ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:コーエン兄弟 ( 5 ) タグの人気記事


不屈の男
アンブロークン
-2-
Unbroken

f0165567_51445.jpg

(c)2014 UNIVERSAL STUDIOS


ルイ・ザンペリーニはイタリア移民の子として育ち、
一時ぐれかけたこともありますが、
陸上選手としての才能を見いだされます。
1936年のベルリン・オリンピック5000メートル走では
驚異的なラップタイムをたたき出しました。

そして、時代は第二次世界大戦に。
彼も空軍爆撃手となります。
しかし、彼を乗せた爆撃機が太平洋上に不時着。
47日間の漂流の末、日本軍にみつかり、捕虜として東京の大森収容所に。

かつては1940年に予定されていた東京オリンピックへの出場を望んでいた
ザンペリーニにとっては皮肉な形で実現した東京行きでありました。

f0165567_5145848.jpg

ストーリー
1943年4月、南太平洋上で救助作業に向う途中、
ルイ・ザンペリーニを含む11人の乗組員を乗せたグリーン・ホーネット号は
エンジントラブルを起こし、海に突っ込み、8人が海の藻屑と消えた。

ルイとキャプテン・フィル、そして後部砲手マックは
救命ボートに乗り、果てしもない漂流に乗り出した。
襲いかかるサメや容赦なく照りつける太陽、
日本の爆撃機による機銃掃射に耐えたが、
マックは33日目に死亡。
ルイとフィルはお互いに励まし合いながら47日間漂流し、
最終的にはマーシャル諸島まで流された。
だが、そこに待っていたのは日本軍だった。
・・・
その後、ルイが送られたのは大森収容所。
そこで待っていたのが“バード”と呼ばれ、恐れられていた収容所長渡辺伍長だった。

ある日ルイは自分が戦死したことになっていると告げられ、
米本国向けの放送ラジオ・トーキョーで自らの生存を伝えるように要請された。

無事に放送を終えたルイは
アメリカを誹謗し、日本軍を称賛する放送をするように説得を受けた。
断固それを拒否したルイは再び大森収容所へ。
戻ってきたルイに「私と同じように意志が強いな」と優しく声をかける渡辺。
「しかし、お前は敵だ」と捕虜の全員にルイを殴るよう命令。
ルイに対するびんたは日が暮れるまで続いた。

1944年クリスマス。渡辺が昇進して大森を去ることが発表される。

同年末。激しい空襲に見舞われ、消火活動に駆り出される捕虜たち。
屋根の上からは赤く燃え盛る東京の街が見える。
終戦が近いと喜ぶ捕虜たち。
だが、連合軍が勝てば捕虜は殺される……

f0165567_5161478.jpg

いやはやバードこと渡辺伍長のサディスティックな懲罰。
演じるは本作が映画デビューとなるミュージシャンMIYAVI。
先日亡くなったデヴィッド・ボウイをもっと尖らせた一見美しい顔立ち。

この美しい顔から次々と繰り出される言葉や残虐な行為には
驚きを通り越して病的なものを感じます。
戦争が彼をこうしたのか、
なにか心の病を抱えているのか。

とにかくこんな男に目をつけられたルイ・ザンペリーニこそ災難です。
映画では正々堂々と彼と向き合い、
収容所生活の代わりに提案されたアメリカ合衆国への裏切りも
断固拒否して闘い抜いた不屈の男として生き抜いた強い男の生き方が描かれています。

でも、映画の終わりに
ルイもしばらくはPTSDを抱えていたとあるように、
ただただアンブロークンなだけではいられなかったと思います。

反日映画とも思わないし、
ルイ・ザンペリーニの不屈の闘志を讃美しようとも思いません。

でも、バードこと渡辺伍長を精神病理学的に
つきつめていくと何が見えてくるのか、
そんなことが気になって仕方ない作品でした。





今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2016年2月1日に更新しました。いつも応援して下さって本当にありがとうございます☆

