ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:エマ・ワトソン ( 2 ) タグの人気記事


ザ・サークル
-2-

The Circle

f0165567_5182116.jpg

(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.


ビッグデータ、IoT、AI、
ギガ、クラウド・・・
え~い!150歳の頭には収まりきりません。
IoTのこの形がいつも泣き顔に見えてしまいますし。
そもそもSNSってなんなの?
という困った150歳です。

えっと、SNSは
ソーシャル・ネットワーキング・サービス
(Social Networking Service)の略で、
社会的なつながりを作り出せるサービスのこと。
ふむふむ
ラインやツィッターやフェイスブック
がそうなのね。

ということで、
地元で冴えない派遣のお仕事をする
24歳のメイにとっては
世界一のシェアを誇るSNS企業
〈サークル〉は憧れの的なのですが――

f0165567_5291049.jpg

ストーリー
電話で顧客に支払いを促す
退屈な仕事に従事するメイ。

ある日、〈サークル〉の重要ポストに
つく大学時代の親友アニーは
メイが〈サークル〉に入社できるよう
取り計らってくれた。

理想的なオフィス環境に感激するメイ。
彼女の担当は
〈サークル〉をNo.1企業にした
〈トゥルーユー〉の顧客対応。

実名登録すると
ワンアカウントで
やりたいことは何でもできる
このサービスは
会員同士オープンにつながり、
互いの体験をシェアすることを
推奨している。

1週間後、
カリスマ経営者のベーカーは
新サービス〈シーチェンジ〉を発表。
それは、利用者が
超小型高性能ワイヤレスカメラを
装着することで
皆が感動や体験をシェアし、
犯罪も根絶できるというものだった。

週末、実家に戻ったメイは
難病患者の父と看病をする母、
幼馴染のマーサーと
ゆっくりと休日を過ごした。
ところが月曜に出社すると
社内ネットワークに
情報をアップし、シェアすべきと
同僚から指摘を受ける。

その後1ヶ月、
両親を気にかけつつ
仕事と社内活動に専念するメイ。
アニーは彼女のため
人事課に働きかけ、
父親を会社の保険プランに加入させ、
最先端医療を受けられるようにした。
〈サークル〉の手厚い福利厚生に
感謝する両親とメイ。
だが、プライバシーが
あからさまにされていくことへの
不安をぬぐうことができずにいた。
そんな折、
社内で開かれた野外パーティで
〈トゥルーユー〉開発者タイに出会い、
「サークルは僕の構想とは違い過ぎる」
と打ち明けられるメイ。

カヤックが趣味のメイは
嫌なことがあるとカヤックに乗り
憂さ晴らしをしていた。
ある晩、ハーバーから
勝手にカヤックを漕ぎだし、
転覆事故を起こしてしまう。
メイの命を救ったのは
〈シーチェンジ〉でアザラシを見ていた
会員からの通報だった――

数日後、
ベイリーはメイを社員の前で紹介。
メイは「誰も見ていないから
カヤックを黙って漕ぎだした。
人は見られていないと悪いことをする。
隠すことは罪だ」と告白し、
シーチェンジカメラを
24時間装着することに。
自分の全てを衆人の目に晒すメイ。
爆発的に増加する彼女のフォロワー。
社内での発言権も強くなっていく
メイだったが……

f0165567_5272389.jpg

社員が集って野外パーティができる広大な庭園。
陽光の差し込む明るいオフィスで
自由に仕事をする社員。
難病指定を受けた父親は
最先端治療を受け、
社宅も充実。
まあ、なんて素晴らしい会社なの!?
と思わせつつ、次第に募っていく薄気味悪さ。

近未来というより
いま、そこにある危機、という感じの
怖さが迫ってきます。

なにより気持ち悪いのは群衆。
ゾンビのように汚らしくはないけれど、
皆が一斉に同じことを叫びながら
迫ってくる様子はまさにゾンビ集団です。

人が簡単に一色に染まってしまう例を
知っているだけに
ブルル
怖いです。





今日もポチッとお願いできれば嬉しゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆11月7日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ザ・サークル
監督/ジェームス・ポンソルト、脚本/ジェームス・ポンソルト&デイブ・エガース、原作/デイブ・エガース、プロデューサー/ゲイリー・ゴーツマン、アンソニー・ブレグマン
出演
エマ・ワトソン/メイ・ホランド、トム・ハンクス/イーモン・ベイリー、ジョン・ボイエガ/タイ・ラフィート、カレン・ギラン/アニー・アラートン、エラー・コルトレーン/マーサー、バットン・オズワルド/トム・ステントン
11月10日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国ロードショー
2017年、アメリカ、カラー、110分、字幕翻訳/松浦美奈、配給/ギャガGAGA
http://gaga.ne.jp/circle/

by Mtonosama | 2017-11-07 05:36 | 映画 | Comments(6)
ウォールフラワー -2-
The Perks of Being a Wallflower

f0165567_752384.jpg

(C)2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


物語の背景は1980年代後半から90年代初め。
舞台はピッツバーグ。
ザ・スミス、ソニック・ユース、デヴィッド・ボウイなどの楽曲も映画の大切な要素です。
どことなく懐かしい雰囲気の中、
ティーンエイジャーはリアルタイムで、
30代はそれなりに、
それ以上の年代もあの頃の気持になって
楽しめると思いますよ。

