ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:タル・ベーラ監督 ( 2 ) タグの人気記事

ニーチェの馬 -2-
The Turin Horse


f0165567_622046.jpg


画面はモノクロ、登場人物は2人。これといったせりふもなく、延々と繰り返す日常・・・・・

あ、皆さま、ここでひかないでください。

なんたって、ジム・ジャームッシュ、ガス・ヴァン・サント、ブラッド・ピット、ティルダ・スウィントンといった
そうそうたる映画人が敬愛するタル・ベーラ監督。
ハンガリーが生んだ鬼才ですし、自ら最後の作品と公言した作品です。これを見逃すわけにはいきません。

さ、どんなストーリーかというと・・・・・


ストーリー
吹きすさぶ風の中、農夫は馬車馬に鞭をいれながら町からの長い道のりを走り続けてきました。
そして、一本の裸木の生えた荒野の一軒家にたどり着きます。
迎えに出た娘と共に風に吹きまくられながら、厩の扉を開け、馬を休ませます。
その間に娘は馬のくびきを外し、荷車を納屋に。
日々やり慣れた動作。
父も娘も一連の動作を無駄なくこなしていきます。
翌朝。まだ風は吹き続けています。神経を逆なでするような風の音。
粗末なベッドで目覚めた娘は服を着ます。厚ぼったい靴下。重そうなスカート。上着。
それらを身につけると、風の中を井戸まで水を汲みに行きます。
お湯を沸かし、じゃがいもを茹で、父を起こし、片手の不自由な父の着替えを手伝う。
一杯の蒸留酒と茹でたじゃがいも1個の朝食を済ませ、父は町へ行くために厩へ向かいます。
しかし、疲れ果てた馬は動こうとしません。
それでも、娘はいつものように厩を掃除し、馬に飼葉を与えます。
次の朝が来ました。馬は相変わらず動こうとはしません。餌も食べません…

ストーリーというほどのストーリーではありません。
農夫とその娘の6日間を描き、朝起きてから寝るまでを撮っているだけ。
食べるものにも、生活のリズムにも変化はありません。
そう、日常そのものなのです。日常以上に日常です。

f0165567_6295040.jpg


2人は農場で暮らし、井戸から水を汲み、食事はジャガイモ1個。
唯一の収入源は馬と荷馬車。父は荷馬車仕事をし、娘は家事をします。
貧しく単調な生活です。
彼らの動きは所作もリズムも判で押したように変わらず、
このまま死ぬまで日常と言う牢獄の中で暮らしていくだけのようにみえます。
その中で、まず馬が走ることを拒絶し、毎朝水を汲む井戸の水が涸れます。
つまり、父娘の間で細々と回っていた小宇宙が少しずつ狂い始めたのです。

さすがに、ここで父娘は行動を起こしました。
所帯道具を荷馬車に積み込み、父が馬のひもを引き、娘が馬車をひきます。
2人と1頭は裸木の生える丘を登り、新しい土地をめざします。
が、狂ったように吹きすさぶ風の中、一行は再び元の家に戻ってきてしまいました。
次の日、娘はテーブルに突っ伏したまま働くことをやめてしまうのでした。

これを警告と見るか、寓話と見るか、それは私たちの自由です。

父と娘の6日間。
その昔、神は6日間で世界を創造し、7日目を安息日としました。
娘も6日目に働くことを止めます。そして、翌日は安息日。
きっとリセットされるに違いない、と思いたいのですが、どうもそんな様子もなさそう。

2人の日常の中に、祈るという行為は皆無でしたから、
祈りは2人の日常から排除されているのでしょう。神もいないのでしょう。

極限まで切り詰められたせりふ。
映画を通して聞こえてくるのは気が狂ったような旋律で終始うなり続ける風の音。
父と娘の6日間をここまで暗く絶望的に描いた映画がこれまであったでしょうか。

多分、私たちが既に頭の片隅で描いている人生を思いっきり暗い絵の具で描きだしたのが
「ニーチェの馬」なのかもしれません。
この映画を監督として最後の置き土産にしていくタル・ベーラさん、
ちょっと酷ですわ。
とのはいまだに朝起きてストーブの前でフリースやら厚いタイツを着こむとき、
この娘になりきってしまっています。
考えてみれば、誰の日常もこの娘たちと似たりよったりかもしれませんものね。

「倫敦から来た男」以上にワンシーン、ワンシーンが記憶にからみつき離れていきそうにはありません。

タル・ベーラ監督、お願いです。
最後の作品なんて言わないでほしいんですけど。






今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2012年1月31日に更新しました。いつも応援ありがとうございます。

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

ニーチェの馬
監督/タル・ベーラ、脚本/タル・ベーラ、クラスナホルカイ・ラースロー、撮影/フレッド・ケルメン、音楽/ヴィーグ・ミハイ
出演
ボーク・エリカ、デルジ・ヤーノシュ
2012年2月11日(土)シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー
ハンガリー=フランス=スイス=ドイツ、2011年、154分、モノクロ、配給/ビターズ・エンド
http://bitters.co.jp/uma/

by mtonosama | 2012-01-31 06:40 | 映画 | Comments(10)
倫敦から来た男
The Man from London

f0165567_61149100.jpg


偉い映画評論家がこむつかしい映画に限って絶賛するのを疑問に思っていた殿です。
なのに、今回当試写室で上映するのはこの上なくこむつかしい作品です。
ごめんなさい。

そもそも、この映画を観たのは
原作が、ジョルジュ・シムノン作品であることにつられたからでして
ということはメグレ警視が快刀乱麻を断つ活躍をする映画かと
期待したからであります。

f0165567_622273.jpg


ところが、どうでしょう。

モノクローム画面のファーストシーンから
いきなり港に停泊する船が延々と映し出され
船腹が、霧に沈む街灯が、船から降り立つ乗客の黒い影が
無限とも思える長回しで続きます。

