ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:オタール・イオセリアーニ監督 ( 2 ) タグの人気記事


皆さま、ごきげんよう
-2-

CHANT D‘HIVER

f0165567_11101495.jpg

(C)Pastorale Productions- Studio 99


お、オスタリアーニ監督だ!
あれ?これって前編でも言いましたよね。

お名前だけは存じ上げている監督さんの作品を観る時って
結構緊張するものです。
とのは、蟻の心臓の持ち主なのでいつも必要以上に緊張しているんです・・・
本当ですってば。

f0165567_1111207.jpg

冒頭シーンはギロチン
女たちが見物する中、カツラもパイプも取り上げられた貴族が処刑される――
ゴロリと首が落ち、女がひとりその首を受け取り、大切そうに籠に入れます。
ん?
と、首を傾げる間に
場面は戦場に。
兵士と市民が銃撃戦を展開しています。
ひとりの兵士が戦場を離れ、
女の家へ向かい、死体からむしりとった指輪を贈ります。
兵士たちは戦車に乗って家に押し入り、金品を強奪し、好き放題をした後、
陣地に戻り、洗礼を受けます―――
ん?ん?

と、舞台は現代のパリに変わります。
ローラースケートで街中を走り回って擦れ違う人々から荷物を奪う少女たち。

酔っ払った男がロードローラーに轢かれます。
仲間たちが、のしいかのようになった男を家まで運んでいくと、
「ドアの下の隙間から入れておいて」と奥さん。

警察署長は覗き魔。
向かいのアパートを覗く署長の眼に
アパートの管理人と怪しい男たちの姿が。
どうも武器の取引をしているようです。
続いて骸骨集めが趣味の人類学者の部屋。

外ではホームレスたちがデモをしています。

管理人と人類学者は友達同士。
街中で人類学者と別れた管理人は
大きな壁に不思議なドアがあるのをみつけました。
入っていくと植物が生い茂り、
動物や優しい女性のいる楽園のような不思議な空間……

延々とエピソードが続きます。
紙芝居を観ているというか、美術館で絵を観ている感じです。
こんないくつものエピソードから成り、
最後は野良犬がテッテッテッテ―――

これもオムニバスっていうのでしょうか。

オムニバスってフランス語で「乗合馬車」のことなんですって。
この意味合いが転じて、数個の独立した作品を並べて一つの作品に仕上げた
映画、演劇、音楽アルバム等のことを指すのだそうです。

f0165567_11124660.jpg

本作は無数のエピソードがあり、
それは関係ないようでありながらどこかで結びついています。
オスタリアーニ監督は画面の構図やカット割りを考える際、
全カット分のストーリーボードを作りました。
その数200枚。
ストーリーボード上には絵コンテの他
カメラの位置、俳優の動きなどが細かに書き込まれ、
どのような撮影方法か、
それぞれの地点から何が見えているかなど、
がすぐにわかります。

一見唐突に見える展開も、パリという長い歴史を持つ街のひと時を切り取ったもの。
のしいかになった酔っ払いも、ローラースケート窃盗団も、
覗き魔の警察署長も頭蓋骨コレクターの人類学者も武器取引の管理人も
現代のパリのどこかで動き回っている人たち。
パリは歴史の流れの中でつながり、地図の中でもひとつながりであり、
楽園も戦場もひとつ。
これって、つまり、世界のことですか?

映画の中から何かを読み取ることはできないけれど、
妙に印象に残るワンシーン、ワンシーンがあります。

やっぱり美術館のような映画です。
オタール・イオセリアーニ美術展ですね。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆12月16日に更新しました。いつも応援して下さって本当にありがとうございます☆

皆さま、ごきげんよう
監督・脚本/オタール・イオセリアーニ、撮影/ジュリー・グリュヌボーム、編集/オタール・イオセリアーニ、製作/マルティーヌ・マリニャック、共同製作/ジャナ・カリーヌ・サルドリシュヴィリ
出演
リュファス/管理人、アミラン・アミラナシュヴィリ/人類学者、マチアス・ユング/警察署長、エンリコ・ゲッジ/男爵、ピエール・エテックス/ホームレス、ミレ・ステヴィク/警察署長の運転手、マチュー・アマルリック/家を建てる男
12月17日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー
2015年、フランス=ジョージア、カラー、121分、日本語字幕/寺尾次郎、配給/ビターズ・エンド、http://bitters.co.jp/gokigenyou/

by Mtonosama | 2016-12-16 11:23 | 映画 | Comments(8)

