ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:オリヴィエ・グルメ ( 1 ) タグの人気記事


ダゲレオタイプの女

-2-

LA FEMME DE LA PLAQUE ARGENTIQUE

f0165567_544860.jpg

(C)FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS - LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinema


その昔、写真を撮られると魂が抜かれる、とか
三人で写真を撮ると真ん中に位置した人は早死にする、とか
150歳のとのは子どもの頃、写真にまつわる迷信の類をよく聞かされました。

今のカメラでは
魂が抜かれるなど、考えつきもしません。
でも、ダゲレオタイプのカメラで撮影するために長時間拘束されていれば
失神なんてこともありましょう。

失神って魂が抜けちゃうことですよね。

写真=真を写す

さあ、真を写しとった後に残るのは、真実でありましょうか。
それとも、うつせみでありましょうか――

f0165567_562167.jpg

ストーリー
その屋敷は工事現場が拡がる古い路地の一角にあった。
ジャンが屋敷内のスタジオに入っていくと、
そこにいたのは気難しそうな顔をした写真家のステファン。
ジャンは撮影助手として採用された。
スタジオ内には奇妙なカメラや器具が並ぶ。
それはダゲレオタイプのカメラ。
170年前のものでその技術は滅びたが、
ステファンはここで再現しているのだ。

写真のモデルとしてブルーのドレスをまとうステファンの娘マリー。
ジャンはその手、腰、頭を拘束器具で固定する。

マリーの夢は植物園で働くこと。
家から遠く離れたトゥールーズの植物園での面接が決まった。
マリーはジャンに喜びを伝える。
父のことは気になるが、彼女は自分の道を進むつもりだった。

棺に納められた赤ん坊の遺体を撮影するステファン。
マリーはそれを視て涙を浮かべる。
ジャンに心を許し始めていたマリーは
自分と同じようにダゲレオタイプのモデルを
していた母が屋敷内の温室で自殺したことを告白する。

ある日のこと、写真資材を買うためにパリ市内にでかけたジャンは
ステファンの知人ヴァンサンから声をかけられる。
ヴァンサンと一緒にいたのは不動産業を営むトマ。
ステファンの館は再開発地区の中心にあるので、600万ユーロで売れるという――

ある晩のこと、ステファンは自分の名を呼ぶ声を聞いたような気がした。
振り返ると女の影が地下へ降りていく。
同じ頃、マリーは気配を感じてスタジオを覗くが、
その途端、何者かに押されたように階段から転げ落ちる。

ステファンは何の処置も施さず嘆くばかり。
ジャンはマリーを病院に連れていくため車を走らせるのだが……

f0165567_574788.jpg

西洋人が西洋の風景と西洋の建物の中で演じる怪談。
ホラーというとどうしてもおどろおどろしい感じがしますが、
本作におどろおどろしさはありません。

幽霊やお化けって
西洋と日本ではその表現も解釈もずいぶん違うのではないのではないでしょうか。
気味悪さへの感覚も違うように思います。

その点、本作はれっきとした怪談 Kwaidanであります。

父親のために自分の夢も諦め、
失神するまでその身を拘束具で締め付けさせるマリー。
「お前に永遠を与えたのになぜ俺を恨むのだ」と
妻の亡霊に叫ぶステファン。
そして、マリーへの愛に身を焦がし、窶れていくジャン。
東海道四谷怪談の伊右衛門や
牡丹灯籠の新三郎やお露そのものではありませんか。

外国のホラーといえば
スプラッターと思っていらっしゃる方には
案外新鮮なホラー映画かもしれません。
あ、違いました。
Kwaidanです。






今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆10月7日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

ダゲレオタイプの女
監督・脚本/黒沢清、プロデューサー/吉武美知子、ジェローム・ドプフェール、共同製作/ジャン・イブ・ルーバン、定井勇二、オリヴィエ・ペール、レミ・ビュラ、フランス語翻案/カトリーヌ・パイエ、エレオノール・マムーディアン、脚本コンサルタント/黒沢弘美、撮影/アレクシ・カヴィルシーヌ、製作/FILM-IN-EVOLUTION、LES PRODUCTIONS BALTAZAR、共同製作/FRAKAS ORODUCTIONS、ビターズ・エンド、ARTE FRANCE CINÉMA
出演
タハール・ラヒム/ジャン、コンスタンス・ルソー/マリー、オリヴィエ・グルメ/ステファン、マチュー・アマルリック/ヴァンサン、マリック・ジディ/トマ、ヴァレリ・シビラ/ドゥーニーズ、ジャック・コラール/ルイ
10月15日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国ロードショー
2016年、フランス=ベルギー=日本、131分、http://bitters.co.jp/dagereo/

by Mtonosama | 2016-10-07 05:18 | 映画 | Comments(8)