ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:アミルホセイン・アスガリ監督 ( 2 ) タグの人気記事


ボーダレス
ぼくの船の国境線
-2-
Bedone Marz
Borderless

f0165567_4555639.jpg

© Mojtaba Amini


イランとイラクの国境を流れる川に
30年以上放置されたままになっている一艘の廃船が映画の舞台。

30年前、イラン・イラク戦争時に壊され、
それ以来そのままになっている船です。
映画と現実がそのまま連動しているかのようです。

この映画、主な出演者は3人だけ。
1人は廃船の中で逞しく生きる少年。
彼はペルシャ語を話します。
もう1人は図々しく乗り込んでくる少年兵。
アラビア語を話すこの子は少年と同い年くらい。
そして、最後に侵入してくるのは唯一の大人であるアメリカ兵。
彼が話すのは英語です。

観客は殆どの場合、字幕に頼って映画を観ています。
もちろん、そうではない方も大勢おられることでしょうが。

お互いの言葉がわからないということでは
観客もこの3人の登場人物と同じです。
どうぞ4人目の登場人物としてこの廃船にご入船ください。

ストーリー
古い船を住みかとし、ひとりで逞しく暮らす少年。
そこに突然国境のあちら側から少年兵が乗り込んでくる。
少年兵は甲板にロープを張り自分の領分とし、
船の備品を勝手に持ち出していく。
少年は怒るが少年の話す言葉は少年兵には通じず、
少年も少年兵の言葉がわからない。
時に銃を構えて威嚇する少年兵。
爆撃音が続いたある日、少年兵が赤ん坊を連れ込む。
赤ん坊を抱いて震える少年兵。
その日以来、2人の間に仲間意識のようなものが生まれた。
そんな廃船にまたまた1人の侵入者が……

f0165567_4591186.jpg


廃船の中で交錯するペルシャ語、アラビア語、英語。
誰も理解できず、話すこともできない言語は無力なものです。
しかし、3人の間には、最初の緊張が消えると、
平和とはいえないまでも微妙なバランスが生まれてきます。
言葉は通じないままですが。

少年兵は実は少女でした(どう見ても男の子にしか見えませんけど)。
2人の間に恋心が生まれるわけではありません。
ただ子どもたちが全力でぶつかり、生きる姿はとても鮮烈です。
唯一の大人である最後の侵入者・アメリカ兵は
故国の家族に想いを馳せながら折れそうな心を支えています。

時代はおそらくは1980年代のイラン・イラク戦争後。
イラン・イラクの国境での三人三様の生活と苦悩。
いまだ終わりを見せない中東の争い。

そこにスポンと切りぬかれたエアポケットのような廃船。
言葉は通じなくても、そこに訪れるひとときの安らぎには吐息がもれます。
少年兵の張ったロープは取り外され、言葉すら必要ないボーダレスな船の中に
癇癪持ちの神以前の世界の在り様を見ることができるような気がします。
例え、それがひとときの世界に過ぎないとしても。

3人の名優たちは全員が素人。
子どもたちは最後まで映画を撮影しているとは気づかず、
自然にふるまっていました。
撮影が終わった後に
「いつ撮影が始まるんですか?」と訊いてきたそうです。

イランにまたすばらしい監督と名作が生まれました。
そして、名優も。







今日もポチッとお願いできたらうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月13日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ボーダレス
監督・脚本/アミルホセイン・アスガリ、エグゼクティブ・プロデューサー/モスファ・ソルタニ、撮影/アシュカン・アシュカニ
出演
アリレザ・バレディ、ゼイナブ・ナセルポァ、アラシュ・メフラバン、アルサラーン・アリプォリアン
10月17日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開
2014年、イラン、102分、配給/フルモテルモ、http://border-less-2015.com/

by Mtonosama | 2015-10-13 05:10 | 映画 | Comments(10)

ボーダレス
ぼくの船の国境線
-1-
Bedone Marz
Borderless

f0165567_650262.jpg

© Mojtaba Amini


昔、人間は天に近づこうと高い高いバベルの塔を作りました。
その頃、人間はひとつの言葉を話し、みな理解し合うことができていたのだそうです。

天上の高みからそれを見ていた神は人間の小賢しさに怒り、
塔を壊し、ひとつの言葉で通じあっていた人々の言葉をバラバラにし、
通じ合えないようにしてしまいました。

昔の人々がそんな大それたことさえしなければ、
神様も癇を立てることはなかったのでしょうね(でも、神様って怒り過ぎ)。

私たちも苦労して外国語を学ぶ必要はなかったのに、
あ~あ
と、いまさら文句をいっても仕方ないですが。

こんな古い話を持ち出したのは、
本作『ボーダレス ぼくの船の国境線』には
一艘の廃船の中でたまたま一緒に過ごすことになった
言葉が通じない3人の人物が登場するからです。
それぞれがペルシャ語、アラビア語、英語を話すのですが、
3人が3人とも自分の言葉しか話せないし、理解することができません。

この3人に限らず、みんなが1つの言葉で意思を通じあえたら
どんなに楽で平和だったろうなぁと思います。
本当に神様って癇癪持ちなんだから。

本作はイランの新鋭アミルホセイン・アスガリ監督の作品です。

アミルホセイン・アスガリ監督
1978年テヘラン生まれ。演劇界でキャリアをスタートさせる。
現代演劇を専攻後、映画・TV界に入り、50本以上の映画やシリーズで助監督を務める。
“Maybe Another Time”で初めて短編映画を手掛けた後、本作で長編デビューした。
東京国際映画祭でプレミア上映され、大きな反響を呼んだ。

f0165567_6523840.jpg

監督にとってボーダレス=国境がない、ということは
夢であり、希望なのだそうです。

国境があるから戦争が起きる。
本来、人と人の間には壁はなく、
人々の心が通じ合えば国境なんかなくてもいい・・・
イラン・イラク戦争世代である監督はそう信じています。

イランといえば現状への不満や批判を、
子どもを通して描いた名作が多いのですが、
本作もそんな作品のひとつです。

主人公は一艘の廃船に住む少年。
イラン・イラクの国境の河に打ち棄てられた船に暮らし、
魚や貝を獲ってたった一人で生活しています。

廃船に一人で暮らす少年といえば同じくイラン映画の『駆ける少年』を思い出します。
http://mtonosama.exblog.jp/18267949/ http://mtonosama.exblog.jp/18276180/
元気になれる映画でした。

本作はアミルホセイン・アスガリ監督の長編デビュー作です。
実はイランではこのデビュー作を作ること自体が難しく、
デビュー作を作る時にはベテラン監督のサインがないと撮影許可が出ないのだそうです。
監督は何人もの監督に脚本を送りましたが、
返ってくるのは「この映画は作らない方がいい」という返答ばかり。
唯一アボルファズル・ジャリリ監督(『少年と砂漠のカフェ』)が
アドバイザーとなってくれて漸く生まれた作品です。

さあ、若い監督の産みだしたイラン映画の新しい傑作。
いったいどんなお話でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月10日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

ボーダレス
監督・脚本/アミルホセイン・アスガリ、エグゼクティブ・プロデューサー/モスファ・ソルタニ、撮影/アシュカン・アシュカニ
出演
アリレザ・バレディ、ゼイナブ・ナセルポァ、アラシュ・メフラバン、アルサラーン・アリプォリアン
10月17日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開
2014年、イラン、102分、配給/フルモテルモ、http://border-less-2015.com/

by Mtonosama | 2015-10-10 06:58 | 映画 | Comments(6)