ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ケン・ローチ ( 2 ) タグの人気記事

天使の分け前 -1-
THE ANGELS’ SHARE

f0165567_626463.jpg

(C)Sixteen Films, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve, Urania Pictures, France 2 Cinema, British Film Institute MMXII

あの真面目なケン・ローチ監督が楽しく痛快な最新作をつくってくれました。
社会派映画の巨匠というキャッチフレーズと一体になった監督ですが、
現代のお若い方々を主人公にした作品には楽しいものが多いような気がします。
「明日へのチケット」(‘05)に出てきたサッカーファンの3人のおにいさんたちも
イケメンでこそないけれど元気でおかしい若者たちでした。
その3人の内、2人が本作にも出演しています。

英国では失業中の若年層が100万人を超えました――

本作に登場するのもそんな若者たちです。
でも、本作に出てくるような、叩かれても踏みつけられてもへこたれない
おにいさんやおねえさんを観ると、こちらも元気をもらえるものでございます。
あ、なんだか年寄りじみたことを言ってしまいました。

「天使の分け前」。オリジナルタイトルは“The angel’s share”。そのまんまです。
これ、お酒好きな方ならよく意味をご存知でしょうが、

天使の分け前とは、ワインやブランデー、ウィスキーなど、その製造工程で熟成を要する酒類において、「熟成中に水分・アルコール分が蒸発し、最終的な製造量が目減りする」こと。
ワインやブランデーなどの酒は、その製造工程に「樽などでの熟成」という工程を含んでいる。熟成は短くとも数年単位、十数年の熟成が行われることも珍しくはなく、場合によっては数十年の熟成がなされる場合もある。樽は基本的に木製であり、液体は通さないが気体は通すため、熟成の間に酒に含まれる水分やアルコール分が蒸気となって少しずつ樽からしみ出ていく。すると、熟成開始時の量と比較して、熟成終了時の量は減少してしまう。この減少分を、「天使の取り分」と呼ぶ。
熟成期間が長いほど、天使の取り分は多くなる。これが熟成年数の長い酒が高価となる一因である。熟成を行った場所の温度が高いほど、湿度が低いほど、天使の取り分は多くなる。よって、熟成を行う場所を慎重に検討する必要がでてくる。なお、一般に木製の樽で1年熟成すると、1〜3%程度が、天使の取り分として失われる。(Wikipediaより)

f0165567_6312885.jpg

美味しいウィスキーほど、天使にしっかりテイスティングしてもらっているということなんですね。

ウィスキーグラスを脇にカウンターに酔いつぶれた天使の姿がちらついてしまうんですが、
もちろんそんな天使は映画には登場しません。

とすると、ケン・ローチ監督は一体どんなふうに観客を酔わせてくれるのでしょうか。

それは次回のお楽しみということで。
乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月10日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

天使の分け前
監督/ケン・ローチ、製作/レベッカ・オブライエン、脚本/ポール・ラヴァティ、製作総指揮/パスカル・コシュトゥ、ヴァンサン・マラヴァル、撮影監督/ロビー・ライアン
出演
ポール・ブラニガン/ロビー、シヴォーン・ライリー/レオニー、ジョン・ヘンショー/ハリー、ガリー・メイトランド/アルバート、ウィリアム・ルアン/ライノ、ジャスミン・リギンズ/モー、スコット・ダイモンド/ウィリー、スコット・カイル/クランシー、ニール・リーバー/スナイパー、ジェイムズ・ケイシー/ドーギー、キャズ・ダンロップ/キャズ、ギルバート・マーティン/マット、スチュアート・プレストン/州長官、ヴィンセント・フリール/検察官、カースティン・マーレイ、ニック・ファー、チャールズ・ジャミーソン/弁護士、フォード・キアナン/駅長、ロジャー・アラム/タデウス、チャーリー・マクリーン/ロリー・マカリスター、ディヴィッド・グッドール/ドビー、ブルース・アディソン/競売人
4月13日(土)より銀座テアトルシネマ他全国順次公開 ―銀座テアトルシネマ クロージング作品―
2012年、イギリス=フランス=ベルギー=イタリア、1時間41分、英語、日本語版字幕/太田直子、提供/角川書店、ロングライド、配給/ロングライド、後援/ブリティッシュ・カウンシル、http://tenshi-wakemae.jp/

by Mtonosama | 2013-04-10 06:44 | 映画 | Comments(7)
この自由な世界で
it’s a free world…


f0165567_15255736.jpg

(c) Sixteen Films Ltd, BIM Distribuzione, EMC GmbH and Tornasol Films S.A.

