ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:アイヒマン・ショー ( 2 ) タグの人気記事

f5cs3p

アイヒマン・ショー
~歴史を映した男たち~
-2-
The Eichmann Show

f0165567_5414562.jpg

(C) Feelgood Films 2014 Ltd.


1961年エルサレムで開廷された裁判。
被告はアドルフ・アイヒマン。

アドルフ・アイヒマン
第2次世界大戦下のナチス親衛隊将校で
ナチス政権による「ユダヤ人問題の最終的解決」(ホロコースト)に関与。
数百万の人々を強制収容所へ移送するにあたって指揮的役割を担う。
戦後はアルゼンチンで逃亡生活を送ったが、
1960年イスラエル諜報特務庁(モサド)によってイスラエルに連行された。
1961年4月より人道に対する罪や戦争犯罪の責任などを問われて裁判にかけられ、
同年12月に有罪・死刑判決。翌年6月に絞首刑。(Wikipedia)

1961年、世界は最早戦後ではなくなっていました。
宇宙には世界初の有人宇宙船ヴォストーク1号が飛び、
アメリカはキューバと国交を断絶し、
40代のケネディが第35代大統領に就任し、
ベルリンの壁ができ、
南アフリカ連邦がイギリスから独立。

そんな時代、
ミルトン・フルックマンはアイヒマン裁判のTV放映権を獲得し、
世界中にナチの犯罪を知らしめようとしていたのです。
さあ、TVが大きな力を持っていた60年代。
TV業界人が行なったことを見てみましょう。

ストーリー
第2次世界大戦から15年。
イスラエルへ移送されたアイヒマンはエルサレムの法廷で裁かれることになった。

1961年、革新派の敏腕プロデューサー、ミルトン・フルックマンは
アイヒマンの裁判を世界中にTV中継するという
計画の実現に向けて動いていた。
「ナチスがユダヤ人に何をしたか、TVで世界中に見せる。
これはTV史上において最も重要な事件となる」

その撮影には最高のスタッフを集めなければならなかった。
監督にはドキュメンタリー監督レオ・フルヴィッツを任命。
彼は全米を吹き荒れたマッカーシズムを受け、
10年以上も仕事を干されていたフルヴィッツにとっても
アイヒマン裁判の撮影は大きな賭けである。

エルサレムに到着したフルヴィッツは現地の撮影チームと
急ピッチで準備を始めた。
フルックマンは裁判を撮影できるよう、
判事たちへの根回しをする。
法廷の壁を改造し、隠しカメラを設置し、
裁判の進行を妨げない工夫をするなどして撮影許可を得た。
だが、フルックマンに対してはナチスシンパからの脅迫など圧力が高まる。

一方、フルヴィッツはアイヒマンをモンスターとしてではなく
一人の人間としての姿をカメラに捉えたいと考えていた。
だが、スタッフの中にはそんな考えに反感を持つ者もいた。

裁判は始まった。
4ヶ月にもわたる裁判の間、映像はすぐさま編集され、
世界37ヶ国で放映された。
衝撃的な証言は世界中の視聴者を驚かせた。
しかし、アイヒマンはどんな証言を聞いても表情を変えることなく
罪状を否認し続けるのだった……

f0165567_5425637.jpg


アウシュヴィッツの体験を語ることのできなかった被害者にとって
この裁判は自分たちの体験を初めて語る場になりました。
そして、世界中の視聴者にとっても被害者の生の声を聞き、
表情を見る初めての機会となりました。

ハンナ・アーレントが裁判で観察したアイヒマンを「悪の凡庸」と表現し、
同胞であるユダヤ人たちからの反発を受けました。

追求されるアイヒマンの表情にはなんの変化もありません。
(アイヒマンは実写フィルムです)
元来、無表情な人間なのでしょうか。
映画の中で、フルヴィッツが
「彼の表情を見逃すな。指先の変化をとらえろ」
などと苛立ちながら指示を飛ばしてもアイヒマンは唇を歪めているだけ。
悪の凡庸というより凡庸そのものです。
凡庸な人間が凡庸ななりに命令を忠実に果たしたのでしょうか。

