ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:アン・リー監督 ( 2 ) タグの人気記事

ウッドストックがやってくる! 
                           -2-

                TAKING WOODSTOCK

f0165567_5381190.jpg


         (c) 2009 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

1969年
世界中で学生たちが反逆の烽火をあげ、
日本でも、東大の入試が中止になり、大学はバリケードで封鎖され、
キャンパスをヘルメットやタオルで覆面をした学生たちが闊歩した時代。
アメリカは泥沼のようなべトナム戦争に足を取られ、
その現実から国民の目をそらせるため、月にロケットを飛ばした年です。

そして、この年、ベトナム戦争にうんざりした若者たちは何かを期待して、ウッドストックに集まりました。

熱く、ロックな時代でしたが、もちろん、しけた日々を送る人もいました。
エリオット・タイチバーグもそんな一人。

でも、ウッドストックを経て、大きく人生が変わったという点では、
熱い時代に生きた多くの人と同じ、あるいは、それ以上だったかもしれません。

f0165567_5402523.jpg


彼は本作「ウッドストックがやってくる!」の原作者で実在の人物です。
ウッドストック・フェスティバル終了後はベルギーへ移住し、
現在は戯曲、テレビ、映画用のミュージカル・コメディ脚本を手がける作家として活躍しているとか。

さてさて、どんなお話かというと

ストーリー
テレビの前で、ベトナム戦争やアポロ11号のニュースをエリオットの母が観ています。
エリオットはユダヤ系移民の家庭に生まれた34歳。
グリニッジ・ヴィレッジのデザイナーとして成功し、絵画の才能にも恵まれていたのに、
ニューヨーク州ホワイトレイクの実家で、モーテルを営む両親を手伝い、
地元商工会の会長まで任されています。
一見、好青年ながら、実は鬱屈した気持ちを抱えるエリオット。
母親は無愛想な変わり者で客商売もままならないし、
父親ときたら覇気などかけらもない無気力人間。
こんな困りものの親を見捨てることもできず、
今日も銀行でモーテルの借金返済猶予に四苦八苦するエリオットでした。

f0165567_5594767.jpg


7月15日の朝、エリオットはある新聞記事に目が釘付けに。
巨大な野外コンサート・ウッドストック・フェスティヴァルが近隣住民の反対で
取りやめになったというのです。
地元商工会の若き会長である彼は町おこしのため、
このフェスティバルをホワイトレイクに招くことを思いつきました。

早速、ウッドストック事務局に電話をかけると、
主催者のマイケル・ラングがヘリコプターで視察にやってきました。
同年輩の2人はすっかり意気投合。
マイケルはモーテルから程近い牧場を一目で気に入り、
広大な牧場を会場として借り受ける契約を牧場オーナーのマックスと結びます。
運営組織の本部はモーテル”エル・モナコ“に決定。
ジャニス・ジョプリン、ジョーン・バエズ、サンタナ、ジェファーソン・エアプレイン、ザ・フー、
ジミ・ヘンドリックスなど
大物ミュージシャンが出演するウッドストックの誘致がトントン拍子で実現しました!
ところが……


f0165567_5565797.jpg


いやぁ、あの「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督がこんな映画をつくるとは思いもしませんでした♪

アン・リー監督
生年月日 : 1954/10/23
出身地 : 台湾
75年に国立芸術専門学校を卒業した後、アメリカに渡る。イリノイ州立大学とニューヨーク大学で映画を学び、卒業製作作品が84年のニューヨーク大学学生映画祭でグランプリに輝いた。91年の台湾・アメリカ合作の「推手」で商業監督デビュー。93年の「ウェディング・バンケット」と94年の「恋人たちの食卓」で2年続けてアカデミー外国語映画賞候補になった。00年の「グリーン・デスティニー」は、第73回アカデミー外国語映画賞など4部門を受賞、一躍ハリウッドでも期待の映画監督として大きな注目を集めるようになる。そして03年、自身初となるハリウッド・メジャー作品「ハルク」を監督、みごと全米で1億ドルを超える大ヒットを記録、名実ともにアジアでもっとも成功を収めた映画監督の一人となる。05年にはカウボーイ同士の禁断の愛を描いた問題作「ブロークバック・マウンテン」を発表、繊細なテーマにもかかわらずヴェネチア国際映画祭の金獅子賞を皮切りに、その年の映画賞をほぼ総ナメにする快進撃を見せ、全米で社会現象とも言える大きな話題を振りまいた。大トリのアカデミー賞ではライバル「クラッシュ」に作品賞をさらわれる大番狂わせで惜しくも涙を呑んだが、それでもみごとアカデミー賞監督賞を獲得、世界的名監督としての評価を不動のものとした。http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=5853