また、鉄道員である主人公マロワンの夜間勤務する制御塔が
湿った夜の闇に明るく浮かび上がっています。
この妙に印象的な建物が何度も何度も登場します。
これがまた妙に不安を誘う光景です。
タル・ベーラ監督はこの建物を出したくて
本作を撮影したのではないかと思いたくなるほど
1枚のエッチングのように心に残る建物です。

f0165567_61231100.jpg


タル・ベーラ監督
1955年ハンガリーに生まれる。デビュー作「The Family Nest」(’77)でマンハイム国際映画祭グランプリを受賞。1994年には7時間半のモノクロ作品「サタンタンゴ」を世に問う。’00「ヴェルクマイスター・ハーモニー」でヴィレッジ・ボイス紙でデヴィッド・リンチ、ウォン・カーウァイに次ぐベスト・ディレクターに選ばれる。翌年7月、フランスのラ・ロッシェル国際映画祭で特集上映が行われ、ルーブル美術館では「サタンタンゴ」が上映された。同年秋にはニューヨーク近代美術館(MOMA)でも大規模な特集上映が開催される。

美術館で特集上映される監督さんでしたか。たしかに、芸術的な映画です。

メグレ警視など、どこにもいないし
サスペンス的な展開がないのも仕方ないのかも。

とにかくワンシーンが長い、したがって、展開が遅い。
まるで能のようなテンポだなあ、と思って観ていたら
なるほど、監督も脚本を担当したクラスナホルカイ・ラースローさんも
能がお好きなのだそうです。

     小学生のころ、祖父から謡曲「紅葉狩」を習いました。
     最初の一節はいまだに覚えていますが、こうです。
     「時雨を急ぐ紅葉狩 時雨を急ぐ紅葉狩 深き山路を訪ねん」

     これを「しぃぐぅれぇをぉいぃ~そ~ぐ~も~み~じ~が~~り~ …」
     と謡うのです。
     「倫敦から来た男」はこんな調子で進みます。

いつまで続くこのシーン、と辛抱強く観ていました。
その長回しこそが監督の狙いだったのでしょう。
とにかくワンシーン、ワンシーンが鮮烈に記憶にこびりついて離れません。

登場人物も、背景も、これでもか、とばかりにそぎ落とし
その分、カメラが向かった対象を延々と映し出します。
その顔がなにかを語りだすのをカメラを回しながら待っているかのようです。

ゆっくりとした動き、象徴化された演技、少ないセリフ。
まさに能であり、俳句です。
観客は、与えられたものを観ているだけでなく
積極的に係わることが要求されます。印象深い分、しんどい映画ではあります。

f0165567_6121333.jpg


ストーリー
港に船がつくと乗客はそこから汽車に乗って各地に散っていきます。
鉄道員のマロワンは毎晩ガラスの制御塔から港と駅を見下ろしています。
ある夜、彼は倫敦から来た男が殺人を犯すのを見てしまいます。
殺された男のトランクは海に落ちていきました。
潮が干いたとき、マロワンはそのトランクを海から拾いあげます。
中からは大量の札束が。
彼はそれを同僚に告げることも、警察に届けることもせず
仕事場のロッカーに納めます。
朝が来ると仕事を終え、馴染みのカフェに寄って、家に向かう
いつものように繰り返される日々。
しかし、彼のなかで何かが静かに狂い始めていくのでした…

映画館の暗闇に身を任せていれば
スクリーンの方から勝手に飛び込んできてくれる映画と違って
こちらもじっくり対峙し、踏みこんでいくことを迫られる映画でした。

暗闇のなかで観る絵画、あるいは観る文学作品とでも呼ぶべき映画なのかもしれません。

倫敦から来た男
監督/タル・ベーラ、原作/ジョルジュ・シムノン、共同監督・編集/フラ二ツキー・アーグネシュ、脚本/クラスナホルカイ・ラースロー、タル・ベーラ、撮影/フレッド・ケルメン
出演
ミロスラヴ・クロボット/マロワン、ティルダ・スウィントン/マダム・マロワン、ボーク・エリカ/アンリエット(マロワンの娘)、デルジ・ヤーノシュ/ブラウン、レーナールト・イシュトヴァーン/刑事、スィルティシュ・アーギ/マダム・ブラウン
2007年、ハンガリー=ドイツ=フランス、138分、後援/駐日ハンガリー共和国大使館、ハンガリー政府観光局、配給/ビターズ・エンド、第60回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品、
12月12日(土)より、シアター・イメージフォーラム他、全国順次ロードショー、http://www.bitters.co.jp/london/


モノクローム映画ですのでバナーもカラーコーディネートしました。
よろしければワンクリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡いつも応援してくださってありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-11-18 06:34 | Comments(16)