つい想いはアイヒマンの心理状態に向ってしまいます。
ですが、
証言台に立った112人の証人たちの証言に胸を打たれます。
しかし、それでも表情を変えないアイヒマン。
放映当時も、殺された600万人のユダヤ人の無念さを
あらためて感じた視聴者は多かったことでしょう。

TVはかつての力を失ってしまったかもしれませんが、
媒体力を強固にするのはそれに携わる人の信念と情熱です。

伝えること
忘れないことの大切さを教えてくれた作品でした





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月22日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

アイヒマン・ショー
監督/ポール・アンドリュー・ウィリアムズ、脚本/サイモン・ブロック、製作/ローレンス・ボウエン、ケン・マーシャル、撮影/カルロス・カタラン
出演
マーティン・フリーマン/ミルトン・フルックマン、アンソニー・ラバリア/レオ・フルヴィッツ、レベッカ・フロント/ミセス・ランドー、ゾラ・ビショップ/エヴァ・フルックマン、アンディ・ナイマン/デイヴィッド・ランダー、ニコラス・ウッドソン/ヤコブ・ジョニロウィッツ、ルベン・ロイド・ヒューズ/アラン・ローザンター、ベン・アディス/ロン・ハンツマン、ディラン・エドワーズ/ロイ・セドウェル、ダスティン・サリンジャー/デイヴィッド・アラド、ソロモン・モーズリー/ペリー・ロディッド、キャロライン・バートリート/ジュディ・ゴールド、エド・バーチ/ミレク・クネーベル、アンナ=ルイーズ・ブロウマン/ジェーン・ダッドリー、ナサニエル・グリード/トミー・フルヴィッツ、バイドタス・マルティナイティス/アドルフ・アイヒマン、イアン・ポーター/NYタイムズ記者、ネル・ムーニー/ NYタイムズジャーナリストの妻
4月23日(土)ロードショー
2015年、イギリス、96分、カラー、日本語字幕/松岡葉子、配給/ポニーキャニオン、http://eichmann-show.jp/

by Mtonosama | 2016-04-22 05:50 | 映画 | Comments(7)

アイヒマン・ショー 
~歴史を映した男たち~

-1-
The Eichmann Show

f0165567_722931.jpg

(C) Feelgood Films 2014 Ltd.

人生には節目があります。
それは歴史でも同じことでしょう。
昨年は2015年。
第2次世界大戦が終わり70年目の節目でした。

当試写室でも2015年は

2月『パリよ、永遠に』
http://mtonosama.exblog.jp/23698104/ http://mtonosama.exblog.jp/23710377/
6月『沖縄うりずんの雨』
http://mtonosama.exblog.jp/24126569/ http://mtonosama.exblog.jp/24137161/
9月『顔のないヒトラーたち』
http://mtonosama.exblog.jp/24515223/ http://mtonosama.exblog.jp/24522309/ http://mtonosama.exblog.jp/24529108/
10月『母と暮らせば』
http://mtonosama.exblog.jp/24721305/ http://mtonosama.exblog.p/24731180/

を上映いたしました。

f0165567_9274718.jpg

人間という生きものは忘れないと次には進めないものですが、
忘れっぱなしでは、同じ過ちを繰り返すやっかいな存在です。

本作『アイヒマン・ショー ~歴史を映した男たち~』は
強制収容所解放70周年を記念して2015年に制作された作品です。

1961年エルサレムで開かれた裁判。
ナチスの戦犯アイヒマンを裁くこの裁判の
TVドキュメンタリーを制作・放映した人々を描いた物語です。
世界初のこの試みに挑戦する制作チームの勇気、情熱、葛藤を描き出した感動作。

f0165567_9293579.jpg

このTV番組が放映されなければ
世界はユダヤ人に対して行われた恐るべき虐殺を知ることはなかったかもしれません。

そうです。1961年のアイヒマン裁判は
ハンナ・アーレントが傍聴したあの裁判です。
http://mtonosama.exblog.jp/20634449/ http://mtonosama.exblog.jp/20659388/

