ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ジム・ジャームッシュ監督 ( 2 ) タグの人気記事

オンリー・ラヴァーズ・
レフト・アライブ
 -2-
ONLY LOVERS LEFT ALIVE

f0165567_7098.jpg


吸血鬼はこれまで数々の小説や映画でとりあげられてきています。
ちなみに、150歳のとのが好きなのはロマン・ポランスキー監督の「吸血鬼」(‘67)です。

吸血鬼というのはその怖ろしさというより、禁断のセクシュアリティゆえに
ここまで人々を惹きつけてやまないのだと思います。
だから、吸血鬼を演じるのは昔から美男と決まっているのでしょう。

今回はカップルで登場ですから、もう美男美女であります。
とりわけイヴを演じたティルダ・スウィントンはすごい!
冒頭、ゴージャスなガウンを身につけ、床の上に横たわるイヴを
上方から延々と映し出すシーンにはやられました。
美しさと湿った土の匂いを感じさせるゴシックホラーな雰囲気を
これ以上は無理なのではないかというほどに見事に映像化されていました。
いやぁ。ティルダ・スウィントン、本当にすごい!!とても53歳とは思えません。

一方、アダムを演じたトム・ヒドルストン。
彼は「ミッドナイト・イン・パリ」でF・スコット・フィッツジェラルド役で登場しましたが、
彼もまた謎のカリスマ・ミュージシャンとして生きる吸血鬼として
フィッツジェラルドとはまったく違う味を見せてくれました。俳優って偉大ですよね。

他にはミア・ワシコウスカ。
これまたヤンチャな吸血鬼でこれまでとはまったく違う側面を楽しませてくれました。

さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。


f0165567_714596.jpg

ストーリー
デトロイト。うらさびれた街の古びたアパートで暮らすアダム。
彼は吸血鬼だが、カリスマ的な人気の謎のミュージシャンとして生きている。
年代物のギターを集め、名前を発表することもなく音楽活動をしている。
もちろん、その彼の活動時間は夜だけ。
必要なものの調達はイアンという男に任せているが、時折、素顔を隠して病院を訪ね、
ひそかに血液を手に入れていた。

ある夜、モロッコのタンジールに暮らす恋人のイヴが夜間の便を乗り継ぎ、
アダムの住むアパートへやってくる。
久々の再会を果たし、音楽のこと、人間たちの犯した歴史上の蛮行のことなど、
語り合うふたり。
何世紀も前の昔話をしながら、彼女はアダムに「あなたのマーロウがよろしくって」と伝える。
マーロウとは人間の歴史上では16世紀末に死んだことになっている異端の作家
クリストファー・マーロウのことだ。
彼は今、タンジールにキットという名で身を潜めていた。
それからふたりは夜の散歩に出かけ、かつては華やかだった街の廃墟をめぐる――

そんな穏やかな日々がイヴの妹エヴァの来訪によって覆されてしまう。
アダムは87年前にエヴァがひきおこした事件のことで未だに腹を立てている。
気の進まないアダムを誘い、ライヴハウスに向った3人。
エヴァはそこで出会ったイアンをアダムのアパートへ連れ帰り、
あろうことか、酔っ払ったイアンの血を吸ってしまう。

エヴァを叩きだし、気の毒なイアンの死体をデトロイトの廃墟で始末した後、
アダムとイヴはタンジールへ飛ぶ。
そして、血液を飲むため、行きつけのカフェへ出向くと、
汚染された血を飲んだキットことクリストファー・マーロウが死の床についていた――

タンジールの街かどで衰弱するアダムとイヴ。
この汚辱にあふれた現代では彼ら吸血鬼は生き続けることはできないのかもしれない……

時空を超えて存在する永遠の恋人たちの世界には
いかにも博覧強記の人・ジャームッシュ監督好みの人物が登場します。
その人物たちのことを知っていたらウフフと笑える部分がもしかしたらもっと多いかもしれませんが、
知らなくても、もちろんグフフなシーンには事欠きません。
いつもオシャレだけれど、あれっと小首をかしげることもあったジャームッシュ。
ですが、今回ばかりは別物。
とのの中で今ポランスキーの吸血鬼と本作の吸血鬼とが激しく鎬を削っています。





