ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:アンドレア・セグレ ( 2 ) タグの人気記事

ある海辺の詩人
―小さなヴェニスで― -2-

IO SONO LI
SHUN LI AND THE POET

f0165567_7294539.jpg

(C)2011 Jolefilm S.r.l.- Aternam Films S.a.r.l - ARTE France Cinema


キオッジャは小さなヴェニスと呼ばれる美しい漁師町です。
ヴェニスもキオッジャも行ったことがないので、例によってWikipediaのお世話になりますと――

キオッジャ(Chioggia)は人口51,755人のイタリア共和国ヴェネト州ヴェネツィア県のコムーネの一つで、
ヴェネツィアの南 57 km に位置する。5世紀に書かれた古い資料には、街はビザンティン帝国の一属州の一部となったとある。
中世には街は独立コムーネとなり、1110年には司教座となった。
歴史上重要な1ページはキオッジャの戦いと呼ばれるジェノヴァとヴェネツィアとの戦いである。
1379年、街はジェノヴァの手に落ち、1380年にはヴェネツィアが取り戻した。キオッジャは、1797年にナポレオンの手によりヴェネツィア共和国が滅亡させられるまでその一部となった。
続いてカンポ・フォルミオ条約により1798年に街はオーストリアに組み入れられ、1866年にイタリア軍が街を解放しイタリア王国に併合されるまで、オーストリアとフランスが交互に街を支配した。
第二次世界大戦中は連合国の空軍の絨毯爆撃の危険にさらされた。
市民たちの蜂起により、ナチスは降伏。1945年4月27日街は連合軍により解放された。(Wikipediaより)

と古い街なので、中世のままのような家並みが美しいです。
観光客の多いヴェニスとは異なり、素朴な雰囲気に包まれた町であることが映画から伝わってきます。

そんな小さな町の小さなオステリアが舞台。
オステリアって地元の住民が集う居酒屋みたいな店のことだそうです。
よく見るトラットリアというのは前菜からメインコースまで一通り揃っている店なんだとか。
蛇足ですが。

さて、どんなお話でしょうか。


f0165567_73318100.jpg

ストーリー
町の漁師たちが集う店「パラディーゾ」。
そこは常連たちがビリヤードを楽しんだり、本や新聞を読んだり、酒を飲んだり、
思い思いに時を過ごす憩いの場だ。
“詩人”と呼ばれる漁師のペーピ。
漁師を引退し、仕事のない日々に不安を感じるコッぺ。
昔の職業名で呼ばれる“弁護士”。
外では威勢が良いけれど女房には頭が上がらないデヴィスたちが日々集まってくる。

そんな店に遠い中国からシュン・リーがやってきた。
地元で愛されている飲み物を常連に教わりながら作り、
片言のイタリア語でたまったツケを請求するもの静かな女性だ。
ある日の閉店後、偶然二人になったペーピとシュン・リーは故郷や家族のことを話し始める。
彼女の故郷は福州。キオッジャと同じ海辺の町で、父も祖父も漁師だった。
ペーピもずっと昔にユーゴスラヴィアからキオッジャにやってきたことを話す。
異国人同士、親しみを覚える二人。

シュン・リーの故郷には川面に灯明を流し、詩人・屈原を偲ぶ祭がある。
その話を聞いたペーピは潮が満ちて海水に浸った「パラディーゾ」の店内に
小さなロウソクを浮かべて見せた。
「川はすべて海へ降る。吹く風は冷たくとも心を温め小さな花のようにあなたを微笑ます」
“詩人ペーピ”の詩は家族と離れて異国で働くシュン・リーの心を優しくほぐしていく。

しかし、小さな町で二人の交流は噂となり、ペーピはそのことで仲間と喧嘩。
シュン・リーもまた組織から彼との交際を禁じられる。
これ以上ペーピとつきあうなら、中国の息子をイタリアに呼び寄せ一緒に暮らすことは
できなくなると言い渡されてしまったのだ。

ペーピの元を去るシュン・リー。心のよりどころを失くしたペーピ――

時を経て、キオッジャに戻ってきたシュン・リー。店を訪ね、ペーピの姿を求める。
だが、彼の姿はなく、手渡されたのはペーピからの最後の優しい手紙だった……

ドキュメンタリー映画で映画作りを学んだというアンドレア・セグレ監督。
10年以上にわたり移民問題についての調査・研究にとりくんでいる1976年生まれのまだ若い監督です。
移民問題から目を背けているとヨーロッパは存在しえません。
東から南から移民たちはやってきます。
本作に限らず移民を描いたヨーロッパ映画は多いです。
世界のいたるところに進出している中国人。
本作ではシュン・リーの背後の組織が不気味でした。
しかし、本来なら生々しく、きわめて現実的なはずの中国人移民を
ここまで幻想的で美しい作品に仕上げたドキュメンタリー映画監督の手腕に驚きます。

穏やかでいながら、したたか・・・・・(といっては言葉が悪いですね)
芯の強さを持ったシュン・リーにイタリアの漁師たちは一本とられたかな、という感じもしましたが。

老いて故郷を懐かしむペーピの郷愁。パラディーゾに集う男たちの人の良さ。
これって国がどうこうというより、男と女の違いを
キオッジャの運河のにおいを背景に描いた映画なのかもしれません。

ラグーナの海水が埠頭をひたひたと洗うように、心のひだに沁み込んでくる作品でした。





今日もポチッとお願いできれば嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月14日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

