ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!


パリ・オペラ座
~夢を継ぐ者たち~

-2-

Backstage

f0165567_450829.jpg



パリ・オペラ座バレエ団は
パリ・オペラ座(ガルニエ宮とオペラ・バスティーユ)を
拠点とし、オペラ・バレエ公演を使命とする
フランス文化省の管轄下にある世界最高峰のバレエ団です。

前編でご紹介したアニエス・ルテステュは
20年以上にわたり古典から現代作品まで
ほとんどのレパートリーを踊ってきた
オペラ座のトップエトワールでしたが、
2009年以降、後輩たちへの指導に力を注いでいます。
といっても、まだ46歳の美しい指導者です。

ヌレエフの指導を受けた最後の世代として
その教えが彼女を経て
オニール八菜やアマンディーヌ・アルビッソンたちに
受け継がれていく過程をカメラは追います。

f0165567_453144.jpg

そして、
マチュー・ガニオ。
美しいお方です。
いわゆる王子系のお顔立ちですね。
母はやはりパリ・オペラ座のエトワール
父はマルセイユ・バレエで活躍したスターダンサーで、
1984年の生まれです。
2001年にパリ・オペラ座バレエ団に入団。
2004年5月、ヌレエフが振り付けた『ドン・キホーテ』に
主演し、20歳でスジェから飛び級でエトワールに任命されました。

スジェ?
えっと、オペラ座のダンサーは5つの階級に分かれていまして、
スジェというのは丁度真ん中に位置します。
名前がつくような主要な役を踊るダンサーだそうです。

マチュー様は現在主席エトワールとして
パリ・オペラ座バレエ団を代表する存在。
日本でもダンスマガジン誌の人気投票で
男性ダンサー部門で第1位に選ばれているんですって。

本作では彼が出演した『ジゼル』の舞台も
観ることができます。
マチュー・ガニオ様の素晴らしいバレエと謙虚なその姿勢に
150歳はポーッとなってしまいました。

映画には誰もが知る名作『ジゼル』の他、
ウィリアム・フォーサイス振付の『パ/パーツ』
イリ・キリアン振付、石井眞木作曲の
『輝夜姫(かぐやひめ)』など
古典、現代舞踊も登場します。

ダンサーはじめ指導者、振付家。
356年続くパリ・オペラ座の伝統に命を吹き込む人々に
密着した映画でした。

f0165567_455034.jpg

以前、伝統工芸の世界に携わる方が
「伝統とは守ることではない。常に変わり続けることです」
とおっしゃるのを聞いたことがあります。
それも一人や二人ではありません。
大勢の工芸作家が異口同音にこのことを口にしました。

バレエの世界も同じだったんだなぁと納得。

チュチュを夢み、トウシューズに憧れ、
挫折した150歳ですが、
十二分に楽しませていただきました。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆7月9日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆


パリ・オペラ座 ~夢を継ぐ者たち~
監督/マレーネ・イヨネスコ
出演
マチュー・ガニオ、アニエス・ルテステュ、ウリヤーナ・ロパートキナ、オニール八菜、バンジャマン・ペッシュ、ウィリアム・フォーサイス、アマンディーヌ・アルビッソン、ジョシュア・オファルト、エリザベット・プラテル、バンジャマン・ミルピエ、ジャン=ギヨーム・バール、ローラン・イレール、ウェイン・マクレガー、ステファン・ビュリヨン、ギレーヌ・テスマー
7月22日(土)Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー
2016年、フランス、字幕翻訳/古田由紀子、字幕監修/岡見さえ、配給/ショーゲート、協力/(公財)日本舞台芸術振興会、http://backstage-movie.jp/

# by Mtonosama | 2017-07-09 05:04 | 映画 | Comments(4)

パリ・オペラ座
~夢を継ぐ者たち~
-1-

Backstage

f0165567_630516.jpg


パリ・オペラ座。
なんとゴージャスな響きでしょう。
建物も豪華ですが、
なんといってもルイ14世によって
創設されたバレエ団という
その経歴もまた輝くばかりに豪華絢爛なのであります。

ルイ14世といえば
「王は踊る]('00 ジェラール・コルビオ監督)という
映画がありましたが、とのはこれもポカンと口を開けて
酔い痴れていた記憶があります。



パリ・オペラ座。
356年という年月にわたって、
世界中から愛されているバレエの殿堂。

パリ・オペラ座を舞台に
その素顔を追いかけた作品が本作
『パリ・オペラ座~夢を継ぐ者たち~』です。

監督はマレーネ・イヨネスコ。
『バレエに生きる ~パリ・オペラ座のふたり~』(’11)
『至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~』(’13)
『ロバートキナ 孤高の白鳥』(’14)など
バレエ・ドキュメンタリーに人生を捧げる監督であります。

f0165567_6373148.jpg

本作はイヨネスコ監督の集大成ともいえる作品。
カメラは、激しい競争を勝ち抜いてきた
バレエ・エリートたちのトップに立つエトワールの練習風景や
創作のプロセスを捉えています。
バレエファンは必見です。

