ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ジュディ・デンチ ( 3 ) タグの人気記事

あなたを抱きしめる日まで -2-
Philomena

f0165567_632068.jpg

(C)2013 PHILOMENALEELIMITED, PATHEPRODUCTIONSLIMITED, BRITISHFILMINSTITUTE AND BRITISHBROADCASTING CORPORATION. ALLRIGHTSRESERVED


実は本作の背景にはアイルランドのカトリック修道院による赤ん坊売買があります。
こうした話はこれまでにも映画化されていまして、
当試写室でも2012年4月に「オレンジと太陽」(ジム・ローチ監督)
http://mtonosama.exblog.jp/17380409/ http://mtonosama.exblog.jp/17391816/
を上映しています。
こちらは1896年から1970年代にかけて行われていた「児童移民制度」を描いた映画で
社会派監督ケン・ローチの息子ジム・ローチらしく極めてシリアスなものでした。

本作の監督はスティーヴン・フリアーズ。
イギリスを代表する映画監督で今年73歳を迎えます。
「わたしの可愛い人 シェリ」(09)の監督です。
http://mtonosama.exblog.jp/14516305/ http://mtonosama.exblog.jp/14535505/

同じ英国の監督であり、
いずれも親子の別離を描き、ひき裂かれた親も子も大きな心の傷を負って生きる
ということが背景になっていながらこうまで違った風合いの映画になるとは!
なんとも興味深いことであります。
映画のエクリチュールとでも申しましょうか。
文体の違いは大きな作風の違いにも通じるのですね。

f0165567_637445.jpg

いきなりネタばれ全開で申し訳ございません。
しかし、常々公言するごとく、映画はストーリーのみにて成り立つのではあらず、
という持論を持つとの。
え?公言してませんでしたっけ?
じゃ、ただいまをもって公言いたします。

映画は総合芸術であり、ストーリーが良くても、映像が悪ければダメだし、
映像が良くても俳優が悪ければダメ。
全てが良くても、それを観る時の体調や気分が悪ければダメ。
あらゆる環境が整って初めて感動を味わうことができるものです。
映画とはまさに一期一会なのであります。

と、居直り的な言辞を弄してしまいましたが、ま、その辺はご容赦ください。

次にまいりましょう。
ストーリーです。


ストーリー
フィロミナは長年看護士を務め、今は悠々自適の身。
ロマンス小説をこよなく愛し、娘と暮らす年金生活者。
だが、その日、彼女は心が晴れなかった。
古い写真を手にため息をつく彼女に娘のジェーンは声をかける。
「その子は誰?」
「今日はあの子のお誕生日。50歳になるのよ」
フィロミナは隠し続けていた秘密を語り始める。

1952年、アイルランド。
10代のフィロミナは未婚のまま妊娠。
幼い頃に母を亡くし、男女のことを誰からも教わったことのない彼女は
誘われるままに若い男と関係を持ってしまったのだ。
フィロミナは家を追い出され、修道院に入れられる。そこには同じような境遇の女の子たちがいた。
彼女は修道院で男児を出産し、その後、朝から晩まで修道院の洗濯女としてお礼奉公させられたのだという。

母の告白に驚いたジェーンはパーティ会場で出会った元ジャーナリストのマーティンに
母の体験が記事にならないかと持ちかける。
政府の広報担当を辞めさせられたばかりのマーティンはそんな三面記事など書かないと一蹴。
だが、思いなおしたマーティンは契約していた編集社にネタを持ちかけ、
数日後フィロミナお気に入りのファミレスで面会。
食事の好みもジョークもまったくかみ合わない2人だったが、
彼女の修道院での体験に目の色が変わるマーティン。

修道院では毎日朝から晩まで休みなく働かされ、
アンソニーと名付けた息子に会えるのも1日1時間だけ。
そして、3歳になったある日、アンソニーは突然養子に出される。
泣いて後を追ったフィロミナは息子を抱きしめることも別れのキスもできなかった。
修道院を出た後、何度居場所を問い合わせても応えはなかった――

