ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:タンタンと私 ( 2 ) タグの人気記事

                タンタンと私 -2-
                       Tintin et Moi

f0165567_6535940.jpg

          (C)HERGE/MOULINSART2011 (c)2011 Angel Production, Moulinsart


      タンタンの作者エルジェ。本名ジョルジュ・レミ、1907年ベルギー・ブリュッセル生まれです。
           少年時代はボーイスカウトに夢中になり、その頃から絵を描いていましたが、
             16歳から本格的に「ベルギー・ボーイスカウト」誌に作品を発表。
       1928年には新聞の若者向けウィークリー増刊号「プチ20世紀」のチーフ・エディターに、
           翌29年には「タンタン、ソビエトへ」が同誌に掲載。大人気になりました。
      それ以後、タンタンと白いフォックステリアのスノーウィはコンゴ、アメリカ、中国、月まで
       飛んでいき、24話のタンタン冒険シリーズにその活躍の足跡を残しているという訳です。

                   1971年、もう今から40年以上も前のこと。
             あるフランス人の学生がエルジェにインタビューを申し込みました。
     30年間、人目につかない場所に保管されていたこのインタビューを記録したカセットテープを
                  もとにこの「タンタンと私」が制作されました。

f0165567_6544738.jpg当然のことながら、本作の監督アンダース・オステルガルドさんはタンタン・シリーズの大ファンです。
ファンというのはコミックからコミック以上のものを読みとるものなんですね。
熱狂的なファンのご多分にもれず、オステルガルド監督も
「作者はいったいどんな人物なのか」
「なぜ、この漫画が生まれたか」について深い関心をいだき、
いつかエルジェの伝記映画を撮りたいと考えていました。
そして、エルジェ財団に連絡をとったのが1999年のこと。
ですが、無名のデンマーク人監督の申し出に当然のことながら財団側は難色を示します。
交渉には長い時間がかかりました。

  監督が、エルジェのインタビュー・カセットがあることを知ったのは財団と話し合いを始めてからのことでした。
      財団側は「ここだけの話ですが、エルジェのインタビューを記録したカセットテープがあります。
          有名な書籍の素材だったのですが、校正時にエルジェがかなり手を入れたため、
          エルジェがこのインタビューで語った内容とはかけ離れたものになっています」
            と切り出し、オステルガルド監督に14本のカセットテープを渡しました。

            カセットテープは何度クリーニングしても聴き取りにくく、状態は最悪。
             しかし、ノイズの合間から漏れ出るエルジェの肉声を聞いた監督は
                 絶対にこの声を映画の中で使おうとを決心しました。

     カセットの中で、エルジェは若い大学生相手に忙しい合間を縫ってインタビューに答えています。
            そして、自分の人生について、またタンタンについても熱く語っています。

   これって締め切りに追われて徹夜続きの手塚治虫さんが素人学生の取材に答えるようなものですから、
                     かなり稀有なインタビューですよね。
      それもカトリック教徒でありながら離婚したことやら、第二次世界大戦中の体験やら、
                      学生相手に真剣に語っています。
      ベルギーという目立たない国が戦争中いかなる状況にあったかをうかがい知る上でも
                   興味深いドキュメンタリーかもしれません。

f0165567_6555881.jpg

           アンディ・ウォーホールとの対面シーンもあったりして、なかなか面白いです。
          あのとんがったウォーホールとまじめなサラリーマン風のエルジェのツーショットなど
                   そうそう見られるものじゃありませんものね。
         エルジェがベルギーのテレビ番組でインタビューされている映像にカセットの音声をあて、
          リアルな映像を実現し、「タンタン、チベットを行く」のコミック画像を登場させ、
                  ヴィジュアル的にも変化に富んだ構成になっています。

          映画「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」をご覧になった方は必見でしょう。
         取材カセットが長い間秘蔵されていたのは、エルジェ氏、きっと本音を語り過ぎたから
                    だと思うのですが、そのあたりも興味津津です。

          

                                

今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2012年1月13日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

