ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:キャロライン・グント ( 1 ) タグの人気記事

最終目的地 -2-
The City of Your Final Destination

f0165567_731381.jpg


©2008 ST.PANCRAS INC. ALL RIGHTS RESERVED

さて、前回、ウルグアイ、ウルグアイと騒ぎましたが、
本作の撮影地は実はアルゼンチンです。

未舗装の田舎道。
ずぶずぶと足を呑みこむ底なし沼。
鬱蒼とした密林を背景に、滅びゆくものの色合いを帯びつつ、寂しげに、侘しげに、
しかし、風格を誇示しつつ聳える邸宅。
南米の湖畔に打ち捨てられ、今や朽ち果てようとしているベニスから運んだというゴンドラ。

最高の道具立てではありませんか。
こうしたお膳立てさえ整っていれば、ウルグアイであれ、アルゼンチンであれ、関係ありません。

古色蒼然とした道具、そして、登場人物。
さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。


f0165567_744319.jpg

ストーリー
コロラド大学の教員オマー・ラザギは、1冊の著書のみを遺し、自殺した作家ユルス・グントの伝記を書くことを計画。
研究奨励金の認可を得るためには作家の遺言執行人たちの公認を得なければなりません。
彼らに手紙をしたためるオマー。ほどなく返信がきました。
しかし、それは公認を却下するというものでした。
オマーの恋人ディアドラはウルグアイへ行って直接交渉せよとオマーを煽ります。

ウルグアイまで飛んできたオマー。
街から遠く離れたオチョ・リオスにある作家の屋敷には、
作家の未亡人キャロラインと作家の愛人アーデンとその娘ポーシャ、
作家の兄アダムとそのパートナーの日本人ピートが今も共同生活を営んでいます。
キャロライン、アーデン、アダムから伝記執筆の公認を得ようと交渉を開始するオマー。

ところがアダムはあっさりと公認します。
ところが、それには亡母が遺した宝飾品の数々をアメリカで売ってほしいという条件がついていました。

アーデンはオマーと過ごす内、彼に共鳴するものを感じ、公認を与える決意をします。

しかし、キャロラインは頑なな態度を変えません。
夫は決して伝記を望んではいなかったと主張し、公認を与えようとはしないのです。

やがて1冊しか著書がないと思われていた作家が実は2冊目の執筆にあたっていたことがわかります。

オマーの出現は遺言執行人たちの気持を揺るがし、
オマー自身も自分の生き方を問い直し始めるのでした……

f0165567_755811.jpg

夫の愛人と奇妙な共同生活をする未亡人キャロラインの意固地な態度や気難しさが
次第に溶けてゆく様子を演じ切ったローラ・リニーには感服しました。
はかなげな愛人アーデンを演じたシャルロット・ゲンズブールの影が薄れるくらいの存在感でしたねぇ。
すごい女優さんです。
アンソニー・ホプキンスも良かったです。
あ、そうそう、真田広之が演じたのはその愛人役。

最終目的地――
密林を背景にそそり立つ屋敷が最終目的地であるかのように思わせ、そうではありません。
おそらくは湿気や密林の微生物のために朽ち果てようとしている邸宅。
滅びこそ最終目的地であるという隠喩を匂わせつつ、実は違っていた・・・・・
などと小難しく考える必要はありません。

ガルシア=マルケスやホルへ・ルイス・ボルヘスやマヌエル・プイグなど、
南米の土壌から生まれた作家たちの作品の中に漂う
どこか不思議で、幻想的な雰囲気を感じさせる映画でした。

そうした雰囲気を音楽がまた倍加してくれるんですよね。
これは絶対に映画館で体感すべき映画だ、と思います。





今日もポチッとお願いできれば嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月5日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

最終目的地
監督/ジェームズ・アイヴォリー、脚本/ルース・プラワー・ジャブヴァーラ、原作/ピーター・キャメロン、撮影/ハビエル・アギーレサロベ、音楽/ホルへ・ドレクスレル
出演
アンソニー・ホプキンス/アダム・グント、ローラ・リニー/キャロライン・グント、シャルロット・ゲンズブール/アーデン・ラングドン、オマー・メトワリー/オマー・ラザギ、真田広之/ピート、アレクサンドラ・マリア・ララ/ディアドラ
10月6日(土)よりシネマート新宿他全国順次ロードショー
2008年、アメリカ映画、117分、字幕/田中武人、提供・配給/ツイン、宣伝・配給協力/太秦、協力/パラマウントジャパン、http://www.u-picc.com/saishu/

by Mtonosama | 2012-10-05 07:22 | 映画 | Comments(7)