今日もポチッとしていただければうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2013年12月10日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライブ
監督・脚本/ジム・ジャームッシュ、製作/ジェレミー・トーマス、レインハード・ブルンディヒ、撮影/ヨリック・ルソー、編集/アフォンソ・ゴンサルヴェス、音楽/ジョゼフ・ヴァン・ヴィセム、美術/マルコ・ビットーナ・ロッサー、衣装/ビナ・ダイヘレル
出演
トム・ヒドルストン/アダム、ティルダ・スウィントン/イヴ、ミア・ワシコウスカ/エヴァ、ジョン・ハート/マーロウ
12月20日(金)TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、大阪ステーションシネマ他全国ロードショー
2013年、米・英・独、123分、英語、字幕/高内朝子、提供/東宝、ロングライド、配給/ロングライド
http://onlylovers.jp/

by Mtonosama | 2013-12-10 07:17 | 映画 | Comments(8)
オンリー・ラヴァーズ・
レフト・アライブ
 -1-
ONLY LOVERS LEFT ALIVE

f0165567_526275.jpg



ホラーにもいろいろありますが、
その中でも、吸血鬼はなんとも妖艶かつ高雅な化けものだと思います。
いえいえ、化けものなどというおぞましい言葉は彼らには似合いませぬ。
あえていうなら魔物?
気高くも美しい魔界の住人であります。

夜の世界にしか生きることができず、口にするものは雑りもののない純粋な血液のみ。
なかでもお気に入りは処女の生き血・・・
苦手なものは朝の光、十字架、銀の銃弾、流れる水――あ、そうそうニンニクもありました――
とまぁ、なんともセンシティヴな彼らですが、
これまではなんとか永遠の命を永らえてきました。
しかし、頑ななまでにその生き方を変えない彼らは
この不純な現代を生き抜くことができるのでしょうか。

米インディ映画界の巨匠、ジム・ジャームッシュ。
彼が『リミッツ・オブ・コントロール』(‘09)http://mtonosama.exblog.jp/11767368/
から4年ぶりに世に問うた新作『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライブ』。

これぞ、まさにその繊細さゆえに生存すら危ぶまれている吸血鬼のカップルを
主人公とした作品であります。

謎のミュージシャンとしてカリスマ的な人気を持つアダム。
そして、北アフリカ、モロッコはタンジールに暮らすイヴ。
そう、ふたりは遠距離恋愛なのです。
物語はイヴがアダムの住むデトロイトへ夜間飛行によって会いにくることから始まります。
夜間飛行――
なんとロマンチックな響きではありませんか。
夜にしか生きられない永遠のアウトサイダー・吸血鬼は恋人に会うことすら命がけなのです。

f0165567_5245024.jpg

ジム・ジャームッシュが30年のキャリアを通じ、
描いてきたのは“放浪するアウトサイダー”。

夜の世界に生き、魔界の同族とひそやかにコンタクトをとり、
既に、永遠の闇の中へと去っていった詩人や数学者や作家にオマージュを捧げつつ、
静かに闇の中で生きる吸血鬼たちは
ジャームッシュが愛してやまない存在です。

イヴの住むタンジールはジャームッシュの好きな都市であり、
この異文化空間を背景に撮影したいと願っていたといいます。
一方、アダムが暮らすのはデトロイト。
デトロイトといえば車、そして、モータウンサウンドです。
150歳のとのにとっては懐かしい時代の街。
ところが、本作に登場するデトロイトはモータウンどころかゴーストタウンであります。

かつては華やかで隆盛を誇ったデトロイトが
錆の浮き出た工場やひと気のないビルばかりの荒廃した街に。
まさに現代の吸血鬼が住むには最適の街です。

闇の中の無人のビル街を放浪する美しき吸血鬼たち。
う~、たまらない――
現代のゴシック・ホラー映画です。

幻想的でありながら、その背景は荒廃した自動車産業の遺跡ともいうべきデトロイト、
そして、異郷タンジール。
ジャームッシュ監督ありがとう。
こういう映画を150年待っていました。

さあ、いったいどんなお話でしょう。
っていうか、お話などどうでもいいです。
この映像、この雰囲気をぜったいに劇場で楽しんでいただきたいと思います。

と、ここで終わってしまってどうする。
次回も「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライブ」は続きます。
ご期待くださいませ。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2013年12月7日に更新しました☆

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライブ
監督・脚本/ジム・ジャームッシュ、製作/ジェレミー・トーマス、レインハード・ブルンディヒ、撮影/ヨリック・ルソー、編集/アフォンソ・ゴンサルヴェス、音楽/ジョゼフ・ヴァン・ヴィセム、美術/マルコ・ビットーナ・ロッサー、衣装/ビナ・ダイヘレル
出演
トム・ヒドルストン/アダム、ティルダ・スウィントン/イヴ、ミア・ワシコウスカ/エヴァ、ジョン・ハート/マーロウ
12月20日(金)TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、大阪ステーションシネマ他全国ロードショー
2013年、米・英・独、123分、英語、字幕/高内朝子、提供/東宝、ロングライド、配給/ロングライド
http://onlylovers.jp/

by Mtonosama | 2013-12-07 05:35 | 映画 | Comments(4)