ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:アン・ハサウェイ ( 3 ) タグの人気記事

ワン・デイ 23年目のラブストーリー -2-
ONE DAY

f0165567_550363.jpg

©2011 Focus Features LLC. All Rights Reserved

7月15日。エマとデクスター2人の愛と人生が語られるこの日は
イギリスでは聖スウィジンの祝日とされています。

この日をうたったこんな詩が。

聖スウィジンの日が雨ならば40日間、雨続き
聖スウィジンの日が晴れならば40日間、雨はなし

さあ、エマとデクスターの23年間の7月15日はいったいどんな空模様なのでしょうね。


ストーリー
1988年7月15日スコットランド。
卒業式の後、エマは同級生のデクスターと
初めて言葉を交わします。真面目で優秀なエマ。遊び人のデクスター。
正反対の2人でしたが、その夜、成り行きでエマの部屋へやってきたデクスター。
しかし、泥酔した彼はベットに入るや爆睡。

1989年7月15日ロンドン。
作家になることを夢見ているエマは1人でこの街のアパートに越してきます。
引越しを手伝い、不安げなエマを元気づけるデクスター。

1990年7月15日ロンドン。
作家とは程遠いメキシコ料理店で働くエマ。
落ち込むエマはデクスターに電話しますが、彼はパリで恋と休暇を楽しんでいました。

1991年7月15日ロンドン。
エマのメキシコ料理店にテレビ局で働くデクスターが、恋人を連れて来店。
作家への夢を諦めかけているエマに彼は言います。
「君は面白いし、頭も良い。魅力的でセクシーだ。君にひとつだけプレゼントするとしたら『自信』かな」。

1992年7月15日。
始めて2人きりのバカンスに訪れたエマとデクスター。
誰もいない夕暮れのプール。「友達の関係」と心に決めてはいたものの
普段とは違うロマンティックな雰囲気が2人の距離を縮めます。
「ずっと前からあなたに夢中だったの」と想いを告げるエマ。
なのに、デクスターときたら「旅先だからいいだろ?」と割り切った関係を迫ってくるだけ。

1993年7月15日。
テレビの音楽バラエティショーでMCを務めるデクスター。
毎晩のパーティの後、泥酔しながらも電話をかける相手はエマでした。

1994年7月15日。
華やかだけれど自堕落な日々を送るデクスター。母は重病、父とは反りが合わず、
落ち込んだ彼が電話をするのはやはりエマ。
その日はかつての同僚イアンとエマとの初デートの日でした。
彼女をいつも好きでいてくれるイアンに安らぎを感じるエマ。

1995年7月15日。
教師になったエマはイアンと暮らしながらもテレビの中のデクスターを見守っていました。
なのに、母を亡くし、マスコミから最低よばわりをされても、低俗番組に出演するきれいなだけのモデルとつきあうデクスター。

1996年7月15日。
エマはドレスアップしてデクスターとの久々のディナーに出かけます。
美しいエマに驚くデクスター。
「本当はイアンのことは愛していないの」と打ち明けるエマでしたが、
酔っ払った彼は真剣にエマの話を聞きません。
「愛しているわ。でも、もう好きじゃない」
そう言い放ち、エマはデクスターの前から立ち去るのでした。
f0165567_5103253.jpg

3年後、1999年7月15日。
デクスターへの想いを綴ったエマの詩を読んでしまうイアン。
一方、デクスターは新しい恋人シルヴィにプロポーズをしようとしています。

2000年7月15日。
大学時代の友人の結婚式で再会するエマとデクスター。
その折、デクスターからシルヴィアとの結婚式の招待状を手渡されるエマ。

2001年7月15日。エマの書いた児童書が出版されます。
シルヴィアと結婚したデクスターは新しい仕事で再出発をはかるのですが、
シルヴィアの心は彼から離れていました。

2年後、2003年7月15日パリ。
作家になる夢を果たしたエマが暮らすパリを訪れるデクスター。
しかし、エマには既にフランス人の新しい恋人がいました。
「一緒にやらないか。君と僕とで」とデクスター。
エマは「そう思ったわ。80年代の終わりに」
すれ違いを重ねる2人の想い……


f0165567_5272621.jpg

晴れの日もあれば、雨の日もある。
人生ってそんなもの。
おっといけない。150年も生きているとついつい達観し過ぎてしまいます。

でも、同時代に青春時代を送った人や、今この時、出会いの時を生きているカップルにとっては
きっととても共感できる映画に違いありません。

ラストシーンに向って扇を少しずつ開閉するようなシーンの積み重ね方。
ある一瞬を印象的に描き出すにはなかなか効果的な手法でした。

だけど、イギリスが舞台で、デクスター役のジム・スタージェスだって英国人、
監督もデンマーク人なのに、アメリカ映画ってどうしてこうアメリカ的なんでしょう。
どこからともなくアメリカの匂いがしちゃうんですよね。
アメリカの匂いがどんな匂いかははっきりとは言えませんが。

