ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:あしたのパスタはアルデンテ ( 2 ) タグの人気記事

あしたのパスタはアルデンテ 
                        Mine Vaganti

f0165567_5415083.jpg

                          (C) Fandango2010

                           南イタリア・レッチェ。
  この映画の舞台となっているイタリア半島(アペニン半島)のブーツのかかとの一番先にあたる美しい都。
                 このブーツのかかと部分はサレント半島というのだそうです。
    BC12世紀からの歴史を誇る古い街で、独特の石灰岩を用いたバロック建築が建ち並んでいます。
      この石灰岩が、天気や湿度によって灰色や黄金色などさまざまな色に変わるのだとか。
                          ―――ああ、行きたい―――
         レッチェがあるブーリア州は小麦、トマト、オリーヴオイル、ワインが特産物。
        この映画にも出てくるオレッキエッテ(小さな耳)はブーリアの代表的なパスタです。

            というわけで、3代にわたってパスタ会社を経営する一族の物語。

f0165567_5473532.jpg


             浮遊機雷とはいったい誰で、アルデンテとはいったい何なのか。
                  そして、どんなパスタが楽しめるのでしょう。

                           行きますよ。
                      Buon appetito ! (いただきます)

ストーリー
南イタリア、ブーリア州の美しい古都レッチェ。
カントーネ家は祖母の代からパスタ会社を経営するこの街のセレブ。
祖母は義理の弟と会社を切り盛りしていましたが、今は引退の身。
少々、高めの血糖値ゆえ、甘いものは厳禁されています。
パスタ会社の現在の社長は、息子に後を継がせて幸せなファミリー経営を夢見る父・ヴィンチェンツォ。
母・ステファニアは気の利かないお手伝いさんたちを怒鳴りながら、家庭を守る専業主婦です。
叔母のルチアーナはちょっとアルコール依存症気味のシングル。
この家の子どもたちは3人いまして、
長男・アントニオが父の片腕としてパスタ会社を手伝っています。
長女・エレナの夫は、パスタ会社で働いてはいるものの、
父・ヴィンチェンツォにはあまり気に入られていない様子。
そして、次男・トンマーゾは小説を書きながらローマで暮らしています。

ある日、トンマーゾは久しぶりにレッチェに帰って来ました。
一家のパスタ会社を息子たちと共同経営者に引き継ぐための重要なディナーが開かれることになったからです。
しかし、トンマーゾは秘密を明かして、さっさとローマに帰ってしまおうと企てていました。
その秘密というのは、
家族が望んでいた経営学部ではなく文学部を卒業したこと、
パスタ会社を継ぐつもりはなく、作家になるということ、
そして、ゲイであること―――

いよいよ告白しようとしたとき、
なんと兄のアントニオが「30年言わずにきたけれど、僕はゲイなんだ」とカミングアウト!
父は、アントニオに勘当を言い渡し、怒りのあまり、その場に昏倒してしまいました。
告白の機会を失ったトンマーゾは、兄の代わりとして共同経営者の娘アルバと一緒に
パスタ会社を任されることに。

f0165567_5512375.jpgローマには帰れず、恋人のマルコからは電話で責め立てられ、パスタ工場に毎日出勤せねばならず、おまけに、アルバはトンマーゾを憎からず想っているようです。
(本来なら、こんな美人できれものの彼女に想いを寄せられるなら、最高なんですけど)
そんなとき、ローマから友人たちがやってきました!
アルデンテな友人たちに家族は困惑。

そして、おばあちゃんはひそかにある決心をします……

               一族で会社を興し、経営を続けていくことを望むおとうさん。
         一昔前の(いや、もっと前でしょうか?)家父長的オヤジさんが夢見る一族経営です。
           息子が良い結婚をし、後継ぎが生まれ、子孫繁栄し、末長く商売繁盛―――
          洋の東西を問わず、そこそこの財産を築いたおやじさんの考えることは同じです。

                  ところが、頼みの息子はゲイ(それも2人とも)。
                そりゃあ、がっかりでしょうね。子孫繁栄はかないません。
     でも、おとうさん、自分がマッチョだからって息子にもそれを期待するのは、どうでしょう。
                 親思いで商売上手な娘の存在を思い出してくださいな。

