ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:いじめ ( 1 ) タグの人気記事

Please click here.
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
f0165567_5492657.jpg

(C)2008「青い鳥」製作委員会

青い鳥

14歳という年齢が問題になり始めたのは、やはりあの酒鬼薔薇事件からでしょうか?
昔は17歳が危険な年齢などと言われたものですが、犯罪危険度は低年齢化しているようです。
前々回の「BOY A」などは10歳でしたし。

いえ、今回は少年犯罪の映画ではありません。
さらに普遍的かつ一般的な問題、たくさんの子どもたち、それどころか大人たちすらも日々直面する《いじめ》問題です。
とある中学のいじめにとりくんだ教師のお話で、重松清の連作短編集「青い鳥」の表題作を映画化したものです。

いじめ問題に取り組むといっても、村内先生(この中学教師の名前です)は金八先生のように熱く語るわけではないし
(先生は吃音ですから一語一語絞り出すように語ります)、第一、専任の教師でもありません。
先生は臨時教師です。産休や病気休暇をとっている教師に代わって教える先生ですね。
さて、その臨時教員がなぜ、ここ東が丘中学で教えることになったのでしょう?

          都会の近郊、まだ緑の残る典型的な新興住宅地。
          一人のさえない中年男性がバスに乗っています。
          手には一冊の文庫本。新しいものではなく、何度も何度も読み返したような本です。
          やがて、バスは停留所に着き、男は読んでいたページに栞をはさみます。
          「東が丘中学前」。降り立った男は少し猫背ぎみの古びたコートの後ろ姿を見せて校門に向かいます。
          三学期が始まった東が丘中学。生徒たちは朝の寒気をついて登校してきます。
          なんの変哲もない、いつもと同じ風景。
          しかし、この中学では前学期に自殺未遂事件が起きていました。
          男子生徒がいじめを苦にして自殺を図ったのです。生徒の名は野口といいます。
          両親がコンビニを経営している彼は「コンビニくん」と呼ばれ、何人もの生徒から品物を要求されては渡していました。
          野口君は「僕を殺した犯人です」と3人の生徒の名前を記した遺書を書いて自ら命を断とうとしました。
          その名が公表されることはありませんでしたが、マスコミや父兄は騒ぎ、学校は「生徒指導」を強化し始めました。
          野口君は転校し、コンビニも閉店、そして担任教師は重圧に押しつぶされ休職したのでした。

          2年1組。休職した担任に代わり、臨時教師が着任しました。
          教師は黒板に名前を書きます。村内
          村内先生が挨拶を始めると生徒たちは驚き、それは笑い声に変わっていきました。
          先生は吃音だったのです。ところが、先生は生徒たちの笑いを圧するように「忘れるなんて卑怯だな」と吃りながら言いました。
          村内先生は野口君の机を教室に戻すよう、日直に命じたのでした。
          毎朝、主のいない机に向って「野口君、おはよう」と声をかけ続ける村内先生。
          遺書に記された3人の生徒の内の2人は生徒たちの間でもなんとなく見当はついています。
          でも、あと1人、それが誰だかわかりません。
          園部真一は一度だけ野口君にポテトチップを持ってくるよう頼んだことがあります。園部君はそれが気になってなりません。
          「野口君は僕を友達だと思っていたのに、裏切ってしまった」。
          その気持が、遺書に記された名前の1人は自分に違いないと思いこませていたのでした…

いじめはいじめられた側が被害者だと思っていました。
ある言葉が誰かの心を切り裂いて、その傷は長い間疼き、トラウマとなって誰かを苛み続ける。
でも、言葉を発した側はそのことを覚えていない。いつまでも覚えている方が悪いとさえ言いかねません。
言葉や行動に無神経な人がいじめる側で、気弱で繊細な神経を持った人がいじめられる側、と思っていました。
しかし、実のところ、いじめはそれほど単純なものではないのかもしれません。
なのに、学校では、教師たちが校門に並んで「おはよう!」と挨拶し、生徒たちに反省文を書かせ、校内に目安箱を置いて、
いじめを目撃したら投書させることで良しとしています。

               14歳の思春期。
               ほんの少し、爪を立てただけで、どくどくと血が流れ出してくる、
               傷つきやすい心はほんとに薄い皮膜に守られているだけなのに、
               教育現場のやっていることといったら、なんとまあ画一的でおざなりなのでしょう。

               村内先生はなにか特効薬を持っているわけではありません。
               ただ頑なに誰もいない机に向って「野口君、おはよう」といい、吃りながら現代国語の授業を続けただけです。
               そして、臨時教師ですから、生徒たちを卒業まで見守ることなく、学校を去っていきます。
               生徒たちの心に残した印象は「うぜぇ先生だよな」だけだったかもしれません。
               ただ、村内先生は転校していった野口君を過去の存在にはしなかった。
               野口君の机を2年1組の教室に戻すことで、生徒たちにいじめを忘れさせなかった。
               いじめをなかったことにしなかった。
               これってすごいことかもしれません。

               いじめは猫じゃないんです。砂をかけて、なかったことにしてはいけません。

監督/中西健二、原作/重松清「青い鳥」(新潮社刊『青い鳥』所収)、脚本/飯田健三郎・長谷川康夫、監修/松山善三

キャスト
阿部寛/村内先生、本郷奏多/園部君、山崎和也/野口君
11月29日(土)より新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
www.aoitori-movie.com
by mtonosama | 2008-11-10 06:38 | 映画 | Comments(8)