ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ウィーナー ( 2 ) タグの人気記事


ウィーナー
懲りない男の選挙ウォーズ

-2-

Weiner

f0165567_7341360.jpg


(C)2016 AWD FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED.


舌鋒鋭く政敵に迫るアンソニー・ウィーナー下院議員。
論理的に、かつ、明快に迫るその姿。
タジタジとなっている相手を見るにつけ、
ああ、こんな論戦をはれる人が日本にもいたらなあ、
と、つい無いものねだりをしてしまいます。

若くて、そこそこハンサムで、
「闘う政治家」「勇気ある議員」と讃えられるヒーロー。
妻フーマは長年ヒラリー・クリントンの右腕を務めた才色兼備のゴージャスな女性。
二人で並ぶ姿は人々の憧れと敬意を集め、
オバマ大統領に続く民主党の若手として注目されていた
アンソニー・ウィーナー下院議員。

順風満帆とはまさに彼のためにある言葉でした。

f0165567_7352494.jpg


それなのに、
ある日、
あろうことか、
彼はブリーフ1枚の下半身画像をツイッターに投稿してしまったのです!

ハッカー?
誰のしわざか問うよりも
あまりにも雄弁なその画像。
ウィーナーの性スキャンダルは忽ち米国中に知れ渡り、
「闘う政治家」も「勇気ある議員」も泣く泣く辞職するしかありませんでした。

そもそも2016年11月の大統領選で
圧倒的な優勢を誇ったヒラリー・クリントンの
まさかの失速の原因となった私用メール問題は
FBIが彼の捜査をする中で浮上したのだといいます。

げに恐ろしきセクスティング。
政治家にとっては致命的です。

しかし、何と言われようと
ウィーナーには使命があります。
実力もあります。人々の心を動かす情熱もあります。

で、2年後、
ウィーナーはいま再びの想いをこめてニューヨーク市長選に立候補。
「もう一度、チャンスを与えてほしい」と訴える彼の姿は
人々を感動させ、なんと支持率はトップに跳ね上がります―――

f0165567_7363526.jpg


でも、
なんということでしょう!
またしても同じ疑惑が発覚したのです。

昨日まで彼を持ち上げていた世間も、メディアも、掌を返します。
当時のオバマ大統領も「私なら辞める」と冷たく言い放ち、
あのトランプ氏などは「ヘンタイ市長など許さん!」と語気激しく罵ります。

人間の性(さが)と言い切るにはあまりにも愚かしい不始末。
期待させておいてそこで裏切るか・・・

エネルギッシュで、カリスマ性に溢れ、優秀な政治家なだけに
あまりにも無残な結末ではありませんか。
笑っちゃうし、バカだな、と思うんですけど、
なんか一抹の寂しさが残るのは何故なんでしょう。

撮った監督も選挙キャンペーン開始後6週間目の
思わぬ方向転換にとまどったでしょうが、
撮らせた本人もよく最後まで撮らせたものです。

あ、でも、完成した映画は観なかったそうですが。







今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年2月16日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆



ウィーナー
監督・製作/ジョシュ・クリーグマン、エリース・スタインバーグ、製作総指揮/ジュリー・ゴールドマン、クリストファー・クレメンツ、キャロリン・ヘプバーン、リリー・ファン
撮影/ジョシュ・クリーグマン、編集/イーライ・デプレ、脚本/ジョシュ・クリーグマン、エリース・スタインバーグ、イーライ・デプレ
出演
アンソニー・ウィーナー、フーマ・アベディン、ヒラリー・クリントン、ビル・クリントン、バラク・オバマ、ドナルド・トランプ
2017年2月18日(土)よりシアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開
2016年、アメリカ、英語、96分、カラー、http://www.transformer.co.jp/m/weiner/

by Mtonosama | 2017-02-16 07:43 | 映画 | Comments(4)

ウィーナー
懲りない男の選挙ウォーズ
-1-

Weiner

f0165567_5391749.jpg


(C)2016 AWD FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

トランプ大統領がアメリカ中を、
いえ、世界中をひっかきまわしている昨今です。

今回、当試写室で上映する本作の主人公、
ウィーナーが何も問題を起こしていなかったら、
FBIはヒラリー・クリントンの私用メールを調べなかったかも。
そうしたら、トランプ大統領は生まれていなかったかも、しれません。

ま、政治の世界で「たられば」を言っても始まらないんですけどね。

え、ウィーナーって誰かって?

f0165567_5404136.jpg


アンソニー・ウィーナー
1964年、NY・ブルックリンに弁護士の父と高校の数学教師の母の間に生まれる。
1985年、ニューヨーク州立大学プラッツバーグ校で政治学の学資を取得し、卒業。

1991年、27歳で南ブルックリン区からニューヨーク市議選に立候補し、
ニューヨーク市史上最年少の市議に。
1998年、連邦議会選挙に初出馬し、当選。
2005年、ニューヨーク市長選に立候補し、落選したが、強力な次点候補になる。

2010年、長年ヒラリー・クリントンの側近だったフーマ・アベディンと結婚。
2011年5月27日、ウィーナーはツイッターの公式アカウントから
自身の卑猥な写真を女性フォロワーに送信。
当初は否定していたが、
「過去3年間で約6人の女性と卑猥なメッセージや写真のやり取りをしていた」
と認める。

この行為はセクスティング(Sexting)と言われ、性的なテキストメッセージまたは写真を携帯電話間で送る行為であり、sexとtextingの混成語である。textingとはSMSのことである。(Wikipediaより)

2011年6月21日、正式に議員辞職。

2013年5月、本作の始まりでもあるニューヨーク市長選に立候補。

さて、本作は2011年のセクスティング騒ぎで政治の世界から転落した
ウィーナーがNY市長選で奇跡のカムバックを遂げる―――
という感動のドキュメンタリーになるはずだったのですが・・・

ところが、
人生には何が起こるかわかりません。

f0165567_5423466.jpg


監督はジョシュ・クリーグマンとエリース・スタインバーグ。
ジョシュはウィーナーが2005年に市長選に立候補した時、スタッフとして働き、
後にスタッフのNYチーフとなった人物。

政治を離れ、映画の世界に入りましたが、
ウィーナーとの関係は続いていて、2013年の市長選に立候補すると聞いた時、
その様子を記録しようと本作の撮影を開始。
選挙キャンペーン初日から最後まで撮り続けました。

エリースはジョシュと映画やTVのプロジェクトで共同監督を務めてきた人。
映画を撮り始めたときはすごいカムバック・ストーリーになると思っていたそうです。
ま、それが思わぬ方向転換。

エリースの場合、ジョシュとは違ってウィーナーに対する認識は
ニュースで得た程度。きわめて中立的な立場でした。

それにしても、本作はどうして方向転換を遂げることになったのでしょう。

続きは次回まで乞うご期待ということで。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年2月13日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ウィーナー
監督・製作/ジョシュ・クリーグマン、エリース・スタインバーグ、製作総指揮/ジュリー・ゴールドマン、クリストファー・クレメンツ、キャロリン・ヘプバーン、リリー・ファン
撮影/ジョシュ・クリーグマン、編集/イーライ・デプレ、脚本/ジョシュ・クリーグマン、エリース・スタインバーグ、イーライ・デプレ
出演
アンソニー・ウィーナー、フーマ・アベディン、ヒラリー・クリントン、ビル・クリントン、バラク・オバマ、ドナルド・トランプ
2017年2月18日(土)よりシアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開
2016年、アメリカ、英語、96分、カラー、http://www.transformer.co.jp/m/weiner/

by Mtonosama | 2017-02-13 05:50 | 映画 | Comments(2)