ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:アミール・ナデリ監督 ( 2 ) タグの人気記事

駆ける少年 -2-
DAVANDEH
THE RUNNER

f0165567_7253592.jpg

(C)kanoon

時代は70年代初頭。
舞台はイラン。ペルシャ湾沿岸の港町です。
11歳のアミル少年は、浜辺に放置された廃船でひとり、小さなひよこと暮らしています。
甲板には海風が吹きこみ、あくまでも青い海と空が拡がっています。
少年はゴミ捨て場から空き瓶を拾ってきたり、
港を行き交う外国船の船員たちが海に捨てた瓶を、
仲間の少年たちと拾い集めたり(サメに気をつけなくてはならないのですけど)、
靴磨きや水売りもして生計を立てています。

え?可哀想で、元気になれない?

いえいえ。それがね――
「あんた、もうちょっとテンション下げたら?」
と声をかけたくなるほど、元気なアミル少年なのでして。

世話をしてくれる親もなく、ひとり廃船で暮らしているのですけれど、
海風が吹き抜ける船の上で小さな黄色いひよこに話しかけたり、
パン屑を分けたりしながら、結構楽しげに生きています。

アミルには好きなものも多いんです。
特に好きなのは飛行機。
飛行場の金網にしがみついて、どこか遠くへ飛んでいく姿を見ると
知らない内にニコニコしてしまうし、
飛行機の轟音に負けじと大声でわめいたりします。
英語どころか自分の国の文字も読めないけれど、外国のきれいな写真も好き。
廃船の壁にもいっぱい貼りつけています。
そうそう映画も好きです。
チャップリンの真似をして友だちとゲラゲラ笑い転げたり。
あ、友だちも大好きです。
仕事だって一緒にやるし、列車と競争して線路の上を走ったりもします。
だけど、一番好きなのは走ること。
走るって、自分の力だけで自分を動かすことができるからかな。
駆動力は自分。道具もいらない。
11歳という若さを表現するには、走ることが最もてっとり早い。
それに、なんといっても走ることは楽しい。

でも、ある日、そんなアミルが大変なことに気づきました。
もう11歳。学校へ行ってる歳なのに、字を読むことも書くこともできない。
文字を読むことは、世界を知ることだというのに……

f0165567_7323349.jpg

あ、ご案内もしないまま、ストーリーを話してしまいました。
でも、ストーリーといっても、これという話はないのですから、まっいいか、ってことで。

本作には監督自身の体験が強く反映しています。
父親は監督が生まれる前に亡くなり、母親も6歳の時に他界していて、
アミール・ナデリ監督は兄と共に叔母夫婦にひきとられ、教育は12歳までしか受けていません。
そして、叔父さんが恐い人だったので顔を合わせないため、
いつも外に出て映画のアミル少年のように暮らしていたというのです。

しかし、なんといっても目玉は、ストーリーを超える圧倒的な映像。
そして、エネルギー、自然です。
ラストで、アミルたちが炎を吹き上げるガス田の中を全力で氷に向って疾駆する場面は
圧巻というしかないエネルギッシュな映像です。
映画ってこんなに力強いものだったのか、とあらためて感動するはず。

求めよ、さらば与えられん。
欲しいものがあったら、それに向って突っ走れ!

こんな先の見えない時代、アミル少年の韋駄天走りが勇気と希望を与えてくれるに違いありません。
あきらめずにもう少し頑張ってみるかという気持になれると思います。
いえ、なれます。頑張りましょう。





今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月21日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

駆ける少年
監督・脚本/アミール・ナデリ、撮影/フィールーズ・マレクザエ、編集/バハラム・ベイザイ、製作/児童青少年知育協会
出演
マジッド・ニルマンド/アミル、ムサ・トルキザデエ/ムサ、アッバス・ナゼリ/ゴラムおじさん
12月22日(土)オーディトリウム渋谷ほか全国順次ロードショー
1985年、イラン映画、カラー、91分、字幕翻訳/ショーレ・ゴルバリアン、土肥悦子、石田泰子
http://runner-movie.net/

by Mtonosama | 2012-12-21 07:40 | 映画 | Comments(8)
駆ける少年 -1-
DAVANDEH
THE RUNNER

f0165567_5532687.jpg

(C)kanoon

イラン映画です。
それも伝説の映画といわれる「駆ける少年」が
1985年の製作から27年経って、日本の劇場で公開されることになりました。

監督はアミール・ナデリ。
ナデリ監督は、昨年、西島秀俊主演の「CUT」のメガホンをとっていますから、
ご覧になった方もいらっしゃると思います。

激しい映画だなぁ、と感想を持たれたのではないですか?
打たれても蹴られても目的に向って突き進む主人公――
監督は、西島秀俊が演じた主人公のように目指すものが手に入るまで
全力で戦う人なのだそうです。