             本作、ゲイの息子とマッチョなおやじというだけで話ができあがっても、
                    結構おもしろい作品になっていたでしょう。
                 でも、半世紀前、おばあちゃんが泣く泣く諦めた愛があり、
                   小姑の叔母さんもただの酒好きではなかったり、
           南イタリアのちょっと封建的な家族の中にはさまざまな人生が隠されていました。

                          家族って、なんなんでしょうね。
     思い通りにはならない個人の集合体ではあるけれど、やはり1本の糸でつながっているのでしょうか。

        それにしても、トンマーゾとアントニオ、そして友人たちのゲイ達者ぶりには笑えました。

         誰が浮遊機雷で、なにがアルデンテなのか、どうぞ映画館でお確かめくださいませ。

  

                               

今日もポチッとお願いできれば嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月16日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

小さな声も集まりゃデカい!
こちらもひとつポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

あしたのパスタはアルデンテ
監督/フェルザン・オズぺテク、脚本/イヴァン・コトロネーオ、フェルザン・オズぺテク、撮影監督/マウリツィオ・カルヴェージ、音楽/パスカーレ・カタラーノ
出演
リッカルド・スカマルチョ/トンマーゾ、ニコール・グリマウド/アルバ、アレッサンドロ・プレツィオージ/アントニオ(兄)、エンニオ・ファンタスティキーニ/ヴィンチェンツォ(父)、
ルネッタ・サヴィーノ/ステファニア(母)、イラリア・オッキーニ/お祖母ちゃん、エレナ・ソフィア・リッチ/ルチアーナ(叔母)、ビアンカ・ナッピ/エレナ(姉)、マッシミリアーノ・ガッロ、パオラ・ミナッチョーニ/テレザ(お手伝いさん)、エマヌエーラ・ガブリエリ(ジョヴァンナ(お手伝いさん)、カロリーナ・クレシェンティーニ/若い頃のお祖母ちゃん、ジョルジオ・マルケ―ゼ/ニコラ(大叔父)、マッテオ・ターラント/ドメニコ(祖父)、カルミネ・レカーノ/マルコ(トンマーゾの恋人)、ダニエーレ・ペッチ/アンドレア(トンマーゾの友人)、ジャンルカ・デ・マルキ/ダヴィデ(トンマーゾの友人)、マウロ・バナッフィーニ/マッシミリアーノ(トンマーゾの友人)、ジェア・マルティレ/パトリッツァ(父の愛人)、ジャンカルロ・モンティジェッリ/ブルネッティ(共同経営者)、クレシェンツァ。グアルニエーリ/アントニエッタ(母の知人)
8月27日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
2010年、イタリア、113分、配給/セテら・インターナショナル、協力/イタリア文化会館、バリラジャパン株式会社
http://www.cetera.co.jp/aldente/

by mtonosama | 2011-08-16 06:19 | 映画 | Comments(8)
あしたのパスタはアルデンテ 
                       Mine Vaganti

f0165567_6161041.jpg


                        (C) Fandango2010
                     
                      夏はやっぱりイタリアでしょう!

                      いえ、なんの根拠もありません。
              ただ、7月末にも「人生、ここにあり!」http://mtonosama.exblog.jp/16327490/ 
                   というイタリア映画を紹介したばかりなので…

                 「あしたのパスタはアルデンテ」。イタリア映画です。
                        原題”Mine Vaganti”。
                   Mine Vagantiの意味は“浮遊機雷”だそうです。
                      といっても、よくわかりませんね。

                   浮遊機雷というのは「海中を漂う機雷」のことで、
             もしも、船がそれに当たったら、そこでドッカーン。極めて危険な代物です。
                 転じて「どこで爆発するか、何をしでかすか、わからない人」                     
                      の意味らしいです。なるほど。

              その“浮遊機雷”が、なぜ「あしたのパスタはアルデンテ」となるのか。

f0165567_6185394.jpg


          日本よりも一足早く公開されたドイツでも“Männer al dente”〈アルデンテな男たち〉
         (“噛みごたえのある男たち”とでも訳すのでしょうか)というタイトルだったそうです。
        日本もドイツも「イタリアはパスタの国だからアルデンテと入れておけば間違いはないやね」
                         というところでしょうか。

