ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!


笑う故郷
-2-

El Ciudadano Ilustre


f0165567_5454531.jpg


本作はノーベル賞作家が故郷に帰るお話ですが、
この作家、ダニエル・マントバーニは
スウェーデン国王から文学賞メダルを受けた
その授賞式のスピーチで
「これは喜びよりも作家として衰退のしるしだ」
などと挑発的なことを言うんです。

f0165567_545814.jpg

文学賞受賞の理由として
マントバーニは次のように紹介されます。
「小説で扱う普遍的なテーマの数々は
ある町の物語を通して展開されます。
20年間、彼は読者をかの地へと誘ってきました。
そこでは彼の創造力が大いに発揮されます。
溢れんばかりの独創性と実話を交えた奇抜なストーリー。
示唆に富み、豊かで、明白で、
時に重苦しい描写が物語を紡ぎます」

ん?この紹介を見ると
同じく南米出身のノーベル文学賞作家
ガルシア=マルケスの「百年の孤独」を思い出します。
この舞台であるマコンドは
ガルシア・マルケスの生まれ故郷コロンビアの
アラカタカルをモデルにしていますし。

ま、この際、こちらの作家はおひきとりいただき、
マントバーニ氏にご登場いただきましょうか。

f0165567_5473783.jpg

ストーリー
アルゼンチン出身の作家ダニエル・マントバーニは
ノーベル文学賞授賞式にいた。
だが、スピーチで挑戦的な言葉を述べる。
会場は一瞬凍りついたが、
その後大きな拍手に変わる。

それから5年、
彼は1作も作品を発表せず、外との関りも持たず、
バルセロナの自邸で隠遁生活を送っていた。

そこへ舞い込んだ1通の手紙。
アルゼンチンのサラスという町から
「名誉市民」の称号を贈りたいという知らせだった。
その町は彼が20代の頃飛び出して以来、
40年以上帰ったことのない生まれ故郷だった。

次の週、スペインからアルゼンチンへ飛んだダニエル。
飛行場に迎えにきたのはラモンという男一人だけ。
サラスまでの近道を知っているという
彼の運転で出発するが、途中でパンク。
野宿をすることに――

翌日ホテルに到着したダニエルは
消防隊のパレードに参加させられる。
寂れた街並みを見物人もないまま進む消防車。
それでも、美の女王から「名誉市民」の受ける
授与式には大勢のサラス市民が集まった。
彼の誕生から現在までをまとめた
ショートムービーまで上映され、
思わず落涙するダニエル。

「これはノーベル賞よりも価値のある名誉です」
とまで述べるのだった。

だが、
そんな彼を待っていたのは
故郷の人々からのとんでもない〈歓迎〉だった……

f0165567_5493321.jpg


笑ってばかりはいられない
ちょっと不気味な歓迎に思わずひいてしまいます。

作家と町の人との関係で
ふっと思い出したのが車谷長吉でした。
この方、故郷や親戚のことを作品中に描き、
結構ドタバタしたと聞いています。

書かれた人は自分のことだと思うし、
作家は「そうじゃない。これは創作だ」というし、
どっちやねん!と突っ込みたくなりますが、
洋の東西を問わないお話ではあります。

思わぬラストに「う~ん、こうきたか」でありました。





今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆9月2日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

笑う故郷
監督・/撮影/ガストン・ドゥプラット、マリアノ・コーン、脚本/アンドレス・ドゥプラット、美術/マリア・エウヘニア・スエリオ、音楽/トニ・M・ミル、製作総指揮(アルゼンチン)/ヴィクトリア・アイゼンシュタット、製作総指揮(スペイン)/マヌエル・モンソン、フェルナンド・リエラ、エドゥアルド・エスクデロ
出演
オスカル・マルティネス/ダニエル・マントバーニ、ダディ・ブリエバ/アントニオ、アンドレア・フリへリオ/イレーヌ(アントニオの妻)、ノラ・ナバス/ヌリア(ダニエルの秘書)、マヌエル・ビセンテ/市長、ベレン・チャバンネ/フリア
9月16日(土)より岩波ホールにてロードショー
2016年、アルゼンチン=スペイン、スペイン語、カラー、117分、日本語字幕/杉田洋子、
配給/パンドラ、http://www.waraukokyo.com/