不屈の男 アンブロークン
監督/アンジェリーナ・ジョリー、脚本/ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン、リチャード・ラグラヴェネーズ、ウィリアム・ニコルソン、原作/ローラ・ヒレンブランド、プロデューサー/アンジェリーナ・ジョリー、クレイトン・タウゼント、マシュー・ベール、アーウィン・ストフ、撮影/ロジャー・ディーキンス、美術/ジョン・ハットマン
出演
ジャック・オコンネル/ルイ・ザンペリーニ、ドーナル・グリーソン/フィル、MIYAVI/渡辺、ギャレット・ヘドランド/フィッツジェラルド、フィン・ウィットロック/マック
2016年2月6日(土)シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー
2014年、アメリカ、カラー、137分、日本語字幕/戸田奈津子、配給/ビターズ・エンド、http://unbroken-movie.com/

by Mtonosama | 2016-02-01 05:23 | 映画 | Comments(8)

インサイド・
ルーウィン・デイヴィス

名もなき男の歌 -1-

Inside Llewyn Davis

f0165567_5172626.jpg

Photo by Alison Rosa (C)2012 Long Strange Trip LLC


コーエンブラザーズ。
「ノーカントリー」(‘07)でアカデミー賞作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞を
受賞したこの兄弟監督。
彼らの作品の中で、とのは「オー・ブラザー!」(‘00)が好きです。
主演のジョージ・クルーニーはもちろんのこと、
作品中の音楽がこれまた良かったのであります。

本作「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」も
音楽がきわだっております。

なんといっても、あのボブ・ディランが憧れたデイヴ・ヴァン・ロンクをモデルにした映画ですからね。
え、デイヴ・ヴァン・ロンクを知らない?
ハハ、実はとのも知りません。


f0165567_5155397.jpg

デイヴ・ヴァン・ロンク
1936年6月30日、ニューヨーク州ブルックリン生まれ。歌手デビューする前には船員として働いていた。1950年代中頃はジャズ・バンドで演奏し、ヴィレッジ・フォーク・シーンの中核的存在に。セッション活動も多くこなし、1963年にラグ・タイム・ジャグ・ストンパーズ( The Ragtime Jug Stompers )を結成。複雑なコード進行を用いたフィンガー奏法による弾き語りブルースが得意。全21枚のアルバムを作成。2002年にニューヨークで亡くなる。http://bluesring.digitalfruits.com/artist/DaveVanRonk.html


こぎれいな格好で美しい歌声やハーモニーを聴かせるフォークシンガー
とは全く違っていたデイヴ・ヴァン・ロンク。
彼の枯れた歌声とギター奏法は後輩のシンガーから慕われ、その中にはボブ・ディランも。
ディランは歌い方、服の着こなし、立ち居振る舞いまで、デイヴを見習ったんだそうです。
また、デイブの妻は無名時代のボブ・ディランのマネージャーをするなど、
ディランの成功とデイヴの存在とは切り離せないものでした。


ガスライト・カフェ
デイヴ・ヴァン・ロンクが根城にしていたマクドゥーガル・ストリート111番地にあるケトル・オブ・フィッシュ・バーの地下にあったクラブ。ボブ・ディランやフィル・オクス、エリック・アンダーソン、ジョニ・ミッチェルなどが出演していた。http://bluesring.digitalfruits.com/artist/DaveVanRonk.html


デイヴ・ヴァン・ロンクはこんな人でした。
と、ざっと人物紹介はしましたが、彼はあくまでもモデル。
彼が船員だったこととか、ガスライト・カフェは映画の中にも出てきますが、
主人公はルーウィン・デイヴィスです。
でも、タイトル「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」は
デイヴのアルバム「インサイド・デイヴ・ヴァン・ロンク」からしっかり取られてますけどね。

f0165567_530426.jpg

このルーウィン・デイヴィス
とことん間が悪い人物で、人生はこれでもかとばかりにルーウィンにつらく当たります。
でも、どこかおっとりしていて、それでいて、音楽の信念は絶対に変えない人なんです。
こんな友人がいたら楽しいかもしれません。

