ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:アルベール・カミユ ( 2 ) タグの人気記事

最初の人間 -2-
Le Premier Homme

f0165567_6524898.jpg

© Claudio Iannone

アルベール・カミユの遺作でありながら、タイトルが「最初の人間」というのは
ちょっと不思議な感じがします。

最初の人間――
きっと初めてアルジェリアに根を下ろしたというカミユの父や
太陽と海と砂漠の大地に生まれ育ったカミユ自身のことを指しているのでしょうか。

アルジェリアでも、フランスでも、異邦人であるという困難な立場を生きたカミユが書いた最後の作品です。
主人公ジャック・コルムリが、アルジェリアの独立戦争のさなかに帰郷する設定の
この未完の小説はまさにカミユの自伝であり、これまでに書いてきた作品の原点といって差し支えないでしょう。
まさに「初めであり、終りである」です。

1954年11月1日、アルジェリア全土で民族解放戦線が蜂起。
アルジェリア独立戦争と呼ばれるこの独立運動は1962年まで続きますが、
1956年、市民への停戦の呼びかけに失敗したカミユはアルジェリア問題について公に語ることを止めます。

アルジェリアは、もともと自分たちの土地であったと主張するイスラム教徒、
アルジェリアに生まれ育ったのだから、自分たちの土地だと言い張るフランス人。

しかし、いつの時代も、いずれの土地でも同じことが行われるものです。

監督は「家の鍵」(‘04)のジャンニ・アメリオ。
本作では抒情詩を思わせるような主人公の子供時代が描かれていますが、
これはもう子供の演出にかけては天下一品のアメリオ監督ならではのものでしょう。

さあ、一体どんなお話なのでしょうか。


ストーリー
1957年夏、ジャック・コルムリはブルターニュの仏軍墓地にある父の墓の前に佇んでいた。
まだ20代で戦死した父。
数日後、ジャックは母を訪ねるため、独立戦争さなかのアルジェリアに向う。
空港にはジャックを大学での討論会に出席させるため、学生たちが出迎えにきていた。

作家として成功をおさめたジャックは政治的な発言を避けてきたが、彼をリベラルと捉える人は大勢いる。ジャックがアラブ人とフランス人との共存を語りかけると、会場は怒号と喝采で湧き返った。

翌日、母の家に向うジャック。
彼が子どもの頃、厳しい祖母や気の良い叔父と暮らしていたアパート。
そこに母は今もひとりで暮らしていた。数年ぶりに訪れた我が家で、ジャックは父の写真を見ながら、幼い頃の日々に想いを馳せるのだった――
f0165567_702038.jpg

友だちと遊び興じた日々。
犬殺しの車から野良犬を逃がし、代わりに自分がそこに入れられたこと。
祖母の折檻に怯えたこと。
上級学校に進学できるように祖母を説得してくれたベルナール先生のこと。


翌日、ジャックはアラブ人居住区に出かけ、小学校時代の級友ハムッドに会う。
彼は当時ジャックがフランス人であるというだけでケンカをしかけてきたものだ。
そのハムッドが、独立運動のために不当逮捕された息子のアジズを助けてくれと頼んできた。
早速、奔走するジャックだったが、その努力も及ばずアジズは断首刑に。
そして、ジャックはラジオで皆に呼びかけるのだった……

「今日、ママンが死んだ」というクールな表現になじんだとのにとって、
主人公ジャックはとても人間的で情緒的でした。
同様に、不条理文学の旗手、あるいは、サルトルとの論争といった予備知識や先入見で
カミユを捉えていると、本作では意外感を抱くことになるかもしれません。

そんなクールさと情緒性を持つジャック・コルムリを
ジャック・ガンブランが好演していました。
彼、顔はとてもクールでカミユにも似ているのに、
「ママンが死んだ」どころか、
「ママン、大丈夫?」
「ねえ、寒くないかな?」
「痛かったらすぐに言って」
もう、ママ、ママ、ママの連呼って感じでした。
でも、「異邦人」でムルソーを演じたマルチェロ・マストロヤンニより適役かも。
(などと言いきってしまっていいのか?)

イメージはそのままアルベール・カミユでありながら、
その人物像はこれまで抱いていたカミユを嬉しい形で裏切ってくれます。
政治の時代に生きたイコンとしてのカミユではなく、
肉親や恩人、そして、アルジェリアの風土に密着した生きた人間的なカミユがスクリーンには息づいていました。

来年はカミユ生誕100年。この映画でカミユに初めて出会う人は幸せです。
小説「最初の人間」を読み、もう一度、他の作品を読みなおしてみたくなりました。





今日もポチッとしていただければサイコーです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月27日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

最初の人間
監督・脚本/ジャンニ・アメリオ、原作/アルベール・カミユ「最初の人間」(新潮文庫)、撮影/イヴ・カープ、製作/ブリュノ・ぺズリー、フィリップ・カルカッソンヌ
出演
ジャック・ガンブラン/ジャック・コルムリ(1957)、ニノ・ジグレット/ジャック・コルムリ(1924)、カトリーヌ・ソラ/キャサリーン・コルムリ(1957)、マヤ・サンサ/キャサリーン・コルムリ(1924)、ドゥニ・ポダリデス/ベルナール先生、ウラ・ボーゲ/祖母、ニコラ・ジロー/叔父(1924)、ジャンポール・ボネール/叔父(1957)、アブデルカリム・ベンハウンチャ/ハムッド・アブデラマン、ジャン=フランソワ・ステヴナン/農夫
12月15日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー
2011年、仏・伊・アルジェリア、フランス語、カラー、105分、字幕翻訳/寺尾次郎
配給/ザジフィルムズ
http://www.zaziefilms.com/ningen/

