ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:サトンゲ ( 1 ) タグの人気記事

           ベンダ・ビリリ!
           ~もう一つのキンシャサの奇跡 -2-
                     BENDA BILILI!

f0165567_5483719.jpg

映画の舞台はコンゴ。
映画を撮ったのは2人のフランス人。ルノー・バレとフローラン・ドラテュライ。
ルノーとフローランはコンゴを愛する映像作家です。
2004年、首都キンシャサの路上で彼らがベンダ・ビリリの演奏を偶然耳にしたことから、
この映画の撮影は始まりました。

首都とはいえ、埃にまみれた交差点や目抜き通り
(はたして目抜き通りという呼び名が当たっているのか疑問ですが)
を一歩離れれば、車いすの車輪が泥に埋まってしまうようなキンシャサの町。
平均寿命が45歳といわれる過酷な生存状況を強いられるこの国で、
スタッフ・ベンダ・ビリリの面々は楽しげに演奏していました。

リーダーでボーカル担当のリッキーと、ギターとボーカルのココは
元々コンゴの人気グループのサポートメンバー。
ところが、車いすのため、移動がままならず、他メンバーとの待ち合わせにも遅刻しがち。
そんな事情から、障害者だけでバンドを結成することを思いつき、
”スタッフ・ベンダ・ビリリ”の誕生となりました。

ビリリは不自由な体で生き抜いていくために、
シェゲ(ストリート・チルドレン)達は生活と命を守ってもらうために、
お互いに助け合わねばなりません。
子どもたちはビリリに手を貸し、親の手伝いをする子どものように、
そして、ビリリは子どもたちを守り、父親の代わりになったのです。

f0165567_5454379.jpg

シェゲの中からは才能のあるミュージシャンが生まれたりもします。
ロジェという13歳の子どもなどはシェゲの中から生まれた大天才。
空き缶に木の棒を1本のワイヤーで留めた1弦ギター(サトンゲというそうです)を自分で作り、
よくこんな深い音が出せるな、というような音色と神業的なアドリブを奏でます。

ストーリー
2004年12月、キンシャサの路上で2人のフランス人映像作家が出会った音楽グループ、
スタッフ・ベンダ・ビリリのリーダー・リッキーはシェゲたちの親代わり。
ひったくりで稼ぐシェゲたちが音楽に出会い、ビリリに出会うことで、
悪事を働かなくてもよくなるのです。
ベンダ・ビリリは歌います。

    ♪俺は丈夫に生まれたがポリオになっちまった
     親たちよ 頼むから予防接種に行ってくれ
     赤ん坊にワクチンを与えてやるんだ
     親たちよ 頼むから子どもを見捨てないでくれ
     障害のある子どもも他の子どもたちとちっとも変らない♪ 「ポリオ」

路上の現実を歌うビリリ。
感動した2人のフランス人は彼らのアルバムを作ろうと資金集めを決意し、
彼らのドキュメンタリーフィルムの撮影も開始しました。

2005年7月、ある日、シェゲの中に奇妙な楽器を演奏する少年がいました。
少年の名はロジェ。
彼は病気の母親と小さな弟たちを田舎に残し、生活のために路上でシェゲをしていました。
彼の奏でる不思議なサウンドをすっかり気に入ったリーダーのリッキーは
ロジェをメンバーに加えます。
9月、いよいよスタジオ録音に臨むベンダ・ビリリ。
ところが、録音中に1本の電話が。
リッキーをはじめとするメンバーが生活していた身体障害者のためのシェルターが
火事で燃えてしまったのです。
録音は中止。
メンバーは四散。
フランス人映像作家ルノーとフローランも資金が枯渇し、一時帰国することに。
ロジェも村に帰っていくしかありませんでした。

f0165567_5473433.jpg

2006年7月、ビッグニュースです!
ルノーとフローランが撮影したビリリの映像を見たレコード会社が
アルバム制作を支援してくれることになったのです。
10月、録音が始まります。
録音はいつもビリリが練習しているキンシャサ動物園で行われました。
「アフリカで一番のバンドになる」と言い続けてきたビリリの夢がいよいよ動き始めました。

2009年3月、キンシャサのフランス文化センターで
アルバム発売記念のオープニング・コンサートが開催。
7月、スタッフ・ベンダ・ビリリ生まれて初めてのヨーロッパツアーに出発。
天才少年ロジェの母親は息子の稼いだ金で病気も治り、旅立つ息子に言います。
「あんたが頼りなんだから。頑張って家族を養わないとね」

     ♪段ボール(トンカラ)で寝てた俺がマットレスを買った
      同じことが起こりうる お前にも 彼らにも
      人間に再起不能はない 幸運は突然訪れる
      人生に遅すぎることは 絶対ない♪  「トンカラ」

フランス・ベルフォールへ、雪のオセロへ。ビリリの世界への飛躍が始まります…

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」
「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち」http://mtonosama.exblog.jp/13683706/
につながる音楽映画です。
しかし、この映画が違うのは常に前を見ているところでしょうか。
身体に麻痺があろうが、平均寿命が45歳だろうが、国が機能していなかろうが、
スタッフ・ベンダ・ビリリは歌い、踊り続けます。
日本公演が楽しみです♪

スタッフ・ベンダ・ビリリ来日決定!9月下旬から10月にかけて全国公演
http://bendabilili.jp/concert.html ←スタッフ・ベンダ・ビリリの日本コンサート情報のお知らせはこちらで。
 
 
                           

ブログランキングに参加しています。
どうぞポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪8月24日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪

ベンダ・ビリリ! ~もう一つのキンシャサの奇跡
監督/ルノー・パレ&フローラン・ドラテュライ、記録/ルノー・パレ&フローラン・ドラテュライ、撮影/ルノー・パレ&フローラン・ドラテュライ、編集/ジャンクリストフ・イム、録音/ルノー・パレ&フローラン・ドラテュライ、音楽/スタッフ・ベンダ・ビリリ、音楽監督/キューバン・カベヤ、音楽レーベル/バスキュール・エディション、ストリクトリイ・コンフィデンシャル、ベル・キノワーズ、クラムド・ディスク
出演スタッフ・ベンダ・ビリリ
リッキー/リーダー、ボーカル、ココ/ボーカル、ギター、ジュナナ/ボーカル、ダンス、テオ/ボーカル、ギター、ロジェ/サトンゲ、ボーカル、ランディ/パーカッション、カボセ/ボーカル、カバリエ/ベース、モンタナ/ドラム、ボーカル
9月11日(土)シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー
2010年、フランス、87分、提供/プランクトン、配給/ムヴィオラ、プランクトンwww.bendabilili.jp/movie/

by mtonosama | 2010-08-24 06:28 | 映画 | Comments(4)