ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ジャン・レノ ( 2 ) タグの人気記事

シェフ!
~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ -2-
Comme un Chef

f0165567_21133188.jpg

(C) 2012 GAUMONT - TF1 FILMS PRODUCTION - A CONTRACORRIENTE FILMS

三ツ星はミシュランガイドの最上級で
「その料理を食べるだけの旅をする値打ちがある」
という意味だそうで。
2012年度版の「ミシュラン」フランス篇では三ツ星はわずか26軒。
三ツ星に昇格するとフランスのみならず世界中から予約が殺到するそうですから、
料理人やレストランオーナーとしては必死にならざるを得ません。
三ツ星であってこそ、お客さまも高いお金を払ってくださるのでしょうし。
その星が減ってしまうというのはレストランとしては死活問題ですものね。

そんな崖っぷちに立たされた超高級レストランのシェフがアレクサンドル。
20年間、店の三つ星を守り抜いてきたカリスマシェフですが、現在、絶不調。
店の運命を決める新メニューが考えつきません。

演じるのはジャン・レノ。
シェフにふさわしい立派な体型です。
シェフ体型になったのは芸熱心ゆえか、美味なるフランス料理ゆえか――
すいません。その辺は調査不足です。

そして、アレクサンドルに協力するKYシェフのジャッキー・ボノ。

この2人が調理するフレンチコミカル映画、いったいどんな味つけなのでしょうか。


f0165567_2118103.jpg

ストーリー
ジャッキー・ボノ。天才的な舌を持ちながら、いつも周囲とトラブルを起こし、
ひとところに長くいられない料理人。
しかし、妊娠した婚約者ベアトリスのため、今度こそはちゃんと働こうと
老人ホームのペンキ塗りを始めます。
でも、どうしても気になる料理のこと。
ホームの厨房の料理人たちに、ついつい口を出してしまいます。

一方、パリの超高級レストラン「カルゴ・ラガルド」。
こちらは今や大ピンチ。
20年間、店の三つ星を守り続けてきたベテランシェフのアレクサンドル・ラガルドが
スランプに陥ってしまったのです。
レストラン・オーナーからメニューが時代遅れとけなされるアレクサンドル。

困った彼が訪れた先は今は老人ホームにいる前オーナー。
そこでたまたま味わったのが、自分のレシピを見事に再現したスープでした。
それは、彼アレクサンドルを尊敬し、
そのレシピを完璧に記憶したジャッキー・ボノのつくったもの。

思わぬことから尊敬するアレクサンドルと出会い、
彼の助手として無給で働くことになったジャッキー。
例えノーギャラでも、やっぱり料理をつくりたい――
もちろん、婚約者のベアトリスにこのことは秘密。

最初は自分のレシピを勝手にアレンジするジャッキーに腹を立てるアレクサンドルも
次第にその腕と才能を認め、うちとけてゆきます。
しかし、未だ新メニューは考えつかないまま。
とうとうオーナーから「星の数が減ったらクビだ!」と通告されてしまいます。

窮地に立ったアレクサンドルはジャッキーに協力を求めることに。
そこで結集したのが老人ホームの厨房の面々。
元メイクアップ係、元タイル職人、元トラック運転手という寄せ集め軍団です。

颯爽(?)と新メニューの開発にとりかかる一同。
ところが、ジャッキーが再びシェフとして働いていることを知ったベアトリスが
彼の嘘にキレて、家を飛び出していってしまいました……

f0165567_2119330.jpg


どうなる?アレクサンドルそしてジャッキー。

パリの労働者のおじさんたちがランチを食べにくる小さなビストロに雇われたジャッキー。
メニューを書きつけた黒板を持ち出して、
高級レストランのシェフよろしく説明を始め、即刻クビになったり、
パリ最先端の科学実験のような分子料理が登場したり、
(TVでも見たことがありますが、液体窒素で冷やしたり、食材を泡みたいにして食すんですよね)
フランス料理の裏や表を楽しみつつ、仕事も大切だけどやっぱり一番は家族かな?という
美味しく笑えるお気楽なフランス映画でした。

近頃、はやりの立ち食いビストロでフランス料理を食べてみたくなったとのであります。





今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月26日に更新しました。今年も一年ご来室いただきありがとうございました☆

