ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:スティーヴン・ソダーバーグ ( 2 ) タグの人気記事

サイド・エフェクト -2-
Side Effects

f0165567_6524458.jpg

©2013 Happy Pill Production

アメリカ映画を観ていると、洗面室からアスピリンを出して服用する場面がありますよね。
アスピリンって映画で覚えた薬かもしれません。

咽喉が痛いといえば長ネギを焼いて首筋にまきつけられたり、
頭が痛いとぐずろうものなら、さっさと寝なさいと怒られ、
薬なんてあまり飲ませてもらえなかった幼少期。
日本ではそんな時代でも、
アメリカ映画では洗面所の鏡の裏にしこまれた棚の中には
清潔そうな薬瓶がいっぱい詰め込まれていました。
彼我の違いをあらためて感じさせられたものです。
(こっちは富山の薬売りが持ってきた薬でした)
すいません。話が古くって・・・

こんな記事を読みました。

アメリカ社会では鬱だといえばプロザックを勧められ、生理痛にアスピリンを処方され、出産の時に麻酔を使うのも当たり前。落ち着かない子供をコントロールするため、痛みや心の悩みをコントロールするために、薬がいとも当たり前に使われるのは、「自然」を科学で支配しようとしてきた西洋の文化の価値観を象徴しているのかもしれません。
http://www.freedom-osaka.jp/?p=69

「サイド・エフェクト」はそんな薬漬け社会が下敷きにあるかも。
眼をしっかり見開いて観ていないと、練りに練ったトリックにひっかけられてしまいます。
さあ、いったいどんなお話なのでしょう。


f0165567_722935.jpg

ストーリー
エミリー・テイラーの順風満帆な人生はある日突然音を立てて崩れた。
エリート金融マンの夫マーティンがインサイダー取引で逮捕されてしまったのだ。
最愛の夫は収監され、豪華な邸宅も没収されたエミリーは夫を待ちながら孤独に耐えた。
4年後、服役を終えた夫とNYのアパートメントで新生活をスタートさせた。

ある日、アパートメントの地下駐車場でエミリーは事故を起こし、病院に運び込まれる。
ケガは軽傷だった。
だが、診察した精神科医ジョナサン・バンクスは事故現場にブレーキ痕がなかったことや、
事故当時エミリーが取り乱していたという駐車場係の証言もあり、
自殺未遂ではないかと推測。実は、彼女は夫の収監中に鬱病を再発していた。
バンクス医師は抗鬱剤を処方し、カウンセリングを受けることを条件に退院許可を出す。
数日後、夫と連れだってパーティに出かけたエミリーだったが、なぜか激しく動揺し、
帰路、地下鉄のホームで電車に飛び込みかける。

バンクス医師は以前エミリーが受診していたヴィクトリア・シーバート医師に相談。
彼女からエミリーが睡眠障害や吐き気などの副作用に悩んでいたことを聞きだし、
アブリクサという新薬を投与することに。
するとエミリーの症状はみるみる改善されていった。

だが、それから間もなく、とんでもない事件が起こる。
エミリーの夫マーティンの死体が自宅の廊下で発見されたのだ。
発見者はエミリー。
現場には争ったあともなく、凶器のナイフにはエミリーの指紋が――
取り乱したエミリーは殺人容疑で逮捕された。
やがて裁判が始まり、エミリーの証人として出廷したバンクス医師は、
彼女は抗鬱剤アブリクサの副作用で夢遊病になり、夫を刺したと証言。
協議の結果、心身喪失を認められたエミリーは殺人罪を問われることなく、
精神医療センターで治療を受けることになるのだが……

薬に絡む巧妙なトリック、そして、罠。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ演じる不思議な女医。
その登場はいかにも謎めいています。

可憐な被害者なのか、それとも、悪女なのか。
大人しそうな顔をしたルー二ー・マーラ。

みんな一癖も二癖もありそうな女性ばかりですが、
バンクス博士を演じるジュード・ロウも
刑務所から出てきた途端に殺されるエミリーの夫を演じるチャニング・テイタムも、
男たちはどこか人の良い感じがするんですよね。

とにかくラストまで気を抜かずに観ていないと困ったことになります。
ま、ひっぱられていってしまうんですけどね。

心理サスペンスとして結構ハラハラしたし、
アメリカのお薬事情のことなんかも見えて面白かったけど、
それにしても、ソダーバーグ監督、ほんとに引退しちゃうんですかねぇ。





今日もポチッとお願いできれば嬉しゅーございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆9月7日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

サイド・エフェクト
監督/スティーヴン・ソダーバーグ、製作/ロレンツォ・ディ・ボナペンチュラ、グレゴリー・ジェイコブズ、脚本・製作/スコット・Z・バーンズ、美術/ハワード・カミングス
出演
ジュード・ロウ/ジョナサン・バンクス博士、ルー二―・マーラ/エミリー・テイラー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/ヴィクトリアル・シーバート博士、チャニング・テイタム/マーティン・テイラー、ヴィネッサ・ショウ/ディアドラ・バンクス
9月6日(金)TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー
2013年、アメリカ、英語、106分、字幕翻訳/川又勝利、配給/プレシディオ
http://www.side-effects.jp/

by Mtonosama | 2013-09-07 07:12 | 映画 | Comments(4)
マジック・マイク -2-
Magic Mike

f0165567_6341282.jpg

(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC. All right reserved.