マーティンのジャーナリスト魂に火がついた。

イギリスからアイルランドの修道院へ2人の道中が始まる。
彼女はお菓子を買いこみ、マーティンが借りてきた車に旅のお守りをぶら下げる。
修道院に到着。懐かしくもあり、悲しみのつまる場所だ。
10代のフィロミナに辛くあたったシスター・ヒルデガードには会えなかったが、
別のシスターが当時の記録は火事で焼けてしまったと告げる。
その代わりに1通だけ残っていたという宣誓書を手渡す。
そこには「アンソニーに対する全ての権利を永久に放棄する」と書かれ、
フィロミナの署名もあった。
それは信心深いフィロミナが神の罰を受けようと自ら署名したものだった。
だが、都合の良い書類だけが残されていることに不信感を抱くマーティン。

その後、修道院の近所のパブで怒りをぶちまけるマーティンに
バーテンがとんでもない事実を教えてくれた。
修道院の言う火事とはシスターたちが裏庭で記録を焼いたことだというのだ。
そして、その記録というのはアメリカ人に赤ん坊を1人1000ポンドで売っていたことだと――

燃えるジャーナリスト、マーティン。彼がフィロミナに提案したのはアメリカへ行くこと!
BBC、ワシントン支局に駐在していたマーティンには有力なコネもあるし、
費用は編集社から出してもらえる。
アメリカ旅行どころか飛行機も乗ったことのないフィロミナは大興奮。
アメリカにはいかなる運命が待ちうけているのか……

修道院でひどい目にあわされているにもかかわらず信心深い普通のおばちゃんフィロミナ。
いけすかない英国インテリのマーティン。
性格も趣味も生活環境もまったく異なる2人。
この2人の繰り広げる珍道中がサスペンスフルでありながら、
英国風のシニカルな笑いやらユーモアが見え隠れし、楽しくもあるんです。

絵に描いたように典型的ないやみ男マーティンが
フィロミナとのつきあいで次第に変わっていく様子には笑ってしまいます。

ロマンス小説のあらすじを延々と語り続けるフィロミナも相当どうしようもないおばちゃん。
でも、いざという時にはしっかりと対応できるところはさすが元看護士さん。

彼女を待っていた結末はしんどいものだったけれど、
それを忘れさせるくらい、3歳以降の息子の記憶や仕事を知ることができました。
彼女自身、新しい友人と息子のパートナーとの交流も始まりました。
奪われていた過去を取り戻すことができたんです。

長い人生にはいろいろなことが起こります。
それを追体験することは大変な勇気が必要だけれど、
その結果として得るものも大きいですね。
歳をとるって、人生を生き直す勇気と知恵を獲得するものなのかもしれません。

2人の名優によって人生の素晴らしさを楽しむことができました。
生きていてこその人生です。
良い映画でした。





今日もポチッをお願いしてよろしゅうございましょうか。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月7日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

あなたを抱きしめる日まで
監督/スティーヴン・フリアーズ、脚本/スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ、撮影監督/ロビー・ライアン
出演
ジュディ・デンチ/フィロミナ・リー、スティーヴ・クーガン/マーティン・シックスミス、ソフィー・ケネディ・クラーク/若き日のフィロミーナ、アンナ・マックスウェル・マーティン/ジェーン、ルース・マッケイブ/バーバラ修道院長、バーバラ・ジェフォード/シスター・ヒルデガード、ケイト・フリートウッド/若き日のシスター・ヒルデガード、ピーター・ハーマン/ピート・オルソン、メア・ウィニンガム/メアリー、ミシェル・フェアリー/サリー・ミッチェル
3月15日(土)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
イギリス、2013年、カラー、98分、日本語字幕/松浦美奈、後援/ブリティッシュ・カウンシル、提供・配給/ファントム・フィルム
http://www.mother-son.jp/

by Mtonosama | 2014-03-07 06:59 | 映画 | Comments(16)
あなたを抱きしめる日まで –1–
Philomena

f0165567_6504235.jpg

(C) 2013PHILOMENALEELIMITED,PATHE PRODUCTIONS LIMITED,BRITISHFILMINSTITUTE AND BRITISHBROADCASTING CORPORATION.ALLRIGHTS RESERVED


映画スターに似ているといわれることは嬉しい場合もあるけれど、
それはやはりそのスターが誰かということによりますよね。
ジュディ・デンチだったらどうでしょう。
彼女の年齢を考えれば、似ているといわれることはビミョーでしょうか。
でも、友人に彼女にそっくりな人がいます。
顔とか年齢というより、その存在感が似ているので、
ジュディ・デンチの映画を観た後はいつも「あなたが出てる映画、観てきたよ」と報告します。
彼女は怒ることもなく、かといって大喜びすることもなく「そう」と応えます。

