ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:アンジェリーナ・ジョリー・ピット監督 ( 2 ) タグの人気記事


白い帽子の女
-2-
By the Sea

f0165567_629381.jpg

(C)2015 UNIVERSAL STUDIOS


あらためてご紹介するまでもないアンジェリーナ・ジョリー。
これからはアンジェリーナ・ジョリー・ピットと
書かなくてはいけないのですが、
『17歳のカルテ』での鮮烈な彼女を忘れられないがゆえに
やっぱりアンジェリーナ・ジョリーと呼びたいです。

――と書いたところで二人の離婚のニュースが飛び込んできました――

1975年生まれのアンジー。
女優としては1997年にTV映画『ジョージ・ウォレス/アラバマの反逆者』で
ゴールデン・グローブ賞最優秀主演女優賞、
1998年TV映画『ジーア/悲劇のスーパーモデル』で
ゴールデン・グローブ賞テレビ映画主演女優賞などを受賞。
1999年『17歳のカルテ』(ジェームズ・マンゴールド監督)で
アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、
放送映画批評家協会賞、全米映画俳優組合賞の助演女優賞を受賞。
その後アクション・アドベンチャー『トゥームレイダー』(’01 サイモン・ウェスト監督)
続編『トゥームレイダー2』(’03 ヤン・デ・ポン監督)。
2005年にはブラッド・ピットと共演した『Mr.&Mrs.スミス』(ダグ・リーマン監督)。
2008年にはアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞ほか
多数の主演女優賞にノミネートされた
『チェンジリング』(クリント・イーストウッド監督)に出演。
また様々な人道支援活動にも取り組み
UNCA(国連特派員協会)の国連特派員協会賞の第1回受賞者となる。
2005年、グローバル人道賞を受賞。
2007年、外交問題評議会に参加。
2012年、UNHCR(国連難民高等弁務官)特使に任命され、
同年、戦争における武器としてのレイプを終わらせることを目的とした
性的暴力防止イニシアティブを共同設立。
155ヶ国以上の国でサポート活動をしている。

f0165567_6311810.jpg

そのほか乳腺、卵巣、卵管の切除を「ニューヨークタイム・タイムズ」で公表。
(この時からアンジェリーナ・ジョリー・ピットと名乗るようになりました)
そして、なんとつい昨日《離婚》というニュースが!

なにかと話題の多いアンジーです。
さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。

ストーリー
70年代。マルタ島。
カブリオーレを走らせ、ヴァカンスの地へ向かう
アメリカ人の小説家ローランドとその妻ヴァネッサ。

二人は海沿いにある居心地の良いカフェで一休み。
海に臨む静かなホテルに到着し、
慣れた手つきで家具の配置を変える二人。

翌朝、ベッドから出てこないヴァネッサに「良い一日を」と声をかけ
創作のためカフェに出かけるローランド。

夜、部屋に戻ってきたローランドに「楽しかった?」と訊ねるヴァネッサ。
「いや」と答え、そのまま寝てしまうローランド。
その日から彼は一人でカフェへ出かけ一日中酒を飲み、
ヴァネッサは部屋で一人過ごすだけの日々。

ある日の夕暮れ
隣室に新婚カップルのフランソワとレアがパリから到着した。

ホテルで一人過ごすヴァネッサは
数日前に見つけた壁の穴を思い出す。
覗いてみるとちょうど隣室のベッドが見える。
楽し気な会話、
愛を謳歌する若い夫婦――

観光客でにぎわう浜辺。
ローランドはカフェで酒を飲み、
ヴァネッサは薬をワインで流し込み、部屋で一日を過ごす……

f0165567_632144.jpg

毎朝決まった時間に漕ぎだし、
毎夕決まった時間に収穫もなく戻ってくる一艘の小舟が
二人の日々を暗示するように何度も何度も登場します。

ムンクの油彩画「マドンナ」を彷彿させる
けだるく、病的なヴァネッサのメイク。

そういえば70年代って
アイラインをくっきりひいたメイクだったなあ。
ヴァネッサほど目元を薄黒くはしていなかった気はするけど。

愛を失いつつある中年夫婦と若い新婚夫婦。
夫婦と妻を亡くした年老いた男。
太陽に照らされたマルタ島
そして、内部に闇を抱えるヴァネッサとローランド。

対比と話題ばかりがくっきりと際立つ映画でありました。





今日もポチッとしていただけたらうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村

☆9月22日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

白い帽子の女
監督・脚本・製作/アンジェリーナ・ジョリー・ピット、製作/ブラッド・ピット、製作総撮影/クリスティアン・ベルガー
出演
ブラッド・ピット/ローランド、アンジェリーナ・ジョリー・ピット/ヴァネッサ、メラニー・ロラン/レア、メルヴィル・プポー/フランソワ、ニエル・アレストリュプ/ミシェル、リシャール・ボーランジェ/パトリス
9月24日(土)シネスイッチ銀座、渋谷シネパレスほか全国順次ロードショー
2015年、アメリカ、122分、配給/ビターズ・エンド、http://www.shiroiboushi.jp/

by Mtonosama | 2016-09-22 06:38 | 映画 | Comments(4)

