ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:チェルノブイリ事故 ( 2 ) タグの人気記事

故郷よ -2-
Land of oblivion

f0165567_6434722.jpg

(C)2011 Les Films du Poissons

原発事故はもう私たちにとっては他人事とはいえず、
本作を観ながら、考えるのもやはり福島のことです。

福島の事故が起きたのはミハル・ボガニム監督が本作「故郷よ」を編集しているときでした。
彼女は自作の映像と同じ映像をニュースで観ることが不思議だったといいます。
日本で起きていることを、自分が映画にしているような奇妙な感覚にもとらわれたそうです。

本作と、前回お伝えした「希望の国」(園子音監督)。
事故から25年目に作られた劇映画と、1年後に作られた劇映画という違いはありますが、
チェルノブイリと福島には大きな共通点があります。

それは、いずれも今後も事故を抱えながら生きていかなければならないということ。

両者の遭遇した事故が原発事故だったばかりに、
忘れることができない、そして、忘れてはならない事故になってしまいました。


f0165567_6471882.jpg

ストーリー
1986年4月25日
プリピャチ―― 緑溢れる美しい街。
父と息子はリンゴの木を植え、恋人たちは愛を語っていた。
1週間後に迫ったメーデーに開園する遊園地の大観覧車も
子どもたちの歓声を乗せて回転するための準備がすっかり整えられていた。
川の向こうにそびえる発電所の煙突からは相変わらず灰色の煙が吐き出されていたが、
それはこの街の住民には日常的な風景だった。
そう、その日の真夜中までは――

4月26日
朝、街には大粒の雨が降っている。
森林警備隊のニコライが最初に異変に気付いた。
林道を走っていると軍の検問に遭ったのだ。
書類検査を受けるため、車外に出ると真っ赤に変色したブナの葉が目に入り、
その枝は少し触っただけで簡単に折れてしまった。

雨が止み、アーニャとピョートルの結婚式が行われている。
レーニン像の前で記念写真を撮る2人。
披露宴には大勢が参列し、大いに飲み食べ、幸せな2人を祝福する。
花嫁のアーニャが「百万本のバラ」を歌いだした頃、事態が一変した。
会場に森林火災があったという知らせ。
消防士の新郎・ピョートルは現場に急ぐ――

その頃ヴァレリー少年も異変に気付いた。
昨日プリピャチ川の川辺に父と植えたリンゴが一夜にして枯れていたからだ。
夕刻、少年の父アレクセイに1本の電話が。
それは原子力発電所の技師であるアレクセイに原発事故を知らせるものだった。
電話を切った後、すぐさま窓を閉め、息子にヨウ素剤を与え、放射線量を計測。
妻と息子を避難させ、事故収束のため、アレクセイはひとり街に残る。

4月27日
快晴。
森林警備隊ニコライが飼っていたミツバチは巣箱の中ですべて死に絶えていた。
ニコライの牧場に一機のヘリコプターが飛来。
降り立った乗組員は白い防護服に身を包み、
一言の説明もないまま、ニコライたちに向って退去命令を発する。
そして、無言のまま、家畜小屋に火を放った。

計測器を抱えたアレクセイは街の肉屋にいた。高い線量を発する食肉。
客に警告しても事情を知らない買い物客は聞く耳を持たない。
店を出ると雨が降り出していた。傘を大量に買い、住民に配るアレクセイ。

一晩経っても夫から連絡がないアーニャは病院へ向かう。
居合わせた看護士に問い合わせると
「ご主人は大量の放射線を浴び、モスクワへ搬送されました」――

10年後
廃墟となった建物。荒れ果てた農地。
事故があった4号炉はコンクリートで固められ、石棺と呼ばれていた。
事故後、30キロ圏内は立入制限区域となっていたが、
作業員や軍関係者、発電所の近くの食堂で働く従業員などの姿があった。
ニコライをはじめ、生まれた土地を離れたくなかった住民たちも生活を続けていた。
アーニャもまた1ヶ月の半分は「チェルノブイリ・ツアー」の観光ガイドをしながら、
プリピャチで暮らす1人だった。
事故で夫を亡くした彼女には婚約者がおり、フランスで住むことを誘われている。
だが、そんなアーニャを、 “石棺”で働く亡夫ピョートルの友人はひきとめる。
揺れるアーニャ。

今や16歳の青年になったヴァレリーは“亡父”アレクセイを弔うため、
母と共にプリピャチに戻ってきた。事故後初めての帰郷だ。
ヴァレリーは10年前のあの日以来消息を絶った父が死んだとは信じていない。
母の眼を盗み、生家の壁に、父へのメッセージを書き残すヴァレリー。

その頃、父アレクセイは列車に揺られてプリピャチ駅に向っていた。
あの日以来封鎖された駅へと、永遠に果たせるはずのない帰郷を目指して……
どうしても福島と重なってしまいます。
なにも知らされないまま、無念さを抱えながら強制退去させられた住民。戻ってきた住民。
引き裂かれた夫婦、家族、責任感と無力感から心を病んだ技師。

今、避難している方々、あるいは、さまざまな事情から福島に留まる方々には
つらい映画かもしれません。

でも、再稼働を考えている政治家、経済界の方、電力会社の方には是非観ていただきたい。
そして、あの日から時間が経ち、
ちょっと遠くにいる私たちももっと想像力を持ちたい。

フィクションであることが、さらに、想像力を刺激して、
現場にいた人々の苦しみや悲しみや無念さが深く心に迫る作品です。





今日もポチッとお願い申し上げます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2月12日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

