ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:コーネリア・フォス ( 1 ) タグの人気記事

グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独 
                             -2- 
      Genius Within :The Inner Life of Glenn Gould

f0165567_5523948.jpg


                           ©John Roberts

                グレン・グールドといえば、歌いながらピアノを弾いたり、
               ピアノにかぶさるようなちょっと変わった姿勢で演奏をしたり、
                   真夏でも手袋とマフラーを手放さなかったり、
                     いつもハンチング帽をかぶっていたり、
                演奏前に指先をお湯につけて温めるため、赤い指をしていたり、
レナード・バーンスタインに「グールドより美しいものを見たことがない」と言わしめるほどの美形であったり―――
          とにかく話題には事欠かない、いわゆるアイドルともいえるピアニストだったわけです。
  映画の中でも、演奏会のたびに脚の長さが30cmのしかない特製の椅子を持ち歩く様子が映されています。
              ま、ファンなら誰でも知っているこういったエピソードはともかく、
              共同監督&プロデューサーのピーター・レイモントさんによれば、
         この映画を製作する過程で今まで知らなかったことが数多く明らかになったのだそうです。

              つまり、これまでグールドとの関係を語ったことのない親しい人々――-

                  グールドのデビュー当時の恋人フランシス・バロー、
        グールドと親しかった作曲家ルーカス・フォスの妻であり、画家でもあるコーネリア・フォス、
                     ソプラノ歌手ロクソラーナ・ロスラック
  などの映像やインタビューの他、グールドの大量の私的録音や、秘蔵ものの資料映像や未公開の写真など。

f0165567_6501556.jpg

             ©Personal photo of Christopher Foss(son of Cornelia Foss)

フランシス・バローは2009年に亡くなりましたが、この映画で初めてグールドとの関係を公表。
フランシスはグールドの指導を受け、コンクールで優勝したほどの力量の持ち主です。
それなのに、ピアニストとしての道をあきらめ、グールドからのプロポーズも断り、
エジンバラで音楽教師として生きたそうです。
グールドはフランシスの家にあったピアノをたいそう気に入っていて
デビュー盤「ゴルトベルク変奏曲」はそれで練習したというエピソードも明らかにされます。
(最終的に、グールドはそのピアノを買い取ったということです)

そして、コーネリア・フォス。
彼女は1968年頃に2人の子供を連れて、グールドの住まいの近くに移り住みました。
同居はしませんでしたが、1972年に夫の元に戻るまで、グールドと日々を過ごしたということです。
グールドとの生活を語るコーネリアの様子は
「そんなこともあったわねぇ」という感じでひどく淡々としています。
ですが、今は中年になった長男クリストファーと長女エリザが、幼かった頃、
グールドおじさんと過ごした楽しい日々を語る姿と当時の映像には、
過ぎ去った時の流れとともに一抹の寂しさを感じます。

コーネリアは別れた理由を「彼の偏執症の悪化に耐えられなくなった」と語っていますが、
デビュー当時の恋人フランシスも
「彼の強過ぎる個性に窒息させられるような気がしたの」と言っているシーンを観ると、
グールドって、一生懸命過ぎてとっても不器用な人だったんだなぁ、
と不出来な息子を想う母親のような心持になってしまいました。

コーネリアと別れた後に現れたロクソラーナ・ロスラックは、
彼女がラジオで歌っているのを聴いたグールドに指名され、共演したという関係。
その時、歌っていた曲がコーネリアの夫ルーカス・フォスの作曲になるものだったというのも皮肉な話ですね。
グールドの助手は「彼女はグールドと特別な関係を築いた女性だ」と証言しています。

    ©Jock Carroll
f0165567_652452.jpgなんか女性の話ばかりになってしまいましたが、
もちろん映画は昔の恋愛沙汰をテーマにしているのではありません。
そう聞こえてしまったら、それはとのの罪であり、
グールドのせいでも、監督たちのせいではないということを申し添えます。

グールドは50歳という若さで急逝してしまいましたが、
かつての恋人たちはもうすっかりおばあちゃんです。
(グールドも今、生きていれば79歳ですものね)
彼の真摯だけどエキセントリックな様子にとまどい、
悩んだであろう彼女たちも今では他人事を語るようにインタビューに応えています。

           カメラの前の皺だらけの彼女たちのかつての姿もスクリーンに映し出されます。
  ある意味、残酷なこの対比も、目の前にあるものがすべてではないということをあらためて教えてくれました。
          お年寄りは若造には計り知れない大変な過去を抱えて生きてきたのだと思います。
                         (おっと、とのも150歳だった)

                         眼前の年老いた彼女たちの顔は、
                        夢の実現に向かっていた少女の日々、
                             恋に燃えた30代、
                   そして、日常をなにごともなく送ることに平安を感じる日々、
                         という幾層もの時間を包み込んでいます。

             グールドはそんな時間の年層から軽々と遊離し、永遠の芸術家、夢想家として
                  空中に漂っているようです。そう、シャガールの絵のように。

                        スクリーンにはグールド本人の他に、
                         海辺に残した足跡だけのグールド、
               海辺に佇む後姿の若いグールド(役者が演じています)が登場しますが、
                    この演出が不世出の天才の人生を浮き出させます。
            ドキュメンタリーでありながら、どこか不思議な幻のようなイメージというか―――

                          神々の愛する者は夭折する
                       をあらためて感じさせられる映画でした。

                      そして、バッハを聴きたくなってしまいました。

   

                              

今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆9月30日に更新しました。今日で9月もおしまいです。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもよろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独
監督/ミシェル・オゼ、ピーター・レイモント、プロデューサー/ピーター・レイモント、編集/ミシェル・オゼ、撮影/ウォルター・コルベット
出演
グレン・グールド、ジョン・ロバーツ、ウラディーミル・アシュケナージ、コーネリア・フォス、ローン・トーク、ペトゥラ・クラーク、ケヴィン・バザーナ、ロクソラーナ・ロスラック、フランシス・バロー、ハイメ・ラレード、フレッド・シェリー他
10月29日(土)渋谷アップリンク、銀座テアトルシネマ他、全国順次公開
2009年、カナダ、英語、カラー、108分、配給/アップリンク
http://www.uplink.co.jp/gould/
http://twitter.com/gould.movie

by mtonosama | 2011-09-30 06:42 | 映画 | Comments(4)