白い帽子の女
-1-
By the Sea

f0165567_6312971.jpg

(C)2015 UNIVERSAL STUDIOS


映画を観る場合、どんな動機でご覧になりますか?
興味のある俳優、気になる監督、舞台となった場所、時代、テーマ・・・
いろいろありますよね。
あと、話題性などというものもあるでしょうか。

それでいったら、本作はすごいですよ。
まず、俳優がブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー。
監督がまたまたアンジェリーナ・ジョリーでしょ。
舞台が地中海に浮かぶマルタ島で
時代は70年代。
テーマは、すれ違ってしまった夫婦が愛を取り戻すということで
話題性でいったらブラッド・ピットとアンジーの10年ぶりの共演。
さらに、さらに、アンジェリーナ・ジョリーは本作から
アンジェリーナ・ジョリー・ピットのクレジットで登場します。
(≪夫婦は別姓≫が信条のとのとしてはなんで今更?とは思いますが)

ま、それはさておいて

2014年夏マルタ島を訪れた
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー・ピット。
二人はこの島で本作を撮影しました。
『Mr.&Mrs. スミス』(‘05)で二人が出会って以来
10年ぶりの共演作です。

f0165567_6364066.jpg

マルタ島
マルタ島(Malta)は、地中海の中央、マルタ共和国内の島で、
同国内では最も大きな島である。
本島はイタリア、シチリア島の南93kmほどのところにある。
面積246㎢、最高標高点253m。
世界で初めて海水から生活用水を生み出した島でもある。
最も大きな都市は、首都でもあるバレッタ。
島の東部にあり、市街は世界遺産となっている。
海岸沿いのいりくんだ入り江は美しい港の景観を創りだし、
密集した人家の風景は高台のある丘が特徴的である。
(Wikipediaより)

本作『白い帽子の女』のシナリオは
当試写室でも上映した『不屈の男 アンブロークン』('16)よりも
http://mtonosama.exblog.jp/24907703/ 
http://mtonosama.exblog.jp/24916718/

アンジーの監督デビュー作『最愛の大地』(’13)よりも前に書かれていました。

彼女が監督デビューするずっと前に書いた脚本ですから、
自分たち夫婦が演ずることなど考えてはいなかったそうです。

とはいえ、結果的には
主人公の小説家夫妻は二人が演じ、
マルタ島で出会うフランス人新婚夫婦は
『ぼくを葬る』(’05)のメルヴィル・プポー、
『黄色い星の子供たち』(‘10)のメラニー・ロラン
http://mtonosama.exblog.jp/16213471/
http://mtonosama.exblog.jp/16227904/

が演じるという豪華なキャスティングになっています。

f0165567_6385437.jpg

さすが大物俳優はヨーロッパに行っても
キャスティング力抜群ですね。

ならば、主人公の夫婦役に自分たちをキャスティングしない方が良かったんじゃないかな?
って・・・
言っちゃった。

極めて個人的な見解ではありますし、
偏見、あるいは、やっかみ、ひがみがあるのかもしれませんが
おいおい、夫婦で夫婦役するのかよ。
勘弁してよ、
と思ってしまいました。

映画は各人各人の好みですから、
皆さんがどうお感じになるかはわかりません。

でも、いったいどんなお話なのでしょうね。
続きは次回までお待ちくださいませね。



今日もポチッとしていただけたらうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村

☆9月19日に更新しました。いつも応援していただき、ありがとうございます☆

白い帽子の女
監督・脚本・製作/アンジェリーナ・ジョリー・ピット、製作/ブラド・ピット、製作総撮影/クリスティアン・ベルガー
出演
ブラッド・ピット/ローランド、アンジェリーナ・ジョリー・ピット/ヴァネッサ、メラニー・ロラン/レア、メルヴィル・プポー/フランソワ、ニエル・アレストリュプ/ミシェル、リシャール・ボーランジェ/パトリス
9月24日(土)シネスイッチ銀座、渋谷シネパレスほか全国順次ロードショー
2015年、アメリカ、122分、配給/ビターズ・エンド、http://www.shiroiboushi.jp/

by Mtonosama | 2016-09-19 06:49 | 映画 | Comments(6)