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~
監督/ダニエル・コーエン、脚本/ダニエル・コーエン、オリヴィエ・ダザ、製作/ゴーモン、シドニー・デュマ、撮影/ロベール・フレース
出演
ジャン・レノ/アレクサンドル・ラガルド、ミカエル・ユーン/ジャッキー、ラファエル・アゴゲ/ベアトリス、ジュリアン・ボワッスリエ/スタニスラス・マテール、サロメ・ステヴナン/アマンディーヌ、ピエール・ヴェルニエ/ポール・マテール、サンティアゴ・セグーラ/ホアン、ジュヌヴィエーブ・カジル/ベアトリスの母、セルジュ・ラリヴィエール/ティティ、イサ・ドゥンビア/ムッサ、ヴァン・ヘイ・ミーン/チャン
12月22日(土)銀座テアトルシネマ、新宿武蔵野館ほか全国にてロードショー
2012年、フランス、85分、字幕翻訳/寺尾次郎、配給/ギャガ、http://chef.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2012-12-26 21:26 | 映画 | Comments(12)
シェフ!
~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ -1-
Comme un Chef

f0165567_6302730.jpg

(C) 2012 GAUMONT - TF1 FILMS PRODUCTION - A CONTRACORRIENTE FILMS

最近フランス料理ってあまり食べてません。
あ、最近などと格好つけてしまいました。
フランス料理そのものをあまり食べたことがありません。

とはいっても、料理人が出てきたり、料理をつくったりする番組や映画は楽しいですよね。
今回ご紹介するのは、三ツ星レストランのカリスマシェフと
天才的な舌を持ってはいるのだけれど性格に問題アリの若手シェフが繰り広げる料理コメディ。

なんとなくアメリカっぽいコンセプトですが、れっきとしたフランス映画です。
三ツ星レストランに行くことなど、なかなか叶わないことですので、
せめて映画で、美食を味わう気分だけでも楽しんでしまいました。

f0165567_6352596.jpg

ここでいう三ツ星とはいうまでもなくミシュランのこと。
皆さま、もちろんよくご存じとは思いますが、ミシュランについて見てみますと、

ミシュランは、世界で初めてラジアルタイヤを製品化したフランスのタイヤメーカーである。同社の発行する、いわゆる「三つ星」評価付きの旅行ガイドブック『レッドガイドブック』を指す場合も多い。
ミシュランガイドはパリ万博が行われた1900年、自動車運転者向けのガイドブックとしてフランスで発行されたのが始まりである。内容は、郵便局や電話の位置まで示した市街地図のほか、都市別のガソリンスタンドやホテルの一覧、さらには自動車の整備方法などであった。これは35,000部が印刷されて無料で配布された。発行者であるミシュラン社はタイヤ会社であり、これにより自動車旅行が活発化し、タイヤの売れ行きが上がることが目論みだったといわれる。この「ガイドはタイヤのため」「ガイドはミシュランにとって、ブランド名を売り込むため、タイヤ事業を発展させるために存在する」との原則は現在も引き継がれており、実際、ミシュランの2010年第1四半期の売上高に占めるレストランガイドや旅行ガイドなどの出版物が占める割合は約1%とされる。(Wikipediaより)

f0165567_6372764.jpg

1970年代にはポール・ボキューズ、
80年代にはジョエル・ロブション、
90年代にはアラン・デュカスという綺羅星のごとくに
フランス料理界のみならず世界の料理界を牽引するシェフたちが活躍した時代がありました。
もちろん、食したことはございませんが。

パリ万博のガイドブックだったとはいえ、
最近になってからは本国フランスには世界をリードするシェフは現れていないそうです。

ま、そんな間隙を縫うかのように出現したのが本作「シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」。
いかにもアメリカ映画っぽいテーマですが、これをフランス映画人が料理すると、いかなることになるのでしょうか。さあ、乞うご期待でございますよ。



2012年最後にご紹介する映画です。ポチッとお願いできれば幸甚至極にございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月24日に更新しました。皆さま素敵なクリスマスイブをお過ごしくださいませ☆

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~
監督/ダニエル・コーエン、脚本/ダニエル・コーエン、オリヴィエ・ダザ、製作/ゴーモン、シドニー・デュマ、撮影/ロベール・フレース
出演
ジャン・レノ/アレクサンドル・ラガルド、ミカエル・ユーン/ジャッキー、ラファエル・アゴゲ/ベアトリス、ジュリアン・ボワッスリエ/スタニスラス・マテール、サロメ・ステヴナン/アマンディーヌ、ピエール・ヴェルニエ/ポール・マテール、サンティアゴ・セグーラ/ホアン、ジュヌヴィエーブ・カジル/ベアトリスの母、セルジュ・ラリヴィエール/ティティ、イサ・ドゥンビア/ムッサ、ヴァン・ヘイ・ミーン/チャン
12月22日(土)銀座テアトルシネマ、新宿武蔵野館ほか全国にてロードショー
2012年、フランス、85分、字幕翻訳/寺尾次郎、配給/ギャガ、http://chef.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2012-12-24 06:48 | 映画 | Comments(8)