f0165567_553393.jpg


女装趣味の元海兵隊員とか、ベトナム戦争帰りのPTSD症状のエリオットの友人とか、
かなりおかしなエリオットの母親とか、脇役たちの面白さもさることながら、
ウッドストック=ヒッピーという側面だけではなく、
地味な一町民の奮闘とそれによって変わっていく家族の関係をじっくりと描き出すという意外さが面白い、
面白過ぎます。

アーティストたちがひとりも登場しなくても、あの3日間の昂揚と熱狂を舞台裏から
覗きつつ興奮したり、ダメ両親の思いがけない素顔にほろりとしたり。
ウッドストックというアメリカ的祝祭を描いても
どこかアン・リー監督のアジア人としての血脈が感じられて、同胞意識を持ってしまいました。

ね、ウッドストックを知ってる世代も、知らない世代も楽しめる映画なんです。

                               

ウッドストックがやってくる!
監督/アン・リー、脚本/ジェイムス・シェイマス、原作/エリオット・タイバー・共同著者/トム・モンテ、プロデューサー/ジェイムス・シェイマス、アン・リー、セリア・コスタス、撮影監督/エリック・ゴーティエ(「モーター・サイクル・ダイアリーズ」、「イントゥ・ザ・ワイルド」)
出演
ディミトリ・マーティン/エリオット・タイチバーグ、ヘンリー・グッドマン/エリオットの父、イメルダ・スタウントン/エリオットの母、ジョナサン・グロフ/マイケル・ラング(ウッドストック主催者)、メイミー・ガマー/ティシャ(マイケル・ラングのアシスタント)、エミール・ハーシュ/ビリー(エリオットの親友)、ダン・フォグラー/デヴォン(劇団“地球の光”主催者)、リーブ・シュレイバー/ヴィルマ(女装趣味を持つ元海兵隊員)、ユージン・レヴィ/牧場主マックス
1月15日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次ロードショー
2009年、アメリカ、121分、配給/フェイス・トゥ・フェイス
www/ddp-movie.jp/woodstock


ブログランキングに参加しています。
新年の初クリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪1月7日に更新しました。今年も応援していただければうれしいです♪
by mtonosama | 2011-01-07 06:18 | 映画 | Comments(6)
ウッドストックがやってくる!
                          -1-                           

               TAKING WOODSTOCK

f0165567_5245093.jpg

             (c) 2009 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

        新年を迎えました。本年も当試写室にお越し下さり、誠にありがとうございます。
       今年でまる3年「殿様の試写室」は皆さまのお蔭をもちまして続けてこられました。
         新しい年も昨年に変わりませず、よろしくご愛顧の程、お願い申し上げます。

さて、このように、いつも“皆さま”と気安く呼び掛けさせていただいておりますが、
皆さまは一体おいくつぐらいなのでしょう?
とのは150歳を超えましたので、今回ご紹介するウッドストックはよく存じておりますが、
あまりにお若い方はこの世紀のイベントをご存知ないかもしれません。
また160歳以上の方は、ロックフェスティヴァル・ウッドストックには
当時すでにご関心をお持ちでなかったかもしれません。
しかし、ロックがお好きな方も、そうでない方も、楽しめるのが、
当試写室が年の初めにご紹介する「ウッドストックがやってくる!」です。

