ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:タンデム自転車 ( 2 ) タグの人気記事

さあ帰ろう、ペダルをこいで -2-
THE WORLD IS BIG AND SALVATION LURKS AROUND THE CORNER

f0165567_5365573.jpg

(C)RFF INTERNATIONAL, PALLAS FILM, INFORG STUDIO, VERTIGO / EMOTIONFILM and DAKAR, 2008 All rights Reserved

映画の中で祖父バイ・ダンは言いました。
「人生はサイコロと同じ。どんな目が出るか、それは時の運と自分の才覚次第だ」

さて、ブルガリア。
まずヨーグルトを連想するとしても、この国もまたさまざまな歴史の波にもまれてきた国です。

そんな時代の流れを背景に展開する「さあ帰ろう、ペダルをこいで」
(”The world is big and salvation lurks around the corner”)ですが、
監督は1966年ブルガリアの首都ソフィア生まれのステファン・コマンダレフ。
長編劇映画としては2作目の監督作品となる本作は第12回ソフィア映画祭で上映され、
最優秀ブルガリア映画賞と観客賞を受賞。
第24回ワルシャワ国際映画祭審査員特別賞も受けました。
まさにブルガリアの香しい薔薇とも称えたい作品であります。

f0165567_6105691.jpg

さあ、バックギャモンそしてタンデム自転車がどのように関わってくるのか、
少しだけ明らかになりますよ。
そう、少しだけです。たくさん明らかにするためにはやっぱり自分の目で観ませんとね。


ストーリー
1983年。共産党政権下のブルガリア。
アレックス少年が暮らす小さな田舎町にも時代の波は打ち寄せていました。
町で一番のバックギャモンの腕前を持つアレックスの祖父バイ・ダンをじっと見張る1人の男。
その男、実は民兵でアレックスの父ヴァスコが勤める会社の上司です。
この上司、ヴァスコにひどい命令を発しました。
それは舅のバイ・ダンを見張り、その動向と発言を逐一報告すること。

アレックスの祖父バイ・ダンは自転車競技で優勝し東ドイツに留学していた1956年に、
ハンガリー動乱が起こり、学生組織を立ち上げたこともある人物。
政権は自分たちにとって危険な人物であるバイ・ダンを見せしめにしようとしたのでした。

しかし、そんな命令を受け入れることのできないヴァスコは妻ヤナと息子アレックスを連れて、
西ドイツへの亡命を決意。

それから25年。
亡命以来久しぶりにブルガリアへ里帰りする途中、アレックスの一家は交通事故に。
アレックスはドイツの病院のベッドで目を覚ましましたが、一切の記憶を失い、
両親はその事故で帰らぬ人となってしまいました。

祖父バイ・ダンは孫を心配し、急ぎブルガリアからドイツへやってきました。
でも、自分の名前すら忘れてしまっているアレックスは祖父を覚えてもいません。
バイ・ダンは孫のアパートに泊まり込み、毎日病院へ見舞います。
そして、幼い頃教えたバックギャモンを再び教え始めました。
アレックスに回復の兆しが見えたある日、バイ・ダンは彼を無理やり退院させ、
故郷ブルガリアへの旅へと誘います。それもなんと2人乗りの自転車で!

タンデム自転車をこぎながら大陸を横断する祖父と孫。
夜、焚火の前でバックギャモンに興じ、酒を呑み、語り合う2人。
やがて旅の途中に立ち寄ったイタリアの施設で、アレックスはすべての記憶を取り戻します。そして……


f0165567_612209.jpg

かつてはおじいちゃんのことが大好きで、可愛い少年だったアレックスも、
自由なドイツに暮らしながら、友人もガールフレンドもおらず、
電気製品のマニュアルの翻訳をしながらひきこもって暮らす孤独な青年。

そんな暗い青年とブルガリアからやってきた熱血漢で元気いっぱいな祖父が繰り広げるロードムービー。

人生はさいころの目に左右されるかもしれないけど、さいころは何度だって投げられるし、
投げるのは自分。
人生は気合とやる気と運でどうにでもなるものかもしれない。
落ち込んで暗い眼をしていたら、貧乏神につけこまれるばかりですものね。
運を呼び込むのも自分です。

旅、さいころ、人生。
最もわかりやすいメタファーかもしれません。でも、わかりやすいからこそ、世界共通。
どこの国の人も勇気をもって人生を切り拓いていけるというものです。




今日もポチッとしていただければうれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月30日に更新しました。もう4月も終わりですね。いつも応援ありがとうございます☆

さあ帰ろう、ペダルをこいで
監督/ステファン・コマンダレフ、脚本/ステファン・コマンダレフ、デュシャン・ミリチ、ユーリ・ダッチェフ、イリヤ・トロヤノフ、原作/イリヤ・トロヤノフ
出演
ミキ・マノイロヴィッチ、カルロ・リューベック、フリスト・ムタフチェフ、アナ・パパドブル
5月12日(土)よりシネマート新宿、5月19日(土)よりシネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー
2008年、ブルガリア=ドイツ=ハンガリー=スロベニア=セルビア、105分、後援/駐日ブルガリア共和国大使館、特別協力/日本バックギャモン協会、配給/シネマート
http://www.kaerou.net/

by Mtonosama | 2012-04-30 05:54 | 映画 | Comments(12)
さあ帰ろう、ペダルをこいで -1-
THE WORLD IS BIG AND SALVATION LURKS AROUND THE CORNER

f0165567_626483.jpg

(C)RFF INTERNATIONAL, PALLAS FILM, INFORG STUDIO, VERTIGO / EMOTIONFILM and DAKAR, 2008 All rights Reserved