故郷よ
監督、脚本/ミハル・ボガニム、共同脚本/アントワーヌ・ラコンブレ、共同脚本、編集/アン・ウェイル、撮影/ヨルゴス・アルヴァニテス、アントワーヌ・エベルレ、製作/ラエティティア・ゴンザレス、ヤエル・フォギエル
出演
オルガ・キュリレンコ/アーニャ、アンジェイ・ヒラ/アレクセイ、イリヤ・イオシフォフ/ヴァレリー(16歳)、セルゲイ・ストレルニコフ/ディミトリ、ヴャチェスラフ・スランコ/ニコライ(森林警備員)、ニコラ・ヴァンズィッキ/パトリック、ニキータ・エムシャノフ/ピョートル、タチアナ・ラッスカゾファ/アーニャの母
2月9日シネスイッチ銀座他全国順次公開
2011年、仏・ウクライナ・ポーランド・ドイツ、フランス語・ロシア語・ウクライナ語、108分、後援/イスラエル大使館、字幕/川又勝利、提供・配給/彩プロ
http://www.kokyouyo.ayapro.ne.jp/

by Mtonosama | 2013-02-12 07:04 | 映画 | Comments(4)
故郷よ -1-
Land of oblivion

f0165567_6385646.jpg

(C)2011 Les Films du Poissons

1986年4月26日
春の遅いウクライナにもようやく花が咲き、鳥がさえずり、
恋人たちがボートを川に浮かべる季節がめぐってきた頃、
それは起こりました。

その日、アーニャは結婚式を挙げ、
6歳のヴァレリーはプリピャチ川のたもとに父とリンゴの苗木を植えました。

そんなのどかな春の一日、アーニャやヴァレリーたちに襲いかかった出来事――
そう、チェルノブイリ原子力発電所4号炉の爆発事故でした。

チェルノブイリ原発事故。
あの事故から今年で27年目になります。多くのドキュメンタリー映画もつくられました。
当試写室でも昨年2月「プリピャチ」を上映しています。
http://mtonosama.exblog.jp/17244517/ http://mtonosama.exblog.jp/17256592/

「故郷よ」はチェルノブイリ原発事故の映画です。
が、ドキュメンタリーではありません。
事故後25年経って初めて撮られた劇映画です。

しかし、パニック映画でも、政治的な告発の映画でもなく、
事故によって引き裂かれた男女、父子のつながりを軸に描いた静かな映画です。
愛の映画といってもいいかもしれません。

イスラエル出身のミハル・ボガニム女性監督が言っています。

「登場人物や人々の人生をより密接に描くため、大惨事が人々の関わりに影響を与え、
人生を壊してしまうことを示すためにはフィクションが良かった・・・」


原発事故そのものが充分にパニックであり、告発すべきできごとなのですから、
このような静かなドラマこそ、
人と人のつながりを壊し、人生を狂わせていく原発事故の持つ悲劇性を
より際立たせることになるのかもしれません。

f0165567_6494150.jpg

フィクション、劇映画ではありますが、
チェルノブイリ原発から4キロしか離れていない立入制限区域であるプリピャチの市内や
かつて原発で作業する人々が住み、今や廃墟となったアパートの中に、
俳優とカメラが入り、撮影しています。

本作撮影時、初めて撮影隊が入るというので、検閲も大変厳しいものでした。
もし、チェルノブイリ事故の中で消防士たちが命をかけて人々を救助するというようなストーリーであれば
撮影許可も簡単におりたことでしょう。
しかし、監督が描きたかったのは当局の事故隠蔽策のために
人々がどれほどの犠牲を強いられたか、ということ。
その妨害の程度は予想がつきますよね。

で、彼女のとった解決策は偽の脚本を書くことでした。
撮影時期は迫っており、更に、プリピャチにこれ以上滞在すれば被曝量が増えるばかりです。
検閲パスのための止むを得ない策でありました。

さて、「故郷よ」は劇映画としてチェルノブイリ事故から25年を経て初めて撮影されたわけですが、
日本では昨年、園子音監督「希望の国」が公開されました。
こちらは福島事故後1年で撮影されたことになります。

「希望の国」 園子音監督


こちらも鑑賞したいのですが、とりあえずは予告編だけで。

偽の脚本まで書いて検閲をのりきった「故郷よ」。一体どんなストーリーなのでしょうか。



今日もポチッとお願いできれば嬉しゅうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2月9日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

故郷よ
監督、脚本/ミハル・ボガニム、共同脚本/アントワーヌ・ラコンブレ、共同脚本、編集/アン・ウェイル、撮影/ヨルゴス・アルヴァニテス、アントワーヌ・エベルレ、製作/ラエティティア・ゴンザレス、ヤエル・フォギエル
出演
オルガ・キュリレンコ/アーニャ、アンジェイ・ヒラ/アレクセイ、イリヤ・イオシフォフ/ヴァレリー(16歳)、セルゲイ・ストレルニコフ/ディミトリ、ヴャチェスラフ・スランコ/ニコライ(森林警備員)、ニコラ・ヴァンズィッキ/パトリック、ニキータ・エムシャノフ/ピョートル、タチアナ・ラッスカゾファ/アーニャの母
2月9日シネスイッチ銀座他全国順次公開
2011年、仏・ウクライナ・ポーランド・ドイツ、フランス語・ロシア語・ウクライナ語、108分、後援/イスラエル大使館、字幕/川又勝利、提供・配給/彩プロ
http://www.kokyouyo.ayapro.ne.jp/

by Mtonosama | 2013-02-09 06:57 | 映画 | Comments(4)