by Mtonosama | 2012-11-27 07:08 | 映画 | Comments(10)
最初の人間 -1-
Le Premier Homme

f0165567_6502283.jpg

© Claudio Iannone

アルベール・カミユ。
大学に入った年、少し大人になった気がして、この作家の小説「異邦人」を読みました。

“今日、ママンが死んだ”
「異邦人」の書き出しの言葉です。
ママンどころか父も祖父母も曽祖母すら存命していた18歳のこむすめでしたから、
肉親の死を告げるこの言葉から、初めて人の死を知らされたような衝撃を受けました。
ママンという言葉も新鮮でしたし、主人公ムルソーの頭上の白熱した太陽も印象的でした。
その後、映画「異邦人」(‘68 ルキノ・ヴィスコンティ監督)を観て、
ギラギラした太陽の印象はさらに鮮烈なものになりました。

「反抗的人間」「シジフォスの神話」「転落」「追放と王国」
第3、あるいは第4反抗期(?)の18歳はタイトルにもそそられました。

読んだのはもう100年以上昔のことなので内容は覚えていませんが、
ただ、18歳まで漠然と持っていたフランスのイメージが少し変わったような気がしました。

フランスのイメージといっても
“わたしの耳は貝の殻 海の響きを懐かしむ”(ジャン・コクトー 堀口大學訳)
くらいしかありませんでしたけどね。ひぇっ、恥ずかしい。

f0165567_6583794.jpg

「異邦人」の中の眩しすぎる太陽とか、
やっとの思いで運び上げた途端に転げ落ちてくる石とか、
どこか激しくて、人生は思い通りにいかないぞ、みたいな部分は、
カミユという作家がフランスだけで生まれ育った人ではないということによるのかもしれません。
そう、太陽がやたら熱くて、どこまでも砂漠が拡がるアルジェリアの大地が
大きな影響を与えているのだと思います。


アルベール・カミユ
f0165567_6544773.jpg1913年~1960年。アルジェリア生まれ。
フランス人入植者の父が第1次世界大戦で戦死。
以後、母とともにアルジェ市内にある母の実家で暮らす。
実家には祖母の他、叔父も暮らし、聴覚障害のあった母も含め、家族に読み書きのできる人はいなかった。
1918年に小学校入学。家は貧しく、上級学校に進学する気はもともとなかったが、この小学校の教諭ルイ=ジェルマンはカミユの才を見抜き、彼を進学させるように家族を説得。彼はこの先生から受けた恩を生涯忘れず、ノーベル賞記念講演の出版の際にも「ルイ=ジェルマン先生へ」と献辞を添えた。
1924年に奨学金を受け、アルジェの高等中学校に進学。
高等中学校時代のカミユはサッカー少年でもあり、アルバイトにも励みながら成績は優秀。
この時代、教員のジャン・グルニエの影響で文学に目覚める。
1932年アルジェ大学文学部に入学。在学中に結婚するが、離婚。
大学卒業後、処女エッセイ集「裏と表」(‘37)出版。
翌年「アルジェ・レピュブリカン」の新聞記者に。第2次世界大戦時には反戦記事を執筆。
また、アマチュア劇団活動でも活躍。
「異邦人」(‘42)、「カリギュラ」(‘44)、「ペスト」(‘47)等で文学的地歩を固める。
しかし、「反抗的人間」(‘51)をめぐり、サルトルと論争し、孤立を深める。
以後、持病の結核を抱えながら、「転落」(‘56)等を発表。
1957年、43歳でノーベル文学賞受賞。その後はプロヴァンス地方の田園地帯に住み、
パリとの間を行き来する日々を送る。
1960年交通事故で死亡。

彼が亡くなったその傍らの鞄に入っていたのが、未完の小説「最初の人間」でした。
その後30年以上の年月を経て、カミユの娘カトリーヌ・カミユはその原稿を未完のまま出版。
フランスで60万部を売り上げるベストセラーになりました。
これは彼の自伝ともいえる小説であり、不条理文学の旗手カミユの原点を知る上で画期的ともいえる作品です。

生誕100年を前にいよいよ映画化された本作。乞うご期待であります。



今日もポチッとしていただけたら嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月24日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

最初の人間
監督・脚本/ジャンニ・アメリオ、原作/アルベール・カミユ「最初の人間」(新潮文庫)、撮影/イヴ・カープ、製作/ブリュノ・ぺズリー、フィリップ・カルカッソンヌ
出演
ジャック・ガンブラン/ジャック・コルムリ(1957)、ニノ・ジグレット/ジャック・コルムリ(1924)、カトリーヌ・ソラ/キャサリーン・コルムリ(1957)、マヤ・サンサ/キャサリーン・コルムリ(1924)、ドゥニ・ポダリデス/ベルナール先生、ウラ・ボーゲ/祖母、ニコラ・ジロー/叔父(1924)、ジャンポール・ボネール/叔父(1957)、アブデルカリム・ベンハウンチャ/ハムッド・アブデラマン、ジャン=フランソワ・ステヴナン/農夫
12月15日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー
2011年、仏・伊・アルジェリア、フランス語、カラー、105分、字幕翻訳/寺尾次郎
配給/ザジフィルムズ
http://www.zaziefilms.com/ningen/

by Mtonosama | 2012-11-24 07:09 | 映画 | Comments(6)