ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:シャーロット・ブロンテ ( 2 ) タグの人気記事

ジェーン・エア -2-
Jane Eyre

f0165567_623322.jpg

(C)RUBY FILMS (JANE EYRE) LTD./THE BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2011. ALL RIGHTS RESERVED.

どんよりと煙ったようなイングランドの空。
霧の中にほのかに浮かぶ館。
屋敷の窓から室内に射し込むミルク色の光、
部屋の角や天井は常に薄い闇に支配されています。

どこかから狂女の笑い声が響いてきたり、
隠し扉の向こうには何かの気配がひそやかに佇んでいたり――

19世紀の古い屋敷の薄気味悪さ。
やはり英国はこうでなくっちゃ。
こういうものはやはり中学生ではわからないかもしれません。

って、あくまで自分の未熟さを擁護するとのであります。

ジェーン・エアを演じたミア・ワシコウスカや、
ロチェスター役のマイケル・ファスベンダー以上に存在感を示したのが
ダービーシャー州にあるハドン・ホールという実在の館です。
場所的には英国の真ん中マンチェスターの南東60キロあたりに建てられた中世の建物です。
石灰岩の岩地の頂上に11世紀とも12世紀とも言われる時代に建てられ、
かつて200年にもわたって閉鎖されていたので近代化の洗礼を受けませんでした。
歴史遺産ともいうべき屋敷。
建物も敷地も一般公開され、「エリザベス」をはじめ、映画にも何度も登場しているのだそうです。
小説「ジェーン・エア」の舞台でもあるダービーシャー州。

映画を観た後は絶対もう一度小説も読んでみたくなるはずです。


f0165567_68231.jpg

ストーリー
幼い頃に両親を亡くしたジェーンはずっと孤独でした。
引き取ってくれた伯父が亡くなると、その妻と息子にいじめられました。
伯母の手によって送り込まれた寄宿学校でも教師たちからひどい仕打ちを受け、
初めてできた友人も病気で死んでしまいます。
それでもジェーンは卑屈になることも、涙にくれることもなく、強く生きるのでした。

寄宿学校を卒業したジェーンは母校で教師をした後、
ガヴァネス(住み込み家庭教師)としてソーンフィールド屋敷で働くことに。
館の主人ロチェスターが後見人をつとめる少女アデールを教えることになったのです。
ですが、屋敷にロチェスターの姿はなく、
家政婦のフェアファックス夫人が全て取り仕切っていました。

3ヶ月後、町へ出かけたジェーンは森の中で見知らぬ馬上の男と遭遇。
驚いた馬は男を振り落としてしまいます。
その男こそ、ソーンフィールド館の主ロチェスターでした。
ジェーンにぶしつけな質問を浴びせるロチェスター。彼の問いに落ち着いて答えるジェーン。
やがて2人は互いの人間性に強く惹かれるものを感じるようになっていきます。

ある夜、不審な物音に眼を覚ましたジェーンは音のする方へ向かいます。
そこはロチェスターの部屋でした。既にカーテンを這い上がる炎。
ロチェスターを必死で揺り起すジェーン。
彼は「君が救ってくれると信じていた」と囁くのでした。

ところが、翌朝、ロチェスターはジェーンに一言もなく館を出ていきます。
数週間後、大勢の客人を引き連れて戻ってきましたが、
その中には彼の結婚相手だと噂される美しい令嬢が。
その夜、またもや事件が起きます。客の男が何者かにナイフで斬りつけられたのです。
ロチェスターは誰が犯人かわかっている様子なのに、何も語ろうとしません。

一方、ロチェスターの結婚が間近だと聞かされたジェーン。
彼女は屋敷を去る決心をします……

f0165567_66817.jpg

いやいや、ストーリーだけを見れば、バリバリの恋愛映画なんですけどね。
しかし、ただの恋愛ものに堕してはいないのです。
それがこの映画が尋常じゃないところなんです。
屋敷の不気味な雰囲気といい、屋敷内で起こる不思議な事件といい、
緊張で筋肉がこわばりそうな雰囲気に包まれます。

その昔、ある友人が「本当に怖い怪奇小説を読みたいなら『嵐が丘』を読むといいよ」
と言っていましたが、さすが、ブロンテ姉妹。
「ジェーン・エア」の醸す気味悪さ――

いえ、気味が悪いというのはちょっと不穏当です。
ゴシック調と言った方がいいでしょうか。

長編映画2作目にして、この完成度。
キャリー・ジョージ・フクナガ監督も尋常な才能ではありません。

さて、本作についてはもうひとつお伝えしたいことが。
ジェーンが身を寄せるリバース家の主人を演じるのは、なんと「リトル・ダンサー」(‘00)
で主人公の少年を演じたジェイミー・ベル。
「おお、おお。大きくなったねぇ」と思わず、つぶやいてしまいました。

