ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:サンドリーヌ・ボネール ( 1 ) タグの人気記事

Please click here.
↓ ↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
f0165567_78145.jpg


彼女の名はサビーヌ
Elle s’ appelle Sabine

とてもショッキングな映画です。
でも、そんな感想を漏らすこと自体、関係者にとってはまたつらいのではないかと思い、悩んでしまうのですが…

「彼女の名はサビーヌ」。
「冬の旅」(‘85)で仏セザール賞を受賞し、代表作「仕立て屋の恋」(‘89)で主役を演じたサンドリーヌ・ボネール。
「ああ、あの人」とうなずかれる方も多い、そう、あの女優の初監督作品です。
自閉症の妹サビーヌを25年かけて撮影したドキュメンタリー「彼女の名はサビーヌ」が今回ご紹介する作品。

サンドリーヌとサビーヌは仲の良い1歳違いの姉妹。
映画は、美しく才能に充ち溢れた妹サビーヌをサンドリーヌが家庭用映写機で撮りためた映像と、
5年間の入院生活を経てすっかり変わってしまった現在のサビーヌを撮影した映像から構成されています。


15歳のサビーヌの輝くような美しさ。
彼女は仲良しの姉が向けるカメラに信頼しきった笑顔を見せています。
バカンスで出かけた海で満開の微笑みを見せるサビーヌ
バッハのプレリュードを弾くサビーヌ
サビーヌは幼い頃から特別な配慮が必要な子どもでしたが、10人の兄弟姉妹に守られて穏やかな少女時代を過ごしていました。
しかし、時が経ち、兄弟姉妹も独立して家を出ていくと、母親との二人暮らしが始まります。
やがて兄の死をきっかけにサビーヌの孤独感が深まり、彼女の不安は自分と家族に対する暴力として現れました。
当時はわからなかったのですが、彼女は自閉症だったのです。
28歳のサビーヌは精神病院に入院。入院生活は5年間に及びました。
そして、退院してきたときの彼女の姿は入院前とは大きく変わっていました。

これって若い娘にとっては「死」に匹敵する変貌ではないでしょうか。

自閉症は普通思われているように「心の病」ではありません。
映画「レインマン」でダスティン・ホフマンが演じていたように、コミュニケーションの障害、対人関係・社会性の障害、パターン化した行動やこだわりという特徴を持つ
「発達障害」のひとつが自閉症です。
専門家によれば「何らかの脳の機能的不全が根底にあり、これが原因でさまざまな因子が関与して自閉症の特性が現れる」のだとか。
なんだかよくわかりませんが、要するに、そのメカニズムはまだ解明されていません。
ただ、保護者の愛情がないから生じる障害ではないので
「親があんなふうだから、あの子は自閉症になったのよ」
などというのは言われもない誹謗中傷です。
また自閉症患者には必ずしも知的障害があるわけでもありません。

しかし、自閉症の子どもの症状はさまざま。環境や周囲の対応によって変わってきます。
知的障害のない自閉症患者は思春期になると妄想や幻覚、気分障害に似た症状を起こすこともあり、そうした場合、誤った治療を施されてしまう危険性があるわけです。
そう、サビーヌの失われた5年間のように。

以前、自閉症は大変な病気であると考えられていましたが、現在は違ってきています。
その症状は独特の特性であり、治すのではなく、社会的不適応の部分を軽くしようという考え方が主流になっているのだそうです。
「ノーベル賞級の研究をする学者は多少自閉症的要素を持つ」という話もあるほど。
この病気にとって必要なのはなるべく早く自閉症であると気づき、適切に対応することなのです。

監督がこの作品を撮ったのは
「監禁される以前のサビーヌと監禁以降のサビーヌを撮影すること」が目的でした。

とはいうものの、姉として、妹の美しくない部分、粗暴な部分を撮影するのはつらかったことでしょう。この映画を撮影した彼女の勇気には頭が下がります。
フランスも日本も、自閉症児のための早期発見態勢と対応システムを早く整えていかないと。

世の中には本当に大変なことばかり。
試写が終わったとき、大きな溜息をついてしまいました。

「彼女の名はサビーヌ」
監督・脚本・撮影/サンドリーヌ・ボネール
出演
サビーヌ・ボネール

Please Click here.
↓ ↓ ↓
映画『彼女の名はサビーヌ』
http://www.uplink.co.jp/admin/mt/mt-tb.cgi/159
by mtonosama | 2009-02-06 05:25 | 映画 | Comments(10)