そんなルーウィンを演じるのはオスカー・アイザック。
「ワールド・オブ・ライズ」(‘08)、「ダイアナの選択」(‘08)、「チェ 28歳の革命」(‘10)、
「ロビン・フッド」(‘10)、「エンジェルウォーズ」(‘11)、「ドライブ」(‘11)、
「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」(‘11)、「ボーン・レガシー」(‘12)などに出演しました。

いろいろな作品に出てはいますが、今回が映画初主演です。
ジュリアード音楽学院卒業というだけあって、
映画の中でのギター演奏、歌唱などはアフレコなしのライブ撮影でした。

1980年グアテマラ出身の34歳。
ラテン系の濃い顔立ちながら、ルーウィンの名の由来を訊かれると
「ウエールズ出身なのさ」と応えるところが瓢々としてます。

f0165567_5352132.jpg

そして、あと是非ともご紹介したい俳優がいます。
もうね、これがね、オスカーをくっちゃう勢いなんです。
はちみつ色っていうのでしょうか。茶トラの雄猫・ユリシーズくんです。

もう登場の瞬間からユリシーズには釘づけになりました。

さあ、どんなお話でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとしていただけたらうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月23日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
プロデューサー・監督・脚本/ジョエル・コーウェン、イーサン・コーウェン、プロデューサー/スコット・ルーディン、エグゼクティブプロデューサー/ロバート・グラフ、オリヴィエ・クールソン、ロナード・ハルバーン、撮影/ブリュノ・デルボネル、エグゼクティブ音楽プロデューサー/T・ボーン・バーネット、アシスタント音楽プロデューサー/マーカス・マムフォード、録音/スキップ・リーヴセイ、サウンド・ミキサー/ピーター・カーランド、レコーディング・ミキサー/グレッグ・オーロフ
出演
オスカー・アイザック/ルーウィン・デイヴィス、ジーン・バーキー/キャリー・マリガン、ジョン・グッドマン/ローランド・ターナー、ギャレット・ヘドランド/ジョニー・ファイブ、F・マーレイ・エイブラハム/バド・グロスマン、スターク・サンズ/トロイ・ネルソン、アダム・ドライバー/アル・コーディ
5月30日TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
2013年、アメリカ、104分、カラー、英語、字幕/石田泰子、提供/東宝、ロングライド、
配給/ロングライド
http://www.insidellewyndavis.jp/

by Mtonosama | 2014-05-23 05:43 | 映画 | Comments(11)
モネ・ゲーム -2-
Gambit

f0165567_5546100.jpg

(C)2012 Gambit Pictures Limited

美術品詐欺。そして、そこで使われたのがモネの「積みわら」というのがミソの本作。
さすが、コーエン兄弟。
「積みわら」はシリーズ作品で25点もあるということで、
これを詐欺の映画に使おうと思いついたんですね。

さあ、一体どんなストーリーが展開されるのでしょう。


ストーリー
ロンドンの美術鑑定士ハリーは完全無欠な詐欺の計画を立てた。

彼の雇い主ライオネル・シャバンダーはTV局から出版社まで所有するメディア王。
大金持ちである。その富は美術品収集に注ぎ込まれていた。
カタブツのハリーが騙そうとしているのはそのライオネルだ。

なぜか?
傲慢で気どり屋で最低男の雇い主・ライオネルからこれまで受けた数々の侮辱に反撃するためだった。
そんなハリーに協力するのは贋作が趣味のネルソン少佐。
少佐が描いたモネの贋作を、雇い主シャバンダーに15億円(!)で売りつけようというのだ。
そして、ハリーのシナリオにはもう一人重要な人物がいた。
その人物とはPJ・プズナウスキー。彼女を探すため、ハリーと少佐は一路テキサスへ。