俳優も監督もどんどん若手が育ってきますね。
楽しみなことです。





今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月31日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ジェーン・エア
監督/キャリー・ジョージ・フクナガ、脚本/モイラ・バフィーニ、原作/シャーロット・ブロンテ、製作/アリソン・オーウェン、ポール・トライビッツ、撮影/アドリアーノ・ゴールドマン、音楽/ダリオ・マリアネッリ
出演
ミア・ワシコウスカ/ジェーン・エア、マイケル・ファスベンダー/エドワード・フェアファックス・ロチェスター、ジェイミー・ベル/セント・ジョン・リバース、ジュディ・デンチ/フェアファックス夫人
6月2日(土)TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館他全国順次ロードショー
2011年、イギリス・アメリカ映画、120分、字幕翻訳/古田由紀子、配給/ギャガ、後援/ブリティッシュ・カウンシル
http://janeeyre.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2012-05-31 06:26 | 映画 | Comments(8)
ジェーン・エア -1-
Jane Eyre

f0165567_541136.jpg

(C)RUBY FILMS (JANE EYRE) LTD./THE BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2011. ALL RIGHTS RESERVED.

「ジェーン・エア」。シャーロット・ブロンテの小説です。
恋愛小説の大傑作といわれているわけですが、
小説って読んだ年齢によって、どんなジャンルに設定するかは違ってくると思うんです。

もしかしたら、とのだけのことかもしれませんが、
初めて、あの緑色の河出書房世界文学全集で「ジェーン・エア」を読んだとき、
寄宿舎でいじめられた可哀想な女の子の話だと思っていました。

って・・・・・

大体、今の河出書房新社世界文学全集はマカロンカラーの可愛い装丁で、
緑色なんて一体いつの話のこと?なんですけどね。

f0165567_5481662.jpg

「ジェーン・エア」は、1847年に出版されて以来、
劇場映画版は18作品、TV映画版は9作品も作られてきた古典中の古典、名作中の名作です。
そうそう、少女雑誌の付録として漫画化もされています。
(それを読んだ友人はロチェスターの名前もよく覚えていました)

今回、「ジェーン・エア」と聞いて気恥かしさ半分、懐かしさ半分の気持で試写を観ました。

しかし、ジェーン・エアと小公女セーラがごっちゃになってしまったような
良い加減な読書をしていたおばかな中学生だったとのにとって、
この名作の映画化作品はかなり衝撃的でありました。

ジェーンって、なんて強い女の子なの!?
霧に沈む城館のどこか薄気味悪いようなこの陰鬱さはなに!?
150歳になった今、映画のワンシーンワンシーンがズシンと来ます。
こういうところが歳をとることの良さかもしれません。

f0165567_5504847.jpg

監督はキャリー・ジョージ・フクナガ。父方の祖父が日本人という日系アメリカ人です。
と聞いて、オッ?と思われた方、そうです。
2010年4月当試写室で上映した「闇の列車、光の旅」
http://mtonosama.exblog.jp/13321965/  http://mtonosama.exblog.jp/13357299/
の監督です。
貧困を逃れるため中米ホンジュラスからアメリカへと脱出する女の子が主人公の映画。
キャリー・ジョージ・フクナガ監督の長編映画デビュー作となった作品でした。

「闇の列車、光の旅」は1977年生まれの若い監督のデビュー作であり、
その内容も貧困問題や児童ギャングなど社会的な視点を打ち出した野心的な作品でした。
それがうってかわって19世紀の英国を舞台にした名作の映画化です。
ずいぶんな様変わりです。
でも、前作が非常に印象に残っているので、
いったいどんなジェーン・エアを描いてくれるのか、期待は高まります。
この映画が「ジェーン・エア」との初めての出会いという方もお見えになるかとも思います。
とのなども「ジェーンさん、初めまして!」の心境です。

さあ、一体どんなジェーンに会うことができるのでしょうか。
どうぞ次回をお楽しみにお待ちくださいませ。

f0165567_5524567.jpg



今日もポチッとしていただければ嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月28日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ジェーン・エア
監督/キャリー・ジョージ・フクナガ、脚本/モイラ・バフィーニ、原作/シャーロット・ブロンテ、製作/アリソン・オーウェン、ポール・トライビッツ、撮影/アドリアーノ・ゴールドマン、音楽/ダリオ・マリアネッリ
出演
ミア・ワシコウスカ/ジェーン・エア、マイケル・ファスベンダー/エドワード・フェアファックス・ロチェスター、ジェイミー・ベル/セント・ジョン・リバース、ジュディ・デンチ/フェアファックス夫人
6月2日(土)TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館他全国順次ロードショー
2011年、イギリス・アメリカ映画、120分、字幕翻訳/古田由紀子、配給/ギャガ、後援/ブリティッシュ・カウンシル
http://janeeyre.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2012-05-28 05:59 | 映画 | Comments(12)