皆さま、ごきげんよう
-1-

CHANT D‘HIVER

f0165567_530341.jpg

(C)Pastorale Productions- Studio 99


お、オタール・イオセリアーニ監督だ!
グルジア(現ジョージア)出身でパリ在住82歳の映画作家です。
彼のことは断片的にしか知らないけれど、
どこかすっとぼけた映画を撮る人という印象があります。

旧ソ連圏の映像作家には
反骨とか風変りっていうイメージがつきまといますわねえ。

旧ソ連圏ではありませんが、
当試写室で昨年上映したスウェーデンのロイ・アンダーソン監督の
「さよなら、人類」もかなり風変りな作品でした。
http://mtonosama.exblog.jp/24352308/ http://mtonosama.exblog.jp/24362135/

東欧であれ、西欧であれ、北欧であれ、
欧州の映画は欧州のワインのように
なかなか個性の強い作品が多いのであります。

f0165567_5324899.jpg

閑話休題
個性的な登場人物とエピソードが
妙に気をそそる本作を観ていて
ひとりの友人を思い出しました。
92歳で亡くなったボーイフレンドです。

この大先輩に人生の悩みを相談すると
ほ、ほ、ほ、
と、いつも笑い飛ばされてしまったものでした。
ええ、頭にきました。
でも、その内に、人生の達人にとっては
悩みなんて年齢に相応したものであって
笑い飛ばしていれば知らない内に片付いていくものなんだと
気付かせてもらいました。

82歳のイオセリアーニ監督もその域に達しているのでしょう。
観ている内に、妙にほっこりした気分になってきます。

オタール・イオセリアーニ監督
1934年グルジア(現ジョージア)のトビリシに生まれる。
数本の短編映画を経て、62年に中編デビュー作『四月』を制作するが、
この作品は上映を禁止された。
良質なワインの生産をめぐって工場側と対立する
若い醸造技師の奮闘を描いた第二作『落葉』(‘66)が
68年カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞と第1回ジョルジュ・サドゥール賞を受賞。
70年『歌うつぐみがおりました』、76年『田園詩』を発表後
79年に活動の拠点をパリに移す。
84年『月の寵児たち』89年『そして光ありき』96年『群盗、第七章』が
いずれもヴェネチア国際映画祭審査員特別大賞を受賞。
99年『素敵な歌と舟はゆく』がカンヌ国際映画祭に特別招待作品として出品され、
ルイ・デリック賞、ヨーロッパ映画アカデミー選出による年間最優秀批評家連盟賞を
受賞し、ロングラン・ヒットを記録。
02年『月曜日に乾杯!』は
ベルリン国際映画祭で銀熊賞と国際批評家連盟賞をダブル受賞。
日本でもヒットした。
06年『ここに幸あり』10年『汽車はふたたび故郷へ』と続き、
15年『皆さま、ごきげんよう』は最新作。

f0165567_534140.jpg

とまあ、あまりにもざっくりとした紹介ではありますが、
このようなご紹介からは想像できないほど
イオセリアーニ監督の映画作りは緻密なのだそうです。

本人も
「映画作りは建築と同じで橋を作る様なもの」
と語っています。

フランス革命のギロチンに始まり、
現代のパリの横断歩道を野良犬がテッテッテッテと歩く風景に終わる本作。

いったいどんなお話なのでしょうか。
いえ、いったいお話なるものが存在するのでしょうか。

ちょっと変わった風味のワインを味わう感じで楽しみたい映画です。

では、続きは次回までお待ちくださいませ。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆12月13日に更新しました。いつも応援して下さって本当にありがとうございます☆

皆さま、ごきげんよう
監督・脚本/オタール・イオセリアーニ、撮影/ジュリー・グリュヌボーム、編集/オタール・イオセリアーニ、製作/マルティーヌ・マリニャック、共同製作/ジャナ・カリーヌ・サルドリシュヴィリ
出演
リュファス/管理人、アミラン・アミラナシュヴィリ/人類学者、マチアス・ユング/警察署長、エンリコ・ゲッジ/男爵、ピエール・エテックス/ホームレス、ミレ・ステヴィク/警察署長の運転手、マチュー・アマルリック/家を建てる男
12月17日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー
2015年、フランス=ジョージア、カラー、121分、日本語字幕/寺尾次郎、配給/ビターズ・エンド、http://bitters.co.jp/gokigenyou/

by Mtonosama | 2016-12-13 05:39 | 映画 | Comments(6)