本作は「ブロークバック・マウンテン」(‘05)でアカデミー賞最優秀監督賞を受けたアン・リー監督が
監督、プロデュースを務めた作品です。

ウッドストック・フェスティバル (Woodstock Music and Art Festival)
1969年8月15日(金)から17日(日)までの3日間、アメリカ合衆国ニューヨーク州サリバン郡ベセルで開かれた、ロックを中心とした大規模な野外コンサート。
30組以上のロックグループが出演し、入場者は40万人以上であった。このロック・フェスティバルは、アルスター郡ウッドストックにおけるアート・ムーブメントに関連して名付けられたが、アルスター郡内では、周辺住民の反対運動のため適当な開催地が決まらず、近郊のサリバン郡ベセルの個人農場主マックス・ヤスガ所有の農場が会場となった。
当初、主催者側は、1万人から2万人程度の入場者を見込んでいたが、事前に18万6000枚のチケットが売れ、当日入場者は20万人を超えると予想された。実際はそれをはるかに上回る40万人以上が参加し、半数以上が入場料金を払わなかったため、事実上無料イベントの様相を呈した。
会場への高速道路は、会場に向かおうとする人々でごった返し、この週末は雨の上、施設は人が混み合い、参加者は食べ物やアルコール、ドラッグを分け合っていた。しかし、暴力事件などは報告されていない。これは来場者自身が自警団を組んで、未然に防いでいたためといわれている。
度重なる雨による中断のためプログラムが遅れてしまい、最終日のトリを務めたジミ・ヘンドリックスが登場したのは明け方であった。それまでに大多数の人が帰ってしまったため、現在でも名演と称されるヘンドリックスの演奏を実際に見た者は少ない。この時のヘンドリックスの演奏は、1999年にほぼ全曲がアルバム『ライヴ・アット・ウッドストック』として発表された。
ウッドストック・フェスティバルは、カウンター・カルチャーを集大成した、1960年代のヒューマンビーインと呼ばれる人間性回復のための集会でもあり、音楽イベントとしてのみならず、ヒッピー時代の頂点を示す象徴と捉えられている。
このフェスティバルはプロモーターにとっては金銭目的ではなかったが、レコードと映画化のため、最終的には収益にも結びついた。
ウッドストックの会場では2名の死者と2件の出産があった(人数については諸説あり)。
このコンサートの模様は、『ウッドストック』というドキュメンタリー映画として公開された。マイケル・ウォドレー (Michael Wadleigh) 監督、マーティン・スコセッシ編集のこの映画は1970年に公開され、アカデミー賞 ドキュメンタリーフィーチャーを受賞した。(Wikipediaより

f0165567_5292015.jpg

とまあ、ウッドストックはこんな60年代の掉尾を飾る超ビッグイベントだった訳でして、
とのなどはウィキペディアにもあるドキュメンタリーでこれを観ました。

アン・リー監督は1954年生まれということでウッドストック世代にひっかかります。
彼がウッドストックの映画を作るなら、やはりドキュメンタリーなのかな、と漠然と予想していました。

でも、今更ジャニス(あ、ジャニス・ジョプリンのことです)のシャウトや



ジミヘン(ジミー・ヘンドリックスですね)の超絶ギターテクでもないよな、



と思っていました。

しかし、アン・リー監督、さすがです。
まさか、こういう映画になるとは思いませんでした。

f0165567_5324266.jpg

小さな田舎町と平凡な青年。
この世紀のイベントの仕掛け人になりつつ、巻き込まれた人と町。
ウッドストックの舞台裏だけを描き、同時に、1969年という時代の熱を描きだした作品です。
ジャニスもジミヘンも
あらゆるロック・ミュージシャンが一人も登場しないウッドストック。
さて、いったいどんなお話でしょうか。
どうぞ次回にご期待ください。

                                 

ウッドストックがやってくる!
監督/アン・リー、脚本/ジェイムス・シェイマス、原作/エリオット・タイバー・共同著者/トム・モンテ、プロデューサー/ジェイムス・シェイマス、アン・リー、セリア・コスタス、撮影監督/エリック・ゴーティエ(「モーター・サイクル・ダイアリーズ」、「イントゥ・ザ・ワイルド」)
出演
ディミトリ・マーティン/エリオット・タイチバーグ、ヘンリー・グッドマン/エリオットの父、イメルダ・スタウントン/エリオットの母、ジョナサン・グロフ/マイケル・ラング(ウッドストック主催者)、メイミー・ガマー/ティシャ(マイケル・ラングのアシスタント)、エミール・ハーシュ/ビリー(エリオットの親友)、ダン・フォグラー/デヴォン(劇団“地球の光”主催者)、リーブ・シュレイバー/ヴィルマ(女装趣味を持つ元海兵隊員)、ユージン・レヴィ/牧場主マックス
1月15日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次ロードショー
2009年、アメリカ、121分、配給/フェイス・トゥ・フェイス
www/ddp-movie.jp/woodstock


ブログランキングに参加しています。
今年もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪1月4日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2011-01-04 05:48 | 映画 | Comments(12)