アミール・ナデリ監督
1945年8月15日、イラン・ペルシャ湾沿岸のアバダンに生まれる。
アッバス・キアロスタミと共に児童青少年知育協会に所属し、イラン映画が国際的に脚光を浴びるきっかけを作ったイランを代表する監督。
映画監督になりたくて12歳でテヘランに。映画製作会社のお茶くみから雑用係、スチールカメラマンを経て、1970年「さらば友よ」で監督デビュー。
若い頃からハリウッドで映画監督になる夢を抱いており、1976年にはNYロケによる「メイド・イン・イラン」を監督。革命後の「駆ける少年」(‘86)「水、風、砂」(‘89)で2作連続してナント三大陸映画祭グランプリを獲得。
その後、アメリカに移住し、1993年に念願のアメリカ映画「マンハッタン・バイ・ナンバーズ」を監督。日本でも劇場公開された。
監督は日本映画にも造詣が深い親日家である。

f0165567_5545281.jpg


日本映画から非常に大きな影響を受けている監督。「駆ける少年」は黒澤明監督の『七人の侍』のラストシーンに影響を受けている。「水、風、砂」は新藤兼人監督の『裸の島』、“Waiting”は小林正樹監督の『怪談』と市川崑監督の『ビルマの竪琴』。複雑なカメラワークや長回しは溝口健二監督。映画で子どもを扱うとき、街の色彩を決めるとき、大島渚監督の作品を参考にしている。清水宏監督は子どもの演技を撮る天才であり、小津安二郎監督の沈黙による表現も尊敬している。
(映画「CUT」オフィシャルサイトより)

「駆ける少年」は実は本当の意味では本邦初公開ではなく、
1987年の東京国際映画祭に出品されています。
「‘96・イラン映画祭」でも、イラン革命前の名作でダリウシュ・メールジュイ監督「牛」(‘69)、
モフセン・マフマルバフ監督「サイクリスト」(‘89)と共に新旧32本の映画の中の目玉として上映されています。
本作はイラン革命(‘79)以後、初めて海外で受賞した記念碑ともいうべきイラン映画。
1985年のナント三大陸映画祭でグランプリを受賞し、
世界中にイラン映画を知らしめることになった作品です。

f0165567_654037.jpg

本作の主人公、目標地点に到達するまで全力で駆け続ける11歳の少年アミル。
このアミル少年は実は監督自身、自伝映画なのです。ほら、名前もほぼ同じですよね。
27年前から現在に至るまでぶれない芯を持ち続けている監督。
そんなナデリ監督に怖れにも似た敬意を覚えます。

こんな時代ですから、監督の生き方と作品は勇気と指標と元気を与えてくれます。
いや、ホントに。
この不安定で不安な時期に、ぶれないアミール・ナデリ監督が撮った
元気いっぱいのこの映画が劇場公開されるというのはなんとも嬉しいことです。

さあ、どんなお話なのでしょうか。次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月18日に更新しました。いつも応援して下さり、本当にありがとうございます☆

駆ける少年
監督・脚本/アミール・ナデリ、撮影/フィールーズ・マレクザエ、編集/バハラム・ベイザイ、製作/児童青少年知育協会
出演
マジッド・ニルマンド/アミル、ムサ・トルキザデエ/ムサ、アッバス・ナゼリ/ゴラムおじさん
12月22日(土)オーディトリウム渋谷ほか全国順次ロードショー
1985年、イラン映画、カラー、91分、字幕翻訳/ショーレ・ゴルバリアン、土肥悦子、石田泰子
http://runner-movie.net/

by Mtonosama | 2012-12-18 06:17 | 映画 | Comments(6)