これはまた珍しい。ブルガリアの映画です。
ブルガリアといえば、ヨーグルトか薔薇の香水しか思い浮かばないとのは、
もの珍しさからこの元気そうなタイトルの映画を観にいきました。
それにこういう移動系の映画って好きなんです。はい、ロードムービー好きの150歳です。

珍しい、と思ったのも無理はなく、この国の映画の年間製作本数はわずか7~8本なのだそうです。

そして、もうひとつ珍しいのは「バックギャモン」が本作の骨子となっていること。
なんたって、本作公開に日本バックギャモン協会 http://www.backgammon.gr.jp/ 
が特別協力しているくらいですから。

でも、バックギャモンといってもピンときません。
名前は聞いたことはあるけれど、どんなものかもよく知りませんし。
「バックギャモンとは西洋双六をいう」くらいの知識しか持ち合わせていないのですけど・・・・・

実は、なんと、このバックギャモン。
世界で最も遊戯人口が多く、その数3億人とも言われているボードゲームなんだそうです。
日本へは飛鳥時代に大陸から伝わり、盤双六という名で親しまれてきました。
そうそう、盤双六はNHK大河ドラマ「平清盛」にも時々登場してますよね。

でも、平清盛で観た盤双六は、とのが知っている双六とはちょっと、いえ、かなり、違ってました。
サイコロが2つあるし、チェスみたいな駒もあります。


広辞苑によれば、
二人が対座して2個の采(さい)を木または竹の筒に入れて振り出し、出た目の数だけ盤に並べた棋子(駒石)を進め、早く相手の陣に入ったものを勝ちとする。インドを経て奈良時代以前に日本に伝わり、古くから賭けが行われた。

盤双六はゲームと言えども真剣勝負。
平安の貴族や鎌倉の武士たちがその勝ち負けに眦を決していたゲームです。
私たちがよく知っているサイコロひとつを転がしてゴールをめざすお気楽な双六は
江戸時代前期に一般に広く行われるようになった絵双六というものなのだとか。

双六と言ったら、お正月に親戚の子どもたちと一緒に遊ぶもの
というイメージしか持っていませんでしたから、ちょっとビックリ。


またまたウィキってみますと、
バックギャモンは基本的に二人で遊ぶボードゲームの一種で、盤上に置かれた各15個の駒すべてをゴールさせる早さを競う。 日本では奈良時代(飛鳥時代との説もある)に伝来し、平安時代より雙六・盤双六の名で流行したが、その後賭博の一種として幕府に禁止され、江戸時代の末に一度廃れている。サイコロを使うため、勝負は純粋な思考力では決まらないが、それでも戦略を必要とするところにこのゲームの醍醐味がある。

自分の人生をサイコロの目になぞらえ、駒を動かす・・・・・
人生は砂糖やクリームからできているのではなく、運と気合と才覚なんだぜぇ。


f0165567_6351561.jpg

とまあ、バックギャモンというのはそんな丁々発止の活きのいいゲームみたいですよ。

バックギャモンはわかりました。
じゃ、タイトルにあるペダルとは一体なんでしょう?
オリジナルタイトル”The world is big and salvation lurks around the corner”(世界は広く、救いはすぐそこにある) のどこにもペダルなんて出ていません。

ペダル。はい、自転車のペダルなんですね。
自転車、それも2人で漕ぐタンデム自転車。
これも、バックギャモンと並んでこの映画を構成する大切な要素なんです。

オリジナルタイトルが本作の真髄を言い当てたものだとしたら、
「さあ帰ろう、ペダルをこいで」という邦題は、
「そこに向って進んでいくぜ!どうやってか、っていうのかい?もちろん自分の足でさ」
って感じのニュアンスで活きが良くっていいです。

さあ、どんなお話なんでしょう。続きは次回まで少々お待ちくださいませね。



お手数ですが、今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月27日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

さあ帰ろう、ペダルをこいで
監督/ステファン・コマンダレフ、脚本/ステファン・コマンダレフ、デュシャン・ミリチ、ユーリ・ダッチェフ、イリヤ・トロヤノフ、原作/イリヤ・トロヤノフ
出演
ミキ・マノイロヴィッチ、カルロ・リューベック、フリスト・ムタフチェフ、アナ・パパドブル
5月12日(土)よりシネマート新宿、5月19日(土)よりシネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー
2008年、ブルガリア=ドイツ=ハンガリー=スロベニア=セルビア、105分、後援/駐日ブルガリア共和国大使館、特別協力/日本バックギャモン協会、配給/シネマート
http://www.kaerou.net/

by Mtonosama | 2012-04-27 06:46 | 映画 | Comments(6)