エトワール
パリ・オペラ座バレエ団の最高位。フランス語で星という意味です。


本作の中心に立つのは
2013年にエトワールを退いたアニエス・ルテステュ。
”ニジンスキーの再来“と称えられたアンドレ・ヌレエフの
指導を受けた最後の世代に属するダンサーです。

ニジンスキー
ロシア・バレエ史における伝説的なスター、
ヴァーツラフ・ニジンスキー(1889~1950)。
まるで空を飛んでいるかのような華麗なジャンプ。
当時の人々は
「飛行するニジンスキー」「空中の皇帝」などと呼んでいた。
https://jp.rbth.com/blogs/2014/02/21/47253

ヌレエフ
ルドルフ・ヌレエフ。1938年~1993年。
ソ連のバレエダンサー。
1961年に、海外公演の途中に亡命。
1963年ごろから英国ロイヤル・バレエのゲストとして
20歳近く年上のマーゴ・フォンテインとペアを組み、
後に伝説のパートナー・シップとまで言われるようになる。
1964年にウィーン国立歌劇場で自身とフォンテインが出演する
『白鳥の湖』の振り付けを担当したことをきっかけに
ウィーンに活動拠点を移し、1982年にオーストリア国籍を取得。
1980年代にはパリ・オペラ座芸術監督に就任、
シルヴィ・ギエム、シャルル・ジュド、マニュエル・ルグリなどを見出した。
また、レパートリーを一新して、
ウィリアム・フォーサイスなど現代作品を積極的に採用、
現在のオペラ座の隆盛の礎を築く。
1993年、AIDSによる合併症のため、54歳で死去した。
(Wikipediaより)

f0165567_6405285.jpg

なんだか伝説のバレーダンサーの名前が並んでしまいました。
本作ではニジンスキーやヌレエフに並んで
まさに将来のレジェンドたるべきエトワールや
プルミエ、プルミエールが登場します。

そうそう、ニュージーランド人のラグビー選手を父に
日本人を母に持つオニール八菜も
ヌレエフの技術と心を託される一人として登場します。

とののように1ヶ月でバレエに挫折した門外漢は
脇へ退くとして
バレエファンにはたまりませんよ。

さあ、どんな作品なのでしょうか。
続きは次回までお待ちくださいませ。




今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆7月6日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆



パリ・オペラ座 ~夢を継ぐ者たち~
監督/マレーネ・イヨネスコ
出演
マチュー・ガニオ、アニエス・ルテステュ、ウリヤーナ・ロパートキナ、オニール八菜、バンジャマン・ペッシュ、ウィリアム・フォーサイス、アマンディーヌ・アルビッソン、ジョシュア・オファルト、エリザベット・プラテル、バンジャマン・ミルピエ、ジャン=ギヨーム・バール、ローラン・イレール、ウェイン・マクレガー、ステファン・ビュリヨン、ギレーヌ・テスマー
7月22日(土)Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー
2016年、フランス、字幕翻訳/古田由紀子、字幕監修/岡見さえ、配給/ショーゲート、協力/(公財)日本舞台芸術振興会、http://backstage-movie.jp/



# by Mtonosama | 2017-07-06 06:46 | 映画 | Comments(4)

ヒトラーへの
285枚の葉書

-2-

Alone in Berlin

f0165567_66349.jpg

(C)X Filme Creative Pool GmbH / Master Movie / Alone in Berlin Ltd /
Pathe Production / Buffalo Films 2016



この映画の原型となったのは
「ハンペル事件」という第2次世界大戦中に
実際にベルリンで起きた事件です。

夫は工場で働き、妻は地区の情宣活動に勤めています。
一人息子が出征していましたが、
北部戦線で戦死してしまいました。

時は1940年6月
ナチス・ドイツ軍パリ入城。
まさにヒトラーの絶頂期であり、
北欧からアフリカに至るまで
ハーケン・クロイツが翩翻(へんぽん)と翻る時代でした。

f0165567_674595.jpg

ストーリー
1940年、ナチス・ドイツのパリ入城の知らせに沸き立つベルリン。
軍需工場に勤めるオットーと
国家社会主義女性同盟メンバーのアンナの
クヴァンゲル夫妻は小さなアパートで静かに暮らしていた。
そんな二人の許に飛び込んだ一人息子ハンスの訃報。
ふたりは深い喪失感に沈み込む――

