ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:サルトルとボーヴォワール ( 2 ) タグの人気記事

   サルトルとボーヴォワール 
                         哲学と愛 -2-

                     Les Amants du Flore

f0165567_6194325.jpg

               ©PAMPA PRODUCTION-FUGITIVE PRODUCTIONS-MMVI

                 今から70年以上も前のサルトルとボーヴォワールの愛の形。
            それは、愛を誓いながらも、同時に、他の相手と関係を持つことも認めあい、
                   その詳細をすべて報告しあうという<契約結婚>でした。

                   現代に置き換えてもなかなか斬新な関係であります。

            当然のことながら、ボーヴォワールにとっては少しばかり葛藤がある形です。
       だって、パートナーが誰とでも関係を持ち、また、その中身を逐一報告されるとあってはねぇ。
              自分だって同じことをすればいい、で片付く問題ではないと思います。

                       しかし、彼女はその形を受け入れました。
          当時、結婚か、独身で仕事に生きるか、という選択肢しか持たされていなかった女性。
             ボーヴォワールはそうしたことにはっきりと叛旗を翻したのです。Non!と。

f0165567_622407.jpg

                    この映画では、1920年代末期から1945年以降、
          サン・ジェルマン・デ・プレを中心に新しい文化が生まれた時代が描かれています。

            原題“Les Amants du Flore”(「フロールの恋人たち」)のフロールというのは
             サン・ジェルマン・デ・プレにあったカフェ・ド・フロールというカフェのこと。
             サルトルやボーヴォワールたちはこの店の隣り合ったテーブルに座って
            執筆し続けていたものです。戦争も終わり、自由で闊達な良い時代でした。
 そこでは、その時代を共に生きたカミユやジャン・ジュネ、ポール・ニザンたち(これまた懐かしい名前ですが)
                          も一緒だったことでしょう。
                      映画にも登場しますから、お楽しみに。

ストーリー
1929年、ソルボンヌ大学に通うシモーヌ・ド・ボーヴォワールは
図書館でケンカに巻き込まれます。
その渦中にいたのがジャン=ポール・サルトル、天才と噂される有名人です。

教師を目指すボーヴォワールは1級教員資格試験の面接に向かう途中、
親友のローラが母親の進める結婚のために大学を中退させられることに怒っていました。


ある日、ボーヴォワールはサルトルから「君は理想の女性だ」と告げられます。
最初は警戒していた彼女も打ち解けていき、2人は1級教員資格取得をめざし一緒に勉強するように。
その結果はサルトルが首席。そして、ボーヴォワールは2番。彼女は歴代最年少での合格でした。

そんな喜びのさなか、発表の会場にやってきた親友のローラが倒れてしまいました。
母親が無理に押し進めていた結婚で精神に異常をきたしてしまっていたのです。


数日後、ボーヴォワールのあとを追って、彼女が訪れている田舎町に車を走らせるサルトル。
感動した彼女は、その夜、両親の目を盗み、サルトルと熱く抱き合うのでした。

やがて、家を出て、哲学の教師として働き始めたサルトルと暮らすことを決意したボーヴォワール。

ローラの死を告げる手紙が届いたのはそんな時でした。
ローラの遺体を前に、その母親と向かい合ったボーヴォワールは、
ブルジョワ階級の持つ倫理観とカトリックの道徳感への憎しみと軽蔑を増幅させるのでした。


そして、サルトルと暮らし、執筆に邁進するボーヴォワール。
しかし、そのことは彼女が大変な苦悩と向き合いながら生きていくことを意味していました……

                 時代の寵児であり、同時に、大変な使命感を持って
       戦後から、60年代、70年代の社会の変動期を生き抜いてきたサルトルとボーヴォワール。

                とりわけ、第二の性に属するボーヴォワールにとっては、
           自分の中におそらく持っていたであろうサルトルに対する独占的な愛を抑え込み、
             新しい形の愛を選んだことは結構きついことだったんではないでしょうか。

               彼女は、新しい思想に身を捧げるのだ、という崇高な決意を、
                愛する男を独占したいという欲望に優先させたわけです。

          アナ・ムグラリスが、強い女、闘う女としてのボーヴォワールが時々見せる弱い一面を
                   あの特徴的な強い目で表現していました。素敵でした。

                アナ・ムグラリス。強い目力と知的な風貌を持った女優さんです。
   (昨年1月、当試写室で上映した「シャネル&ストラヴィンスキー」http://mtonosama.exblog.jp/12637718/ 
                    でも強い女性ココ・シャネルを演じていました)

                        サルトルとボーヴォワール。
          2人は終生、時代の広告塔として闘い続けた同志でありパートナーでした。
              後半2人の間に存在する愛情だけとはいえない打算と計算に、
                  時代の寵児であることの大変さを感じたとのです。

         

                                

ブログランキングに参加しています。今日もポチッとお願いできれば嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月11日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

