何十年もの間、ホロコーストについて語られてきたはずなのに、
いま右翼が台頭している。
私が言いたいのはまだ解決していない問題と
語られ過ぎたことがあるということ。
ホロコーストについてはたくさん語られてはいるけれど
誰もそれを自分の家族のこととして考えていないということだ。
『うちのおじいちゃんは良い人だったんだけれど、
他に悪い人がいてやったんだ』というような。
それでは問題に直面したことにはならないんだ」


う~ん、わかるような気はするんですけど。

本作はナチス映画への見方を変える
はじめの一歩の映画なのかもしれません。





今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆9月29日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ブルーム・オブ・イエスタデイ
監督・脚本/クリス・クラウス、プロデューサー/ダニ・クラウス、カトリン・レンメ、クリス・クラウス、ゲルト・フーバー、クルト・シュトッカー
撮影/ソニア・ロム
出演
ラース・アイディンガー/トト・ブルーメン、アデル・エネル/ザジ・ランドー、ヤン・ヨーゼフ・リーファース/バルタザール・”バルティ“・トーマス、ハンナー・
9月30日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
2016年、ドイツ・オーストリア、ドイツ語・フランス語・英語、カラー、126分、字幕/吉川美奈子、配給/キノフィルムズ・木下グループ
http://bloom-of-yesterday.com/

# by Mtonosama | 2017-09-29 06:27 | 映画 | Comments(6)

ブルーム・オブ・イエスタデイ
-1-

Die Blumen von Gestern

f0165567_5182456.jpg

(C)2016 Dor Film-West Produktionsgesellschaft mbH / FOUR MINUTES Filmproduktion GmbH /
Dor Filmproduktion GmbH



これまで多くのナチス映画が作られてきました。

先の戦争では何百万人ものユダヤ人が理不尽に殺されました。
その何百万人もの人々に
それぞれの名前があり、それぞれの人生がありました。
係累もいました。
彼らには顔を見ることもできなかった
孫や子孫もいる筈です。

f0165567_5282621.jpg

戦後72年経ちました。
そして、
その孫たちが主人公になる映画ができました。

一人はナチスの戦犯を祖父に持ち、
その罪と向き合うために
ホロコーストの研究に人生を捧げています。

もう一人はナチスに殺された祖母を持ち、
その無念を晴らそうと
ホロコースト研究に邁進しています。

その二人は
真逆の立場ながら
同じ目標のためにアウシュヴィッツ会議を
企画することになりました。

真面目だけど、頑固でキレやすく、人付き合いが下手なトト。
フランスからやってきた若い女の子ザジ。

ま、どこにでもいる今どきの男女です。

そう、
本作はナチス映画というより
ボーイ・ミーツ・ガールもの。

f0165567_5294412.jpg

こんなのあり?
とまあ、観る方もまだまだナチスものには構えがあるので、
本作を観るとかなりビックリしてしまいます。

でも、ヨーロッパには
ホロコーストの犠牲者の子孫は多いし、
加害者側の子孫も多い筈です。

それを敢えて深刻な顔つきをしていない映画に
作り上げたのはかなり珍しいと思います。

そんな映画を作った監督は
自身も主人公トトと同じ過去を持っていました。
自分の祖父とその兄、つまり大伯父が
ホロコーストの加害者でした。

その監督はクリス・クラウス。
脚本も書いています。

自らの家族の暗い過去を知って
大ショックを受けた監督はヨーロッパ各地にある
記念館や施設を訪ね歩き、
ホロコーストの調査を重ねたそうです。

そこで彼が目にしたのは
加害者と被害者の孫世代にあたる人々が
歴史をジョークに談笑する姿。
更には恋まで生まれているという事実。

で、本作を思いついたというのですが。

ふーん、そんなものなのでしょうかねぇ。

f0165567_5345318.jpg

クリス・クラウス監督
1963年、ドイツ・ゲッティンゲン生まれ。
フォルカー・シュレンドルフ、ローサ・フォン・ブラウンハイム等
有名な監督たちの脚本を書くことからキャリアをスタート。
2002年『Shatterd Glass』で監督デビュー。
バイエルン映画賞等数々の賞を受け、注目を浴びる。
2006年『4分間のピアニスト』では
年老いたピアノ教師と
天性の才能を持ちながら刑務所に囚われた若い女性の交流と
葛藤を描き、ドイツ映画賞作品賞、60を超える国内外の賞を受賞。
日本でもヒットした。
2010年には3作目『The Poll Diaries』を発表。
ドイツ映画賞4部門、バイエルン映画賞3部門など
ヨーロッパ中の映画賞など多くの賞を受ける。
2014年にはホーフ国際映画祭から生涯功績賞を授与される。

『4分間のピアニスト』
印象的な映画でしたね。

さあ、一体どんなお話でしょうか。
日本にも同じように不幸な歴史がありましたので、
「やれやれ、ドイツ人の考えることといったら・・・」
とは一概にいえないかもしれません。



今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆9月26日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ブルーム・オブ・イエスタデイ
監督・脚本/クリス・クラウス、プロデューサー/ダニ・クラウス、カトリン・レンメ、クリス・クラウス、ゲルト・フーバー、クルト・シュトッカー
撮影/ソニア・ロム
出演
ラース・アイディンガー/トト・ブルーメン、アデル・エネル/ザジ・ランドー、ヤン・ヨーゼフ・リーファース/バルタザール・”バルティ“・トーマス、ハンナー・
9月30日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
2016年、ドイツ・オーストリア、ドイツ語・フランス語・英語、カラー、126分、字幕/吉川美奈子、配給/キノフィルムズ・木下グループ
http://bloom-of-yesterday.com/

# by Mtonosama | 2017-09-26 05:43 | 映画 | Comments(2)