ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:タクシー ( 1 ) タグの人気記事

              殿様の試写室
              秋の増刊号
-3-
                         2日目

f0165567_6434045.jpg

                          北寺塔
北寺塔のある報恩寺は、蘇州で最も古い仏寺。
三国時代呉の赤烏年間(西暦247~250年)、孫権が母の恩に報いるため、「通玄寺」を築造。

唐の開元年間に、全国各郡に年号と同名の寺を置くことが定められ、
通玄寺は開元寺と改名した。
その後、唐の同光年間呉越王の銭王が、寺を再建し、母の恩ならびに佛恩に報いることを
表して報恩寺と名づけた。

塔は梁時代(502~557年)の創建と伝えられ、当時は十一層の宝塔であった。
しかし、その後たびたび壊され、北宋年間に九層の塔に再建された。

現存する塔は、一層から六層までの塔身は南宋時代、七層以上は明代、
廂と欄干は清時代に再建,補修されたものである。
高さ76m、八角七層の塔は各階に回廊も作られ、九階からは蘇州を一望できる。
http://www.sy-tour.net/szinfo/historicspot/kitateratou.html


f0165567_6452517.jpg

客引き氏をまいて乗り込んだタクシーには頑丈な檻がついていました。
心優しく、安全運転を心掛ける運転手さんを悪い客から守るための檻です。

    とのはいつも思うのですが、
    中国のタクシー運転手が、もしもモンテカルロとかマカオとか
    市街地を走るカーレースに出場したら、皆が皆、上位入賞間違ないでしょう。
    猛スピードのまま、コーナーを回り、バスや車の横をすれすれで通り抜け…
    彼らの日常業務はそのままがカーレースですもん。

    どうぞ、運転手さん、カーレースは客を乗せていない時になさってくださいませね。

f0165567_6471889.jpg

しかし、そのおかげで、目的の北寺塔にはあっという間に到着。
説明にもあった9階の最上階にも上ってきました。
蘇州の街が一望できる上、心地よい風がタクシーでの緊張と汗をぬぐい去っていってくれました。

f0165567_6485114.jpg

f0165567_6491819.jpg


f0165567_649434.jpg

何百年もこの国の歴史を見守り続けてきた塔の最上階に立って、
眼下を見下ろせば、ゆったりとした大きな気持になります。

「とのはこの塔の主だぞ~~~!」と叫ぶと
「ババア~~~!」と木霊が返ってきました(汗)。

明日に続く

你好!
ブログランキングに参加しています。
今日の蘇州にポチ☆ッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
♪10月28日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-10-28 07:14 | Comments(2)