ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ケイト・ブランシェット ( 2 ) タグの人気記事

ブルージャスミン -2-
Blue Jasmine

f0165567_623464.jpg

Photograph by Jessica Miglio (C)2013 Gravier Productions, Inc.


唐突ではありますが、ディズニーアニメの「眠れる森の美女」のオーロラ姫が好きです。
あのオーロラ姫を実在の女優が演じるとしたら
まさにケイト・ブランシェットこそが適任ではないかと密かに考えておりました。

(なんと「眠れる森の美女」が本当に実写化。日本では7月に公開されるのですって!
ただ主人公はあの怖い魔女の方。アンジェリーナ・ジョリーが魔女マレフィセントを演じます。
そして、アンジーとブラッドの末娘がオーロラ姫の幼少時代を。
16歳になったオーロラ姫を演じるのはエル・ファニング・・・でした)


美しいブロンドに透き通るようなブルーの瞳。
お人形のようでもあるし、お姫さまのようでもある彼女。
超のつく一流ブランドを身につけ、
縦ロールのお姫様ヘアをさりげなくカチューシャ代わりのサングラスで留める――

まあ、なんてゴージャスなんざましょ!

本作では最初の方こそ、オーロラ姫ことケイト・ブランシェットの本領発揮。
それが、次第に・・・
前回、ウディ・アレンは意地悪だ、と決めつけた理由もおわかりいただけると思いますよ。

さあ、どんなお話かといいますと


f0165567_645372.jpg

ストーリー
サンフランシスコへ向かう国内便のファーストクラス。
エレガントで美しい女性が隣席の老夫人と親しげに会話を交わしている。
女性の名前はジャスミン・フレンチ。NYセレブの花として超リッチな生活を送っていた。
だが、実業家の夫ハルとの結婚生活が破綻し、
すべての資産を失った今は精神安定剤とウォッカが手放せない日々だ。
それなのにファーストクラスに乗り、シャネルを優雅に身につけ、
ヴィトンのスーツケースをいくつもタクシーの運転手に運ばせる彼女。

ジャスミンが身を寄せたのは2人の息子を育てるシングルマザー、ジンジャーのアパート。
外見も性格もまるで異なるジャスミンとジンジャー。
彼女たちは同じ里親のもとで育てられた姉妹である。
ジンジャーは現在の恋人チリを紹介するが、ジャスミンは冷ややかだ。
セレブ気分が抜けきらない彼女が考えるのはなんとかして華やかな表舞台に返り咲くことだけだった。

ところが、そのためのプランもなければ、生活能力も持っていないジャスミン。
ジンジャーの勧めでインテリア・デザイナーを目指し、
インターネットで資格を得ようと考えたがパソコンすら使えない始末。
パソコン教室の受講料を得ようと歯科医院の受付係を始めるが、医師に迫られ、辞めることに。
何ひとつうまくいかず、プライドも傷つけられ、酒量も増えるばかり。

そんなジャスミンに大きな希望の光が射した。
あるパーティでエリート外交官のドワイトと出会ったのだ。
政界への進出も考える彼は洗練され、知的な紳士。
なにより美しくエレガントなジャスミンに強く魅かれている様子。
「インテリア・デザイナーをしていますの。夫は外科医でしたが、心臓発作で亡くなりましたわ。
ええ、子どもはおりませんのよ」と自己紹介をするジャスミン。
実は、別れた夫のハルは浮気と詐欺行為の常習犯でジャスミン自身の通報によって
FBIに逮捕され、ひとり息子のダニーはそれが原因で彼女の許を去っていったのだった――

その後もドワイトとのデートを重ねるジャスミン。輝かしい未来も間もなくその手に?
果たしてジャスミンは人生のどん底から再びセレブへの復帰を果たすことはできるのだろうか……

全てを失っても、身についた生活習慣はなかなか消えてはいかないものです。
問題はそれすら失くしてしまったら、
自分が自分であるためのレゾンデートル、存在理由ってものがなくなってしまうことですわねぇ。
歯科医に迫られても、妹の恋人の下品な友人たちの振る舞いにも、カエルのつらになんとかってやつで、
パソコンをマスターし、地道にインテリア・デザイナーを目指す手も確かにあったでしょう。

それができないジャスミンを、
落ちたマスカラで目の下を真っ黒にし、
高級そうなシルクのブラウスの腋に汗ジミをつくって
鬼気迫る演技をしたケイト・ブランシェト。

彼女はこの役によってまたまた新たな境地へと飛躍したのではないでしょうか。

今回は相変わらずの早口で饒舌なせりふもさして気にならず、
究極のアンハッピーエンドに人生の大きな宿題を与えられたような気分で試写室を後にしました。





今日もポチッをしていただけたらうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月29日に更新しました。いつも応援してくださり、誠にありがとうございます☆