それにしても同い年の男女って女子の方が確実に大人です。
「デクスター、エマの気持に早く気付けよな」ってつっこみを入れていた150歳の女子であります。





今日もポチッとしていただければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月18日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ワン・デイ 23年目のラブストーリー
監督/ロネ・シェルフィグ、原作・脚本/デイヴィッド・ニコルス(ハヤカワ文庫)、製作/ニーナ・ジェイコブソン、撮影監督/ブノワ・ドゥローム、音楽/レイチェル・ポートマン、主題歌/エルヴィス・コステロ
出演
アン・ハサウェイ/エマ、ジム・スタージェス/デクスター、パトリシア・クラークソン/アリソン、ケン・ストット/スティーヴン、ロモーラ・ガライ/シルヴィ、レイフ・スポール/イアン
6月23日(土)TOHOシネマズ 有楽座他全国ロードショー
2011年、アメリカ、107分、日本語字幕/古田由紀子
http://oneday.asmik-ace.co.jp/

by Mtonosama | 2012-06-18 05:22 | 映画 | Comments(10)
ワン・デイ 23年目のラブストーリー  -1-
ONE DAY

f0165567_6482982.jpg

©2011 Focus Features LLC. All Rights Reserved

殿様の試写室へようこそ!
さて、突然ですが、皆さまにはこれだけは外せない記念日ってありますか?
結婚記念日?初めて1,000メートルを泳いだ日?生まれて初めて飛行機に乗った日?
それぞれに記念日はあると思うのですが、
この映画「ワン・デイ 23年目のラブストーリー」の記念日は、ま、どちらかといえば普通。
ある男女が初めて出会った日ですから、映画としては珍しくはありません。

でも、ちょっとだけ変わっているのは、
この映画が、2人の出会いの日である7月15日という日だけで、構成されていること。

1988年7月15日、スコットランド。
とある大学の卒業式、卒業生同士として初めて言葉を交わし、
1年後の7月15日彼女は夢をかなえようとロンドンに引っ越し、彼は荷物運びを手伝う。
3年後の7月15日彼は新しい恋人を連れて彼女の働く店へやってくる――

そう、23年間の2人の気持ちと暮らしを7月15日だけを取り出して描いた映画です。
ロマンティックっていえばロマンティックな、だけどちょっと切ないラブストーリー。

f0165567_6514041.jpg

原作はデイヴィッド・ニコルズが書いた同名のベストセラー小説で、彼は今回脚本も担当しています。

主演はアン・ハサウェイとジム・スタージェス。
英国の美しい風景と、今が旬の女優アン・ハサウェイ。
ファッション誌をパラパラめくる感覚で楽しめるきれいな映画でした。

監督はロネ・シェルフィグ。1959年コペンハーゲン生まれの女性監督です。
デンマークでキャリアをスタートし、90年に映画監督デビュー。
2000年には「しあわせになるためのイタリア語講座」でベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員賞)、国際映画批評家連盟賞をはじめ、各国の映画祭で受賞し、注目を集めます。
彼女の「17歳の肖像」(‘09)は第82回アカデミー賞3部門でノミネートされていた話題作。実力派の監督です。

原作はベストセラー小説だし、その作家が脚本も担当し、主演はアン・ハサウェイで
舞台はイギリス。主題歌はエルビス・コステロ。もうヒットの条件が鈴なりの映画です。
それに、エルビス・コステロと聞けば、
すぐに思い出すのが「ノッティングヒルの恋人」(‘99)の主題歌“She”です。



とくれば、どんな路線の映画か、想像はつきますよね。

この映画は、エジンバラ、ロンドン、パリを背景に50以上のロケ地で撮影が行われました。
エジンバラではアーサーズシートと呼ばれる丘やモレイプレイス、国会広場で撮影。
ロンドンではあのウェストミンスター寺院で結婚式のシーンを撮りました。
パリではパレ・ロワイヤルやパリ北駅、サン・マルタン運河。
ああ、もうヨーロッパのいいとこどりです。季節はいつだって夏。
だって23年分の7月15日だけで構成された映画ですからね。
旅行気分でヨーロッパの夏をお楽しみいただけます。

さあ、どんなお話でしょうか。
続きは次回でのお楽しみ。乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできれば嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
☆6月15日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

ワン・デイ 23年目のラブストーリー
監督/ロネ・シェルフィグ、原作・脚本/デイヴィッド・ニコルス(ハヤカワ文庫)、製作/ニーナ・ジェイコブソン、撮影監督/ブノワ・ドゥローム、音楽/レイチェル・ポートマン、主題歌/エルヴィス・コステロ
出演
アン・ハサウェイ/エマ、ジム・スタージェス/デクスター、パトリシア・クラークソン/アリソン、ケン・ストット/スティーヴン、ロモーラ・ガライ/シルヴィ、レイフ・スポール/イアン
6月23日(土)TOHOシネマズ 有楽座他全国ロードショー
2011年、アメリカ、107分、日本語字幕/古田由紀子
http://oneday.asmik-ace.co.jp/

by Mtonosama | 2012-06-15 06:57 | Comments(4)
              ラブ&ドラッグ -1-
                 LOVE & OTHER DRUG

f0165567_62562.jpg


(C) 2010 TCF Hungary Film Rights Exploitation Limited Liability Company, Twentieth Century Fox Film Corporation, Monarchy Enterprises S.a.r.l. and Dune Entertainment III LLC in Brazil, Italy,Japan, Korea and Spain.

