ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:アレックス・プロヤス監督 ( 2 ) タグの人気記事


キング・オブ・エジプト 
–2-
Gods of Egypt

f0165567_585885.jpg

(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


なじみ深いけれどあまりよく知らなかった古代エジプト。
それを舞台にこんな冒険スぺクタルを作ってしまうのだから恐るべしハリウッド。

さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。

ストーリー
神と人間が共存する古代エジプト。
残虐な暴君と化した砂漠の神・セトは
戴冠式で強引に天空の神・ホルスから王座を奪い取る。
それ以降、民である人間たちはセトの圧政の下で苦しめられていた。

ある日、セトの神殿の宝物庫に忍び込んだコソ泥のベックは
青く光り輝く球体を奪い取る。
それこそホルスが再び王に君臨するために必要な≪神の眼≫だった。
しかし、それがきっかけとなりベックの恋人ザヤは囚われの身になってしまった。

セトが待ち受けるピラミッドに忍び込んでもうひとつの≪神の眼≫を盗み出すため、
また、死が迫るザヤを救い出すため、ベックは冒険の旅に出る。
ベックが共に旅立つのはセトに王座を奪われ意気消沈していたホルス。

ホルスはセトを追放するためには砂漠を崩壊させなければならないと言う。
そこで二人はホルスの祖父であり、セトの父でもある
宇宙を司る太陽神・ラーの助言を受けながら一歩一歩進む
だが、その道にはさまざまな難関が待ち受ける。
二匹の大蛇を操る二人の戦いの女神や
セトが送り込んだハンターたち
スフィンクスが仕掛ける謎。
それらをクリアしながら前進する二人。
妖艶な愛の女神・ハトホル、うぬぼれ屋の知恵の神・トトも彼らの味方だ。

だが、セトは黄金の翼を得て強化され、父親であるラーにも挑みかかるのだった。
エジプトだけではなく全宇宙をもその支配下に治めようとするセト。

ベックとホルス、
そして恋人ザヤの運命やいかに……

f0165567_5254996.jpg

神と人間との描き分けは体の大きさ。
といっても巨大神というほどのでかさではなく
ジャイアント馬場と舞の海くらいの違い、
というところがなんか中途半端なんですけどね。

だから俳優たちは演じる時の目線の高さに苦労したんですって。
例えばホルスがベックと会話をするシーンでは
ベック役のブレントン・スウェイツのお腹あたりに目線を向けたり、というように。

背景はCGで後付けで作られるため
俳優たちは何もないところで演技しなければならなかったそうです。

ここでこんなネタばらしをしても
実際に観ると興奮するというか、手に汗握るというか、
結構楽しめるのがこの手の娯楽超大作ってやつでしょうか。

昔からゲームが苦手なとのはその世界を知らないけれど
もしかしたらゲームの達人たちにとっては
こういう映画は結構常識の範囲内なのかもしれませんね。

暑さしのぎに映画館へ足をお運びくださいませ。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆8月26日に更新しました。いつも応援いただきありがとうございます☆

キング・オブ・エジプト
監督/アレックス・プロヤス、脚本/マット・サザマ、バーク・シャープレス、製作/ベイジル・イヴァニク、アレックス・プロヤス、撮影/ピーター・メンジース・Jr
出演
ニコライ・コスター=ワルドー/ホルス、ブレントン・スウェイツ/ベック、チャドウィック・ボーズマン/トト、エロディ・ユン/ハドホル、コートニー・イートン/ザヤ、ルーファス・シーウェル、ジェラルド・バトラー/セト、ジェフリー・ラッシュ/ラー、レイチェル・ブレイク/イシス、ブライアン・ブラウン/オシリス、エマ・ブース/ネフティス、ヤヤ・デュン/アスタルテ、アビー・リー/アナト
9月9日(金)全国超拡大ロードショー
2016年、アメリカ、127分、カラー、字幕翻訳/林完二
http://gaga.ne.jp/egypt/

by Mtonosama | 2016-08-26 05:30 | 映画 | Comments(4)