# by Mtonosama | 2017-09-02 05:54 | 映画 | Comments(6)

笑う故郷
-1-

El Ciudadano Ilustre

f0165567_5244142.jpg



映画の醍醐味は
行ったことのない土地、見たことのないもの、未体験のできごとを、
実感できることですよね。
大きなスクリーンなら、なおさら素敵です。

『笑う故郷』というタイトルを見て
〈笑うセールスマン〉と読み違えてしまったとのですが、
本作はアルゼンチンの田舎町が舞台の
ちょっとブラックなお話です。
『笑ウせえるすまん』とはブラックつながりですね。

f0165567_5264990.jpg

アルゼンチンといえばタンゴ、そしてゲバラ。
あ、牛肉もあります。

でも、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスまで
成田から21~24時間も飛行機に乗っていなくちゃなりません。

北から南に長~い国だから
気候だって違うし、
ずいぶんいろんな顔を持った国なんでしょうね。

行ったことのない国ですし、
憧れの国ですが、
そんなに時間がかかってはもう行けません。

で、そんな150歳のために映画はあります。

f0165567_5301285.jpg

本作はノーベル文学賞を受賞した
一人の作家の帰郷をめぐって
地元の住民たちが巻き起こす騒動と
その中で繰り広げられる人間模様を描いたお話です。

監督は前作『ル・コルビュジエの家』が大ヒット。
アルゼンチン映像界の風雲児と呼ばれる
ガストン・ドゥプラットとマリアノ・コーンです。

ガストン・ドゥプラット、マリアノ・コーン
ガストンは1969年生まれ、マリアノは1975年生まれ。
二人ともアルゼンチン出身で
テレビ、映画の監督とプロデューサーとして活躍。
共同製作で
実験映像、ドキュメンタリー、長編劇映画と
多岐にわたるジャンルの作品を発表している。
日本での初公開作品となった
『ル・コルビュジエの家』('08製作、’12日本公開/アルゼンチン)の
緊張感あふれる展開は映画ファンを虜にした。
『笑う故郷』は彼らの監督作の日本公開第2作目。

脚本はアンドレス・ドゥプラット、
ガストン・ドゥプラット監督のお兄さんです。

アンドレス・ドゥプラット
1964年アルゼンチン・ラプラタ生まれ。
建築家でもある。
『ル・コルビュジエの家』に次ぐ、
実弟ガストンとマリアノ・コーン3人のコラボによる
第2作目の本作で
アルゼンチンアカデミー賞最優秀脚本賞、
バリャドリード国際映画祭2016脚本賞などを受賞。

アルゼンチン映画には素晴らしい映画があります。
タンゴもゲバラも素敵ですが
『瞳の奥の秘密』(’09ファン・ホセ・カンパネラ監督)
http://mtonosama.exblog.jp/14093645/ http://mtonosama.exblog.jp/14114747/
というすごい作品もありました。
本作も期待できますよ。

f0165567_5312591.jpg

最後に監督の言葉を紹介しておきましょう。

「本作は〈気合〉を入れずに観ることのできる
映画ではありません。
観客は劇中の誰かの側に立つように促される筈。
それは主人公の作家とは限りません。
観客は異なる複数の人物の側に立てるようにしてあります」

ですって。
なんか挑戦を受けている感じですね。

さ、気合を入れていきましょう。

続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆8月30日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

笑う故郷
監督・/撮影/ガストン・ドゥプラット、マリアノ・コーン、脚本/アンドレス・ドゥプラット、美術/マリア・エウヘニア・スエリオ、音楽/トニ・M・ミル、製作総指揮(アルゼンチン)/ヴィクトリア・アイゼンシュタット、製作総指揮(スペイン)/マヌエル・モンソン、フェルナンド・リエラ、エドゥアルド・エスクデロ
出演
オスカル・マルティネス/ダニエル・マントバーニ、ダディ・ブリエバ/アントニオ、アンドレア・フリへリオ/イレーヌ(アントニオの妻)、ノラ・ナバス/ヌリア(ダニエルの秘書)、マヌエル・ビセンテ/市長、ベレン・チャバンネ/フリア
9月16日(土)より岩波ホールにてロードショー
2016年、アルゼンチン=スペイン、スペイン語、カラー、117分、日本語字幕/杉田洋子、
配給/パンドラ、http://www.waraukokyo.com/

