ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:カルテット! ( 3 ) タグの人気記事

カルテット!
人生のオペラハウス -2-
Quartet

f0165567_622652.jpg

(C)Headline Pictures (Quartet) Limited and the British Broadcasting Corporation 2012


ダスティン・ホフマンが75歳なら、
カルテットの面々も花のセブンティ・イヤーズ・オールド。

イギリスの名優たちの名演技とダスティン・ホフマンの采配。
芸達者な面々が繰り出す気のきいた台詞と「これぞユーモア!」というシーンの連発に
息つく暇もありません。

歳はとっても、
若干、物忘れするようになっても、
才能に溢れ個性豊かな男女が同じ屋根の下に暮らせば、ドラマも感動も生まれます。
そうですとも。
感動には年齢なんて関係ないんです。

さあ一体どんなお話でしょうか。


f0165567_6332459.jpg

ストーリー
時は秋、木々は黄金色に輝き、広い庭園を持つ瀟洒な邸宅から素晴らしい歌声が聞こえてくる。
ここは引退した音楽家たちが暮らす老人ホーム〈ビーチャム・ハウス〉。
ヴェルディ生誕200年を祝うコンサートに向けて、練習の真っ最中なのだ。
その中にはテノールのレジー、メゾソプラノのシシー、バリトンのウィルフの姿も。

レジーは近隣の学生たちに音楽を教え、
ウィルフはホームの女性スタッフたちを口説くのを日課としている。
いつもCDプレイヤーを手放さないシシーは最近物忘れが目立ってきたようだ。
そんなビーチャム・ハウスに新しい住人がやってきた。
その名はジーン。名プリマ・ドンナとして活躍したソプラノ歌手で、
レジー、シシー、ウィルフとカルテットを組んでいたスターである。
住人たちは彼女を拍手で迎えるが、レジーの心境は複雑だ。
というのも、たった9時間だけとはいえ二人はかつて夫婦だったことがあるのだ。

優雅なビーチャム・ハウスも、実は、深刻な経営難。
コンサートを仕切っているセドリックも焦っていた。
コンサートが成功し、資金を調達できない限り、ビーチャム・ハウスの存続は危ういからだ。

f0165567_6262862.jpgジーンは他の住人との交流を避け、自室に閉じこもっていた。
そんなジーンを無邪気なシシーが外へ連れ出す。
久々にかつてのカルテットの面々が顔を合わせた。
レジーに謝罪するジーンだったが、彼の心は頑ななまま。
立ち去るレジーを追いかけ、許しをこうジーン。
涙ぐむ彼女にレジーはハンカチを渡す。
香り立つ懐かしいコロン――

一方、セドリックはコンサートのトリをどうするかで悩んでいた。

「そうだ。ジーンがやってきて英国オペラ界を代表する4人が揃ったのだ!
『リゴレット』のカルテットを4人が歌えば、間違いなく客を呼べるじゃないか」

大喜びするシシー。
彼女がいつも手放さなかったCDはまさに自分たち4人で録音した想い出の「リゴレット」だったのだ。

セドリックからホーム存続のためジーンを説得するよう頼まれた3人は彼女をディナーに誘う。
だが、一緒にリゴレットを歌おうと切り出した時、ジーンの顔色が変わった。
彼女はカルテットは歌わないと言い放ったままレストランから出ていってしまった……

f0165567_629378.jpg

感動のラストシーン。観客がスクリーンに観るのはカルテットの後姿。
光背のように彼らの輪郭をふちどる光の中に浮かぶ彼らのシルエット。
そこに響く「リゴレット」の四重唱こそ、20世紀オペラ上演史上にその名を残す名録音。
英国ロイヤルオペラなどの舞台で共演したルチアーノ・パヴァロッティとジョーン・サザーランドの歌声です。
そんなすごい録音とは知らなかったけれど、その圧倒的な歌声に度肝を抜かれました。

すごいなぁ。ルチアーノ・パヴァロッティ。そして、ジョーン・サザーランド。
オペラはあんまり好きじゃないなんて思っててごめんなさい。
素晴らしい歌唱は時を経ても心を打つものでした。

それにしても、四人の背中を観る位置に置かれた観客は
まさに彼らを舞台へと送りだす側に立ったということです。
撮影カメラの位置によって観客も映画に参加できるんだと感じました。
これってやはり名優ダスティン・ホフマンならではの監督術なのかもしれません。

良い映画でした。





今日もポチッとお願い申し上げます。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月20日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