キング・オブ・エジプト
 -1-
Gods of Egypt

f0165567_4245074.jpg


(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


150歳まで歳を重ねると戦闘ゲーム系のものには
まったく興味を失ってしまうのですが、
映画では時折ド派手なアクションものを観たくなることもあります。

ちょっと前BS3で『インディ・ジョーンズ』をやっていたので
シリーズで観てしまいました。

ありえないとわかっていても
ヒッと息を呑み、ギャーと叫び、
観終わった後、身をいれすぎて肩がこっても
それもまた楽しいと思えるのは
アクションものの醍醐味でありましょう。

本作は神と人間が共存する古代エジプトに勃発した
王座をかけたメチャクチャにスケールの大きなバトルを描いた
アクション・アドベンチャーです。

えー、なんで古代エジプトなの?
とか
古代エジプトの神様って人間の顔してるの?
とか

つっこみどころはたくさんおありでしょうが、
ま、たまには良いじゃありませんか。

でも、古代エジプトがどんな時代だったかくらいは
予習しておきましょうか。
とのが知っている古代エジプトはワイン発祥の地くらい。
あ、ピラミッドとスフィンクスもありましたね。

本作の字幕監修をした吉村作治先生によれば
今から約5千年前ナイル川のほとりに誕生し、
BC30年クレオパトラの死により終焉したのが
古代エジプト文明ということです。
日本史が始まった時には、
古代エジプト史はもう終わっているのですから
う~ん、ロマンですねえ。

本作にも登場するスフィンクスですが、
これも神様なんですって。
人間の理想形なのでクフ王の顔になっています。

その後、人や神殿の守り神の意味を持つようになったスフィンクス。
それが海を渡り、狛犬やシーサーになったのだそうです。

f0165567_4302754.jpg


本作にはたくさんの神様が登場しますが、
古代エジプトには1000を超える神様がいました。
でも、神様はそもそも思想であり、哲学なので、
その姿形はわかりません。
古代エジプトの神様は動物や鳥の顔に人の体だったり色々。
この映画では神様は人間より少し大きい形で登場してきますよ。

さて、エジプトといえばピラミッドですが、
これはお墓なのでしょうか。
吉村先生がおっしゃるには、誰のお墓でもないとのこと。
ギリシャの歴史家ヘロドトスが「ピラミッドの近くに墓がある」
と書いたのが間違って解釈され、
実際ピラミッドの中でミイラが見つかったことはないそうです。
ピラミッドは宗教儀式を行い、神が降りてくる場所なのです。

知らなかったなあ。
とのなどピラミッドの中へ入ったという人が
「とっても臭かったわ」
というのを聞いて死体の匂いだとばかり思いこんでいましたから。

あ、またどうでもいいことを。
『キング・オブ・エジプト』はミイラの話ではなく
仮想現実の古代エジプトを舞台に展開する冒険ファンタジー。
なんたって太陽神ラーのいますところは大宇宙ですからね。

砂漠の神セトと天空の神ホルスの王座をめぐる大激戦。
そんな中ホルスを助け、エジプトの運命を担うのは
コソ泥ベック・・・

監督はエジプト生まれのアレックス・プロヤス。
なんとも壮大な冒険スペクタクル。
続きは次回まで乞うご期待でございますよ。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆8月23日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

キング・オブ・エジプト
監督/アレックス・プロヤス、脚本/マット・サザマ、バーク・シャープレス、製作/ベイジル・イヴァニク、アレックス・プロヤス、撮影/ピーター・メンジース・Jr
出演
ニコライ・コスター=ワルドー/ホルス、ブレントン・スウェイツ/ベック、チャドウィック・ボーズマン/トト、エロディ・ユン/ハドホル、コートニー・イートン/ザヤ、ルーファス・シーウェル、ジェラルド・バトラー/セト、ジェフリー・ラッシュ/ラー、レイチェル・ブレイク/イシス、ブライアン・ブラウン/オシリス、エマ・ブース/ネフティス、ヤヤ・デュン/アスタルテ、アビー・リー/アナト
9月9日(金)全国超拡大ロードショー
2016年、アメリカ、127分、カラー、字幕翻訳/林完二
http://gaga.ne.jp/egypt/

by Mtonosama | 2016-08-23 04:41 | 映画 | Comments(4)