ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:アルプス 天空の交響曲 ( 2 ) タグの人気記事


アルプス 天空の交響曲(シンフォニー)
-2-
A SYMPHONY OF SUMMITS THE ALPS FROM ABOVE

f0165567_6421418.jpg


(C)VIDICOM 2013


本作を監督したのはハンブルグ出身1960年生まれのペーター・バーデーレと
1979年ロストック生まれのセバスチャン・リンデマン。
35歳のリンデマンがこの映画のコンセプトを立て、
55歳のバーデーレが製作を担当し、監督としてヘリコプターに乗り込みました。

カメラはヨーロッパアルプスの最高峰モンブランからイタリアとオーストリア国境付近
に拡がる山岳地帯、世界遺産ドロミーティまで、
天空の高みから鮮明な映像を映し出してくれます。

山々だけではなくダム湖に沈んだ村や
ルートヴィッヒ2世の城も空から眺め、
後退する氷河もこの眼で確認します。

時には鷲の目を持ち、鷲の速度でアルプスの上空を滑空。
この映像は鷲匠が所有するゴールデンイーグルに装着したカメラによって
実際に撮影されています。
まさに鳥の目で撮影されているわけですね。

f0165567_6463619.jpg


また、氷河上に溶融を遅らせるために置かれたマットの巨大さを見て、温暖化を実感。
太古の昔に起こった地球の大変動の痕跡を確かめることも。

あるいは山頂に建てられた十字架に山々の崇高さを見て、敬虔な思いになったり。

実際には経験できないことを見せてくれるものが映画なのでありますが、
この作品ほど自分の身体では絶対になしえないことを経験させてくれるものはありません。

ただひたすら鳥になって天高く舞う気分なのであります。
そして、この景観はいつまで楽しめるのでありましょう。

ああ、それにしても人間とは小さなものです。
その人間がアルプスにさえ毒牙をたてている様も垣間見えると思います。

眼前に拡がる想像もできない視野を享楽する94分間の飛行。
観客を導くナレーターは小林聡美です。

GWだからと込み合った地上世界で行列しなくても、
鳥の目でアルプス遊覧を楽しむというのも一興でありましょう。





今日もポチッとしていただけたらうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月16日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

アルプス 天空の交響曲(シンフォニー)
監督/ペーター・バーデーレ&セバスチャン・リンデマン、カメラ/クラウス・シュトゥール、編集/ローランド・ポッセール、航空撮影プロデューサー/アンドレア・モコシュ、撮影パイロット/グイド・バウマン、ヴァルター・リュッシャー、地上ドライバー/モーリッツ・ミュラー・プライサー、製作総指揮/ペーター・バーデーレ
ナレーション/小林聡美
4月18日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
2013年、ドイツ、93分、後援/ドイツ観光局、スイス政府観光局、オーストリア政府観光局、提供/ニューセレクト、配給/アルバトロス・フィルム、
http://alps-tenkuu.com/

by Mtonosama | 2015-04-16 06:52 | 映画 | Comments(11)

アルプス 天空の交響曲(シンフォニー)
-1-
A SYMPHONY OF SUMMITS THE ALPS FROM ABOVE

f0165567_5432294.jpg

(C)VIDICOM 2013


とのはその昔、山ガールでありました。
大昔のことでありますが。

アルプスにも憧れておりました。
壁にかかったカレンダーの美しい景色を観て、これがアルプスか、
と知ったからであります。
はい、単純な理由であります。

それから幾星霜。
いたいけない幼女も大人になり、酸いも甘いもかぎわける年頃になりました。
そして、いまや150歳。
それでもアルプスと聞くと心が躍ります。

その昔スイス・グリンデルバルトへ行った時は
♪The Hills are alive with the sound of music♪
(『サウンド・オブ・ミュージック』The Hills are alive)
と恥ずかしげもなく歌ってしまいましたし、

ボーデン湖の向こうにアルプスの頂が見えたときは胸がときめきました。

飛行機の窓から雲の上につきだしているアルプスの峰々の先端を見たときも
これは幻ではなかろうかと思いました。

f0165567_5462615.jpg

アイガーやマッターホルンに登るなどという大それた望みはありません。
スイスやドイツでほんのちょっと見られただけで、いつお迎えが来ても良い心境でありますのに、
このような映画を観られるとはなんと幸せなことでありましょう。

それが本作『アルプス 天空の交響曲(シンフォニー)』です。

ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア、スロベニア、リヒテンシュタイン、スイス
の7ヶ国にまたがるアルプス山脈を空中から撮影したドキュメンタリー映画。

アルプスは東西約1000km、南北約150km。
最高峰のモンブラン(4810m)をはじめ、マッターホルンなど4000m級の高山が連なります。
漸新世(3400万年前から2300万年前)から中新世(2300万年前から530万年前)に
アフリカ大陸とユーラシア大陸が衝突したことで地上に生まれたアルプス。
その証拠は本作の中でも見ることができます。

この雄大な山脈を、鳥の目で、いえ、神の目で俯瞰する映画であります。

f0165567_5482750.jpg

これを撮影したのは神の目ならぬ特殊カメラ。
アメリカ諜報局が開発したシネフレックスカメラです。
揺れに強く、ブレの無いズーム撮影を得意としています。
このカメラ、本来は軍事偵察目的で開発されたヘリコプター用カメラで
時速320kmまで撮影が可能です。
高性能ジャイロで揺れを防ぎ、HD潤滑高解像度ズームによって
高さ数千mから地面までをブレることなくズーム撮影できるというすごい代物。
といっても門外漢にはよくわかりませんが・・・

ペーター・バーデーレ監督はこのシネフレックスカメラを
前作『Die Nordsee von oben』 (’13)で試す機会を得て、
ドイツ本国で21万5千人の動員を記録していることが本作の撮影にもつながりました。

さあ、一体どんなアルプスを楽しむことができるのでしょうか。
めったなことではお目にかかれない映像をご自分の目で確認なさってください。



今日もポチッとしていただければうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月13日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

アルプス 天空の交響曲(シンフォニー)
監督/ペーター・バーデーレ&セバスチャン・リンデマン、カメラ/クラウス・シュトゥール、編集/ローランド・ポッセール、航空撮影プロデューサー/アンドレア・モコシュ、撮影パイロット/グイド・バウマン、ヴァルター・リュッシャー、地上ドライバー/モーリッツ・ミュラー・プライサー、製作総指揮/ペーター・バーデーレ
ナレーション/小林聡美
4月18日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
2013年、ドイツ、93分、後援/ドイツ観光局、スイス政府観光局、オーストリア政府観光局、提供/ニューセレクト、配給/アルバトロス・フィルム、
http://alps-tenkuu.com/

by Mtonosama | 2015-04-13 05:57 | 映画 | Comments(2)