唐突ですが、1930年代に起こったスペイン市民戦争に夢中になっていた時期が ありました。
R・キャパの撮影した「崩れ落ちる兵士」の写真で有名な内戦です。
そのスペイン市民戦争を描いた「大地と自由」(‘95)を観たのが
ケン・ローチ監督との出会いでした。
「この人すごい。これは『カタロニア讃歌』だ。スペインの内乱をまんま映画にしてくれた!」
鼻の穴をふくらませて感動したのを思い出します。

一昨年はアイルランドの独立を描いた「麦の穂をゆらす風」で
パルムドール大賞を受賞した監督ですが、
やはりこの人の真骨頂は現代社会の片隅に生きる
名もないおじさん、おばさん、おねえさん、おにいさんを
切り取って見せてくれるところにあるような気がします。
 
「この自由な世界で」の主人公はアンジーという33歳のシングルマザー。
11歳の一人息子を両親に預け、ルームメイトのローズと暮らしています。
移民相手の職業紹介所の仕事もバリバリこなしているのだけれど、
上司のセクハラまがいの嫌がらせをかわしたら、その翌日にクビ。
頭にきたアンジーはローズを誘い、派遣業を立ち上げます。

    学歴なんかないけど、仕事はできるんだから。
    来年は中学に上がる息子だって、いつまでも両親に預けておくわけにはいかないし。
    お金だってもっと稼げるはず。
    私を使い捨てにしたやつらも見返してやらなくちゃ…

舞台はロンドン。
職を求め、あるいは命の安全を求め、世界各国から移民たちが集まってくる都市です。
EU拡大以降、東欧の新規加盟国に労働市場を開放したイギリスには
ポーランド、ウクライナなど東欧圏の移民労働者が多く、
この映画でもポーランド人の青年がアンジーに思いを寄せ、
通訳として彼女の仕事を手伝う役柄として登場しています。

ここで問題となるのが不法移民労働者の場合。
職業紹介所にとって不法移民の就労はタブー。

反体制的な本を出版したことで逮捕され、
イギリスに亡命申請したものの認められず、ロンドンに隠れ住むイラン人の元出版業者
就労ビザのないウクライナ人

彼らが働くこと、彼らを働かせること自体が犯罪です。
そこはもうマフィアが関わる危険区域。焦ったアンジーが足を踏み入れ、
映画の中でも息詰まる展開を見せるのが不法移民の問題なのです。

アンジーは自分の幸福のためにあくどいことを平気でやってしまう今時の娘ですが、
彼女を見守る父親は古き良き時代の労働者。
団結や倫理観、今ではダサいといわれる価値観の中で生きてきた人です。
父娘そして新旧世代の価値観のずれは仕方ありません。
労働をとりまく環境も変わりすぎてしまいました。

父親はただ娘を見守り続けるだけですが、
この父親が本当に良い味を出していました。
無茶をする娘を心配しながらも、余計なことは言わず、
毅然と見守る姿には無骨ながらも深い愛情があふれています。

この父親を演じたのはなんと役者未経験の元港湾労働者コリン・コフリン。
筋の通った父親は演技ではなく、彼の人生そのものなのでしょうか。
移民問題は今日的なテーマですが、
その背後には不器用な父親を通してケン・ローチの視線が感じ取れます。

手探りでがむしゃらに生きる若い人たちへの励ましとも導きともとれる視線。
やはり、この人は名匠の名に値する監督です。

ブログランキングに参加しています。
どうぞ、ポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

監督/ケン・ローチ、脚本/ポール・ラヴァティ
出演
アンジー/キルストン・ウェアリング、ローズ/ジュリエット・エリス、父親ジェフ/コリン・コフリン
8月、渋谷シネ・アミューズほか全国順次ロードショー
www.kono-jiyu.com

by Mtonosama | 2008-07-08 16:14 | 映画 | Comments(8)