サルトルとボーヴォワール 哲学と愛
監督/イラン・デュラン=コーエン、脚本/シャンタル・ド・リュデール、エヴリーヌ・ピジエ、撮影/クリストフ・グライヨ、編集/ユーグ・オルデュナ、録音/フレデリック・ウルマン、音楽/グレゴワール・エツェル、美術/シャンタル・ギュリアーニ、衣装/シルヴィ・ド・セゴンザック、プロデューサー/ニコラ・トローブ
出演
アナ・ムグラリス/シモーヌ・ド・ボーヴォワール、ロラン・ドイチェ/ジャン=ポール・サルトル、カル・ウェーバー/ネルソン・オルグレン、キャロリーヌ・シロル/フランソワーズ・ド・ボーヴォワール、ディディエ・サンドル/ジョルジュ・ド・ボーヴォワール、ウラジスラフ・ガラルド/ポール・ニザン、ロベール・プラニョル/アルベール・カミユ、フィリップ・バルディ/フランソワ・モーリアック
11月26日(土)よりユーロスペースにて全国順次公開
2006年、フランス、105分、後援/フランス大使館、配給/スターサンズ、http://tetsugakutoai.com/

by mtonosama | 2011-11-11 06:58 | 映画 | Comments(6)
      サルトルとボーヴォワール 
                       哲学と愛  -1-
                   Les Amants du Flore

f0165567_642329.jpg

           ©PAMPA PRODUCTION-FUGITIVE PRODUCTIONS-MMVI

                      な、なんと懐かしいお名前!
                   150歳のとのにも若い日々はありましたが、
               その頃、憧憬を持って、目にし、耳にしたお名前であります。

                  サルトルの唱えるアンガージュマン(engagement)。
       その昔、フランス語なんてできないくせにちょっと鼻にかかったそれらしい発音を
                   真似たりしたものです(ああ、恥ずかしい)。
      あるいは、ボーヴォワールの「人は女として生まれるのではない。女になるのだ」とか。
                   「よくぞ、言ってくださった」という感じで
           血気にはやる若いものたちにはたまらなくガツンとくる言葉でした。

アンガージュマン
この概念 [アンガージュマン]はさまざまに解釈が可能であり、
その意味は必ずしも一義的ではない。
このことばには、単に〈参加〉という訳語だけではなくて、
〈政治参加〉〈社会参加〉〈現実参加〉〈自己束縛〉〈責任敢取〉〈かかわり〉など、
さまざまの訳語があてられている。
これらの訳語にうかがわれることは、現実を遊離して生きるのではなく、
むしろ現実そのものにかかわって生きるということである。
市倉宏祐 「ハイデッガーとサルトルと詩人たち」(NHKブックス)

「人は女として生まれるのではない。女になるのだ」
「第二の性」(‘49)第2部「体験篇」冒頭において
「On ne naît pas femme:on le devient.人は女に生まれるのではない、女になるのだ」とし、
女性らしさが社会的に作られた約束事に過ぎないことを主張。ジェンダー論の基礎を作る。
(Wikipediaより)


f0165567_664390.jpg写真は1960年。
サルトルとボーヴォワールがあのゲバラと会談しているところです。
なんたって、この2人、時代の寵児でありますからね。
最近で、この2人に匹敵するカップルといえばジョン・レノンとオノ・ヨーコ位のものでしょうか?いや、もっとすごいかもしれません。
     といっても、サルトルもボーヴォワールもジョンも今や遠い時代の人になってしまいました・・・・・
                       あ、ここでしんみりしてどーする。

         ご承知のように、ジャン=ポール・サルトルは第2次大戦後、実存主義を広め、
             1960年代にはフランスはもちろん世界中に大きな影響を与え、
          学生運動のバックボーンとなった哲学者であり、作家であり、評論家です。

f0165567_69478.jpg

             そして、シモーヌ・ド・ボーヴォワールは「第二の性」を著し、
              当時、それこそ第二の性であった女性の地位を向上し、
(40年代はフランスですら女性は下位に見られていたんですね。そのことは当試写室で昨年6月上映した「シスタースマイル ドミニクの歌」http://mtonosama.exblog.jp/13899734/ でも描かれていました)        
        幸福を実現するために社会通念や偏見と闘い、意識を変革した哲学者そして作家です。
      さらに自由恋愛から同性愛まで、タブーとされていた愛の形を実践したことでも知られています。

         さて、この2人が出会ったのは1929年、まだソルボンヌ大学の学生だった頃。
     ボーヴォワールとしては、優秀だけど、女性にめっぽう手が早く、斜視で自信家のサルトルと、
         生涯を通じて影響を与えあう間柄になるとは思ってもいなかったでしょうが。

              さあ、2人の出会いと人生はどんなものだったのでしょうか。
                       乞うご期待でございますよ。

                            

今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月8日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもクリックお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

サルトルとボーヴォワール 哲学と愛
監督/イラン・デュラン=コーエン、脚本/シャンタル・ド・リュデール、エヴリーヌ・ピジエ、撮影/クリストフ・グライヨ、編集/ユーグ・オルデュナ、録音/フレデリック・ウルマン、音楽/グレゴワール・エツェル、美術/シャンタル・ギュリアーニ、衣装/シルヴィ・ド・セゴンザック、プロデューサー/ニコラ・トローブ
出演
アナ・ムグラリス/シモーヌ・ド・ボーヴォワール、ロラン・ドイチェ/ジャン=ポール・サルトル、カル・ウェーバー/ネルソン・オルグレン、キャロリーヌ・シロル/フランソワーズ・ド・ボーヴォワール、ディディエ・サンドル/ジョルジュ・ド・ボーヴォワール、ウラジスラフ・ガラルド/ポール・ニザン、ロベール・プラニョル/アルベール・カミユ、フィリップ・バルディ/フランソワ・モーリアック
11月26日(土)よりユーロスペースにて全国順次公開
2006年、フランス、105分、後援/フランス大使館、配給/スターサンズ、http://tetsugakutoai.com/

by mtonosama | 2011-11-08 06:32 | 映画 | Comments(13)