さて、なぜモネなのか?なぜPJが重要人物なのか?
話せば長くなるが、1891年、印象派の巨匠モネは2枚の油絵を完成させた。
「積みわら 夜明け」と「積みわら 夕暮れ」だ。
その後「夕暮れ」は戦争を挟み、数奇な運命を辿る。
1941年、パリの美術館からナチスに奪われ、
1945年、パットン将軍第一師団がナチスを襲撃。そして「夕暮れ」は消える。
この時の隊長がPJ・プズナウスキーの祖父だというのだ。
ずいぶん入念なシナリオではないか


印象派のコレクターであるシャバンダー。
彼が咽喉から手が出る程、欲しいのがモネのこの二作品。
まずは「積みわら 夜明け」を1100万ポンドで落札。
オークションで最後まで争った日本のメディア王アキラ・タカガワを蹴落とす。

f0165567_645653.jpg

ハリーのシナリオは、PJを「積みわら 夕暮れ」の持主に仕立て上げれば、
シャバンダーは確実にくいついてくる――というものだった。

さて、テキサス。ハリーと少佐はPJをうまく説得できるか?
「いいわよ」
あっさり話に乗ってきたPJ。
趣味はロデオ、鶏肉工場で働き、トレーラーハウスで祖母と二人暮らしのPJにとって
飛行機でロンドンへ行くだけでも夢のような話。
ハリーは壁に飾った贋作の「夕暮れ」をバックにPJと祖母の写真を撮り、シャバンダーに見せる。
写真を見たシャバンダーは即座に無視するが、ハリーからPJの祖父の話を聞く内に興味津々。
いよいよPJがロンドンへ。

舞台は整った。ハリーの計画通りにことが運べば、15億円が転がり込むはず――
だったが……

その後、シャバンダーがPJにぞっこんになったり、
どこか抜けてるハリーが鑑定士をクビになったり――

カタブツなんだけど、詰めが甘い英国人ハリー。
顔とスタイル、抜群。外見だけナイスな女子と思いきや、案外賢いヤンキーガール。

f0165567_67391.jpg

ステレオタイプな国民性を対比させてウラをかくという
これまたよくあるパターンのコメディ。

リメイク版の抱える問題はさすがのコーエン兄弟も克服できなかった・・・?

コリン・ファース、ちょっと重すぎたかもしれません。
いえ、身体が、ではなく、これまでの役柄が。
王様、スパイときた後、ツメの甘い鑑定士はコリン・ファースには酷かなぁ。
重厚な役柄に続く軽妙なコメディは難しかったか。

でも、不器用そうな美術鑑定士を不器用に演じるコリン・ファースも
なかなか味わい深いものがありました。





今日もポチッとお願いできればうれしいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月2日に更新しました。もう5月。この試写室も今月で5年を迎えました。いつもありがとうございます☆

モネ・ゲーム 
監督/マイケル・ホフマン、脚本/ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン、製作/マイク・ロベル、アダム・リップ、撮影/フロリアン・バルハウス
出演
コリン・ファース/ハリー・ディーン、PJ・プズナウスキー/キャメロン・ディアス、アラン・リックマン/ライオネル・シャバンダー、トム・コートネイ/ネルソン少佐、スタンリー・トゥッチ/マーティン・ザイデンベイバー
5月17日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
2012年、アメリカ、90分、配給/ギャガ、http://monetgame.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2013-05-02 06:24 | 映画 | Comments(4)
シリアスマン -2-
A Serious Man

f0165567_5595599.jpg


©2009 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

この映画の主人公ラリー・ゴプニックはまじめなユダヤ人です。

ユダヤ人というと、ペルーで同じツアーだった中年ユダヤ人男性を思い出すとの。
この人もすごくまじめだったんです。
例えば、こんな具合。
ある遺跡に向かう道に落ちていた乾電池を深刻な顔で指差し”Pollution!“と。
う~ん、捨てられた乾電池はたしかに遺跡にはふさわしくありませんが、
「公害」とまでは……