おもちゃ箱から飛び出した理想のボーイフレンド・ケン人形、
ロープにつかまって宙を飛ぶターザン、
制服姿も凛々しい兵士や消防士、
あるいはマッチョな肉体だけを売りにするストリップダンサー――

一言で男性ストリップといってもただ踊るだけではなく、
いろいろなキャラ付けが必要なんですね。
観客である女性たちの要求するところは男性観客よりも幅広いのでしょう。
いや、勉強になりました。
それを映画館の客席という特等席から観ることができるんですから、
なかなか稀有な体験であります。

150歳にして初めて観た男性ストリップ、満喫させてもらいました。
しかし、クラブ“エクスクイジット”(あ、本作中のストリップ・バーです)の
お客さんたちの大胆かつ天真爛漫なこと。
これがアメリカ女子の真髄ですかねぇ。

さあ、いったいどんなステージを、いや、ストーリーを楽しめるのでしょうか。


f0165567_6421155.jpg

ストーリー
フロリダ州西海岸タンパ。
自称・青年実業家のマイクはオリジナル家具を手がける夢を持ちながら、幾つもの仕事を掛け持ちしている。昼は工事現場で屋根瓦を張り、夜はクラブ“エクスクイジット”のトップストリップダンサーとして活躍する。ステージ名は‘マジック・マイク’だ。
クラブのオーナー・ダラスも看板スターのマイクに一目おいている。
そんなダラスに共同経営者になれないかと持ちかけるマイク。

ある日、マイクは昼の仕事先で知り合った19歳のアダムをクラブに連れていく。
未知の世界にたまげるアダム。
ところが、そのアダムに思わぬ展開が。
新ネタを披露する筈だったターザンが酔っ払って寝込んでしまったため、
急遽その代理で舞台に出ることになってしまった。
キッドというステージ名を与えられ、とりあえず舞台に。
ところが、素人まるだしのキッドに客は大興奮。
嬌声に後押しされ、客席の女性客を抱き寄せてキスするアダムに観客たちは卒倒寸前。

思わぬ才能と度胸を認められてアダムはクラブの一員に加えられる。
マイクはダンスパフォーマンスの他にも、女性との付き合い方、大金を稼ぐ方法など、
ひとつひとつ大人への道を教える師匠だった。

アダムの姉、ブルックは弟がストリッパーになると聞き、驚いた。
真面目な彼女がおそるおそるクラブを訪れるが、舞台を見て納得。マイクに弟を託す。
アダムはマイクを兄のように慕い、華やかな世界にますます魅了されていくのだった。

タンパはフロリダ州ではジャクソンビル、マイアミに次いで3番目に大きな街。
クラブ“エクスクイジット”も毎晩大盛況だが、オーナーのダラスはマイアミ進出を狙っていた。
共同経営を目論むマイクの心中は穏やかではない。

その一方で、マイクはアダムの姉ブルックと少しづつ話すようになる。
そして、これまで付き合った女性とはまったくタイプの違うブルックに魅せられていく。
「ストリッパーの他にどんな仕事をしているの」と訊くブルック。
だが、彼女のその素直な質問で、マイクは夢を実現させるための努力を何もしていなかったことに気付かされる。そして、次第に今後の人生を真剣に考えるようになっていくのだった。

その頃、ステージにもすっかり慣れたアダムはマイクに秘密で危ない儲け話に手をだし、
トラブルに巻き込まれてしまう……


f0165567_6434175.jpg

いやぁ、強烈な男性ストリップダンサーのパフォーマンスにすっかり度肝を抜かれてしまいました。
これでもか、これでもか、と繰り出される超エロかっこいいストリップに息をのみ、
もう降参です、となった頃、
しみじみと展開される純情無垢なマイクとブルックの恋物語。
毒気にあてられ気味の150歳はその純情さにホッとしてしまいました。

ストリップでアドレナリンを全放出させられ、穏やかで真面目な恋に癒される――
大人の遊園地みたいな映画でした。

しかし、男性ストリップを見物するため、はとバス・夜のツアーに参加してみたいような気もしないではありません。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月31日に更新しました。もう明日からは8月ですね。いつも応援ありがとうございます☆

マジック・マイク
監督/スティーヴン・ソダーバーグ、脚本/リード・キャロリン、製作/ニック・ウェクスラー、グレゴリー・ジェイコブス、チャニング・テイタム、リード・キャロリン、撮影/ピーターアンドリュース
出演
チャニング・テイタム/マジック・マイク、アレックス・ぺティファー/アダム、キッド、コディ・ホーン/ブルック、オリヴィア・マン/ジョアンナ、マット・ボマー/ケン、ライリー・キーオ/ノラ、ジョー・マンガニエロ/ビッグ・ディック・リッチー、ケヴィン・ナッシュ/ターザン、アダム・ロドリゲス/ティト、ガブリエル・イグレシアス/トバイアス、マシュー・マコノヒー/ダラス
8月3日(土)シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ他全国順次ロードショー
2012年、アメリカ、110分、日本語字幕/石田泰子、配給/カルチュア・パブリッシャーズ、
http://magic-mike.jp/

by Mtonosama | 2013-07-31 06:56 | 映画 | Comments(4)