前置きが長いですよね。

「あなたを抱きしめる日まで」。
例のごとく、邦題は「なんとかなりません?」な感じです。
オリジナルタイトルはPhilomena。フィロミナ。主人公の名前であります。
50年前に生き別れた息子を捜すアイルランドのおばさんフィロミナ。
彼女を演じたのがジュディ・デンチなのですが、
きっとこの映画を観たらジュディ・デンチ似の全ての人が大喜びすると思います。
誇らしくなるとも思います。

f0165567_659622.jpg

いや、なんとも良い映画なのです。
なんか心がほっこりするというか、
悲しいお話なのに笑えるし、
深刻なテーマなのに暗くなりません。
「ああ、いるいる。こんなおばさん」とクスクス笑いながらも、
人生の山坂に想いを馳せます。

やはりジュディ・デンチの名演あっての佳作であります。
そして、ジュディ・デンチとコンビを組んだスティーヴ・クーガンがまた良い!

話はちょっと飛びますが、3月3日アラン・レネ監督が亡くなりました。
彼は「俳優は尊敬すべき魔術師だ」という言葉を遺しましたが、
恐れながら、わたくしめもジュディ・デンチとスティーヴ・クーガンにこの言葉を捧げたいと思います。

この映画、こった作りが目につくというわけではありません。
丁寧につくり、よくできた脚本があり、良いキャスティングをし、
すばらしい俳優が最高の演技をするとこういう映画になるのだろうという作品です。

あ、また熱くなってしまったでしょうか。反省、反省。
どんな経緯で映画になったのかをご紹介しなくてはなりませんでしたよね。失礼しました。

f0165567_705098.jpg

2009年、イギリスでアイルランド人の主婦フィロミナの実話が出版されました。
10代で未婚の母となり、3歳になったその子を奪われた彼女が
今は50歳になっている筈の息子を捜しにはるばるアメリカまで行くというお話です。
とあるジャーナリストをまきこみ、スパイ映画のような謎解きを経て真実に至る・・・
というのですが。

実話でありながら、スリリングな展開があり、
はたまた開いた口が締まらない驚くべき出来事もあり、素直に楽しんでしまいました。

おっと、ここでばらしていてはいけません。
さあ、どんなお話かは例のごとく次回までお待ちいただくことといたしましょう。
乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月4日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

あなたを抱きしめる日まで
監督/スティーヴン・フリアーズ、脚本/スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ、撮影監督/ロビー・ライアン
出演
ジュディ・デンチ/フィロミナ・リー、スティーヴ・クーガン/マーティン・シックスミス、ソフィー・ケネディ・クラーク/若き日のフィロミーナ、アンナ・マックスウェル・マーティン/ジェーン、ルース・マッケイブ/バーバラ修道院長、バーバラ・ジェフォード/シスター・ヒルデガード、ケイト・フリートウッド/若き日のシスター・ヒルデガード、ピーター・ハーマン/ピート・オルソン、メア・ウィニンガム/メアリー、ミシェル・フェアリー/サリー・ミッチェル
3月15日(土)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
イギリス、2013年、カラー、98分、日本語字幕/松浦美奈、後援/ブリティッシュ・カウンシル、提供・配給/ファントム・フィルム
http://www.mother-son.jp/

by Mtonosama | 2014-03-04 07:05 | 映画 | Comments(16)
マリーゴールド・ホテルで
会いましょう
-1-
The Best Exotic Marigold Hotel

f0165567_6205498.jpg

(C)2012 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.