               なぜか、またまたラブ♡コメが登場してしまいました。
          重い映画を観て、真剣に考え込んだ後は、美男美女のラブアフェアーを
           ワハハッと笑いながら観るのも人生においては必要なシーンです。
                  って、それほど大げさなことではないか。

              美男はジェイク・ギレンホール、美女はアン・ハサウェイ。
     この2人「ブロークバック・マウンテン」(‘05 アン・リー監督)でも夫婦役で出演しています。
  といっても、とのは「ブロークバック・マウンテン」でのアン・ハサウェイの印象があまりないんですけど。

   やはり、ジェイク・ギレンホールとヒース・レジャーの存在感があまりに強かったからでしょうね。
           っていうか、ゲイの映画ですから、世間を欺くために結婚した妻の影が
         薄くなるのも止むを得ないですよね。アン・ハサウェイさん、ご苦労さまでした。

           アン・ハサウェイといえば、シェークスピアの奥さんも同じ名前です。
       そうです、そうです。18歳のシェークスピアが、できちゃった結婚した8歳年上の奥さん。
           本作のアン・ハサウェイは本名もアン・ハサウェイ。同姓同名ですね。
          といっても、16世紀のアンさんとつながりがあるのかどうかは知りませんが。

f0165567_614547.jpg


        「プリティ・プリンセス」(‘01)で主役に抜擢され、その後、同作続編(‘04)を経て、
                「ブロークバック・マウンテン」(‘05)に出演。
      「プラダを着た悪魔」(‘06)でブレークし、「ジェイン・オースティン秘められた恋」(‘07)
                  http://mtonosama.exblog.jp/12057537/
             「レイチェルの結婚」(‘08)に主演した女優さんです。

      アン・ハサウェイって、「プリティ・プリンセス」のイメージが強いからかもしれませんが、
          どうしてもディズニー・アニメに出てくるお姫さまって感じがします。
                 例えば「眠れる森の美女」のオーロラ姫。
  っていうか、オーロラ姫みたいだから「プリティ・プリンセス」の主役にキャスティングされたのか・・・・・

           「ハート・ブレイカー」http://mtonosama.exblog.jp/16702418/ 
           のヴァネッサ・パラディのすきっ歯も現実的で良いけれど、
            アン・ハサウェイみたいなパーフェクト・ビューティも
 (スクリーン映えする美人は往々にして現実世界では目も鼻も口も大づくりということはいえますが)
               こうしたラブ・コメディには良しとしましょう。

f0165567_6114247.jpg


              しかし、非現実的なのはアン・ハサウェイの美しさだけ。
  本作はジェイミー・レイディの「全米セールスNo.1に輝いた〈バイアグラ〉セールスマン涙と笑いの奮闘記」
                       を土台にしたもの。
               ファイザー製薬もバイアグラも実名で登場します。
                ただ、若くしてパーキンソン病を発症しながら
    アーティストとして積極的に生きる女性・マギー(アン・ハサウェイ)は映画の上だけの人物。
       ジェイク・ギレンホール演じるバイアグラセールスマンと恋に落ちるという部分は
                  実話ではありませんので悪しからず。
              監督は「ラストサムライ」のエドワード・ズウィック。

         「ブロークバック・マウンテン」でシビアな主人公を演じたジェイクが
               本作では、どんな顔を見せてくれるのでしょうか。

                 さあ、続きは次回でのお楽しみということで。

                            

ポチッとお願いできればうれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月2日に更新しました。もう11月です。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

ラブ&ドラッグ
監督/エドワード・ズウィック、製作総指揮/アーノン・ミルチャン、マーガレット・ライリー、製作/スコット・ステューバー、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコヴィッツ、チャールズ・ランドルフ、ピーター・ヤン・ブルック、原作/ジェイミー・レイディ「全米セールスNo.1に輝いた〈バイアグラ〉セールスマン涙と笑いの奮闘記」、脚本/チャールズ・ランドルフ、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコヴィッツ、音楽/ジェームズ・ニュートン・ハワード、撮影/スティーヴン・ファイアーバーグ
出演
ジェイク・ギレンホール/ジェイミー・ランドール、アン・ハサウェイ/マギー・マードック、オリバー・プラット/ブルース、ハンク・アザリア/スタン・ナイト、ジョシュ・ギャッド/ジョシュ・ランドール、ガブリエル・マクト/トレイ・ハニガン、ジュディ・グリア/シンディ、ジョージ・シーガル/ジェイムズ・ランドール、ジル・クレイバーグ/ナンシー・ランドール
11月19日(土)よりシネマート新宿にてロードショー
2010年、アメリカ、113分、配給/エスピーオー、ラブ&ドラッグ - goo 映画

by mtonosama | 2011-11-02 06:47 | 映画 | Comments(9)