タンタンと私
監督・脚本/アンダース・オステルガルド、プロデューサー/ピーター・べック、撮影/サイモン・ブラム、編集/アンダース・ヴィラードセン
出演
エルジェ(ジョルジュ・レミ)、ヌマ・サドゥール、マイケル・ファー、ハリー・トンプソン、アンディ・ウォーホル、ファニー・ロドウェル、他
2012年2月4日(土)渋谷アップリンク、銀座テアトル・シネマ、新宿K’s cinemaほか全国順次公開
2003年、デンマーク・ベルギー・フランス・スイス・スウェーデン、フランス語・英語、カラー、75分、http://www.uplink.co.jp/tintin/

by mtonosama | 2012-01-13 07:17 | 映画 | Comments(8)
                タンタンと私 -1-
                      Tintin et Moi

f0165567_537374.jpg

          (C)HERGE/MOULINSART2011 (c)2011 Angel Production, Moulinsart


                      Tintinと書いて、なぜタンタンなんだ?
                       フランス語ってホントに不思議。
                    Combをコウムと読むがごとし、なんでしょうか。
          中学のとき「なぜそのように読むか?という類の質問はするな」と英語の先生に
                           注意されました。
                      とは言われても気になりますよね。

     でも、この映画で問題になるのはTintinがなぜにタンタンと読むのか、ということではありません。
              え、わかってるから、早く進めって?はいはい、申し訳ありません。

             前髪がアヒルのしっぽみたいにピンとはねあがってて、そう、山田五郎?
               山田氏の場合はボリューム的にちょっと不満がつきまといますが、
                  ま、彼もタンタンが好きなんでしょうね。きっと。

               そんなタンタンの髪型とタンタンのキャラが昔から気になるとの。
       タンタンの漫画は読んだことはないのですが、なぜかあのキャラクターが好きでたまりません。
            スティーブン・スピルバーグ監督の「タンタンの冒険」が公開されましたが、
                    やっぱり実写版より漫画のタンタンが好き。
                      だって、タッチもゆるくて優しいし、
                »SOCK ! », »POW ! », »ZOK ! »みたいな吹き出しもないし、
                  登場人物の60‘Sファッションもかわいいですものね。


f0165567_5413394.jpg唐突ですが、皆さまは上田としこさんの描いた「フイチンさん」という漫画をご存知でしょうか?
150歳のとのも愛読した「少女クラブ」に昭和32年1月号から昭和37年3月号まで連載されたフイチンさんというハルビンに住む門番の娘のお話。
とのはハルビンとか満州とかは、この漫画で覚えました。
1995年に発行された単行本(漫画名作館・特選シリーズ:アース出版局)も持っています。エヘ、自慢か?

あ、突然フイチンさんを登場させてごめんなさい(フイチンさんも大好きだったんです)。このフイチンさんとタンタンって、ペンのタッチも似ているし、読者である子どもたちを見知らぬ外国に連れていってくれたということでも共通点があるんですよね。つい懐かしくて寄り道してしまいました。

                              タンタンに戻ります。
                   このタンタンを創りだしたベルギーのコミック作家、エルジェ。
                   30年以上の年月を経て公開された秘蔵インタビューをもとに、
             エルジェの生涯とタンタン・シリーズを語ったドキュメンタリーが本作「タンタンと私」です。

      世界50ヶ国語以上に翻訳され、2億5千万部以上が販売されている「タンタンの冒険」シリーズ。
             スピルバーグ監督の「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」(‘11)は
         『なぞのユニコーン号』『レッド・ラッカムの宝』『金のはさみのカニ』をもとにしています。
      そもそもスピルバーグ監督は「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」(‘81)がタンタンに
           似ていると言われてタンタンを読み、魅了されてしまったのだそうですよ。

f0165567_549293.jpg

                            知恵と勇気で難問を解決し、
          ソ連、中国、チベット、南米、はたまた海底や月にまで飛び出していく少年記者タンタン。
           デスクにかじりつきコミックを描き続ける人気コミック作家エルジェにとっても、
                        タンタンは憧れの存在だったのでしょうね。

       タンタンのことだけでなく、なにやら謎めいたエルジェの人生も明らかになるらしい「タンタンと私」。

               続きは次回までお待ちくださいませ。乞うご期待でございます。

                                 

今日もポチッとお願い申し上げます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2012年1月10日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

タンタンと私
監督・脚本/アンダース・オステルガルド、プロデューサー/ピーター・べック、撮影/サイモン・ブラム、編集/アンダース・ヴィラードセン
出演
エルジェ(ジョルジュ・レミ)、ヌマ・サドゥール、マイケル・ファー、ハリー・トンプソン、アンディ・ウォーホル、ファニー・ロドウェル、他
2012年2月4日(土)渋谷アップリンク、銀座テアトル・シネマ、新宿K’s cinemaほか全国順次公開
2003年、デンマーク・ベルギー・フランス・スイス・スウェーデン、フランス語・英語、カラー、75分、http://www.uplink.co.jp/tintin/

by mtonosama | 2012-01-10 05:50 | Comments(12)