やがて、
オットーはポストカードにメッセージを書き始める。
「総統は私の息子を殺した。
彼はあなたの息子も殺すだろう」
四角い文字で一字一字丁寧に書き記す。

翌日オットーはアンナと共に
そのメッセージを記した葉書を
ビルの階段に置いて立ち去る。
これが、
ナチ政権への不信と憤りに固まったクヴァンゲル夫妻の
ささやかな抵抗の始まりだった。

その後も黙々とメッセージを記すオットー。
アンナも国家社会主義同盟の活動を抜け出し、
カードの配布を手伝う。
それは
見つかれば死に直結する国家への反逆行為だった。

市民からの通報を受けた捜査に乗りだした
ゲシュタポのエッシャリヒ警部は
犯人の特定に手こずっていた。
ベルリン各地で発見された葉書は既に120枚以上。
ナチ親衛隊の大佐から事件の早期解決を促された
エッシャリヒ警部はカードの分布状態を分析し、
犯人の住まいをアレクサンダー広場に近い筈と推理する。

夫妻は用心深かった。
移動には複数の路面電車を乗り継ぎ、
指紋も決して残さない。

エッシャリヒ警部もそれ以上の手がかりを
見つけ出すことはできなかった。

ある日、部下が誤認逮捕した容疑者を釈放したエッシャリヒ警部は
そのことで親衛隊大佐から激しく咎められ、
屈辱的な仕打ちを受けた。
彼もまた言いようのない怒りや虚しさを感じる一人となる。

「現政権下では幸せはない」
「今の体制を倒そう」
オットーとアンナはゲシュタポや親衛隊の監視の目が光る
ベルリンの街になおも葉書を置いて回っていた。

だが、落とし穴は
思いがけないところに口を開けていたのだ……

f0165567_69393.jpg


葉書を置いて回る――
地味な事件です。
夫妻が置いた285枚の葉書は殆どが市民の手によって
ゲシュタポに届けられました。
でも、その葉書をそっとポケットにしまった市民も
10数人ですが、いたのです。

一人息子を奪われたオットーとアンナ、
教育もノーハウもあるわけではない平凡な夫妻が
巨大な権力に、葉書で立ち向かっていきました。
象に立ち向かうカマキリよりも無力です。

それなのにこの言いようのない感動はなんでしょう。
共謀罪が成立し、
この映画のような状況が他人事とは思えないからでしょうか。
無力と思えた一介の初老の夫婦が
死を賭けて抵抗に立ち上がったからでしょうか。

オットーを演じたブレンダン・グリーソン、
アンナを演じたエマ・トンプソン、
エッシャリヒ警部のダニエル・ブリュール。
入魂の演技です。

素晴らしい映画でした。
とのの消えかけている勇気の炎に
そっと手をかざして守ってくれる――そんな作品でした。






今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆7月3日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆


ヒトラーへの285枚の葉書
監督・脚本/ヴァンサン・ペレーズ、撮影/クリストフ・ボーカルヌ、音楽/アレクサンドル・デスプラ
出演
エマ・トンプソン/アンナ・クヴァンゲル、ブレンダン・グリーソン/オットー・クヴァンゲル、ダニエル・ブリュール/エッシャリヒ警部
7月8日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
2016年、独・仏・英、英語、103分、日本語字幕/吉川美奈子、原作「ベルリンに一人死す」(みすず書房)、後援/ドイツ連邦共和国大使館、配給/アルバトロス・フィルム、http://hitler-hagaki-movie.com/

# by Mtonosama | 2017-07-03 06:17 | 映画 | Comments(7)

ヒトラーへの
285枚の葉書

-1-

Alone in Berlin

f0165567_617599.jpg

(C)X Filme Creative Pool GmbH / Master Movie / Alone in Berlin Ltd /
Pathe Production / Buffalo Films 2016



歳をとり、更に耳年増、目年増となると
感動する機会は少なくなってしまいます。

歳をとるのは必ずしも悪いことばかりではありませんが、
心が平坦になりすぎるということはあるかもしれません。

が、しかし、
この映画には感動しました。

派手な筋立てがあるわけではありません。
でも、
ものすごく心の琴線に触れてくるのです。

戦後72年経っても、
第2次世界大戦でナチス・ドイツが
行なったことを題材にした映画は作られ続けています。
まだまだ続くのでしょう。

f0165567_619379.jpg

本作もそうです。
タイトルを見ればわかりますよね。
『ヒトラーへの285枚の葉書』。
オリジナルタイトルは
“Alone in Berlin”ですが――
なかなか深いです。

主人公は北の戦線で一人息子を失い、
ヒトラー政権に対して抵抗し続けた
名もない労働者夫婦。

原作は
ドイツ人作家のハンス・ファラダが
ゲシュタポの記録文書をもとに
1946年
4週間で書き上げたという「ベルリンに一人死す」です。
(赤根洋子訳 みすず書房)。