ま、数少ないユダヤ人との出会いだけで、ユダヤ人の性格を決めつけてはいけませんが、
「シリアスマン」を観て、ペルーで出会ったユダヤ人を思い出してしまいましたよ。

さて、ストーリーです。


ストーリー
1967年アメリカ中西部。
地元の大学で物理学を教えるラリー・ゴブニックは郊外の住宅地に、
妻と2人の子ども、そして、ちょっと訳ありの実兄と平凡に暮らしていました。
気になっていることといったら、
現在勤務している大学に終身雇用されるかどうかということと、
2週間後に迫った13歳の息子ダニーのバル・ミツバー(ユダヤ人男子が13歳になるときに行われる成人式)くらい。

f0165567_644661.jpg

が、実は、問題大ありなんです。
兄アーサーは無職、無気力、病気持ちでラリーの家から出て行く気配がなく、
娘のサラはこの伯父がいつもバスルームを占拠していることがイヤでイヤでたまらず、
息子ダニーは乱暴者の同級生にマリファナの代金を支払えず、ビビりまくり、
ラリーはラリーで、落第点をつけた学生からなんとかしてくれと賄賂を送りつけられます。
そして、きわめつけとして、
妻ジュディスから、何の前触れもなく、別れ話を切り出されました。
既に、ジュディスは再婚相手まで決めており、その相手はラリーの友人だというのです!

次から次へとラリーを襲う災難。
困り果てたラリーはユダヤ人コミュニティの指導者であるラビに相談するのですが……


f0165567_66217.jpg

もう、まるで空港の荷物用ベルトコンベアーみたいに次から次へと災難が運ばれてきます。
かわいそうだよ、止めてくれー、と叫んでも、誰も止めてくれません。
ああ悪夢だ、と思いながら、
「ここまで来たら、最後まで見届けよう」
と妙にきまじめに観ている自分がいました。
そう、なぜか笑ったりしながら。

人の不幸は蜜の味?
いえ、そこまで意地悪では。
ただ、あまり悪いことばかり続くと、ひとつひとつ悩んでいても落ち込むばかりだから、
とりあえず笑っておこう、という心境でしょうかね。

この映画、ミネアポリスの抜けるような青空とは似ても似つかない雪の夜から始まります。
悪霊を退治するユダヤの民話が挿入されるのですが、
ヨーロッパの暗い夜と1967年の明るい青空との対比が奇妙に際立ちました。
ま、どちらもユダヤ人社会ですけど。

アメリカのユダヤ人コミュニティで子ども時代を送ったコーエン兄弟が描いた映画です。
といっても、それで彼らの生い立ちを知るとかって作品では全然なく(当然です)、
ただただ不運のスパイラルコースター、不幸の観覧車に乗せられて
笑ってしまうしかないブラックコメディ。

でも、彼らの父親も大学教員だったし、
彼らも映画の中のダニーと同じくヘブライ学校に通い、
バル・ミツバーの儀式を受けたのも本当のこと。

「刑事ジョン・ブック目撃者」(’85)のアーミッシュもそうでしたが、
アメリカの宗教コミュニティって、本当に意固地なまでに自分たちの暮らしぶりを
守っているので、ゲラゲラ笑いながらも、実はかなり驚かされました。

世界は広いですね。



シリアスマン
監督・脚本・プロデューサー/ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン、エグゼクティブ・プロデューサー/ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、ロバート・グラフ、撮影監督/ロジャー・ディーキンスASC,BSC
出演
マイケル・スタールバーグ/ラリー・ゴプニック、リチャード・カインド/アーサー伯父さん、フレッド・メラメッド/サイ・エイプルマン、サリ・レニック/ジュディス・ゴプニック、アーロン・ウルフ/ダニー・ゴプニック、ジェシカ・マクマヌス/サラ・ゴプニック、アダム・アーキン/離婚弁護士
2月26日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次ロードショー
2009年、アメリカ、106分、配給/フェイス・トゥ・フェイス


ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただけたら、うれしうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪2月19日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2011-02-19 06:20 | 映画 | Comments(8)
               シリアスマン -1-
                    A Serious Man

f0165567_623565.jpg


             ©2009 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

世の中、運の悪い人はかなり多いと思うけど、
この映画の主人公ほど気の毒な人はそれほどいないかもしれません。
彼が、意識的にせよ、そうでないせよ、何か悪いことでもしたっていうのなら、
因果応報で仕方無いかもしれません。
でも、映画を観ている限り、
品行方正かつクソまじめ(あ、汚い言葉を使ってしまった)な主人公なんです。

笑っちゃいけないほど気の毒なのに、この人ときたら、気の毒過ぎて、運が悪過ぎて、
つい笑えてしまいます。
これってコーエン兄弟のいつもの毒なのでしょうか。
だとしたら、また、はめられてしまったようです。
f0165567_625998.jpg
コーエン兄弟。
兄ジョエル・コーエンは1954年、弟イーサン・コーエンは1957年、
ミネソタ州ミネアポリスに生まれました。
デビュー作「ブラッド・シンプル」(‘84)以来、
共同で監督・脚本を担当している2人ですが、
本作は2人の生まれ故郷ミネアポリスが舞台、
そして、2人の出自であるユダヤ人社会が登場します。

前作「バーン・アフター・リーディング」(‘08)ではブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、
ジョン・マルコヴィッチと大物スターてんこ盛りでしたが、
今回は映画スターではなく演劇界の実力派マイケル・スタールバーグ他無名俳優の出演。
ジョエル監督は、その理由をこうコメントしています。
「観客にリアリティを感じてもらいたかった。
主人公をとりまく風変りな環境に没頭してほしかったんだ。
映画スターだとそうはならないからね」


f0165567_646537.jpg
脚本は「ノーカントリー」(‘07)の前に
既に書かれていたそうですよ。
「ノーカントリー」、これも笑えちゃうお話なのかもしれません。
でも、とのの場合、アカデミー賞助演男優賞をとったハビエル・バルデムが怖すぎて、笑うどころではありませんでした。


煙にまいたり、怖がらせたり、一筋縄ではいかないコーエン兄弟監督なのです。

今回は兄弟が育ったユダヤ教社会の儀式や不思議なユダヤ教会の内部や
兄弟にとっては懐かしいけれど、私たちにとってはなじみのないシーンの登場に、
へぇ~っ!と何度も驚かされました。
とはいえ、60年代ミネアポリスのつきぬけたような青空は郷愁を誘ってくれます。

さて、どんなお話でしょうか?
次回までお待ちくださいませね。


                              

シリアスマン
監督・脚本・プロデューサー/ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン、エグゼクティブ・プロデューサー/ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、ロバート・グラフ、撮影監督/ロジャー・ディーキンスASC,BSC
出演
マイケル・スタールバーグ/ラリー・ゴプニック、リチャード・カインド/アーサー伯父さん、フレッド・メラメッド/サイ・エイプルマン、サリ・レニック/ジュディス・ゴプニック、アーロン・ウルフ/ダニー・ゴプニック、ジェシカ・マクマヌス/サラ・ゴプニック、アダム・アーキン/離婚弁護士
2月26日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次ロードショー
2009年、アメリカ、106分、配給/フェイス・トゥ・フェイス


ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただけたら、うれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪2月16日に更新しました。いつも応援していただいて、本当にありがとうございます♪
by mtonosama | 2011-02-16 06:43 | 映画 | Comments(10)