カルテット!
監督/ダスティン・ホフマン、脚本/ロナルド・ハーウッド、製作/フィノラ・ドワイヤー、スチュワート・マッキノン、撮影/ジョン・デ・ボーマン、編集/バーニー・ピリング、美術/アンドリュー・マッカルパイン、音楽/ダリオ・マリアネッリ
出演
マギー・スミス/ジーン、トム・コートネイ/レジー、ビリー・コノリー/ウィルフ、ポーリーン・コリンズ/シシー、マイケル・ガンボン/セドリック、ギネス・ジョーンズ/アン・ラングレー、シェリダン・スミス/ルーシー・コーガン先生、アンドリュー・サックス/ボビー・スワンソン
4月19日(金)全国ロードショー
2012年、イギリス映画、99分、配給/ギャガ、字幕翻訳/栗原とみ子
http://quartet.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2013-04-20 06:53 | 映画 | Comments(8)
カルテット!
人生のオペラハウス -1-
Quartet

f0165567_635054.jpg

(C)Headline Pictures (Quartet) Limited and the British Broadcasting Corporation 2012

いきなりですが、本作「カルテット! 人生のオペラハウス」は話題満載であります。

まず、近頃やけに目立つ老年層を主人公にした映画であること。
次に、ヴェルディ生誕200周年を記念した音楽の映画であること。
そして、
あのダスティン・ホフマンの初監督作品であること。

え?いくら話題性があってもおもしろくなけりゃダメですって?
もちろん、ですとも。

それはもう文句なしにおもしろいですから、安心してください。
観終わった後もしばらく口角があがり、目じりが下がったままなんですから。
幸せな気持になります。
良い映画を観たな、という満足感でいっぱいになります。

俳優のみならず、今回は監督としても力量を発揮したダスティン・ホフマン。
もう75歳です。

f0165567_6433646.jpg

ミセス・ロビンソンにいいようにあしらわれていた背が低くて鼻のでかいあの若造。
フィンをつけてペタペタ歩いてもいましたっけ。
あ、「卒業」(‘67)の話です。150歳にもなると思い出す映画が古くてすいません。

あのダスティン・ホフマンが75歳になっていたというのも驚きですが、
初監督というのもすごいです。

俳優として50年以上のキャリアを誇るダスティン・ホフマン。
舞台演出の経験はありますが、これまで映画監督をしたことはありません。
その彼に監督デビューのきっかけを与えたのが、当試写室でも3年前に上映した
「新しい人生のはじめかた」
http://mtonosama.exblog.jp/12603801/ http://mtonosama.exblog.jp/12621260/ 
で彼と親しくなった撮影監督のジョン・デ・ボーマンです。
彼がダスティンに「映画監督をやってみない?」と声をかけ、
「君が良い脚本を見つけたら、演出するよ」という返事をひきだしました。
その後はとんとん拍子。
ジョン・デ・ボーマンがプロデューサーのフィノラ・ドワイヤーに彼の言葉を伝え、
彼女の手元にあったのが本作の脚本だったというわけです。

脚本は「戦場のピアニスト」(‘03)「潜水服は蝶の夢を見る」(‘07)などを書いた
ロナルド・ハーウッドですが、
その原案となったのはダニエル・シュミット監督のドキュメンタリー映画「トスカの接吻」(‘84)、
そこで描かれた音楽家のための老人ホームに想を得た劇です。
その老人ホームが1899年にヴェルディが創立したミラノのカーサ・ヴィバルディ。
http://www.casaverdi.org/
日本でも「想い出のカルテット~もう一度唄わせて~」というタイトルで
2011年に上演されていました。主演は黒柳徹子です。

f0165567_6453178.jpg

満を持しての映画化です。
時まさにヴェルデイ生誕200年。
老人ホームがヴィバルディつながりというだけではなく、
本作のタイトル「カルテット」(四重唱)こそ、
ヴェルディ中期のオペラ「リゴレット」第3幕で歌われる四重唱「美しい恋の乙女よ」を指しているのであります。
ヴェルディづくしです。

しかし、そんなことを知らなくたって十二分に楽しませてくれるところが、
ダスティン・ホフマン監督のすごいところ。
さあ、一体どんなお話でしょう。

続きは次回で。
乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月17日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

カルテット!
監督/ダスティン・ホフマン、脚本/ロナルド・ハーウッド、製作/フィノラ・ドワイヤー、スチュワート・マッキノン、撮影/ジョン・デ・ボーマン、編集/バーニー・ピリング、美術/アンドリュー・マッカルパイン、音楽/ダリオ・マリアネッリ
出演
マギー・スミス/ジーン、トム・コートネイ/レジー、ビリー・コノリー/ウィルフ、ポーリーン・コリンズ/シシー、マイケル・ガンボン/セドリック、ギネス・ジョーンズ/アン・ラングレー、シェリダン・スミス/ルーシー・コーガン先生、アンドリュー・サックス/ボビー・スワンソン
4月19日(金)全国ロードショー
2012年、イギリス映画、99分、配給/ギャガ、字幕翻訳/栗原とみ子
http://quartet.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2013-04-17 06:57 | 映画 | Comments(4)
本物の彼も良い人だった!
ダスティン・ホフマン初監督作品「カルテット!」公開を
前にして、21年ぶりの来日


f0165567_665512.jpg

4月9日、東京ミッドタウンに向いました。
なぜって?ダスティン・ホフマン監督に会うためです。
東京ミッドタウン、ザ・リッツカールトン東京のグランドボールルームに、
彼は私に会うためにアメリカから飛んできてくれたのです。