さあ、上映です。


f0165567_7142519.jpg

ストーリー
チャーリー16歳。高校生活が始まった。だけど、何も期待することはない。
夏休みの間、口をきいたのは家族とだけ。友だちもいない。
ランチもひとり。もし声をかけられることがあったとしても、悪口くらいだし。
ただ国語のアンダーソン先生だけは優しい言葉をかけてくれる。
両親との関係は悪くはないけれど、親と話したって楽しいわけじゃない。
課題図書の「アラバマ物語」に没頭し、ザ・スミスの「アスリープ」を聴きながら、
展望の見えない3年間をやり過ごそうとしている。

そんなチャーリーがアメフトの試合を観に行った。
そして、なんと自分から、同じ授業を選択している上級生のパトリックに声をかけた。
彼としては持てる勇気をふりしぼった行為だ。
かなり派手めなパトリックだが、案外気安く隣に座るように勧めてくれた。
そこへ現れたのが上級生のサム。彼女の頬笑みはチャーリーの心を一撃。
試合が終わると、二人はチャーリーをお茶に誘ってくれた。音楽の話で盛り上がる。
「つきあってどのくらい?」チャーリーの質問に二人は大笑い。
というのも、サムの母親とパトリックの父親は再婚同士。二人は義理の兄妹だったのだ。

パーティの夜。チャーリーはいつもの壁際にいる。
お気に入りの曲に変わり、フロアの中央に飛び出すサムとパトリック。
周囲を圧倒するハデハデの二人。
そんな二人を見て、壁から一歩ずつフロアへと進み、踊り始めたチャーリー。
もう壁の花じゃない!

サムとパトリック、仏教徒でパンクのメアリー・エリザベス、映画学科志望のアリスが編集するミニコミ誌を手伝い、彼らがパフォーマンスする「ロッキー・ホラー・ショー」を応援し、
文才を認めてくれたアンダーソン先生の個人指導を受け、
勉強が苦手なサムの大学受験を手伝い――
チャーリーの高校生活は楽しいことで満ちていた。

チャーリーにとっては辛い想い出のクリスマスがもうすぐやってくる。
辛い記憶・・・・・
大好きな叔母さんが彼のクリスマスプレゼントを買いに行く途中、
交通事故で死んでしまったのだ――
いつもこの時期になると不安定になってしまうチャーリー。
だけど、今年は違う。彼の周りには仲間がいる。

5月、3年生のサムとパトリックの卒業の日が近づいていた。
別れの日が近づくにつれて、心に封印していた記憶が頭をもたげ、チャーリーを揺らすのだった……

f0165567_7133012.jpg

明るいだけの学園ものかと思いきや――
(わ、この学園ものなんて言葉がもう化石化しているかもしれませんね)

優等生で、美人で、明るくて、スポーツ万能、っていう学園ステレオタイプが主人公なんて、
そうじゃない学生にとっては「ケッ!」じゃないでしょうか。
カースト最下位の主人公だったら圧倒的多数の生徒たちも安心して心を開けます。

優等生なのにサッカーも上手で顔もなかなかイケテルっていう子が昔よりかなり増えてる気がする昨今。
絵に描いたようなティーンエ―ジャーは逆に主役になりにくいかもしれませんね。

ウォールフラワーなんていうかなり切ないタイトル、
同時に遠い記憶のかなたから浮かび上がってくるどちらかといえばカースト下位に属していた自分。
自信なんて持ちようもなかった幼い自分。
何やっても上手にできないならひとりっきりでいた方が良いと思ってた自分。
そんないろんな自分をきっと思い出してしまうかもしれません。
そして、深い共感とともにうなづいてしまう青春映画です。

そうだよ、そうだよ。
うまくいかないことだらけだったのに、今はなんとか大人になれています。





今日もポチッとしていただけたらうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月16日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

ウォールフラワー
監督・脚本・原作/スティーブン・チョボスキー、撮影監督/アンドリュー・ダン、プロデューサー/リアンヌ・ハルフォン、ラッセル・スミス、ジョン・マルコヴィッチ、製作総指揮/ジェームズ・パワーズ、スティーブン・チョボスキー
出演
ローガン・ラーマン/チャーリー、エマ・ワトソン/サム、エズラ・ミラー/パトリック、メイ・ホワットマン/メアリー・エリザベス、ケイト・ウォルシュ/母、ディラン・マクダーモット/父、メラニー・リンスキー/ヘレンおばさん、二―ナ・ドブレフ/キャンディス、ジョニー・シモンズ/ブラッド、ジョーン・キューザック/バートン医師、ポール・ラッド/ミスター・アンダーソン
11月22日(金)TOHOシネマズシャンテ、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次ロードショー
2012年、アメリカ、103分、字幕翻訳/石田泰子、配給/ギャガGAGA★
http://wallflower.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2013-11-16 07:24 | 映画 | Comments(7)