ある海辺の詩人 ―小さなヴェニスで―
監督・原案・脚本/アンドレア・セグレ、共同脚本/マルコ・ぺッテネロ、アンドレア・セグレ、撮影/ルカ・ビガッツィ
出演
チャオ・タオ/シュン・リー、ラデ・シャルベッジア/ペーピ、マルコ・パオリー二/コッぺ、ロベルト・シトラン/弁護士、ジュゼッペ・バッティストン/デヴィス
3月16日(土)シネスイッチ銀座他全国順次公開
2011年、イタリア、フランス、イタリア語、98分、日本語字幕/岡本太郎、配給・宣伝/アルシネテラン、後援/イタリア大使館、特別協力/イタリア文化会館
http://www.alcine-terran.com/umibenoshijin/

by Mtonosama | 2013-03-14 07:47 | 映画 | Comments(4)
ある海辺の詩人
―小さなヴェニスで― -1-

IO SONO LI
SHUN LI AND THE POET

f0165567_5363620.jpg

(C)2011 Jolefilm S.r.l.- Aternam Films S.a.r.l - ARTE France Cinema

タイトルに魅かれて観ました。
うお座のとのは結構ロマンティストなもので・・・・・

英字タイトルにも興味がわきます。オリジナルタイトルも響きが素敵。
ん?シュン・リー?リー?なんか中国っぽいですね。

そうなんです。中国人女性が主人公の映画です。
映画の冒頭には中国の詩人・屈原が出てきたり、
小さな紅い蓮の花の灯籠を水に浮かべるシーンもあったり
なんとも幻想的で美しく昔の中国という感じです。


屈原
屈原は中国4000年の文学史上、最初に現れた大詩人である。詩経以前の詩は、いずれも無名の庶民によって歌われたものであるのに対し、楚辞に収められた屈原の詩は、一個の天才によって書かれた個人の業績としては始めてのものである。その後中国に現れたすべての詩人たちは、多かれ少なかれ、屈原を自分たちの先駆者とし、模範として仰いできた。
司馬遷が屈原に付与している人物像は、大志ある人間であるにかかわらず、周囲のものの讒言にあい、それがもとで、鬱々とした一生を送らざるを得なかった不遇の人である。離騒や九章の諸編は、そうした屈原の悶々たる心情を歌ったものだ。
http://chinese.hix05.com/Soji/soji001.html

ちまきやドラゴンボートもこの屈原に起源があるとかで、私たちにも縁のある方のようです。

その昔、ゴダールが「中国女」(‘69)という映画を撮りましたが、
あの熱い政治の時代、“毛”イズムや中国にはエキゾチシズムがあったのでしょうね。
時代は移り、中国が経済大国になっても、
欧州の人々は中国あるいは東洋にまだ何か神秘的なイメージを抱いているのかもしれません。

ただ、主人公のシュン・リーの背後に何やらきな臭いような組織がちらほらして――

イタリア人で多くのドキュメンタリー映画を撮ってきたアンドレア・セグレ監督は
中国が漂わせる不気味な影の部分も描いています。
なんていうと犯罪映画みたいですね。

f0165567_5435026.jpg

本作はどちらかといえばラブ・ストーリーに近いかもしれません。
ラグーナ(潟)に浮かぶ美しい港町キオッジャを舞台に
中国から出稼ぎに来たシュン・リーと
旧ユーゴスラヴィアからやってきてこの町に住みついた老漁師ペーピ。
異邦人同士のふたりの間に芽生えた仄かな想い。
いっしょにいて楽しい、ほっとする――
これって恋愛ではないかもしれないけれど、愛ですよね。
言葉少ない中国女性と詩人と呼ばれる老いた漁師が織りなす静かな絵のような情景に
ホッと息をつきたくなります。
キオッジャの酒場「パラディーゾ」。
その名も「天国」という酒場では今日も漁師たちが集まっています。

f0165567_551899.jpg

シュン・リーはパラディーゾで片言のイタリア語を操りながら
プルーン入りのコーヒーやら極楽コンビなどの不思議な飲み物を
常連客に教えてもらって供している中国人従業員。

演じたのはジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督作品にいつも顔を出すチャオ・タオ。
ひとえまぶたの涼しい目をしたいかにも欧米人に好かれそうな物静かな女優さんです。
「長江哀歌」(‘07ジャ・ジャンクー監督)ではヴェネチア国際映画祭グランプリを受賞。
本作でもイタリア・アカデミー賞主演女優賞を受賞した国際女優です。

なぜ中国人の彼女が小さな港町で漁師相手にプルーン入りコーヒーなどを作っているのか。
そんな不思議が気になりだしたら、屈原の詩とアンドレア・セグレ監督の映像の魔術に
つかまってしまったということかもしれませんよ。

さあ、いったいどんなお話なんでしょう。
そして、キオッジャ。それはいったいどんな港町なんでしょう。

続きは次回までお待ちくださいね。



今日もポチッとしていただけたら嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月11日に更新しました。あの日からまる2年です。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災地の皆さまに希望が生まれるよう願ってやみません☆

ある海辺の詩人 ―小さなヴェニスで―
監督・原案・脚本/アンドレア・セグレ、共同脚本/マルコ・ぺッテネロ、アンドレア・セグレ、撮影/ルカ・ビガッツィ
出演
チャオ・タオ/シュン・リー、ラデ・シャルベッジア/ペーピ、マルコ・パオリー二/コッぺ、ロベルト・シトラン/弁護士、ジュゼッペ・バッティストン/デヴィス
3月16日(土)シネスイッチ銀座他全国順次公開
2011年、イタリア、フランス、イタリア語、98分、日本語字幕/岡本太郎、配給・宣伝/アルシネテラン、後援/イタリア大使館、特別協力/イタリア文化会館
http://www.alcine-terran.com/umibenoshijin/

by Mtonosama | 2013-03-11 06:08 | 映画 | Comments(4)