ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ステファニー・ディ・ジュースト監督 ( 2 ) タグの人気記事


ザ・ダンサー
-2-

La Danseuse

f0165567_6262442.jpg

(C)2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR - WILD BUNCH - ORANGE STUDIO -
LES FILMS DU FLEUVE - SIRENA FILM



モダンダンスの祖といえば
本作にも登場する
イサドラ・ダンカンだとばかり
思っていました。
でも、その世界では
3人の女性の名が挙げられます。
それが本作の主人公ロイ・フラー(1862~1928)
イサドラ・ダンカン(1877~1927)
ルース・セント・デニス(1879~1968)
皆アメリカ人です。

フラーもダンカンも
ヨーロッパで有名になり、
その後もヨーロッパを中心に活躍しました。
とてもフランス的な2人なのに
フラーはシカゴ、
ダンカンはサンフランシスコの出身。

ダンスが目を瞠るほどきれいです。
さあ、時代の先端を走った女性たちは
どんな生き方をしたのでしょう。

f0165567_6282866.jpg

ストーリー
父を亡くした
マリー=ルイーズ・フラーは
NYで暮らす母を頼って田舎町を後にする。

幼い頃から女優を夢見ていた彼女は
母の目を盗んでは
オーディションに出かけるようになった。
ようやくつかんだ役はたった3分の出番。
ところが、
本番で、落ちそうになったスカートの
裾をつまんで回転すると観客から拍手喝采。

それが天啓だった。
彼女の頭には
衣装と舞台装置のアイデアが
次から次へと浮かんでくる。
それをスケッチして衣装を作り、
ダンサー名もロイ・フラーに改名。

自らデザインした衣装をまとい
舞台デビューを果たすロイ。
幕間の5分間だけだったが・・・
大半の客はロビーに出ていたけれど、
残っていた客は彼女のダンスに大喝采を送る。
その中に
運命の人、ルイ・ドルセー伯爵がいた。

しかし、母親に止められて
舞台を休まざるを得なかったロイは
劇場をクビになってしまう。
しかも、彼女が考案したダンスを
別の女優が勝手に踊っていた。
ルイに相談すると
彼の弁護士から
フランスには「特許」があるが
アメリカにはないのだと教えられる。

パリへ旅立つロイ。
旅費はルイの机の上にあった金を無断で借りた。

パリに着いたロイは
有名なフォリー・ベルジェールへ直行。
支配人には門前払いされたものの
ロイの舞台装置のデッサンに感心した
マネージャーのガブリエルの後押しの
おかげで採用される。

自ら設計した4色の照明に照らされ
幻想的に舞うロイ。
翌朝の新聞には絶賛の評が。
ロイは一夜でスターになる。

そこに現れたのがルイ。
彼はアメリカ人の富豪女性と
離婚し、帰国していたのだ。
その日から
ルイのシャトーで2人の共同生活が始まる。
ロイは練習場所が、
ルイはロイの金が必要だったからだ。

やがてルイの計らいで
オペラ座公演が決まる。
ロイを慕って集まった若いダンサーの中から
イサドラ・ダンカンを抜擢。

凝った衣装と舞台装置によって
観客を感動させるロイとは違い
イサドラはその存在と美しい姿で
優美に舞い、人々を魅了する天性のダンサーだった。

イサドラへの複雑な思い、
重い衣装に耐えてきた肩の痛み、
強い照明に痛めつけられた瞳、
バレエの殿堂オペラ座が放つ
無言のプレッシャー―――

ロイはこの試練をどのように
切り抜けていくのか……

f0165567_630873.jpg


もう、陶然としてしまいました。

そのロイ・フラーを演じたのは
ミュージシャンのソーコ。
ロイ・フラーのダンスを研究するダンサー
ジョディ・スパーリングの大特訓を受けての出演です。

映画の中でも
ダンスが終わり、精も根もつきはてたフラーが
舞台の袖から担架で運ばれるシーンがあります。

重い棒を肩に支えて
衣装を操るため、
体力を消耗し、3日おきにしか
踊れなかったというハードなダンスです。
それをソーコは見事に自らのものとしました。

あ、そうそう、
ロイに見いだされ、
後に最大のライバルにもなる
イサドラ・ダンカンを演じたのは
ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘
リリー=ローズ・デップ。
1999年生まれの18歳ですが、
あどけない顔立ちの中に
時折光る妖艶な美しさは
七光りを越えています。

ダンス好きには見逃せない映画ですよ。





ランキングに参加しています。今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
 ☆5月28日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆



ザ・ダンサー
監督・脚本/ステファニー・ディ・ジュースト、
共同・脚本/トマ・ビドカン、撮影/ブノワ・ドビー、
美術/カルロス・コンティ、衣装/アナイス・ロマン
出演
ソーコ/ロイ・フラー、ギャスパー・ウリエル/ルイ・ドルセー伯爵、リリー=ローズ・デップ/イサドラ・ダンカン、メラニー・ティエリ/ガブリエル、フランソワ・ダミアン/マルシャン
6月3日(土)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ他にてロードショー
2016年、フランス・ベルギー、仏語・英語、108分、日本語字幕/横井和子、配給/コムストック・グループ、配給協力/キノフィルムズ、
http://www.thedancer.jp/

by Mtonosama | 2017-05-28 06:43 | 映画 | Comments(4)

ザ・ダンサー
-1-

La Danseuse

f0165567_5165199.jpg

(C)2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR - WILD BUNCH - ORANGE STUDIO
- LES FILMS DU FLEUVE - SIRENA FILM



ああ、憧れのベル・エポック。

紅灯が石畳を仄かに照らし出す
パリの裏路地。
窓から漏れ聞こえる楽の音と
嬌声に導かれるように進むと――

紫煙と脂粉の香りが渦巻く
ミュージックホールが。

19世紀末のパリ。
最も美しく、華やかだった時代。
享楽の色香が男たちや女たちを包み、
退廃の気配が色濃く漂う”良き時代“。
ベル・エポック。

印象派やキュビズムなど
新しい絵画様式が一斉に花開き、
ヨーロッパ中が
美しくも妖しい文化に酔い痴れた時代です。

f0165567_518177.jpg

その頃
ドガ、モネ、ピカソ、モディリアーニ――
芸術において一時代を画し、
現代にも大きな影響を与え続けた
アーティストたちの中に
大きな熱狂を巻き起こした
ダンサーがいました。
その名はロイ・フラー。

マネやロートレックが
描いたことでも有名な
フォリー・ベルジェールのステージで
一夜にしてその名を馳せた女性です。

当時
ダンスといえばなんとなく
格下に見られていた表現様式。

f0165567_520214.jpg

でも、
彼女が踊ったダンスは
自ら色や角度を設計した照明の中で
シルクの衣装を波打たせ
うねらせ、
渦巻かせる
これまで誰も目にしたことのない
ものでした。

ロイ・フラーは
パフォーマーであるだけでなく
演出家であり、
照明家でもある
総合芸術家でもあったのです。

ロイ・フラー
1862年アメリカ生まれ。
子どもの頃から舞台女優として活躍。
1891年サーペンタインダンスによって
観客を驚嘆させ、
やがて
それは彼女のトレードマークになっていった。
その後、パリに渡った彼女は
一躍有名になる。
ベル・エポックのミューズとして
パリのアートシーンに君臨した。
劇場(フォリー・ベルジェール)を拠点として
ロートレック、ロダン、エミール・ガレ、
コクトー、ドビュッシーなどを魅了し、
ポスターや美術作品などに
その姿が描かれた。
また、独自に開発したカラーフィルターを
用いて、様々な色の照明を実現させ、
それまでになかった照明による
舞台空間を創出するなど
舞台演出の革新者でもある。
1900年パリ万博ではロイ・フラー劇場を開設し、
川上音二郎と貞奴を招待するなど話題を呼んだ。
さらにイサドラ・ダンカンを支援するなど
新たな才能の発見と育成にも努めた。
20世紀初頭のダンス界だけではなく
現代のアート、演劇、映画に多大な影響を与えた。
1928年パリにて死去。

f0165567_521632.jpg

ベル・エポックは多くの才能を花開かせ、
同時に、女性の社会進出も拡げました。

さあ、ロイ・フラーとは
一体どんな女性で、どんなダンサーだったのでしょうか。

続きは次回まで
乞うご期待でございますよ。


ランキングに参加しています。今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
 ☆5月25日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

ザ・ダンサー
監督・脚本/ステファニー・ディ・ジュースト、共同・脚本/トマ・ビドカン、撮影/ブノワ・ドビー、
美術/カルロス・コンティ、衣装/アナイス・ロマン
出演
ソーコ/ロイ・フラー、ギャスパー・ウリエル/ルイ・ドルセー伯爵、
リリー=ローズ・デップ/イサドラ・ダンカン、メラニー・ティエリ/ガブリエル、
フランソワ・ダミアン/マルシャン
6月3日(土)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ他にてロードショー
2016年、フランス・ベルギー、仏語・英語、108分、日本語字幕/横井和子、
配給/コムストック・グループ、配給協力/キノフィルムズ、http://www.thedancer.jp/

by Mtonosama | 2017-05-25 05:36 | 映画 | Comments(4)