監督はフェルザン・オズぺテク。1959年トルコ・イスタンブール生まれです。
77年にイタリアに移住し、ローマの大学に入学。
その後、シルヴィオ・ダミーコ国立演劇アカデミーの演出コースで学びました。
97年に監督デビュー作“Hamam”「私の愛したイスタンブール」が
カンヌ国際映画祭監督週間正式出品となり、世界の多くの国々で公開。
99年には第2作イタリア=フランス=トルコ合作の「ラスト・ハーレム」で、
オスマン・トルコ最後の日々を描き、
01年“Le fate ignorant”「無邪気な妖精たち」(イタリア映画祭上映)は
ベルリン国際映画祭に正式出品されて、フライアーノ映画祭では監督賞、
ニューヨーク・レズ&ゲイ映画祭で最優秀作品賞を受賞。

                                しかし…
                      レズ&ゲイ映画祭っていうのがあるんですね。

                           その後も着実に作品を発表。
               人間のコミュニケーションやセクシュアリティを取り上げる監督として、
                      評価の高いフェルザン・オズぺテク監督です。

f0165567_6195898.jpg


                    最新作「あしたのパスタはアルデンテ」は
              老舗のパスタ会社を経営する3代の家族の一人一人に暖かい目を向け、
          彼らが抱えているものを描き出した映画。そう、言ってみれば群像劇というジャンル。
                  家族の一人一人が主人公といっていいかもしれません。

                       家族間のコミュニケーション、
                         おばあちゃんの愛、
                       そして、ゲイの息子たち……

           少しばかりコンサバティヴな家族の中に出現したホモ・セクシャルな息子たちに
                       落胆するおとうさんのごとく、
          イタリア男といえば女好きで、ナンパ上手とばかり、思いこんでいたステレオタイプな
                 先入観にもガツンといっぱつ食らわせてくれる映画です。

                    さあ、浮遊機雷の正体とはいったい―――
                     続きは後編で。乞うご期待であります。

                                  

今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月13日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

小さな声も集まりゃデカい!
こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

あしたのパスタはアルデンテ
監督/フェルザン・オズぺテク、脚本/イヴァン・コトロネーオ、フェルザン・オズぺテク、撮影監督/マウリツィオ・カルヴェージ、音楽/パスカーレ・カタラーノ
出演
リッカルド・スカマルチョ/トンマーゾ、ニコール・グリマウド/アルバ、アレッサンドロ・プレツィオージ/アントニオ(兄)、エンニオ・ファンタスティキーニ/ヴィンチェンツォ(父)、
ルネッタ・サヴィーノ/ステファニア(母)、イラリア・オッキーニ/お祖母ちゃん、エレナ・ソフィア・リッチ/ルチアーナ(叔母)、ビアンカ・ナッピ/エレナ(姉)、マッシミリアーノ・ガッロ、パオラ・ミナッチョーニ/テレザ(お手伝いさん)、エマヌエーラ・ガブリエリ(ジョヴァンナ(お手伝いさん)、カロリーナ・クレシェンティーニ/若い頃のお祖母ちゃん、ジョルジオ・マルケ―ゼ/ニコラ(大叔父)、マッテオ・ターラント/ドメニコ(祖父)、カルミネ・レカーノ/マルコ(トンマーゾの恋人)、ダニエーレ・ペッチ/アンドレア(トンマーゾの友人)、ジャンルカ・デ・マルキ/ダヴィデ(トンマーゾの友人)、マウロ・バナッフィーニ/マッシミリアーノ(トンマーゾの友人)、ジェア・マルティレ/パトリッツァ(父の愛人)、ジャンカルロ・モンティジェッリ/ブルネッティ(共同経営者)、クレシェンツァ。グアルニエーリ/アントニエッタ(母の知人)
8月27日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
2010年、イタリア、113分、配給/セテら・インターナショナル、協力/イタリア文化会館、
バリラジャパン株式会社
http://www.cetera.co.jp/aldente/

by mtonosama | 2011-08-13 06:43 | 映画 | Comments(6)