# by Mtonosama | 2017-08-30 05:37 | 映画 | Comments(4)

三度目の殺人
-2-

f0165567_519520.jpg

(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ


その昔、『誰も知らない』(’04)の試写を観て、
感動のあまり呆然としていると、
大きな人がスクリーンの前に現れました。
それがリアル是枝監督を見た最初です。

身体は大きいけれど、どこかおずおずとした監督が
国内外で数々の映画賞を受賞するほどの監督になられましたとは・・・
ババはただただ嬉しうございます。

ストーリー
拘置所を訪れた弁護士の重盛に
「殺しました」と罪を認める三隅。
三隅は自分を解雇した食品加工工場の社長を殺し、
その財布を奪って遺体に火をつけた容疑で起訴されていた。
彼は30年前にも強盗殺人を犯しており、
死刑はほぼ確実と思われていた。

元々は重盛と同期の摂津弁護士が担当していた事件だが、
会うたびにコロコロと供述を変える三隅に音をあげ、
重盛に担当を押し付けてきたのだった。

死刑から無期懲役に持っていこうと
新人の川島弁護士を助手に調査を始める重盛。
調査の中で三島が財布を盗んだのは
遺体にガソリンをかけた後だとわかり、
弁護方針を強盗殺人から殺人と窃盗に変える。

ところが、思いもかけない事態が発生。
三隅は重盛に無断で週刊誌の取材に
「社長の奥さんに頼まれ、保険金目当てで殺した」
と独占告白したのだ。
真偽の程を訊ねる重盛に、
三隅は社長の妻からの依頼メールが携帯に残っていると答える。
その銀行口座には給料とは別に50万円も振り込まれている。

急遽、美津江主犯説に切り替える重盛。

美津江との関係の裏を取るため、三隅のアパートを訪ねる重盛。
そこで知った意外な事実。
三隅の部屋を訪れていたのは美津江ではなく、
足の不自由な女の子だというのだ。
それは美津江の娘の咲江だった。
更に三隅は逮捕を覚悟していたかのように身辺整理も済ませていた。

三隅が犯した最初の殺人の裁判で裁判長だった重盛の父は
「三隅は楽しむために殺す獣のような人間」と言う。
三隅を逮捕した刑事は
「感情の無い空っぽな器のようで不気味だった」と。

三隅という男がつかめないまま第1回公判が開廷した……

是枝監督が取材した弁護士はみな異口同音に」
「法廷は真実を解明する場所ではない」
と言ったそうです。
ならば、何が真実かわからないような法廷劇を
撮ってみようと思ったのがこの作品を作るきっかけだったとか。

クールな重盛弁護士が
「いったい何が本当なんだ」と追い詰められ、
接見室のアクリル板を隔てて
三隅と重盛が禅問答のように言葉を交わすシーンが圧巻でした。

本当のことは三隅が胸におさめたまま。
状況から判断しようにも
状況は二転三転。
何が本当なんだ・・・
重盛のみならず観客も問いかけたくなります。

毎回エッジのきいた作品に「満足満足」と舌なめずりしながら
映画館を後にするのですが、
今回は深く考え込みながら家路につきました。





今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆8月27日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

三度目の殺人
原案・監督・脚本・編集/是枝裕和、撮影監督/瀧本幹也、美術監督/種田陽平、音楽/ルドヴィコ・エイナウディ
出演
福山雅治/重盛弁護士、役所広司/三隅、広瀬すず/咲江、吉田鋼太郎/摂津弁護士、斉藤由貴/美津江、満島真之介/川島弁護士、市川実日子/検事、橋爪功/重盛の父
9月9日(土)全国ロードショー
2017年、日本、カラー、124分、配給/東宝、ギャガ、http://gaga.ne.jp/sandome/

# by Mtonosama | 2017-08-27 05:30 | 映画 | Comments(4)

三度目の殺人
-1-

f0165567_5381854.jpg

(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ


『三度目の殺人』。
是枝監督の最新作です。
『そして父になる』(‘13)
http://mtonosama.exblog.jp/20412943/
http://mtonosama.exblog.jp/20430346/

『海街diary』(’15)
http://mtonosama.exblog.jp/24104314/
http://mtonosama.exblog.jp/24115383/

『海よりもまだ深く』(’16)
と家族をテーマにした作品が続いていましたが、
今回はなんと法廷もの。
いえ、法廷も舞台になってはいますが、
サスペンスというジャンルにくくるものでありましょうか。

