ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:キルギスタン ( 1 ) タグの人気記事

             明りを灯す人 -1-
             SVET-AKE(THE LIGHT THIEF)

f0165567_673878.jpg


                 さあ、久々にあまり知らない国へ飛びましょう!
                          キルギスです。
                      正式名称はキルギス共和国。
            かつてはキルギスタン(黠戞斯坦)と呼ばれていた中央アジアにある
                      旧ソビエト連邦の共和国です。
首都はビシュケク。カスピ海の東に位置し、北から時計回りにカザフスタン、中華人民共和国、タジキスタン、ウズベキスタンと国境を接する。ソビエト連邦から独立したウズベキスタン、カザフスタン、トルクメニスタン、タジキスタンとともに中央アジアを形成し、独立国家共同体 (CIS) の加盟国となっている。
(Wikipediaより)

             シルクロードの北の道がキルギスを通っていたこともあって、
大昔から匈奴や唐、13世紀にはモンゴル帝国の支配下に入るなど異民族の通り道にあたっていました。
               なんか司馬遼太郎の世界を想わせ、ドキドキします。
     そして20世紀の初めからは1991年に独立を果たすまでソ連に支配されていたキルギス。

        そんなわけで、この映画に登場する人々の顔はアジア的な顔をしています。
             監督でもあり、主役でもあるアクタン・アリム・クバトさんは
              喧嘩ッ早くない朝青龍という感じの愛嬌のある顔立ちです。

f0165567_612879.jpg


アクタン・アリム・クバト監督
1957年生まれの54歳。76年、首都ビシュケクにあるビシュケク美術専門学校に入学。
80年に卒業し、キルギスフィルム・スタジオでセットデザイナーとして働き始めました。
その後、いくつかの作品で美術監督を務め、
90年、短編ドキュメンタリー”A Dog Was Running”で監督デビュー。
93年には中編劇映画「ブランコ」を監督し、ロカルノ国際映画祭の短編映画部門でグランプリを受賞。
国際的に注目されます。
98年、長編劇映画デビューとなる「あの娘と自転車に乗って」を発表。ロカルノ銀豹賞(準グランプリ)をはじめ、ビエンナーレ、東京などの国際映画祭で数々の賞を受賞。
2001年、「ブランコ」「あの娘と自転車に乗って」に続く自身の少年時代を描く3部作の最終章となる
「旅立ちの汽笛」を発表しました。
2010年、9年の歳月をかけ、「明りを灯す人」を完成。
本作では名前をロシア名のアブディカリコフからキルギス名のアリム・クバトに変え、
自ら主演も務めました。ロシアで行われたキノショック映画祭で主演男優賞を受賞し、
監督としてだけではなく、俳優としても認められる存在に。
現在、次回作”Centaur”を準備中。かつて馬泥棒だったケンタウロスとアラビア馬の物語。
民話にイスラム的文化を盛り込んだ作品になるということです。


f0165567_6161727.jpg


   さて、この映画の舞台となる村は「中央アジアの真珠」と呼ばれるイシク・クル湖のほとりにあります。
20メートルを超す透明度を誇るこの湖は天山山脈の山間部にひっそりと位置し、幻の湖といわれていました。
              ソ連時代には高官専用の保養地として利用されていたとか。
            今では夏になると湖水浴を楽しむ人々でにぎわいを見せる湖です。

                       でも、村は豊かではありません。

                      キルギス民族はもともと遊牧民です。
           今ではほとんどの人が定住していますが、その時代の精神は今も受け継がれており、
              本作の中でも遊牧民としての生活習慣や風習を見ることができます。

f0165567_6182863.jpg


                        そして、主人公は電気屋さん。
              彼は広大な自然の中で、乏しい資材で工夫して風車を作っています。
              そうそう、イシク・クル湖のほとりは強い風が吹く場所なのです。
                         風車は電気も起こします。

                   なんか、その風車の存在がとても寓話的で、象徴的で、
                   この映画のキーポイントのような印象を受けます。
                         馬と草原、優しい人々―――

               こんな時代、こういう映画を見ると心にポッと明りが灯るようです。
              原題”SVET-AKE”の”SVET”も「光/明り」という意味があるそうですし。

                       中央アジアのスイスといわれるキルギス。
                 さあ、この村を舞台にどんなお話が繰り広げられるのでしょう。
                         次回まで乞うご期待であります。

                                

今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆9月13日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

明りを灯す人
監督・脚本・主演/アクタン・アリム・クバト、脚本/タリブ・イブライモフ、撮影/ハッサン・キディラリエフ
出演
アクタン・アリム・クバト、タアライカン・アバゾバ、アスカット・スライマノフ、アサン・アマノフ
10月8日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
2010年、キルギス=ドイツ=イタリア=オランダ、80分、日本語字幕/関美冬、字幕監修/井上徹、後援/在日キルギス共和国大使館、協力/風の旅行社、配給/ビターズ・エンド
www.bitters.co.jp/akari

by mtonosama | 2011-09-13 06:47 | 映画 | Comments(8)