本作は
あのアイヒマン裁判を
TV放映したプロデューサーであるミルトン・フルックマンと
ドキュメンタリー映画製作者レオ・フルヴィッツが
さまざまな苦難や妨害を乗り越えて撮影・放映するに至る過程を描いた
戦後70年を語るもうひとつの実話です。

ミルトン・フルックマン
当時35歳でアイヒマン裁判のTV放映権を獲得。
4ヶ月にわたる撮影期間、毎晩37ヶ国に映像を配給したアメリカのプロデューサー。
裁判前にはリタ・ヘイワースの『サロメ』(‘53)、
ドキュメンタリーシリーズを含む数多くのハリウッド映画に携わった。
その後、彼はその業績により放送界のピューリッツァー賞といわれる
ジョージ・フォスター・ピーボディ賞を受賞。

レオ・フルヴィッツ(1909~91)
ドキュメンタリー『Native Land』(‘42)『Strange Victory』(‘48)で
名声を得たアメリカでも最も有名な映画製作者。
だが、マッカーシー上院議員により10年間ブラックリストに載せられていた。

1963年フランクフルト・アウシュヴィッツ裁判
(これも一人のジャーナリストと若い検事が道を開いた裁判でした)
http://mtonosama.exblog.jp/24515223/ http://mtonosama.exblog.jp/24522309/ http://mtonosama.exblog.jp/24529108/

f0165567_9305957.jpg

この裁判によってドイツ人が自らの罪を知り、ナチの行なった大量虐殺を断罪したように、
フルックマンやフルヴィッツの信念と勇気が
世界中にこの残虐行為を世界に知らしめたのです。
手に汗握る展開の合間に
当時のモノクロ映像が挿入されます。
ミルトン・フルックマンを演じたマーティン・フリーマンが
「収容所の実録シーンを見るのは辛かった。
ものすごく多くのホロコースト映像が用意されていて
中にはこれまで見たこともないものもあった」
と語っています。

忘れないこと
知らせること
伝えること

時に頑なであり、周囲の反感を買うこともあるこうした行動こそ
私たち大人のなすべきことなのではないでしょうか。

あ、熱くなってしまいました。

さあ、どんなお話なのでしょう。
この映画をご覧になるときっと皆さんも熱くなってしまうと思います。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月19日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

アイヒマン・ショー
監督/ポール・アンドリュー・ウィリアムズ、脚本/サイモン・ブロック、製作/ローレンス・ボウエン、ケン・マーシャル、撮影/カルロス・カタラン
出演
マーティン・フリーマン/ミルトン・フルックマン、アンソニー・ラバリア/レオ・フルヴィッツ、レベッカ・フロント/ミセス・ランドー、ゾラ・ビショップ/エヴァ・フルックマン、アンディ・ナイマン/デイヴィッド・ランダー、ニコラス・ウッドソン/ヤコブ・ジョニロウィッツ、ルベン・ロイド・ヒューズ/アラン・ローザンター、ベン・アディス/ロン・ハンツマン、ディラン・エドワーズ/ロイ・セドウェル、ダスティン・サリンジャー/デイヴィッド・アラド、ソロモン・モーズリー/ペリー・ロディッド、キャロライン・バートリート/ジュディ・ゴールド、エド・バーチ/ミレク・クネーベル、アンナ=ルイーズ・ブロウマン/ジェーン・ダッドリー、ナサニエル・グリード/トミー・フルヴィッツ、バイドタス・マルティナイティス/アドルフ・アイヒマン、イアン・ポーター/NYタイムズ記者、ネル・ムーニー/ NYタイムズジャーナリストの妻
4月23日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他にてロードショー
2015年、イギリス、96分、カラー、日本語字幕/松岡葉子、配給/ポニーキャニオン、http://eichmann-show.jp/

by Mtonosama | 2016-04-19 09:49 | 映画 | Comments(2)