ここでふとサスペンスってなんなのか
わからなくなってしまいました。

サスペンス
サスペンスは、ある状況に対して不安や緊張を抱いた不安定な心理、
またそのような心理状態が続く様を描いた作品をいう。
シリアス、スリラー(サイコスリラー)、ホラー(サイコホラー)、
アクションものといった物語の中で重要な位置を占める。
単純に「観客の心を宙吊りにする」という意味で
ズボンのサスペンダーを語源だとする説明もある。
また、より広い意味においては、
観客や読者が作品(の行く末や登場人物など)に対して
不安や緊張の心理、物語の結末を知る事への希求を抱かせ、
その作品に対しての興味と関心を持続させる事ができる
(あるいは、製作者がそのように意図した)作品もサスペンスといわれる事が多い。
(Wikipediaより)

なるほどね、サスペンダーか。
確かに心がひっぱられた映画でした。
映画を観ている間も、観終わってからも。

f0165567_5432687.jpg

主役の弁護士を演じるのは
『そして父になる』で思わぬ側面を見せてくれた福山雅治。
『海街diary』に続き、広瀬すずも再び登場します。
そして、福山が弁護する殺人犯が
今回、是枝作品には初登場の役所広司。
豪華な演技陣です。
役所広司がつかみどころのない不気味な人物を
淡々と演じていました。
〈観客が抱く物語の結末を知る事への希求〉がサスペンスの広義なら
まさに彼が演じる三隅という人物こそサスペンスそのものでした。

是枝監督としては初めてのサスペンスへの挑戦。
殺人の前科のある三隅が
解雇された工場の社長を殺した容疑で起訴され、
犯行も自供し、死刑はほぼ確実なのだが・・・

という事件としてはありふれたものにみえますが、
そう簡単なことではありません。

閉所恐怖症に陥りがちな法廷や接見室のシーンが多くても
是枝監督の綿密なリサーチの賜物か、
サスペンダーに引っ張られるズボンのように
観客はひきつけられます。

なにせ弁護士たちの協力を得て、
何度も「模擬接見」を繰り返したり、
「模擬裁判」を行いながら、
そのやりとりを脚本にしていったのだそうです。

なんたって原案・監督・脚本・編集すべて是枝監督ですからね。
臨場感たっぷりです。

更に脇を固める
吉田鋼太郎、斉藤由貴、満島真之介、橋爪功という俳優陣。

これはもう期待するしかありません。

さあ、続きは次回まで
乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆8月24日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

三度目の殺人
原案・監督・脚本・編集/是枝裕和、撮影監督/瀧本幹也、美術監督/種田陽平、音楽/ルドヴィコ・エイナウディ
出演
福山雅治/重盛弁護士、役所広司/三隅、広瀬すず/咲江、吉田鋼太郎/摂津弁護士、斉藤由貴/美津江、満島真之介/川島弁護士、市川実日子/検事、橋爪功/重盛の父
9月9日(土)全国ロードショー
2017年、日本、カラー、124分、配給/東宝、ギャガ、http://gaga.ne.jp/sandome/

# by Mtonosama | 2017-08-24 05:48 | 映画 | Comments(0)

三毛猫ひかちゃん
-58-


あたし、ひかちゃん。

f0165567_4505240.jpg

あたしがこんな風にしてブイブイ言わせていたのは
もう1週間以上前のこと。

見苦しい黒斑と〈痒い痒い〉を皮膚科に診てもらった飼い主。
謎の虫刺され痕はノミによるものと診断されたの。
ステロイドの塗り薬と痒み止めの飲み薬をもらって帰ってきたわ。

f0165567_4521880.jpg

なによ!
だからってなんであたしが外出禁止になるわけ?

f0165567_4532534.jpg

飼い主も旅行できないからって
何年も前の函館の景色を載せてるし。


f0165567_4563868.jpg

ほんとのことをいうとね。
あたしもとっても痒いわけ。
で、シャンプーされたり、フロントラインつけられたり、
カーペットにはノミダニスプレーを撒かれたりしたのね。

でもね、このスプレーがどうも苦手なの。
だから、カーペットを踏まないように、
タンスからキャットタワー、テーブルへと、
ジャンプ移動してるのよ。
狭小住宅ならではの離れ業よ。

f0165567_458252.jpg

ここは最近発見したんだけど、案外おちつくわ。
もう少し整頓してほしいけど。

f0165567_4594172.jpg

ベッドの上はもっと素敵!
え?またノミがわくって?
失礼ね。

ひかり


今日もポチッとお願いするわね。ひか♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆8月21日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます。飼い主☆
# by Mtonosama | 2017-08-21 05:05 | 映画 | Comments(10)