オットー&エリーゼ・ハンぺル夫妻という
実在の人物をモデルにした小説です。

アウシュヴィッツから生還した
イタリアの作家プリーモ・レーヴィは
「ドイツ国民による反ナチ抵抗運動を描いた最高傑作」
と評しました。

f0165567_6203759.jpg

ハンス・ファラダは
日本ではほとんど紹介されることのない作家でしたし、
ナチス時代には「望ましからざる作家」の烙印を押されました。
しかし、
彼は亡命はせず、独裁体制の始まりから終わりまでを
その目で見続けた作家です。

そして
1946年
戦後ドイツ出発の年に
「ハンペル事件」の秘密文書を
旧ゲシュタポより入手し、
自分自身の目で見た戦時の日常を織り込みながら、
この長編小説を4週間で書き上げました。

それが「ベルリンに一人死す」です。
全精力を注いだからでしょうか、
書き上げてわずか3ヶ月で亡くなってしまいました。

その上、本国では長く忘れ去られていましたが、
死後60年経って英訳されたことで
いま再評価されている作家、ハンス・ファラダ。

ハンス・ファラダ
1893年生まれ。本名ルドルフ・ディッツェン。
26歳で作家デビュー。
その時グリム童話から取って
ハンス・ファラダというペンネームを名乗る。
横領罪で服役後、
地方新聞の記者として取材した農民暴動をもとに
“Bauern,Bonzen und Bomben”(’31)を発表。
大恐慌と不況に見舞われるドイツ人を描いた
“Kleiner Mann,was nun?”(’32)
(「どうする小市民」仮題 今夏みすず書房より近刊)
がベストセラーになり、ハリウッドで映画化。
大戦中、ナチスによって「望ましくない作家」に分類され、
精神的葛藤から極度のアルコール及び薬物依存症に。
1946年に長編「ベルリンに一人死す」を書き上げたが、
3ヶ月後に死去。

f0165567_6261871.jpg

監督はヴァンサン・ペレーズ。
スイス・ローザンヌ生まれのスペインとドイツとのハーフで、
この人もまた
スぺイン側の祖父がファシストによって殺され、
ドイツ人の叔父は17歳の時にソ連戦線で戦死、
(主人公の息子と同じです)
という家族の歴史を持っています。
ヨーロッパでは皆がまだまだ戦争をひきずっているのですね。
それは日本も近隣国も同じことですが。

さあ、一体どんなお話でしょう。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
 ☆6月30日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

ヒトラーへの285枚の葉書
監督・脚本/ヴァンサン・ペレーズ、撮影/クリストフ・ボーカルヌ、音楽/アレクサンドル・デスプラ
出演
エマ・トンプソン/アンナ・クヴァンゲル、ブレンダン・グリーソン/オットー・クヴァンゲル、ダニエル・ブリュール/エッシャリヒ警部
7月8日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
2016年、独・仏・英、英語、103分、日本語字幕/吉川美奈子、原作「ベルリンに一人死す」(みすず書房)、後援/ドイツ連邦共和国大使館、配給/アルバトロス・フィルム、http://hitler-hagaki-movie.com/

# by Mtonosama | 2017-06-30 06:32 | 映画 | Comments(10)

三毛猫ひかちゃん 
-56-


あたし、ひかちゃん。

f0165567_5302857.jpg


せっせ、せっせ。
指と指の間は汚れが溜まりやすいから
清潔にしないとね。

f0165567_5313474.jpg


ふーっ、さっぱりしたわ。
なんたって、あたしは綺麗好きなの。

f0165567_532657.jpg


あら?
窓が少し開いてるじゃないの。

f0165567_5342888.jpg


フフフ、
脱出成功よ。
窓を締め忘れた飼い主が悪いのよ。

あたしはね、
例え7cmしか隙間がなくっても潜り抜けられんだから。
よ~く覚えておおきなさい。


これが鳥さんの目線ね。
ふ~ん、あの人たちったら
いつもこんな見方をしてるんだわねぇ。

f0165567_5351995.jpg


で、でも、
ちょっとヤバくない?
降りれないし・・・

f0165567_5361415.jpg


なによ。
あたしだって失敗くらいするわよ。

f0165567_53711100.jpg


あ~あ、
あたしはやっぱり窓の内側にいる方が
似合うタイプなんだわ。
だって深窓の令嬢ですものね。

f0165567_5374889.jpg


こうやって見ると
ワンってお利口さんよね。

だけど、
あたしは断固リードは拒否よ。

また、いつか逃げ出してやるから。

ひかり


今日もポチッとお願いよ。ひかり♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆6月27日に更新しました。いつも応援ありがとうございます。飼い主☆
# by Mtonosama | 2017-06-27 05:51 | 映画 | Comments(4)