老後の生活を、気候も良く、物価も安い海外で送りたいという年金生活者。
洋の東西を問わず、それは彼らの憧れなのでしょうか。
ま、現実的にはかなり問題が多いようではありますが、
夢を見るだけだったら許してもらえるかもしれません。

「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」は
イギリス人の男女7人が
“不思議の国インドの高級リゾートホテルで日々を過ごしませんか”
というキャッチフレーズや美しい写真に魅せられて
インドはジャイプールへとやってきます。
そこで繰り広げられる恋あり、涙あり、夫婦喧嘩ありのお話ですが・・・・・

出演は「Queen Victoria 至上の恋」(‘97)で第70回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、
「恋に落ちたシェイクスピア」(‘98)で第71回アカデミー賞助演女優賞を受賞した
世界一の“女王”女優ジュディ・デンチ。
女王さまを演じたらこの人ほど適役、そして、貫禄たっぷりの人はいないでしょう。


ジュディ・デンチ
1934年イングランド・ヨークシャー州生まれの英国女優。1957年にオールド・ヴィック・カンパニーの『ハムレット』のオフィーリア役で舞台デビュー。 1961年にロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに参加し、多くの舞台に出演。以後、ウエスト・エンドの舞台にも立ち、6つのローレンス・オリヴィエ賞、トニー賞など数々の賞を受賞。女優だけでなく、舞台の演出も手がける。イギリスのテレビドラマにも多数出演している。
1985年の『ウェザビー』以降、劇場用映画にも多く出演。とくに『ゴールデンアイ』以降の『007』シリーズでジェームズ・ボンドの上司「M」(3代目で初の女性)を演じて、イギリス国外でも広く知られるようになった。
1988年にはその貢献が認められてイギリス王室から「Dame(デイム)」の称号を授与された。これまで6度オスカー(アカデミー賞)にノミネートされており、エリザベス1世を演じた『恋におちたシェイクスピア』(1998年公開)で助演女優賞を受賞した。
(Wikipediaより)


f0165567_6231056.jpg

うまい、とか、すごい、とか、存在感がある、とか、
もうそんなありきたりな言葉は超越した「Dame(デイム)」ジュディ・デンチ。
あ、ちなみにdameというのは辞書によれば《1等・2等勲爵士に叙せられた女性の敬称。
またknight,baronetの夫人に用いられる正式の敬称で男のSirに相当する。
Dame Janet (Baker)のように常に(姓ではなく)名前を伴う、のだそうです。

いや、しかし、彼女が出てくると他を圧するような存在感を感じてしまうのですが、
(すいません。ありきたりな言葉しか出てこなくて)
そんなジュディ・デンチが本作で演じるのは、女王さまでも、007の上司でもなく、
専業主婦イヴリン。
それも40年連れ添った夫に先立たれて遺されたものは多額の負債だけだったことを知らされた主婦です。
でも、演じるのがジュディ・デンチですからね。
ただ茫然として嘆いているだけじゃありません。

彼女と一緒にマリーゴールド・ホテルで暮らす他の6人も味のある名優揃いです。
なんてったって英国映画の良さはこれ。
地味なんですが、渋くって、クスッと笑わせてくれて、とにかく俳優たちが芸達者。
味があります。

あ、そうでした。マリーゴールド・ホテルの、口から先に生まれたような支配人を演じるのは、
あの「スラムドッグ$ミリオネア」の主人公を演じたデヴ・パテル。
インド系移民の両親を持つ生まれも国籍もイギリス。彼もまた若き英国名優です。

ところで、インド。
好きな人はとことん惚れてしまうけれど、嫌いな人はニ度と行きたくないという国といいますが・・・・・
本作では一体どんなインドを楽しめるのでしょうか。
続きは次回までお待ちください。乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2013年1月28日に更新しました。いつも応援ありがとうございます。どうぞお風邪など召しませんように☆

マリーゴールド・ホテルで会いましょう
監督/ジョン・マッデン、脚本/オル・パーカー、原作/デボラ・モガー(”THESE FOOLISH THINGS”、製作/ブレアム・ブロードベント、ピート・チャーニン、製作総指揮/シェフ・スコール、リッキー・ストラウス、ジョナサン・キング、撮影/ベン・デイヴィス
出演
ジュディ・デンチ/イヴリン、ビル・ナイ/ダグラス、ぺネロープ・ウィルトン/ジーン、デヴ・パテル/ソニー、セリア・イムリー/マッジ、ロナルド・ピックアップ/ノーマン、トム・ウィルキンソン/グレアム、マギー・スミス/ミュリエル
2013年2月1日(金)TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー
2011年、イギリス=アメリカ=アラブ首長国連邦、英語、ヒンディ語、124分、日本語字幕/杉山緑、配給/20世紀フォックス映画
http://www.foxmovies.jp/marigold/

by Mtonosama | 2013-01-28 06:34 | 映画 | Comments(8)