ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:いのちの子ども ( 2 ) タグの人気記事

            いのちの子ども -2-
                          尊い命

f0165567_548099.jpg


                          パレスチナ・ガザ地区―――
        イスラエルの管理下で封鎖状態にあり、イスラエル軍が駐留し、しばしば空爆される地区

                  しかし、ここにも人々は暮らし、子を産み育てています。
       ファウジー・アブー=ムスタファーとラーイダ・アブー=ムスタファーもガザに暮らす若い夫婦。
    2人の間に生まれた生後4ヶ月の息子ムハンマドは免疫不全症候群という難病にかかっていました。
                実は、彼らは過去にも娘2人を同じ病気で亡くしているのです。

ストーリー
パレスチナ自治区ガザ地区の最前線で20年以上にわたって取材を続けてきたイスラエルのテレビ記者エルダールが高速道路を急いでいた。
目的地はテル・アビブ郊外のテル・ハ・ショメール医療センター。
ここはイスラエルのユダヤ人とパレスチナのアラブ人をつなぐ唯一の病院である。
そこに勤務するイスラエル人小児科医ソメフから依頼があったのだ。
その依頼とは、骨髄移植が必要なパレスチナ人の4ヶ月半の赤ん坊ムハンマドを救うために
協力してほしいというものだった。

エルダールは手術に必要な55,000ドルの寄付をイスラエルのテレビで呼び掛けた。
ムハンマドの母ライーダは「イスラエルのプロパガンダだわ。誰も寄付なんかしてくれない」
と懐疑的だったが、なんと匿名を条件に全額を寄付するというイスラエル人が現れる。

さっそく家族の骨髄がムハンマドに適合するかどうか検査されたが、残念ながら適合者はなかった。
次の策として、いとこたちの検査をすることに。
だが、25人のいとこたちをガザ地区からイスラエルに連れてくることは不可能だ。
エルダールは採血したサンプルだけを持ち込むよう計画を変更。
検査の結果、従姉の1人が適合した。
ところが、ちょうどその時、ガザで大規模な爆破事件が。
移植手術のため、検問所まで来ていた従姉は直前でイスラエルに入ることができなくなってしまった。

3日後、従姉は検問所を通過。手術はひとまず成功。
あとはムハンマドの小さな身体が新しい骨髄を受け入れるのを待つしかない。

その間、エルダールはラーイダといろいろなことを話した。
エルサレムについて話が及んだ時、2人は互いに「エルサレムは自分たちのものだ」と譲らず、
ラーイダは「エルサレムへ行くのが私の夢」と語る。
しかし、エルダールが動揺したのは彼女の次の言葉だった。

「私たちは死を恐れない。誰もがエルサレムのためなら命を捧げられる。
ムハンマドが殉教者になってもいい―――」

ムハンマドの身体が新しい骨髄を受け入れ、ガザに戻る日が来た。
その日、ソメフ医師はラーイダたちに言う。

「いつかムハンマドと私の息子たちが一緒に遊ぶようになってほしい。
それが無理なら、彼の子どもたちが、それでも駄目なら彼の孫たちがそうできる日がやってくる。
私はその日が来ることを信じている」

彼らがガザに戻って3ヶ月後、またもガザで紛争が起きる。
ソメフ医師も軍医として現地に向かった。
ガザの空を焦がす紅蓮の炎。はたしてムハンマドとその家族の安否はいかに……

f0165567_5573797.jpg

       「命を奪うのは一瞬。でも、私たちは何年もかけて全力で治療する。一人の命のために」
                     という医師の言葉が胸に響きます。
     「いのちの子ども」は2010年のイスラエル・アカデミー賞で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞し、
          トロントをはじめ多くの国際映画祭に正式出品され、絶賛された作品です。

                ムハンマドという1人の赤ちゃんの人命救出を通じて、
                  イスラエルの善意だけを強調するのでなく、
           また、「可哀想なパレスチナ人」を押しつけてくるのでもありません。
       「ムハンマドを殉教者にさせることだって厭わない」と母ライーダに言わせた背景には、
     インターネットへの書き込みから見えてくるパレスチナ人たちの偏狭な敵意だってあります。

                イスラエルとパレスチナの間に存在する深くて暗い溝。
               それを今日明日の内に埋めることはもちろんできません。
                     しかし、エルダール監督の語った
             「パレスチナ、イスラエルともにお互いがそれぞれのことを理解し、
         恐怖心をなくすこと、そして命を大事にすることが1番大切だと気付いてくれれば
                  終わりの見えない問題の糸口になるはずです」