な~んちゃって。
ンなわけありません。

4月19日公開「カルテット! 人生のオペラハウス」公開に先駆けての
プロモーション来日でした。21年ぶりの日本ということです。

会場をうずめた報道関係者の前で話すのは
監督デビュー作である「カルテット! 人生のオペラハウス」についてですが、
歳を重ねることについても深くて良い話を語ってくれました。

さあ、どんなことを話してくれたのでしょうか。

ダスティン・ホフマン語ります。

”なぜ、70歳を過ぎて監督をやったのかって?
実はずっと監督をやってみたかった。何度も飛び込み台の先までは行ったよ。
資金繰りやらいろいろで飛び込む勇気が出なかったんだ。
だけど、今回は脚本が気にいった。
妻からも「今、やらないなら、いつやるのよ!」と言われてね。
こうも言われたよ、「これを監督しないなら、離婚だわ」
で、決めた。
人生のピークを過ぎた人たちの話で、僕自身、とても共感できた。

映画はコメディでもあり、ラブストーリーでもあるんだ。
二人の男女が恋に落ちて結婚。ところが、女性の不倫が原因で離婚。
40年間、ずっと会っていなかったが、老人ホームで一緒に暮らすことになった。
男は女をずっと愛し続けていたから、その後一度も結婚しなかったが、
女は何度も何度も、結婚と離婚を繰り返した。
だけど、本当に愛していたのは最初の彼だった、という話さ。

この映画は人生を描いているんだ。
若い人たちは歳をとるなんてことは考えないだろ?
そう。ある日、鏡を観て歳をとったな、と気づくまでそんなことは考えもしないんだ。
「カルテット!」には足腰が不自由だったり、記憶が定かでなくなったり、色んな人が出てくるよ。
(ジーンを演じた)マギー・スミスは実際にも目は視えづらいし、腰も悪い。
映画の中でも杖を使っていたが、実生活でもそう。
でもね、身体のどこが不自由でも人は生きていけるんだ。

90代の女性がスカイダイビングをしているニュースを観た。
ポルトガルには103歳で現役の映画監督がいる。
老いた人々による革命が始まっているのかもしれないね。

この映画は引退した老人の話だが、本当は、引退なんかしたくない、
人生はまだ終わっていないという話だ。みんな生きているんだよ。
だけど、40年も50年もずっと仕事をしてくると、ある年齢を過ぎた頃、
「もうこの役は君にはできない」と言われる・・・・・

僕はこの映画でそんな現実を告げたかった。
「私たちはそんなことを言われる筋合いはない!」
「やれるかやれないかは私達が決めることだ」とね。

この映画にはカルテットの他に、多くの住人が登場する。
僕は本物の音楽家をキャスティングした。だから、これはドキュメンタリーとも言えるんだ。
映画の中での演奏も彼らが本当に演奏しているんだよ。
オペラシンガーもバイオリニストもチェリストも皆ほんものさ。
ジャズトランペッターが出演しているんだけど、彼はいまだにすごいプレイができる。
なのに、この20年、仕事がこない。
「映画に出てくれないか」といったら本当に喜んで毎朝6時から現場に来てくれた。
僕は彼らの喜びと情熱と若返りをこの眼で目撃できただけでも満足だ。
価値のある仕事だったよ。
彼らの人生を是非知ってもらいたいと思い、エンドクレディットでは彼らの若い頃の写真と名前を出したんだ。

ねえ、ここにいるみんな、あなた達の中で誰一人として悩みのない人なんていないよね。
病気だったり、愛する人が病気にかかっていたり、別れや痛みだってある
みんな何かを抱えているはずだ。
でも、みんな、ここに来て全力をつくしている。生きるってそういうことだよね。
それこそがこの映画の精神なんだ。”

f0165567_614216.jpg

大勢の報道陣に向って「記念に、僕にも撮らせて」とカメラを向けるダスティン

う~~~~~~ん。
感動した!
「みんな何かを抱えて生きている」と彼が言ったとき、彼の優しさが伝わってきました。
うんうん、とうなづいてしまいました。
彼の一言一言が過去の主演映画のシーン同様に心に沁み入ってきます。

「僕も人生で学んだことだけど、人を恨み、憎んでいても何も生まれない。
それは自分の成長を止めることなんだよ」

良い人だなぁ。
あ、そうそう樹木希林(70歳)も登場しましたが、
この人もまたぽろっとこぼすように話す言葉に味があり、楽しかったです。

それにしても歳をとるって素晴らしいことだなぁ。



いよいよ明日は当試写室にて「カルテット! 人生のオペラハウス」を上映します。
乞うご期待でございますよ。


今日もポチッとお願いできたら嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
☆4月16日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆
by Mtonosama | 2013-04-16 06:34 | 映画 | Comments(4)