ブルージャスミン
監督・脚本/ウディ・アレン、製作/レッティ・アロンソン、スティーヴン・テネンバウム、エドワード・ウォルソン、撮影/ハビエル・アギーレサロべ、美術/サント・ロカスト、衣装/スージー・ベンジンガー
出演
ケイト・ブランシェット/ジャスミン、アレック・ボールドウィン/ハル、ルイス・C・K/アル、ボビー・カナヴェイル/チリ、アンドリュー・ダイス・クレイ/オーギー、サリー・ホーキンス/ジンジャー、ピーター・サースガード、マイケル・スタールバーグ
5月10日(土)新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
2013年、アメリカ、98分、英語、日本語字幕/石田泰子、提供/KADOKAWA、ロングライド、配給/ロングライド
http://blue-jasmine.jp/

by Mtonosama | 2014-04-29 06:30 | 映画 | Comments(8)
ブルージャスミン -1-
Blue Jasmine

f0165567_5435597.jpg

Photograph by Jessica Miglio (C)2013 Gravier Productions, Inc.


あれだけ嫌いだと言っていながらまた観てしまいました。
これというのも彼が律儀に毎年1回映画を監督し続けるからなのでしょうか。
それとも「いやよ、いやよも好きの内」ってやつでしょうか。
好きじゃないんだけどなぁ・・・

そう、ウディ・アレンのことです。
彼の最新作『ブルージャスミン』。

ケイト・ブランシェットが今回のミューズです。
それにしてもウディ・アレン監督は女優選びがうまいですね。

ブルージャスミン――
ブルー(憂鬱)なジャスミンってことでしょうが、
ケイト・ブランシェットの瞳の色もきれいなブルーです。
透き通ったブルーの瞳と美しいブロンド。
典型的な西洋美人ですよね。

悪いけど、小男で貧相なウディ・アレン監督とはまったくもって共通点などありません。
ま、彼は俳優として登場していないからいいけど。

f0165567_5492545.jpg

最近、スペインやパリやローマなどヨーロッパを舞台にした作品を撮ってきた監督、
久々にアメリカへ戻ってきました。
しかし、本拠地NYではなく、ウェストコースト。
監督が西海岸を舞台に映画つくりをするのは初めてなんだそうです。

西海岸っていうと、太陽の光がいっぱい?
ヤシの木が影を落とす歩道を半裸のおにいさんやおねえさんがスケートボードで疾駆する?
なんかちょっと軽いイメージですよね。
行ったことないからわかりませんが。

少なくとも透き通るような青い瞳のケイト・ブランシェットとは合いませんわねぇ。
この違和感が、また何かしでかしてくれるかな?という期待感に結びついてはいくのですけどね。

f0165567_5514277.jpg

ウディ・アレン監督44作目の本作、超セレブな女性の転落と復活へのもがきを描いています。
テネシー・ウィリアムズ「ガラスの動物園」の登場人物を思わせるような――
こわれやすくて、気位が高くて、なのに、不器用で、うそつきで
鼻もちならないんだけど、自分にもこんな部分があるかもしれない、
と思わせる女性ジャスミンが主人公です。

いや、ホントにイヤな女なんですよ。
でもね、自分がその立場に立たされたら、どうかなぁ・・・
と監督はまたもや素直で純粋な観客を悩ませるのです。

ウディ・アレンって根っからの意地悪ですよね。
じゃなければ、女嫌い?
女のいやらしさをここまで描くのは意地悪だからだし、
その女のいやらしさにどこかで共感してしまう同性の観客を悩ませて喜んでいるのは
女嫌いの男目線かもしれないから。

さて、監督によればこの映画のネタ元は奥さんから聞いたある女性の身の上話なんだそうです。

とても裕福に暮らしてきた女性が全財産を失い、店員として働き始めはしたものの
これまでの生活とのあまりの落差に大変な苦労をしたという話を聞いた監督。
その人生の悲劇的な展開に興味を抱き、作り上げたのが本作「ブルージャスミン」なんです。

さあ、いったいどんなお話なのでしょう。
続きは次回までしばしお待ちくださいませ。



今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月26日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ブルージャスミン
監督・脚本/ウディ・アレン、製作/レッティ・アロンソン、スティーヴン・テネンバウム、エドワード・ウォルソン、撮影/ハビエル・アギーレサロべ、美術/サント・ロカスト、衣装/スージー・ベンジンガー
出演
ケイト・ブランシェット/ジャスミン、アレック・ボールドウィン/ハル、ルイス・C・K/アル、ボビー・カナヴェイル/チリ、アンドリュー・ダイス・クレイ/オーギー、サリー・ホーキンス/ジンジャー、ピーター・サースガード、マイケル・スタールバーグ
5月10日(土)新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
2013年、アメリカ、98分、英語、日本語字幕/石田泰子、提供/KADOKAWA、ロングライド、配給/ロングライド
http://blue-jasmine.jp/

by Mtonosama | 2014-04-26 06:01 | 映画 | Comments(6)