        この言葉は地味ですし、問題解決への道のりの遠さをあらためて感じさせる言葉ですが、
                  かすかな光明を感じさせてくれるのも事実。

   命の現場に生きる人々の感動的な言葉がそこここにちりばめられたドキュメンタリー映画でした。

                                 

     
  

今日もポチッとお願いできればうれしゅーゴザイマス。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓                                   
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月29日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

いのちの子ども
監督・撮影・ナレーション/シュロミー・エルダール、プロデューサー/エフード・ブライベルグ、ヨアヴ・ゼェヴィー
出演
ラーイダ&ファウジー・アブー=ムスタファー、ラズ・ソメフ医師、アモス・トーレン、ナイーム・アブー=ムスタファー、サウサン・アブー=ムスタファー、イッズッディーン・アブル=アイシュ医師、アレックス・ワインガルト
7月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町にてロードショー
90分、2010年、アメリカ・イスラエル、カラー、配給/メゾン、http://www.inochinokodomo.com/


                映画『いのちの子ども』公式サイト
by mtonosama | 2011-06-29 06:32 | 映画 | Comments(10)
              いのちの子ども -1-
                           尊い命

f0165567_6352838.jpg


イスラエルがゴラン高原を占領した第3次中東戦争(1967年)開戦記念日の5日、シリア側からゴラン高原とイスラエルの境界へ向かったデモ隊にイスラエル軍が発砲し、シリア国営メディアによると25人が死亡、350人以上が負傷した。(CNN 6/6)
                       つい先日のニュースです。
      国の内外で起きているこういう悲しい事件を目にすると心が折れてしまいそうになります。
          それに、はっきり言ってしまえば「イスラエル!いい加減にしたら」って気分にも――       
       ところが、この「いのちの子ども」には、そのイスラエルの医師ラズ・ソメフが登場します。
監督と撮影とナレーションを担当したのもイスラエルの商業テレビチャンネル・チャンネル10のレポーターとして
    アラブ情勢を中心に取材を続けるジャーナリスト、シュロミー・エルダールというイスラエル人です。

ラズ・ソメフ医師
イスラエルのテル・アビブ近郊にある病院テル・ハ・ショメール医療センターに勤務する小児科医。
この病院はパレスチナからの病人も受け入れ、ソメフ医師も民族や宗教を越えて、人道的な治療活動を行っています。

そのイスラエル人医師が、治療をしないと1歳になる前に死んでしまうというパレスチナ人の難病の赤ん坊を救う、
                     というドキュメンタリー映画なのですから、
             「またまた、イスラエルは良いところ見せて点数稼ごうとしてるんじゃないの?」
                         などと、つい勘ぐってしまいます。

        でも、イスラエル人すべてがネタニヤフ首相みたいな人ばかりではない筈ですし、
    シュロミー・エルダール監督も20年以上にわたってガザ地区に暮らすパレスチナ人たちの実情を
                     レポートし続けてきたジャーナリストです。
            イスラエル人が皆パレスチナ人を虐げていると考えるのはそれこそ偏見で、
                      風評被害みたいなものかもしれません。

f0165567_6462495.jpg

                     まずはガザ地区では何が起こっているのか、
                   イスラエルはパレスチナに対して何をしているのか、
              パレスチナ人はイスラエルに助けてもらう同胞に、どんな態度をとるのか―――

             どちらが悪いのか、などという断罪ではなく、まずは知りたいと思います。

                  シュロミー・エルダール監督も語っています。
         「イスラエルでは、パレスチナの人たちについての報道がほとんどされていません。
                    もちろんパレスチナでも同じ状況です。
            パレスチナ、イスラエルともにお互いがそれぞれのことを理解し、
         恐怖心をなくすこと、そして命を大事にすることが1番大切だと気付いてくれれば
                  終わりの見えない問題の糸口になるはずです


       まずは観てみましょう。そして、考えてみますか。あのフランスの幼稚園児たちのように。

                               

今日もポチッとお願いできたら、嬉しゅー御座います。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

☆6月26日に更新しました。いつも応援してくださって、誠にありがとうございます☆

いのちの子ども
監督・撮影・ナレーション/シュロミー・エルダール、プロデューサー/エフード・ブライベルグ、ヨアヴ・ゼェヴィー
出演
ラーイダ&ファウジー・アブー=ムスタファー、ラズ・ソメフ医師、アモス・トーレン、ナイーム・アブー=ムスタファー、サウサン・アブー=ムスタファー、イッズッディーン・アブル=アイシュ医師、アレックス・ワインガルト
7月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町にてロードショー
90分、2010年、アメリカ・イスラエル、カラー、配給/メゾン、http://www.inochinokodomo.com/


                映画『いのちの子ども』公式サイト
by mtonosama | 2011-06-26 07:10 | 映画 | Comments(6)